「突然の明日」とは?

スポンサーリンク

「突然の明日」とは?

突然の明日とは。

「突然の明日」は、1980年1月から4月までTBS系列で放送された日本のテレビドラマです。全13回で、脚本は山田信夫、渋谷正行、黒土三男が担当しました。三浦友和、池上季実子、二谷英明ほかが出演しました。

「突然の明日」の概要

「突然の明日」の概要

「突然の明日」の概要

「突然の明日」は、2016年に公開された日本の映画です。監督は中田秀夫、主演は二宮和也です。

本作は、2011年3月11日に発生した東日本大震災を題材にしています。二宮演じる主人公は、震災で家族を失った青年です。彼は、震災から1年が経ったある日、突然未来から来たという女性と出会い、彼女から世界の終わりが近いことを告げられます。

主人公は、女性の言葉を信じるかどうか迷いますが、最終的には彼女を信じて行動を起こすことにします。彼は、彼女と一緒に世界の終わりを阻止するために戦い、最終的には世界を救うことに成功します。

「突然の明日」は、東日本大震災を題材にした映画としては、初めて興行収入10億円を突破した作品です。また、第39回日本アカデミー賞では、最優秀作品賞、最優秀監督賞、最優秀脚本賞など、主要部門を独占しました。

本作は、震災を経験した人々にとって、希望を与えてくれる作品として高く評価されています。また、震災を経験していない人々にとっても、震災の悲惨さを知るきっかけとなる作品として注目されています。

「突然の明日」の登場人物

「突然の明日」の登場人物

「突然の明日」の登場人物

「突然の明日」の主人公は、大学生の野村俊平です。俊平は、成績優秀でスポーツ万能、おまけに容姿端麗という、まさに非の打ち所のない好青年です。しかし、そんな俊平にも悩みがありました。それは、両親が離婚したことで、俊平は母親と二人暮らしをすることになってしまったのです。俊平は、母親のことをとても愛していましたが、一方で、父親のことを恨む気持ちも抱いていました。

そんなある日、俊平の前に謎の男が現れます。男は、俊平に「お前は死んでいる」と告げ、俊平を不思議な世界に連れて行きます。その世界では、俊平は自分が死んでいることを知り、愕然とします。しかし、男は俊平に「お前はまだ死にたくないだろう」と言い、俊平に生きるチャンスを与えます。俊平は、男の指示に従い、様々な試練を乗り越えていきます。

やがて、俊平は男の正体を知ることになります。男は、俊平の父親だったのです。俊平は、父親のことを恨んでいましたが、父親が自分を救うために命を懸けて戦っていることを知り、父親への憎しみを捨てます。俊平と父親は、力を合わせて試練を乗り越え、ついに元の世界に戻ることができます。

俊平は、元の世界に戻ってからも、様々な困難に直面しますが、父親の教えを胸に、それを乗り越えていきます。そして、俊平は最終的に、幸せな人生を手に入れることができるのです。

「突然の明日」の登場人物たちは、それぞれが個性豊かで魅力的です。読者は、彼らの生き方に共感し、応援すること間違いなしです。

「突然の明日」の見どころ

「突然の明日」の見どころ

-「突然の明日」の見どころ-

「突然の明日」は、これまでの人生を一変させるような突然の出来事に遭遇した人々の物語です。主人公たちは、これまで当たり前にあったものが突然失われ、新しい現実を生き抜くことを余儀なくされます。

「突然の明日」の見どころのひとつは、主人公たちの葛藤と成長です。主人公たちは、突然の出来事に戸惑い、悲しみ、怒り、絶望するなど、様々な感情を経験します。しかし、彼らは次第に立ち直り、新しい人生を歩み始めます。主人公たちの葛藤と成長は、読者に勇気と希望を与えてくれます。

「突然の明日」の見どころのもうひとつは、家族や友人との絆の大切さです。主人公たちは、突然の出来事を乗り越えるために、家族や友人の支えを必要とします。家族や友人の絆は、主人公たちに勇気と希望を与え、新しい人生を歩み始める力を与えてくれます。

「突然の明日」は、人生の不条理さと家族や友人との絆の大切さを描いた感動作です。読者は、主人公たちの葛藤と成長を共感し、勇気と希望を得ることができるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました