「審判の日」はどのような小説か?

スポンサーリンク

「審判の日」はどのような小説か?

審判の日とは。

「審判の日」とは、ジャック・ヒギンズの著書である2000年の小説であり、原題は「DayofReckoning」です。

小説の舞台背景

小説の舞台背景

小説の舞台背景

「審判の日」の舞台背景は、2042年の日本です。世界は気候変動による異常気象や資源枯渇により、社会が崩壊寸前の状態にあります。日本もまた、経済が破綻し、政府は機能不全に陥っています。そんな中、突如として謎のウイルスが蔓延し、人々はゾンビと化してしまいます。主人公たちは、このゾンビの蔓延する世界を生き延びるために、必死で戦わなければなりません。

舞台背景として注目すべき点は、日本が舞台であるという点です。ゾンビ小説の舞台といえば、アメリカやヨーロッパが一般的ですが、「審判の日」では日本が舞台となっています。これは、作者が日本社会や文化に詳しく、リアリティのある描写が可能だったからでしょう。

また、舞台背景として注目すべき点は、2042年という未来が舞台であるという点です。これは、作者が未来社会を予想し、その中で物語を展開していることを意味します。未来社会の設定は、リアリティのあるものから荒唐無稽なものまでさまざまですが、「審判の日」では、リアリティのある未来社会が描かれています。これは、作者が未来社会の研究や考察を重ねてきたからでしょう。

小説の登場人物

小説の登場人物

小説の登場人物」

「審判の日」は、政府の高官であり、主人公である天海裕介を中心に話が展開する。天海は、科学技術の進歩により、人類が滅亡の危機に瀕するという死の宣告を受け、それを阻止するために奮闘する。その中で、天海は、政府の秘密組織である「審判の日」計画に参加している様々な人物と出会う。

天海の相棒であり、同じく「審判の日」計画に参加しているのが、科学者の西園寺良太だ。西園寺は、人類滅亡の危機を救うために、独自の理論を展開し、それを実現するために奔走する。

また、政府の高官である黒崎総理も、「審判の日」計画に深く関わっている。黒崎は、天海と西園寺の上司であり、彼らの活動を支援する立場にある。しかし、黒崎には、天海や西園寺が知らない秘密がある。

さらに、政府の秘密組織である「審判の日」計画に参加しているのは、彼らだけではない。様々な分野の専門家が集結し、人類滅亡の危機を回避するために、日々研究や開発を行っている。

「審判の日」は、政府の高官である天海裕介を中心に、様々な人物が登場し、人類滅亡の危機を回避するために奮闘する物語だ。

小説のあらすじ

小説のあらすじ

小説のあらすじ

「審判の日」は、世界規模の災害が起こった後の世界を舞台に、生き残った人々が新たな生活を築いていく姿をを描いた小説です。災害の内容は明らかになっていませんが、人々は放射能汚染や洪水、飢餓など、さまざまな困難に直面しています。そんな中、主人公のトーマスは、仲間たちと共に安全な場所を探して旅を続けることになります。

トーマスは、旅の途中でさまざまな人と出会い、さまざまな出来事を経験します。その中には、危険な野盗との戦いもあり、大切な人を失う悲しみもあります。しかし、トーマスは決して諦めず、仲間たちと共に希望を胸に生き抜いていきます。

そしてついに、トーマスたちは安全な場所を見つけます。そこは、かつては小さな町だった場所ですが、人々が協力して新たな生活を築き上げています。トーマスたちは、この町で新しい人生を始めることになります。

タイトルとURLをコピーしました