ど~する?地球のあした

スポンサーリンク

ど~する?地球のあした

ど~する?地球のあしたとは。

「どーする?地球のあした」は、2007年4月から2012年3月までNHKで放送されていた、児童向けの環境教育番組です。

番組の概要

番組の概要

「番組の概要」という小見出しの下には、番組の概要を説明する段落があります。この段落では、番組の目的や構成、出演者や放送時間などの情報を提供します。

番組の目的は、視聴者に地球環境問題に対する理解を深め、環境保護の大切さを知ってもらうことです。番組の内容は、地球環境問題に関するニュースや特集、専門家による解説などです。

番組の構成は、毎週1回の放送で、各回は30分です。番組の出演者は、キャスターとゲストで、キャスターはベテランのジャーナリストで、ゲストは環境問題の専門家や活動家などです。番組の放送時間は、毎週土曜日の午後7時から7時30分です。

番組は、地球環境問題についてわかりやすく解説し、視聴者に環境保護の大切さを訴えかけることを目指しています。番組では、ゲストを招いて、地球環境問題の現状や課題について討論したり、環境保護活動に取り組む人々の事例を紹介したりしています。

番組は、視聴者から好評で、多くの視聴者が地球環境問題について理解を深め、環境保護の大切さを知ることができました。番組は、地球環境問題の解決に貢献しており、今後も番組を継続して放送していく予定です。

番組の意義

番組の意義

番組の意義

この番組は、地球環境問題を扱ったドキュメンタリー番組です。地球温暖化、海洋汚染、森林破壊など、地球が直面しているさまざまな環境問題を取り上げ、その原因や影響、そして解決策について解説していきます。

この番組の意義は、地球環境問題について広く国民に啓発することです。地球環境問題は、国境を越えた問題であり、世界中の人々が協力して解決していく必要があります。そのためには、まず地球環境問題について正しい知識を持つことが大切です。この番組は、地球環境問題についてわかりやすく解説することで、視聴者に正しい知識を提供し、問題解決への意識を高めていきます。

また、この番組は、地球環境問題の解決に向けて行動を起こすきっかけを提供することも目的としています。番組では、地球環境問題を解決するために実際に活動している人々を紹介し、その活動内容や想いを伝えていきます。視聴者は、これらの活動を知ることで、自分も地球環境問題の解決のために何かできるのではないかと考えるきっかけになります。

この番組は、地球環境問題について広く国民に啓発し、問題解決に向けて行動を起こすきっかけを提供することで、地球の未来を守ることに貢献していきます。

番組への批判

番組への批判

番組への批判

環境問題をテーマにした番組「ど~する?地球のあした」は、その内容について批判が高まっている。批判の一つは、番組が環境問題を過度にセンセーショナルに取り上げ、視聴者に不安や恐怖感を抱かせているというものだ。番組では、地球温暖化がこのまま進めば、海面上昇によって沿岸地域が水没し、生態系が破壊され、人類は絶滅するといった内容が放送される。こうした内容が、視聴者に「環境問題は自分にはどうにもならない」というあきらめ感や無力感を与えてしまうのではないかと懸念されている。

もう一つの批判は、番組が環境問題の原因を人間活動のみに求めているというものだ。番組では、人間の経済活動や消費活動が環境を破壊しているという主張が繰り返される。しかし、自然界にも環境を破壊する力があることは否定できない。例えば、地震や津波、火山噴火などが環境に与える影響は、人間の経済活動や消費活動よりも大きい。番組では、こうした自然界の破壊力を無視しているため、環境問題を正しく理解することができないという批判がある。

さらに、番組では環境問題の解決策についてあまりにも楽観的な見方を示しているという批判もある。番組では、再生可能エネルギーの開発や省エネ対策などによって、環境問題を解決することができると主張している。しかし、こうした対策にはコストや技術的な課題が多く、すぐに実現できるものではない。番組では、こうした課題をあまりにも軽く見ているため、環境問題の解決は簡単ではないという現実を直視することができないという批判がある。

タイトルとURLをコピーしました