「新しい太陽のウールス」とは?

スポンサーリンク

「新しい太陽のウールス」とは?

新しい太陽のウールスとは。

「新しい太陽の書」とは、1987年に発表された、米国の作家ジーン・ウルフによるSFファンタジーです。原題は《TheUrthoftheNewSun》です。

「新しい太陽のウールス」とはどんな作品?

「新しい太陽のウールス」とはどんな作品?

「新しい太陽のウールス」とは、ウルスラ・K・ル=グィンの著作で、1976年に刊行されたSF小説です。この小説は、恒星アンワールが爆発して滅亡した後の世界を舞台に、人々の生き様を描いています。この小説は、ヒューゴー賞とネビュラ賞を受賞し、高い評価を得ています。

「新しい太陽のウールス」は、エカスと呼ばれる惑星の物語です。エカスは、アンワールが爆発した後も生き残った惑星のひとつです。しかし、エカスは、アンワールの爆発によって放射能に汚染されており、人々は過酷な環境の中で生活を強いられています。

エカスの住民たちは、いくつかのグループに分かれて生活しています。最も大きなグループは、シースレイトと呼ばれる人々です。シースレイトは、エカスの南半球に住んでおり、農耕や漁業によって生活しています。シースレイトは、厳格な社会制度を持ち、男性が支配的な社会です。

エカスのもう一つの大きなグループは、オーセルスと呼ばれる人々です。オーセルスは、エカスの北半球に住んでおり、狩猟採集によって生活しています。オーセルスは、シースレイトとは異なる社会制度を持ち、女性が支配的な社会です。

また、エカスには、シースレイトとオーセルスのどちらにも属さない人々もいます。彼らは、ゲレネンと呼ばれ、エカスの各地を放浪しながら生活しています。ゲレネンは、独自の文化を持ち、シースレイトとオーセルスとは異なる価値観を持っています。

「新しい太陽のウールス」のあらすじ

「新しい太陽のウールス」のあらすじ

「新しい太陽のウールス」のあらすじ

「新しい太陽のウールス」は、1977年に出版されたSF小説です。著者ウィルスン・タッカーにより書かれました。この小説は、太陽の内部に生息する高度な文明について描かれています。

小説の主人公は、宇宙飛行士のジョン・ウルフです。ウルフは、太陽の内部を調査するために派遣された宇宙船の船長です。宇宙船は、太陽の内部に到達すると、すぐに太陽の住民であるウールスに捕らわれてしまいます。

ウールスは、人間とはまったく異なる種族です。彼らは、太陽の内部の極端な環境に適応しており、常時2000℃の温度のもと生きることができています。ウールスは、非常に知的な種族であり、高度な科学技術を持っています。

ウルフは、ウールスによって捕らえられた後、彼らの文明について学び始めます。ウルフは、ウールスが平和的な種族であることを知ります。彼らは、太陽の内部で独自の文明を築き、何世紀もの間、平和に暮らしています。

しかし、ウルフはまた、ウールスが危険な存在であることも知ります。彼らは、太陽の力を使い、地球を破壊する能力を持っています。ウルフは、ウールスと地球との間に戦争が起こることを恐れます。

ウルフは、ウールスと地球との間に戦争が起こることを防ぐために、ウールスと交渉をしようとします。しかし、ウールスは交渉に応じようとしません。彼らは、地球を侵略するつもりです。

ウルフは、ウールスと地球との間に戦争が起こることを防ぐために、最後の手段として、ウールスの太陽を破壊することを決意します。ウルフは、宇宙船を使って太陽の内部に突入し、太陽を破壊します。

太陽が破壊されたことで、ウールスは滅亡してしまいます。ウルフは、地球をウールスの侵略から救うことに成功しますが、同時に、ウールスの文明も破壊してしまいます。

「新しい太陽のウールス」の登場人物

「新しい太陽のウールス」の登場人物

「新しい太陽のウールス」の登場人物

「新しい太陽のウールス」に登場する主な人物を簡単に紹介します。

まず、主人公のウールスは、若い科学者で、反重力を発見し、太陽系に平和をもたらした人物です。しかし、彼は、太陽フレアによって宇宙に飛ばされ、数百万年後に地球に帰還することになります。

彼の妻のティアマトは、彼の不在の間、地球を統治した強力な女性です。しかし、彼女は、ウールスが帰還したことで、権力を失うことを恐れています。

彼らの息子であるシャムガシュは、勇敢で有能な戦士です。彼は、ウールスが帰還したとき、父親を助けるために戦います。

また、ウールスの親友であるブラックスターは、強力なテレパスであり、ウールスを助けて、地球を救います。

そして、ウールスの敵であるロシャーは、邪悪な科学者で、地球を征服しようとしています。彼は、ウールスを殺し、ティアマトと結婚して、地球の支配者になろうとします。

これは、「新しい太陽のウールス」に登場する主な人物のほんの一例です。この小説には、他にも多くの興味深い人物が登場します。例えば、ウールスの娘であるイシュタルは、美しい女性であり、シャムガシュと恋に落ちます。また、ウールスの助手のチクタンは、忠実な友人であり、ウールスのために働きます。

タイトルとURLをコピーしました