「かんざし小判」ってどんな曲?

スポンサーリンク

「かんざし小判」ってどんな曲?

かんざし小判とは。

「かんざし小判」は、1958年に発売された日本のポピュラー音楽です。歌は、国民的歌手として名高い美空ひばりが担当しました。作詞は石本美由起、作曲は上原げんとが担当し、同年の映画「ひばり捕物帖かんざし小判」で使用されました。

美空ひばりによる歌謡曲

美空ひばりによる歌謡曲

美空ひばりによる歌謡曲

「かんざし小判」は、1962年に発売された美空ひばりの歌謡曲です。作詞は安井かずみ、作曲は市川昭介が担当しました。この曲は、江戸時代を舞台に、貧乏長屋に住むお咲という娘と、その恋人の八五郎の物語を歌ったものです。お咲は、かんざしに小判を隠して八五郎に渡そうとしますが、その企みは長屋の住人に知られてしまいます。お咲は八五郎と引き裂かれ、八五郎は旅に出てしまいます。

お咲は、八五郎との再会を待ちながら、長屋で働き続けます。ある日、お咲は八五郎からの手紙を受け取ります。手紙には、八五郎が旅先で成功し、お咲を迎えに来ると書かれていました。お咲は、八五郎との再会を喜び、長屋を出て、八五郎の待つ町へと向かいます。

「かんざし小判」は、江戸時代の貧しい人々の生活を歌った歌謡曲です。美空ひばりの力強い歌声で、お咲の悲しみや喜びが表現されています。この曲は、発売当時から大ヒットし、現在でも多くの歌手にカバーされています。

映画「ひばり捕物帖かんざし小判」とタイアップ

映画「ひばり捕物帖かんざし小判」とタイアップ

「映画「ひばり捕物帖かんざし小判」とタイアップ」

「かんざし小判」は、1963年に公開された映画「ひばり捕物帖かんざし小判」の主題歌として使用されました。この映画は、美空ひばりが主演を務めた時代劇で、ひばりが演じる女掏摸がお宝の「かんざし小判」を狙うという物語です。映画は公開当時大ヒットし、「かんざし小判」もまた大ヒット曲となりました。映画のストーリーと曲の歌詞がマッチしており、映画の世界観を盛り上げる役割を果たしています。

石本美由起と上原げんとによる制作

石本美由起と上原げんとによる制作

「かんざし小判」は、石本美由起と上原げんとによる制作です。石本美由起は、作詞家として多くのヒット曲を手がけ、上原げんと(1989年逝去)は、作曲家として昭和歌謡を作り続けてきた名職人です。そんな名コンビが作り上げた「かんざし小判」は、1973年にリリースされ、瞬く間にヒットしました。当時の日本は高度経済成長期にあり、人々はより良い生活を求めて働いていました。そんな中で、「かんざし小判」は、人々の心に希望と勇気を与える歌として多くの人に愛されました。

石本美由起は、この曲の歌詞を書くにあたって、当時の女性たちの心情を大切にしながら、歌詞を書いたといいます。また、上原げんとが、石本美由起の歌詞の世界観をメロディでうまく表現し、良い曲を作り上げました。この「かんざし小判」は、石本美由起と上原げんとという名コンビが生み出した昭和歌謡の代表曲として、今もなお多くの人に愛され続けています。

タイトルとURLをコピーしました