「危険信号」ってどんな番組?

スポンサーリンク

「危険信号」ってどんな番組?

危険信号とは。

「危険信号」とは、日本のNHK制作の視聴者参加型バラエティ番組です。ゲーム内容は、針のついた電車を操作し、風船を割らないようにしながら進めるというものです。1956年11月から1964年4月まで、毎週土曜日の午後7時30分から放送されました。

概要

概要

「危険信号」は1966年4月から1985年10月まで日本テレビ系列で放送されていたクイズ番組です。番組開始当初は毎週火曜日2130~2230に放送されていましたが、1974年4月からは毎週土曜日2000~2054に放送されるようになりました。司会は初代が大橋巨泉さんで、2代目が愛川欽也さん、3代目と4代目が徳光和夫さんでした。

番組内容は、解答者が10問のクイズに挑戦し、全てのクイズに正解すると賞金100万円を獲得できるというものでした。しかし、クイズに間違えると、解答者の席にあるイスが徐々に後ろに倒れていき、最終的には床に落ちてしまいます。このことから、番組は「危険信号」というタイトルが付けられました。

番組は放送開始当初から高視聴率を記録し、社会現象にもなりました。しかし、1980年代に入ると視聴率が低下し始め、1985年10月に放送終了となりました。放送期間は19年6ヶ月で、クイズ番組としては日本最長寿番組となっています。

ルール

ルール

-ルール-

「危険信号」は、プレイヤーがさまざまな危険な状況に直面するアクション満載のゲーム番組です。プレイヤーは、体に巻かれたワイヤーにつながれた状態で、さまざまな障害物コースを移動したり、危険な動物と対決したり、爆発物を解除したりしなければなりません。もしプレイヤーがワイヤーを切断したり、コースから外れたり、危険な動物に襲われたりすれば、失格となります。

「危険信号」のルールは、プレイヤーの安全を確保するため、非常に厳格です。プレイヤーは、常にワイヤーにつながれていなければならず、障害物コースを移動する際には、ワイヤーを切断したり、コースから外れたりしないように注意しなければなりません。また、危険な動物と対決する際には、動物に襲われないように十分な注意を払わなければなりません。

「危険信号」は、プレイヤーの勇気と知恵を試すエキサイティングなゲーム番組です。プレイヤーは、さまざまな危険な状況に直面しながら、コースをクリアし、賞金を獲得するために、全力を尽くさなければなりません。

放送終了の理由

放送終了の理由

放送終了の理由

「危険信号」が終了した理由は、主に視聴率の低下が挙げられる。番組開始当初は高い視聴率を記録していたものの、徐々に視聴率が下降していき、最終的には打ち切りとなった。視聴率の低下には、番組内容のマンネリ化や、視聴者の興味の変化などが影響したと考えられる。

視聴率の低下に加えて、番組内容に対する批判も少なからずあった。番組では、危険な行為や過激な表現が多用されており、視聴者から「危険すぎる」「不快だ」といった批判が寄せられていた。こうした批判もまた、番組の打ち切りに影響した可能性がある。

「危険信号」は、視聴率の低下や番組内容に対する批判など様々な要因が重なり、放送終了を迎えることとなった。しかし、番組は終了した今でも根強いファンが存在しており、復活を望む声も少なくない。

タイトルとURLをコピーしました