「ジャズ娘誕生」ってどんな映画?

スポンサーリンク

「ジャズ娘誕生」ってどんな映画?

ジャズ娘誕生とは。

「ジャズ娘誕生」は1957年に公開された日本のミュージカル・コメディ映画です。春原政久監督、江利チエミ、石原裕次郎、小杉勇などが出演しています。

「ジャズ娘誕生」とは

「ジャズ娘誕生」とは

「ジャズ娘誕生」とは

「ジャズ娘誕生」は、1933年(昭和8年)に日本で制作された、日本で最初のトーキーによるミュージカル映画です。監督は清水宏、脚本は直木三十五、音楽は服部良一、主演は田中絹代、原節子、竹久千恵子。

1920年代から30年代にかけて、欧米のジャズが日本に伝わり、特に若い世代を中心に人気を博していました。「ジャズ娘誕生」は、そんな時代背景を反映して、ジャズを題材にしたミュージカル映画として制作されました。

映画のストーリーは、ジャズが好きな若い女性たちが、ジャズシンガーとして活躍していくというものです。田中絹代演じる主人公のジャズシンガー、原節子演じる彼女の妹、竹久千恵子演じる彼らの友人など、個性豊かなキャラクターが登場します。

ジャズ娘誕生は、日本映画の歴史において、画期的な作品として評価されています。トーキーによって、俳優たちの声が初めて映画で録音され、音楽もジャズがふんだんに使用されました。また、田中絹代や原節子など、後に日本映画界を代表する女優たちが、若手時代に出演したことで知られています。

ジャズ娘誕生は、日本のミュージカル映画の原点であり、その後の日本の映画界に大きな影響を与えました。現在でも、日本の映画史を語る上で欠かせない作品のひとつとして、高く評価されています。

「ジャズ娘誕生」の見どころ

「ジャズ娘誕生」の見どころ

「ジャズ娘誕生」は、1936年に公開された松竹製作の日本映画です。監督は成瀬巳喜男、主演は田中絹代です。この映画は、ジャズがまだ日本では一般的ではなかった時代に、ジャズシンガーを目指す少女を描いた音楽映画です。

「ジャズ娘誕生」の見どころは、何といっても音楽です。当時としては画期的なジャズナンバーが、田中絹代をはじめとするキャストによって披露されます。また、成瀬巳喜男監督による演出も秀逸で、日本のジャズ黎明期をリアルに映し出しています。田中絹代の演技も素晴らしく、ジャズシンガーを目指す少女の情熱と苦悩を熱演しています。

「ジャズ娘誕生」は、日本映画史に残る名作です。音楽映画の傑作として、また成瀬巳喜男監督の代表作としても知られています。ジャズに興味がある人、日本の映画史に興味がある人は、ぜひこの映画をご覧ください。

「ジャズ娘誕生」のキャスト

「ジャズ娘誕生」のキャスト

「ジャズ娘誕生」は、1933年に公開されたアメリカのミュージカル映画です。バッキー・バーンハート(フレッド・アステア)とポリー・ポッター(ジンジャー・ロジャース)の2人の若いダンサーの物語です。二人は、バッキーがポリーの父親に解雇されるまで、ダンサーとして一緒に働いていました。解雇された後、バッキーはナイトクラブで働き始め、ポリーはモデルとして働き始めます。ある日、バッキーは新しいナイトクラブをオープンし、ポリーをダンサーとして雇います。二人は再び一緒に働き始め、恋に落ちます。

「ジャズ娘誕生」は、フレッド・アステアとジンジャー・ロジャースのダンスが素晴らしいことでも知られています。二人は、この映画で「The Carioca」や「Night and Day」などの名曲に合わせて踊り、観客を魅了しました。

「ジャズ娘誕生」のキャストは豪華です。フレッド・アステアとジンジャー・ロジャースの他にも、エドワード・エヴェレット・ホートン、クライヴ・ブルック、アイリーン・ダンが出演しています。ホートンは、ポリーの父親であるジョー・ポッターを演じ、ブルックは、バッキーの友人であるダニー・ケラーを演じ、ダンは、バッキーに恋をする女性であるシドニー・ハミルトンを演じています。

「ジャズ娘誕生」は、ミュージカル映画の傑作として知られており、現在でも多くの人々に愛されています。

タイトルとURLをコピーしました