「坂本ですが?」の魅力とは?

スポンサーリンク

「坂本ですが?」の魅力とは?

坂本ですが?とは。

坂本ですが?は、佐野菜見が「Fellows!」(現在の『ハルタ』)2012年22号から2015年30号まで連載していた学園ギャグ漫画です。単行本はビームコミックス(ハルタ)から全4巻が発売されました。

この漫画は、何事もクールかつスタイリッシュにこなす高校生、坂本を主人公とする学園ギャグ漫画です。坂本は、どんな状況でも常に冷静沈着で、どんなトラブルもスマートに解決していきます。また、坂本はスポーツ万能で、勉強も得意で、女子からの人気も高いという完璧なキャラクターです。

坂本ですが?は、2014年に第7回マンガ大賞にノミネートされました。また、2016年にはアニメ化もされました。アニメは、A-1 Picturesが制作し、2クール全24話が放送されました。

主人公・坂本の魅力

主人公・坂本の魅力

「坂本ですが?」は、主人公の坂本裕介の魅力が際立つ作品です。坂本は、常に冷静沈着で、どのような状況でも動じることがありません。また、彼は非常に頭が良く、問題を解決する能力に長けています。さらに、坂本は運動神経も抜群で、スポーツ万能です。このような完璧なキャラクターである坂本ですが、決して嫌味な感じはしません。むしろ、彼のクールな振る舞いや、ユーモアのある言動に、多くの読者が魅了されています。

坂本の魅力の一つは、彼の「クールさ」です。坂本は、常に冷静沈着で、どのような状況でも動じることがありません。例えば、第1話では、坂本が不良グループに絡まれますが、彼は全く動じず、逆に不良グループをやり込めます。また、坂本は頭も良く、問題を解決する能力に長けています。例えば、第2話では、坂本がクラスメイトの女の子が失くした財布を見つけるために、推理力を駆使して犯人を突き止めます。さらに、坂本は運動神経も抜群で、スポーツ万能です。例えば、第3話では、坂本がバスケの試合で見事なプレーを披露し、勝利に導きます。

坂本の魅力のもう一つは、彼の「ユーモア」です。坂本は、ユーモアのある言動で、読者を笑わせます。例えば、第4話では、坂本が担任の先生に「授業中寝ていたのは、アイディアを考えていたからです」とわけのわからない言い訳をして、先生を困らせます。また、坂本はよく「残念ですが、我が名は坂本です」という決めゼリフで、相手をやり込めます。このようなユーモアのある言動で、坂本は読者に人気を集めています。

学園ギャグとしての面白さ

学園ギャグとしての面白さ

アニメ「坂本ですが?」は、学園ギャグとしての面白さも大きな魅力です。主人公の坂本は、どんな状況でも涼しい顔でスマートに対処する、いわゆる「完璧超人」ですが、その完璧さ加減が逆にギャグになっているのです。例えば、坂本がクラスメイトに絡まれた時、彼は相手を圧倒的な実力でねじ伏せます。しかし、その際も坂本は余裕の笑みを浮かべていて、まるで相手をからかっているかのように見えます。このギャップが非常に面白く、視聴者を笑わせます。

また、坂本は常にクールでスマートですが、そのクールさ加減が逆に滑稽に見えることもあります。例えば、坂本が女子生徒に告白された時、彼は「申し訳ありませんが、私はあなたに興味がありません」とあっさりと断ります。しかし、その際の坂本の様子があまりにもクールすぎて、まるで女子生徒をバカにしているかのように見えるのです。このギャップもまた面白く、視聴者を笑わせます。

このように、「坂本ですが?」は、学園ギャグとしての面白さが大きな魅力です。坂本という主人公のキャラクターが非常に魅力的で、その言動が常にギャグになっています。そのため、視聴者は飽きることなく、最後まで楽しむことができるのです。

アニメ化された「坂本ですが?」

アニメ化された「坂本ですが?」

アニメ化された「坂本ですが?」

「坂本ですが?」は、2012年から2015年まで週刊少年ジャンプに連載された佐野菜見の漫画作品です。2016年4月から6月まで、david production制作により、テレビアニメが放送されました。

アニメ化された「坂本ですが?」は、原作のストーリーを忠実に再現しており、坂本裕作の日常を愉快に描いています。また、原作にはないオリジナルのエピソードも追加されており、アニメならではの楽しみがあります。

アニメ「坂本ですが?」は、坂本のクールでスタイリッシュな言動や、周りの人々とのコミカルなやり取りが魅力です。また、坂本が窮地に陥っても、すぐに切り返してピンチをチャンスに変えてしまう姿も爽快感があります。

アニメ「坂本ですが?」は、老若男女問わず楽しめる作品です。日常の疲れを癒したいときや、元気を出したいときに、ぜひ視聴してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました