前略おふくろ様2の魅力とは?

スポンサーリンク

前略おふくろ様2の魅力とは?

前略おふくろ様〈2〉とは。

「前略おふくろ様〈2〉」は、1976年10月から1977年4月まで、日本テレビ系列で放送された日本のテレビドラマです。全24回。脚本は倉本聰ほか、出演は萩原健一、桃井かおり、八千草薫、梅宮辰夫ほか。東京の下町で働く板前の青年と人々との触れ合いを描いた青春ドラマです。

「前略おふくろ様」の続編です。

前略おふくろ様2の見どころ

前略おふくろ様2の見どころ

前略おふくろ様2の見どころ

前略おふくろ様2の見どころは、何といっても主人公の山田太郎とその家族の絆です。太郎は、大学を卒業して就職し、東京で一人暮らしを始めます。しかし、東京での生活は太郎にとっては厳しく、すぐに挫折してしまいます。そこで、太郎は実家に戻り、家族の元に身を寄せます。

太郎が実家に戻ってからは、家族との関係が少しずつ改善していきます。太郎は、家族の大切さを知り、家族のために尽くすようになります。また、家族も、太郎の成長を喜び、太郎を支えていきます。

太郎と家族の絆は、前略おふくろ様2の大きな見どころです。このドラマを見ることで、家族の大切さを改めて感じることができます。

また、前略おふくろ様2の見どころは、太郎の成長物語でもあります。太郎は、東京での生活で挫折を経験し、大きな傷を負いました。しかし、太郎は、その傷を乗り越えて、たくましく成長していきます。

太郎の成長物語は、前略おふくろ様2のもう一つの大きな見どころです。このドラマを見ることで、人は挫折を経験しても、それを乗り越えて成長することができるという希望を持つことができます。

前略おふくろ様2のあらすじ

前略おふくろ様2のあらすじ

前略おふくろ様2のあらすじ

前略おふくろ様2は、1976年に放送された日本のテレビドラマです。前作「前略おふくろ様」の続編であり、前作の最終回から3年後の設定です。

主人公は、前作と同じく星野一平(西田敏行)。一平は、前作で結婚した妻・昭子(竹下景子)との間に、一人娘の美千代(志乃原良子)をもうけています。一平は、自動車工場で働きながら、昭子と美千代のために、必死に働いています。

ある日、一平は、昭子が妊娠していることを知ります。昭子は、出産を機に、仕事を辞めて専業主婦になることを決意します。一平は、昭子の決断を尊重し、二人の子供のために、より一層頑張ろうと心に誓います。

昭子は、無事に男の子を出産します。男の子は、大介(松田洋治)と名付けられます。一平と昭子は、大介を溺愛し、幸せな家庭を築いていきます。

しかし、そんなある日、一平が工場で事故に遭い、重傷を負ってしまいます。一平は、一命を取り留めることはできたものの、後遺症が残ってしまい、働けなくなってしまいます。

一平が働けなくなったことで、星野家の経済状況は一気に悪化してしまいます。昭子は、再び働きに出ることになりますが、家事と育児を両立させるのは大変です。

一平と昭子は、経済的な苦境を乗り越えながら、子供たちを立派に育てていきます。そして、ついに、大介は大学を卒業し、就職します。美千代も、結婚して幸せな家庭を築きます。

一平と昭子は、子供たちが立派に成長したことを喜び、幸せな老後を送っていきます。

前略おふくろ様2の評価

前略おふくろ様2の評価

-前略おふくろ様2の評価-

前略おふくろ様2は、2020年に放映された日本のテレビドラマです。1975年に放送された同名ドラマのリメイクです。

本ドラマは、主人公の蒲原春樹が、亡き母の遺志を継いで家業の食堂を切り盛りしながら、家族との絆を深めていく物語です。

本ドラマは、家族の絆や人情を描いた温かいドラマとして評価されています。また、主演の松坂桃李や、共演の有村架純、北村匠海らの演技も高く評価されています。

しかし、本ドラマは、原作である1975年のドラマと比較すると、ストーリーやキャラクター設定が物足りないという声もあります。

また、本ドラマは、放送時間帯がゴールデンタイムではなく、深夜帯だったため、視聴率が伸び悩むこともありました。

しかし、本ドラマは、温かいストーリーとキャストの好演が評価され、根強い人気を誇っています。

タイトルとURLをコピーしました