「anego アネゴ」ってどんなドラマ?

スポンサーリンク

「anego アネゴ」ってどんなドラマ?

anego アネゴとは。

「anego」は、2005年4月から6月にかけて日本テレビ系列で放送された、全10話の日本のテレビドラマです。原作は林真理子の同名小説であり、脚本は中園ミホが担当しました。篠原涼子、ともさかりえ、赤西仁、戸田菜穂などが出演し、30代の女性のリアルな生活を描いた作品となっています。

「anego アネゴ」のストーリー

「anego アネゴ」のストーリー

「anego アネゴ」は、2005年に日本テレビ系で放送されたテレビドラマです。主演は松嶋菜々子さんで、彼女は主人公である室井安子(通称アネゴ)を演じています。アネゴは、建設会社「室井建設」の社長であり、男性社会で活躍するバリバリのキャリアウーマンです。しかし、彼女は仕事一筋で恋愛に対しては奥手な一面も持っています。

そんなアネゴの元に、ある日突然、弟の娘である美咲(通称ミサキ)がやってきます。ミサキは、アネゴの弟夫婦が離婚したことで、母親と暮らすことになったのですが、母親が再婚することになり、アネゴの元に預けられることになったのです。アネゴは、突然のミサキの到来に戸惑いますが、ミサキの面倒を見ることを決意します。

アネゴとミサキは、最初はうまくいかず、ぶつかり合うことも多かったのですが、次第に心を通わせていくようになります。アネゴは、ミサキに仕事のことや恋愛のことを教え、ミサキは、アネゴに甘えたり、時には反抗したりしながら、成長していきます。

アネゴとミサキの関係は、次第に家族のようなものになっていきます。アネゴは、ミサキを自分の娘のように可愛がり、ミサキも、アネゴを母親のように慕うようになります。アネゴは、ミサキの成長を見守りながら、自分もまた成長していくのでした。

「anego アネゴ」の出演者

「anego アネゴ」の出演者

「anego アネゴ」の出演者

「anego アネゴ」は、2005年10月から12月まで日本テレビ系列の「水曜ドラマ」枠で放送されたテレビドラマです。主演は篠原涼子さんで、他にも松下奈緒さん、玉木宏さん、田中直樹さん、小泉孝太郎さんなどが出演しました。

篠原涼子さんが演じるのは、大手生命保険会社に勤めるOL、水島カンナです。カンナは、営業成績優秀で、仕事にもプライベートにも情熱的な女性です。しかし、ある日、カンナはリストラの対象となり、会社を辞めることになってしまいます。

リストラされたカンナは、無職になり、途方に暮れます。しかし、そんなカンナに、元同僚の今井洋介(玉木宏)が声をかけてきます。洋介は、カンナを自分の会社に誘い、カンナは洋介の会社で働くことになります。

洋介の会社は、小さな保険会社ですが、カンナはそこで営業成績を上げ、トップセールスウーマンになります。カンナは、営業成績を上げるだけでなく、仕事を通して、自分の人生を見つめ直し、成長していきます。

「anego アネゴ」は、リストラされたOLが、小さな保険会社でトップセールスウーマンになるまでの過程を描いたドラマです。篠原涼子の熱演と、松下奈緒さん、玉木宏さん、田中直樹さん、小泉孝太郎さんなどの脇を固める俳優陣の好演が光る作品です。

「anego アネゴ」の感想

「anego アネゴ」の感想

「anego アネゴ」の感想

「anego アネゴ」はとても面白いドラマです。内容もさることながら、出演している俳優陣の演技も素晴らしく、引き込まれること間違いなしです。特に、主人公の女性社長を演じる女優さんは、とても迫力があり、圧巻です。また、他の俳優陣も皆、演技がとても上手で、それぞれのキャラクターが生き生きと描かれています。

「anego アネゴ」のストーリーは、女性社長が経営する会社が倒産の危機に陥り、それを乗り越えようとする姿を描いたものです。主人公の女性社長は、とても強い女性で、どんな困難にも負けずに立ち向かっていく姿が印象的です。また、彼女を取り巻く人々との関係も丁寧に描かれており、人間ドラマとしても楽しめます。

「anego アネゴ」は、とても見ごたえのあるドラマです。ストーリーも面白く、俳優陣の演技も素晴らしく、引き込まれること間違いなしです。ぜひ、多くの人に見てほしいドラマです。

タイトルとURLをコピーしました