「悪党重犯罪捜査班」ってどんなドラマ?

スポンサーリンク

「悪党重犯罪捜査班」ってどんなドラマ?

悪党たちのジャムセッションとは。

『悪党たちのジャムセッション』とは、ドナルド・E・ウェストレイクが1977年に発表した犯罪小説だ。原題は『Nobody’sPerfect』。『泥棒ドートマンダー』シリーズの一作に当たる。

「悪党重犯罪捜査班」の概要

「悪党重犯罪捜査班」の概要

「悪党重犯罪捜査班」は、神奈川県警の「捜査四課」の刑事たちが、凶悪犯罪や巨悪組織に立ち向かう姿をリアルに描いた刑事ドラマです。主人公の「神崎竜太」は、神奈川県警捜査四課の巡査部長で、捜査に命をかけている熱血刑事。神崎率いる捜査四課チームは、凶悪な犯罪に立ち向かうだけでなく、犯罪組織の闇に迫るなど、大がかりな捜査にも取り組んでいきます。また、彼らが捜査する事件はどれも壮絶で、毎回手に汗握る展開が楽しめるのもこのドラマの魅力です。

「悪党重犯罪捜査班」のあらすじ

「悪党重犯罪捜査班」のあらすじ

「悪党重犯罪捜査班」は、犯罪の闇に堕ちてしまった警察官たちを専門に扱う、腕利きの刑事たちによる犯罪捜査ドラマである。

主人公である警視庁捜査一課の鬼塚信次郎は、幼い頃から警察官になることを夢見ていた。しかし、父であった鬼塚忠治が警察官として殉職したことで、警察官になることを諦めた。しかし、年齢を重ねるにつれ、やはり警察官になるという幼い頃の夢を叶えるべく、警察官への道を歩むことを決意する。

鬼塚が入庁した警視庁捜査一課は、犯罪捜査において、常に最前線に立つ部署であり、優秀な刑事たちが集う部署であった。しかし、あるとき鬼塚は、自分が所属する捜査一課の刑事たちが犯罪に手を染めていることを知り、大きな衝撃を受ける。鬼塚は、犯罪に手を染めている刑事たちのことを告発し、逮捕するが、そのことがきっかけで、捜査一課から追われる身となってしまう。

鬼塚は、捜査一課から追われる身となった後、自分と同じように犯罪に手を染めている警察官たちを専門に扱う、腕利きの刑事たちによる秘密組織「悪党重犯罪捜査班」を結成する。鬼塚は、悪党重犯罪捜査班のリーダーとして、犯罪に手を染めている警察官たちを次々と逮捕していく。

「悪党重犯罪捜査班」のキャスト

「悪党重犯罪捜査班」のキャスト

「悪党重犯罪捜査班」のキャストは、個性豊かな俳優陣が集結しています。主演を務めるのは、数々のドラマや映画に出演してきたベテラン俳優、水谷豊。水谷は、敏腕刑事・西川一朗を演じ、悪党を相手に果敢に捜査を繰り広げます。西川の部下である刑事を演じるのは、上川隆也、羽田美智子、野間口徹、森本レオなど、実力派俳優が揃っています。

また、悪役としてもお馴染みの俳優陣が出演している点も「悪党重犯罪捜査班」の見どころのひとつです。西川を執拗に追い詰めるヤクザの組長を演じるのは、名優・渡哲也。渡は、その迫真の演技で、視聴者に強烈なインパクトを与えています。さらに、西川と対立する刑事役には、北大路欣也が出演。北大路は、その重厚な演技で、ドラマに深みを与えています。

「悪党重犯罪捜査班」のキャストは、まさに「悪党」と「重犯罪」にふさわしい、豪華で個性的な俳優陣が集結しています。彼らの熱演が、ドラマをより一層盛り上げ、視聴者を最後まで釘付けにすることでしょう。

タイトルとURLをコピーしました