桑田佳祐さんの名曲「東京」を愛する理由

スポンサーリンク

桑田佳祐さんの名曲「東京」を愛する理由

東京とは。

「東京」は、桑田佳祐が作詞・作曲・プロデュースを手掛け、2002年に発売された日本のポピュラー音楽です。

この名曲に秘められたストーリーとは?

この名曲に秘められたストーリーとは?

数ある桑田佳祐さんの名曲の中でも、「東京」は特に人々に愛されている曲のひとつです。この曲は、1987年にリリースされた桑田さんのソロデビューアルバム『Keisuke Kuwata』に収録されており、その歌詞には東京での生活をリアルに描いたものとなっています。

「東京」の歌詞は、東京にやって来たばかりの人が、その街の喧騒や人ごみに圧倒されながらも、少しずつ東京での生活に慣れていき、やがてこの街を愛するようになる様子を描いています。サビの「東京、Tokyo、You got me 東京、Tokyo、Lost and found」というフレーズは、東京の持つ魅力と、そこで暮らす人々の孤独や不安を同時に表現しており、多くの人々の心に響いています。

「東京」は、桑田さんが東京での生活を思う存分に楽しんでいる様子がうかがえる曲でもあります。歌詞の中には、「新宿ゴールデン街で飲んだくれた夜」や「銀座のネオンに酔いしれた夜」など、東京のさまざまな場所が登場し、桑田さんがその街を愛していることが伝わってきます。

「東京」は、東京での生活をリアルに描いた名曲であり、多くの人々に愛されています。この曲は、桑田さんのソロデビューアルバム『Keisuke Kuwata』に収録されており、その後もライブやテレビ番組などで何度となく披露されてきました。桑田さんの代表曲のひとつとして、これからも多くの人々に愛され続けるでしょう。

歌詞に隠された桑田佳祐さんの想いとは?

歌詞に隠された桑田佳祐さんの想いとは?

桑田佳祐さんの名曲「東京」の歌詞は、桑田さんの故郷である横浜から上京してきた若者の心情を歌ったものだ。歌詞の中には、上京したての若者の戸惑いや不安、そして新しい生活への期待などが描かれている。

上京したての若者は、慣れない街で右も左もわからない。歌詞の中では、「人混みにのまれて 流れ着いた街」と歌われている。また、「夜更けのバス停で ひとりぼっち」と歌われているように、孤独感も感じている。

しかし、若者は新しい生活に希望も抱いている。歌詞の中では、「夢があるってだけで 生きていけた」と歌われている。また、「いつかはこの街で 俺もやってやる」と歌われているように、成功を夢見ている。

桑田さんは、この曲で上京したての若者の心情をリアルに描き出している。歌詞の中には、桑田さん自身の経験も投影されているのではないだろうか。桑田さんもまた、上京したての頃は戸惑いや不安を抱いていたはずだ。しかし、桑田さんは夢を諦めずに努力を続け、今では日本を代表するミュージシャンになった。

「東京」は、上京したての若者に勇気を与える名曲だ。歌詞の中には、桑田さんの故郷である横浜から上京してきた若者の心情がリアルに描かれている。この曲は、上京したての若者の心の支えになるはずだ。

「東京」のメロディーとコード進行が素晴らしい理由

「東京」のメロディーとコード進行が素晴らしい理由

桑田佳祐さんの名曲「東京」を愛する理由は、そのメロディーとコード進行の素晴らしさです。メロディーは非常にキャッチーで、一度聴くとすぐに耳に残ります。また、コード進行も非常に美しく、曲全体に統一感を与えています。

「東京」のメロディーは、主にメジャーコードで構成されています。メジャーコードは、明るく前向きな響きを持つコードです。そのため、「東京」は、全体的に明るく前向きな曲調となっています。また、メロディーには、随所に跳ね上がるようなフレーズが使用されています。そのため、「東京」は、軽快でノリのいい曲調となっています。

「東京」のコード進行も非常に美しいです。コード進行は、曲の構成を決める重要な要素です。コード進行が美しいと、曲全体に統一感が出て、より聴きやすくなります。「東京」のコード進行は、非常に複雑で、さまざまなコードが使用されています。しかし、これらのコードは、すべて巧みに組み合わされており、曲全体に統一感を与えています。

「東京」のメロディーとコード進行の素晴らしさは、桑田佳祐さんの音楽的才能の高さを物語っています。桑田佳祐さんは、自分の音楽に妥協することなく、常に最高の音楽を作り上げようとしています。だからこそ、「東京」のような名曲が生まれるのです。

タイトルとURLをコピーしました