「悪銭は身につかない」面白さとは

スポンサーリンク

「悪銭は身につかない」面白さとは

悪銭は身につかないとは。

「悪銭は身につかない」は、アメリカ人作家A・A・フェア(E・S・ガードナーのペンネーム)のハードボイルド小説であり、1961年に出版されました。原題は《Shills Can’t Count Chips》で、「クール&ラム」シリーズの一作です。

主人公のクール&ラムの魅力

主人公のクール&ラムの魅力

主人公のクール&ラムの魅力

「悪銭は身につかない」の主人公であるラムちゃんは、クールな性格が魅力の女の子です。しかし、クールなだけではありません。ラムちゃんには、ラムちゃんをラムちゃんたらしめるもう一つの魅力があります。それは、ラムちゃんのラム酒を愛するおちゃめな一面です。

ラムちゃんはお酒が大好きで、特にラム酒が大好物です。ラム酒を飲むと、ラムちゃんの性格は一変します。ラムちゃんは陽気で、おしゃべりになり、ラム酒を飲む前とは別人のように愛嬌たっぷりになります。

ラムちゃんのラム酒を愛するおちゃめな一面は、ラムちゃんをとても魅力的にしています。ラムちゃんは、クールなだけではありません。ラム酒を飲むと、陽気で、おしゃべりになり、ラム酒を飲む前とは別人のように愛嬌たっぷりになります。ラムちゃんのこの魅力が、多くの視聴者を惹きつけています。

ハードボイルドの要素が満載

ハードボイルドの要素が満載

「悪銭は身につかない」は、ハードボイルドの要素が満載で、それが本作の面白さの大きな要因となっている。まず、主人公の三原は、ハードボイルド小説の典型的な主人公像である。彼は、孤独で無骨で、そして正義感にあふれている。また、三原を取り巻く登場人物たちも、ハードボイルドの世界を彷彿とさせる。裏社会のボスや悪徳警官、そして謎の美女など、三原の前に現れるキャラクターたちは、それぞれが個性的で魅力的であり、物語を盛り上げていく。

ハードボイルド小説のもう一つの特徴である暴力描写も、「悪銭は身につかない」の中では重要な要素となっている。三原は、物語の中で何度も暴力にさらされるが、彼は決して屈しない。むしろ、暴力によって鍛えられ、より強くなっていく。そんな三原の姿は、読者に勇気と希望を与えてくれる。

さらに、「悪銭は身につかない」には、ハードボイルド小説の醍醐味である謎解きの要素もふんだんに盛り込まれている。三原は、悪徳企業の不正を暴くために、さまざまな謎を解いていくことになる。読者は、三原と一緒に謎を解いていくことで、ハードボイルドの世界をより一層楽しむことができるだろう。

このように、「悪銭は身につかない」は、ハードボイルドの要素が満載の作品である。それらの要素がうまく組み合わさることで、本作は読者を最後まで飽きさせない、傑作ハードボイルド小説となっている。

原題の《ShillsCan’tCountChips》の意味

原題の《ShillsCan'tCountChips》の意味

原題の《ShillsCan’tCountChips》の意味

「悪銭は身につかない」の原題は《ShillsCan’tCountChips》であり、これは「なりすましはチップを数えられない」という意味です。このタイトルは、映画の中で主人公のエディが、なりすましギャングを相手にポーカーで勝負するシーンから来ています。エディはなりすましギャングを相手にポーカーで勝ち続け、最後に彼らを破産させてしまいます。このシーンは、なりすましは最終的に報いを受けること、そして悪銭は身につかないことを示しています。

「なりすましはチップを数えられない」という言葉は、日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが、英語圏では「成金は結局のところ貧乏人である」という意味で使われます。これは、成金は自分たちの富を自慢するのに忙しくて、本当の意味での幸せを見失っていることが多いからです。また、成金は自分たちの富を維持するために、違法行為や不道徳な行為を行うことも少なくありません。そのため、「成金は結局のところ貧乏人である」という言葉は、成金の金銭的成功が必ずしも幸せや満足につながるわけではないことを示しています。

タイトルとURLをコピーしました