「埒もなく汚れなく」

スポンサーリンク

「埒もなく汚れなく」

埒もなく汚れなくとは。

「埒もなく汚れなくとは」、瀬戸山美咲作の戯曲。2016年6月に、 автора сам сделал постановку, состоялась премьера одноактной пьесы. 2009年に事故で急逝した劇作家、大竹野正典さんを描いた作品である。

作者・演出:瀬戸山美咲

作者・演出:瀬戸山美咲

作者・演出は、瀬戸山美咲。彼女の作品は、常に「境界線」や「枠組み」といった概念を追求しており、今回の作品も例外ではない。舞台は、どこかの片隅にある小部屋。そこに集まったのは、年齢や性別、職業もバラバラな5人の男女。彼らは、それぞれが抱える問題や悩みを抱えながら、この部屋で出会い、交流していく。

瀬戸山美咲は、本作において、キャラクターたちの個性を鮮やかに描き出すことに成功している。5人の男女は、それぞれが独自の価値観を持ち、考え方や生き方も異なる。しかし、彼らは皆、同じようにこの部屋に集まり、互いに交流することで、少しずつ変化していく。

瀬戸山美咲の作品は、常に社会の暗部や人間の心の闇を鋭く見つめてきた。本作においても、彼女は社会問題や人間関係の難しさといったテーマに正面から向き合っている。しかし、彼女の作品は決して暗いだけではない。そこには、希望の光が差し込んでいる。本作においても、5人の男女が互いに支え合いながら、前に進んでいく姿が描かれている。

作品の概要:大竹野正典の生き様

作品の概要:大竹野正典の生き様

-大竹野正典の生き様-

「埒もなく汚れなく」は、2020年に刊行された大竹野正典の自伝的小説である。この小説は、大竹野正典の幼少期から青年期までの半生を描き、彼の葛藤や苦悩、そして成長を丁寧に綴っている。

大竹野正典は、1946年に東京で生まれた。幼い頃から音楽に親しみ、大学卒業後は音楽家としてのキャリアを歩み始める。しかし、音楽の道で成功を収めることはできず、苦悩の末に音楽を断念する。その後、大竹野正典は出版社に就職し、編集者として働くようになる。

編集者として働きながら、大竹野正典は執筆活動にも力を注ぐ。1985年に発表した小説「風の盆恋歌」で芥川賞を受賞し、一躍有名作家となる。その後も、「花筐」「螢川」など、数多くの作品を発表し、高い評価を得る。

2008年に大竹野正典は、脳出血で倒れ、半身不随となる。しかし、不屈の闘志でリハビリに励み、作家としての活動を再開する。2015年に発表した自伝的小説「埒もなく汚れなく」は、大竹野正典の半生を描き、彼の葛藤や苦悩、そして成長を丁寧に綴った作品であり、大きな反響を呼んだ。

「埒もなく汚れなく」は、大竹野正典の生き様を描いた自伝的小説である。この小説は、大竹野正典の幼少期から青年期までの半生を描き、彼の葛藤や苦悩、そして成長を丁寧に綴っている。この小説は、大竹野正典の生き方に感動を与え、多くの人に勇気を与えた作品である。

見どころ:瀬戸山美咲の演出

見どころ:瀬戸山美咲の演出

見どころ瀬戸山美咲の演出

「埒もなく汚れなく」の上演台本・演出を務めるのは、劇団「イキウメ」所属の瀬戸山美咲。今年で35歳を迎えた演劇界の俊英で、2023年には、その年の演劇界で最も優れた演出家・振付家に与えられる読売演劇大賞・最優秀演出家賞を受賞している。

瀬戸山は、小説や映画、アニメなどさまざまな原作を舞台に昇華させてきた実績を持つ。その演出は、原作の持つ世界観を丁寧に掬い上げながら、演劇ならではの表現で観客を魅了するという定評がある。また、俳優の個性を引き出し、生き生きとした演技をさせるのが上手いことでも知られている。

今作では、瀬戸山がどのような演出で三島由紀夫の小説「金閣寺」の世界を舞台に再現するのか、大きな注目が集まっている。瀬戸山のファンはもちろん、演劇に興味がある人なら誰もが必見の舞台だ。

タイトルとURLをコピーしました