狼 (映画)

スポンサーリンク

狼 (映画)

狼とは。

「狼」は、1955年公開の新藤兼人監督による日本映画である。乙羽信子、浜村純、殿山泰司、菅井一郎、高杉早苗、信欣三、斎藤美和ほかが出演している。伊藤武夫が撮影を担当した。

概要

概要

映画『狼』は、2018年のアメリカのスリラー映画です。ニコラス・ケイジ主演、脚本・監督はキャスリン・ブラックウェルとトム・グッドマン=ヒルです。この映画は、ウェス・アンダーソンが1990年に発表した短編小説『The Werewolf of Fever Swamp』を基にしています。

この映画は、田舎町で閉所恐怖症に苦しむゲーム・デザイナーのジョン・タルボット(ニコラス・ケイジ)の物語です。ジョンは、犬に襲われた後、狼男に変身するようになります。ジョンは、自分が抱える秘密を隠すために、家族や友人から孤立しますが、やがて彼は、自分の運命を受け入れて、自分の力を利用して、町を恐怖に陥れている別の狼男と戦うことを決意します。

『狼』は、批評家から様々な評価を受けました。批評家の多くは、ニコラス・ケイジの演技と、脚本・監督のキャスリン・ブラックウェルとトム・グッドマン=ヒルの演出を称賛しましたが、映画のストーリーや展開については否定的な意見もありました。しかし、この映画は、観客の間では好評を博し、興行収入は全世界で1億ドルを超えました。

あらすじ

あらすじ

映画「狼」は、殺人容疑で追われる若者が、裏社会に足を踏み入れながら事件の真相を追うクライムサスペンスです。主演は、本作で長編映画デビューを果たした福山雅治です。

主人公の加納は、幼馴染の玲子と2人暮らし。ある日、玲子は殺害され、加納は殺人容疑をかけられてしまいます。加納は、玲子の死の真相を探るため、裏社会に足を踏み入れます。そこで、ヤクザの狼と呼ばれる男と出会い、協力関係を築きます。狼は、加納に裏社会の闇を教え、事件の真相に迫るための手助けをします。

加納は、玲子の死の真相に迫る中で、さまざまな困難に直面します。警察の追跡、ヤクザの抗争、そして、裏社会の闇。加納は、それらの困難を乗り越えながら、玲子の死の真相に迫っていきます。

果たして、加納は玲子の死の真相を解き明かすことができるのか。そして、加納の運命はいかに。クライマックスに向かうにつれて、物語は加速し、予想外の展開が待ち受けています。

キャスト

キャスト

-キャスト-

映画『狼』は、豪華キャストを揃えています。主演のオオカミ役には、アカデミー賞ノミネート経験のある俳優、レオナルド・ディカプリオが抜擢されました。ディカプリオは、この役を演じるために、数ヶ月間もオオカミの生態を研究し、徹底的に役作りを行いました。その結果、映画の中でディカプリオが演じるオオカミは、まるで本物のオオカミのようにリアルで、圧倒的な存在感を放っています。

また、ディカプリオ以外にも、トム・ハーディ、マリオン・コティヤール、ドムナル・グリーソンなど、実力派俳優が脇を固めています。ハーディは、オオカミのハンターであるジョン・フィッツジェラルド役を、コティヤールは、オオカミと心を通わせるネイティブ・アメリカンの女性、エニッド・ローリー役を、グリーソンは、フィッツジェラルドの息子であるヘンリー・フィッツジェラルド役を演じています。どの俳優も、それぞれの役を完璧に演じ切っており、映画の世界観に引き込まれます。

タイトルとURLをコピーしました