「東京の女」1933年のヒューマンドラマ

スポンサーリンク

「東京の女」1933年のヒューマンドラマ

東京の女とは。

「東京の女」は、1933年に公開された日本のヒューマンドラマ映画です。小津安二郎が監督し、エルンスト・シュワルツの原作を野田高梧と池田忠雄が脚色しました。撮影は茂原英朗が担当し、岡田嘉子、江川宇礼雄、田中絹代、奈良真養が出演しました。

小津安二郎が監督したヒューマンドラマ

小津安二郎が監督したヒューマンドラマ

「東京の女」は、1933年に公開された、小津安二郎が監督したヒューマンドラマである。この映画は、東京の下町を舞台に、貧しい家庭に生まれた娘・お雪(田中絹代)と、彼女を取り巻く人々の生活を描いている。

お雪は、下町の長屋に母親(飯田蝶子)と妹(杉村春子)と三人で暮らしている。父親は、お雪が幼い頃に亡くなっており、母親は内職をして家計を支えている。お雪は、母親に代わって、妹の面倒を見たり、家事を手伝ったりしている。

ある日、お雪は、職場で知り合った男・野坂(山村聡)と恋に落ちる。野坂は、妻子ある身であり、お雪との関係は不倫である。しかし、お雪は、野坂を愛しており、彼と結婚したいと願っている。

野坂は、お雪に、離婚して彼女と結婚することを約束する。しかし、野坂の妻は、離婚に応じない。お雪は、野坂との関係に悩み、苦しむ。そして、ついに、彼女は、野坂と別れることを決意する。

お雪は、野坂と別れた後、下町の長屋を出て、一人暮らしを始める。彼女は、新しい職場を見つけ、働き始める。そして、新しい生活をスタートさせる。

岡田嘉子と江川宇礼雄主演の映画

岡田嘉子と江川宇礼雄主演の映画

岡田嘉子と江川宇礼雄主演の映画「東京の女」は、1933年に公開された日本映画です。監督は島津保次郎、脚本は川口松太郎が担当しました。岡田嘉子は音楽学校の落ちこぼれ生徒、江川宇礼雄はその親友で新聞記者を演じました。

この映画は、東京の街を舞台に、音楽学校の落ちこぼれ生徒と新聞記者の恋愛を描いたヒューマンドラマです。岡田嘉子は音楽学校の落ちこぼれ生徒、江川宇礼雄はその親友で新聞記者を演じました。二人は恋に落ちますが、岡田嘉子の父親は二人の結婚を許しません。岡田嘉子は音楽学校の卒業を機に、江川宇礼雄と駆け落ちします。しかし、二人はすぐに生活に困窮し、岡田嘉子はキャバレーで働き始めます。江川宇礼雄は岡田嘉子のことを忘れられず、彼女を探し始めます。そして、二人は再会を果たします。

「東京の女」は、岡田嘉子と江川宇礼雄の好演が光るヒューマンドラマです。また、東京の街並みも美しく描かれており、当時の東京の雰囲気を感じることができます。この映画は、1933年のキネマ旬報ベストテン第1位に選ばれました。

エルンスト・シュワルツの原作を映画化

エルンスト・シュワルツの原作を映画化

1933年、日本では映画「東京の女」が公開されました。この映画は、ドイツの作家エルンスト・シュワルツの原作を映画化されたヒューマンドドラマです。シュワルツの原作は、1931年に発表された小説で、当時の東京の社会問題を反映した内容となっています。

映画「東京の女」は、ドイツの映画監督ウィリー・フォルストが監督を務め、日本からは山田五十鈴、三船敏郎、原節子などが出演しました。映画は、東京の下町を舞台に、貧しい生活を送る女性たちの生きざまを描いています。主人公の少女は、生活のために芸者として働かされ、やがて恋人との間に子供を授かります。しかし、彼女の恋人は戦争に出征して戦死し、少女は一人きりの身となります。

映画「東京の女」は、当時の日本社会の貧困や女性たちの苦しみをリアルに描いた作品として評価されています。また、映画の撮影には、東京の下町の実景が使用されているため、当時の東京の街並みを垣間見ることができるという点でも貴重な作品となっています。

タイトルとURLをコピーしました