種子島の民謡「ようかい」

スポンサーリンク

種子島の民謡「ようかい」

ようかいとは。

鹿児島県種子島には、子守唄として歌われる「ようかい」という民謡があります。「ようかい」とは、子供をあやす時の言葉で、この歌は、母親が子供をあやしながら歌うのが一般的です。

鹿児島県種子島の民謡「ようかい」

鹿児島県種子島の民謡「ようかい」

鹿児島県種子島の民謡「ようかい」

鹿児島県種子島の民謡「ようかい」は、島の人々が日常の生活の中で歌い継がれてきた伝統的な音楽です。その歌詞は、島の自然や人々の暮らしを歌ったものが多く、島の歴史や文化を知る上で貴重な資料となっています。「ようかい」は、主に三味線や太鼓、笛などの楽器を伴奏として歌われることが多く、そのメロディーは哀愁を帯びたものが多いのが特徴です。また、歌詞には種子島の方言が使われており、島の独特の雰囲気を醸し出しています。

「ようかい」の発祥については、諸説ありますが、一説によると、江戸時代初期に島に渡った薩摩藩の武士たちが、故郷の民謡をもとに作ったと言われています。また、別の説では、島の漁師たちが海に出る際に歌っていた仕事歌が、「ようかい」の起源になったのではないかとも言われています。いずれにしても、「ようかい」は種子島の長い歴史の中で、人々の暮らしに寄り添ってきた民謡であり、島の文化を象徴する音楽の一つとして大切に歌い継がれています。

「ようかい」は、種子島だけでなく、鹿児島県本土や奄美群島など、鹿児島県全域で歌われています。また、近年では、全国各地の民謡愛好家たちによって歌われるようになり、その人気はますます広がっています。種子島では、毎年夏に開催される「種子島ようかい祭り」で、「ようかい」のコンクールが行われ、島内外から多くの参加者が集まります。また、島内の各地域でも、定期的に「ようかい」のイベントが行われており、島の人々が「ようかい」を通して交流を深めています。

ようかいとは何か?

ようかいとは何か?

「ようかい」とは、種子島に古くから伝わる民謡のことで、島の自然や風土、人々の暮らしぶりを歌っています。その歌詞は、薩摩弁で歌われ、その独特のメロディーやリズムが特徴的です。

「ようかい」は、種子島の各地に伝承されており、その歌詞やメロディーは地域によって微妙に異なります。このため、種子島内でも、同じ「ようかい」でも、歌詞やメロディーが異なる場合があるのです。

「ようかい」は、種子島の伝統芸能として、現在でも大切に歌い継がれており、島内の様々なイベントや行事で披露されています。また、種子島を訪れる観光客にも人気の民謡となっています。

ようかいの歌の歌詞

ようかいの歌の歌詞

ようかいの歌の歌詞

種子島の民謡「ようかい」の歌の歌詞は、八木平三郎によって作詞され、種子島の民謡の代表曲となっています。歌詞の内容は、種子島に伝わる民話をもとにしており、ようかいにまつわるさまざまな出来事が描かれています。

1番の歌詞では、ようかいが種子島にやって来て、人々を驚かせたことが歌われています。2番の歌詞では、ようかいが人々を助けたことが歌われており、3番の歌詞では、ようかいが種子島を去ったことが歌われています。

ようかいの歌の歌詞は、種子島の民話の雰囲気を忠実に再現しており、種子島の民謡の代表曲として親しまれています。

ようかいの歌の歌詞にある「ようかい」は、種子島に伝わる妖怪の一種です。ようかいは、古くから種子島に棲みついており、人々にさまざまな危害を加えてきたと伝えられています。しかし、ようかいは決して悪い妖怪ではなく、時には人々を助けることもあります。

ようかいの歌の歌詞には、ようかいの悪い面と良い面が両方描かれており、ようかいの複雑な性格を表現しています。ようかいの歌の歌詞は、種子島の民話をもとにしており、種子島の民謡の代表曲として親しまれています。

タイトルとURLをコピーしました