ギロチン・ドロップの解説と活用方法

スポンサーリンク

ギロチン・ドロップの解説と活用方法

ギロチン・ドロップとは。

ギロチン・ドロップとは、プロレスの技のひとつで、倒れている相手に伸ばした足を上から落とす技です。レッグ・ドロップとも呼ばれます。

技の解説

技の解説

-技の解説-

ギロチン・ドロップは、プロレスにおける技の一つであり、相手を仰向けに寝かせた状態から、首の後ろに腕を回し、相手の両耳を掴んで、そのまま体重をかけて相手をマットに落とすという技である。相手の首に大きなダメージを与えるため、非常に危険な技とされている。ギロチン・ドロップは、主にフィニッシュ・ホールドとして使用されるが、試合の序盤や中盤で使用されることもある。

ギロチン・ドロップを仕掛ける際には、まず相手の首の後ろに腕を回す必要がある。このとき、相手の首がしっかりとホールドできるように、親指を相手の首の後ろに当て、人差し指と中指を相手の耳の後ろに当てる。次に、相手の両耳を掴んで、そのまま体重をかけて相手をマットに落とす。このとき、相手の首がしっかりと固定されていることを確認し、体重をしっかりと乗せることで、相手の首に大きなダメージを与えることができる。

ギロチン・ドロップは、非常に危険な技であるため、使用には細心の注意が必要である。また、ギロチン・ドロップを仕掛ける際には、相手の首がしっかりと固定されていることを確認することが重要である。

応用技

応用技

-応用技-

ギロチン・ドロップは、さまざまな技に応用することができます。例えば、相手をコーナーに追い詰めてからギロチン・ドロップを仕掛けたり、相手の攻撃をかわしながらギロチン・ドロップを仕掛けたりすることができます。また、ギロチン・ドロップを仕掛けながら相手を持ち上げて、パイルドライバーのように叩きつけるという技もあります。ギロチン・ドロップは、さまざまな技に応用することができるため、非常に使い勝手の良い技です。

ギロチン・ドロップの応用技の一つに、ギロチン・チョークがあります。ギロチン・チョークは、ギロチン・ドロップを仕掛けながら相手の首を絞める技です。ギロチン・チョークは、非常に強力な技であり、相手を絞め落として失神させることができます。また、ギロチン・ドロップの応用技の一つに、ギロチン・バスターがあります。ギロチン・バスターは、ギロチン・ドロップを仕掛けながら相手の頭部をマットに叩きつける技です。ギロチン・バスターは、非常に強力な技であり、相手を脳震盪させることができます。

実戦での活用

実戦での活用

-実戦での活用-

ギロチン・ドロップは、あらゆるグラウンド・ポジションから仕掛けられる強力なサブミッションです。ハーフガード、サイドコントロール、マウントなど、さまざまな状況からギロチン・ドロップを狙うことができます。また、ギロチン・ドロップは、ギロチン・チョークやアナコンダ・チョークなど、他のサブミッションと組み合わせることで、さらに効果的な攻撃を仕掛けることができます。

ギロチン・ドロップを成功させるためには、まず相手の首をしっかりとつかむ必要があります。相手の首をつかんだら、自分の両足を相手の首の後ろに回して、相手の首を絞めます。次に、自分の体を前傾させながら、相手の首を自分の膝に押し付けます。相手の首を自分の膝に押し付けたら、自分の両手を相手の首の後ろに回し、相手の首を絞めます。

ギロチン・ドロップは、相手の首を絞めて締め上げることで、相手の意識を失わせます。ギロチン・ドロップは、非常に強力なサブミッションなので、相手がタップするまで締め上げ続けることが重要です。

タイトルとURLをコピーしました