「過ぎ去りし日々の光」

作品名

過ぎ去りし日々の光:アーサー・C・クラークとスティーヴン・バクスターによるSF作品

1948年、アーサー・C・クラークは彼の最初の小説『宇宙への扉』を発表しました。この小説は、2001年に発見された宇宙の謎と、その発見に端を発する人類の冒険を描いています。この小説は世界的なベストセラーとなり、映画『2001年宇宙の旅』の原作にもなりました。 『宇宙への扉』の成功を受けて、クラークはSF小説を書き続けました。代表作には「2001年宇宙の旅」の続編である『2010年宇宙の旅』、『幼年期の終り』、『2061年宇宙の旅』などがあります。クラークはSF作家として世界的な名声を博し、数多くの賞を受賞しました。 2000年、クラークはスティーヴン・バクスターと共同でSF小説『3001年宇宙の旅』を発表しました。この小説は、クラークの代表作である『2001年宇宙の旅』の第三作であり、人类の未来を壮大なスケールで描いています。 『3001年宇宙の旅』は、クラークとバクスターの最後の共同作品となりました。クラークは2008年に亡くなり、バクスターは現在もSF小説を書き続けています。『3001年宇宙の旅』は、クラークとバクスターのSF作家としての集大成であり、SFファン必読の作品です。