お土産

モノの名前

名古屋駅名物「シャチボン」の復活!

名古屋駅名物「シャチボン」の復活! シャチホコを模したシュークリーム「シャチボン」 名古屋駅の名物として知られる「シャチボン」が、この夏復活しました。「シャチボン」は、シャチホコを模したシュークリームで、その愛らしい姿と、サクサクのシュー生地と濃厚なカスタードクリームのハーモニーで多くの人々に愛されていました。 「シャチボン」は、1950年代に名古屋駅構内の売店で販売を開始しました。当初は、シャチホコの頭だけを模したシュークリームでしたが、後に全身のシャチホコの形をしたシュークリームへと進化しました。 「シャチボン」は、発売以来瞬く間に人気となり、名古屋駅の名物として定着しました。しかし、時代の流れとともに販売が終了となり、長らく幻のシュークリームとなっていました。 このたび、名古屋駅のリニューアルに合わせて「シャチボン」が復活しました。復活した「シャチボン」は、以前のデザインを踏襲しつつも、現代風にアレンジされています。 復活した「シャチボン」は、名古屋駅構内の売店や、名古屋市内のデパートなどで販売されています。また、通販でも購入することができます。 「シャチボン」は、名古屋駅を訪れた際にはぜひ食べていただきたい一品です。愛らしい姿と、サクサクのシュー生地と濃厚なカスタードクリームのハーモニーを、存分に味わってみてください。
施設名・ロケ地

「田園の里うりゅう」の魅力とは?

北海道雨竜郡雨竜町に位置する「道の駅田園の里うりゅう」は、地元の豊かな自然や特産品を満喫できる道の駅です。広大な敷地内には、新鮮な野菜や果物が並ぶ直売所、地元の特産品を取り扱うお土産コーナー、レストランやカフェなど、様々な施設が充実しています。 道の駅田園の里うりゅうの魅力のひとつは、地元の新鮮な野菜や果物が揃う直売所です。雨竜町は、北海道でも有数の農業地域として知られており、四季折々の新鮮な農産物が収穫されます。直売所では、採れたての野菜や果物をリーズナブルな価格で購入することができます。 もう一つの魅力は、地元の特産品を取り扱うお土産コーナーです。雨竜町の特産品といえば、何と言っても「雨竜そば」です。雨竜そばは、コシの強い麺と、まろやかなつゆが特徴のそばで、地元の人々にも観光客にも人気のグルメです。お土産コーナーでは、雨竜そばをはじめとした、雨竜町の特産品を数多く取り扱っています。 道の駅田園の里うりゅうには、レストランやカフェも併設されています。レストランでは、地元の食材を使用した郷土料理や、雨竜そばなどの名物料理を楽しむことができます。カフェでは、地元の素材を使ったスイーツやドリンクを提供しています。
モノの名前

「福だるまーグル」の魅力

福だるまーグルとは?  福だるまーグルは、だるまをモチーフにした、日本で開発された新しいタイプのグライダーだ。幅約16.5センチの小型機で、胴体部分には発泡スチロールのような素材が使用されている。  このグライダーは、固定翼機であり、翼の後端には、小さな舵が取り付けられている。この舵を操作することで、旋回や上昇、下降などの動作をさせることができる。  福だるまーグルの一番の特徴は、その形状にある。胴体がだるまの形をしており、翼が団子の形をしている。このユニークな形状により、福だるまーグルは安定した飛行性能を発揮することができる。  また、福だるまーグルは、軽量な素材で作られているため、持ち運びが簡単だ。初心者でも簡単に飛ばせるような設計になっている。  福だるまーグルは、子供から大人まで幅広い年齢層に人気のあるグライダーだ。公園や空き地などで飛ばして遊ぶことができ、グライダーの操作を学ぶことができる。  また、福だるまーグルは、模型飛行機の製作に興味のある人にもおすすめだ。自分で好きな色に塗ったり、改造したりして楽しむことができる。
モノの名前

湖のくに生チーズケーキ – 観光庁「究極のお土産2013」に選定

工房シュシュは、茨城県にある、農家民宿・手作り体験民宿・食べる酪農体験ができる工房です。2013年には、観光庁主催の「究極のお土産コンテスト2013」で、最優秀賞である「究極のお土産」に選ばれました。 工房シュシュの生チーズケーキは、北海道産の生乳から作られるクリームチーズと、茨城県産の純粋蜂蜜を使用しています。チーズの濃厚な風味と蜂蜜の甘さが絶妙に調和し、大変おいしく召し上がっていただけます。また、工房シュシュでは、生チーズケーキの他にも、アイスクリームやジェラート、プリンなどのスイーツも販売しています。 工房シュシュの生チーズケーキは、お土産としても大変人気です。茨城県のお土産を探している方は、ぜひ工房シュシュの生チーズケーキをお試しください。また、工房シュシュでは、生チーズケーキの他にも、アイスクリームやジェラート、プリンなどのスイーツも販売しています。ぜひ工房シュシュに立ち寄って、おいしさを堪能してください。
モノの名前

あなたの運気も好転!?「おやま開運まんじゅう」

栃木県小山の銘菓「おやま開運まんじゅう」とは? 栃木県小山の銘菓「おやま開運まんじゅう」は、大正13年に創業した老舗和菓子店「小倉屋本店」が製造・販売する和菓子です。小麦粉、砂糖、卵、小豆など、厳選した素材を使用して作られており、しっとりとした食感と、上品な甘さが特徴です。 「おやま開運まんじゅう」は、縁起の良いお菓子として知られており、地元の人々から愛されています。また、その名の通り、運気アップのご利益があるとされ、受験生や就職活動中の人、勝負事を行う人など、多くの人に親しまれています。 おやま開運まんじゅうは、小倉屋本店の店舗で購入することができます。また、オンラインショップでも販売されており、全国各地から注文することができます。贈答用としても人気が高く、大切な人へのプレゼントにもおすすめです。 おやま開運まんじゅうは、栃木県を代表する銘菓のひとつです。ぜひ一度、その味を堪能してみてはいかがでしょうか。
モノの名前

雷おこしとは?浅草の名物菓子の歴史と作り方

雷おこしは、浅草の名物菓子の一つで、江戸時代から親しまれている伝統的なお菓子です。その歴史は古く、今から約400年前の江戸時代初期に、浅草寺の門前の茶店「雷門屋」が、雷神を祀って売っていたのが始まりと言われています。当時は、雷おこしは「雷除け」のお菓子として、参拝客に配られていました。その後、雷おこしは庶民の間にも広まり、江戸の名物菓子として定着しました。 雷おこしの由来には、いくつか説があります。一説によると、雷おこしは雷神が雷を落とすときに使う「おこし棒」を模して作られたお菓子だと言われています。また、雷おこしは雷鳴を表したお菓子だとも言われています。雷鳴は、雷が落ちて地面が揺れる様子を表しており、雷おこしのサクサクとした食感は、その揺れを表現していると言われています。
モノの名前

茨城の逸品「おみたまプリン」の魅力

「おみたまプリン」とは? 茨城県鉾田市で生産される高級プリンである。北海道産の生乳と、鉾田市で飼育された水戸黄門鶏の卵を使用し、昔ながらの手作り製法で作られている。濃厚な味わいと、なめらかな口当たりが特徴で、全国各地にファンがいる。 「おみたまプリン」の発祥は、鉾田市にある「たまご屋もなか本舗」である。同社は、昭和26年に創業し、当初はもなかを製造していた。しかし、平成14年に「おみたまプリン」を開発し、販売を開始したところ、たちまち人気商品となった。 「おみたまプリン」に使用されている牛乳は、北海道産の生乳である。この生乳は、濃厚な味わいで知られており、「おみたまプリン」の美味しさの秘訣となっている。また、「おみたまプリン」に使用されている卵は、鉾田市で飼育された水戸黄門鶏の卵である。この卵は、黄身が大きく、濃厚な味わいで知られており、「おみたまプリン」の美味しさに貢献している。 「おみたまプリン」は、昔ながらの手作り製法で作られている。牛乳と卵を混ぜ合わせ、砂糖やバニラエッセンスを加えて、じっくりと火にかけていく。火を止めたら、型に流し込み、冷蔵庫で冷やして固める。この丁寧な製法により、「おみたまプリン」は、濃厚な味わいと、なめらかな口当たりを実現している。
モノの名前

神戸の銘菓「神戸六景ミニゴーフル」の魅力

神戸六景ミニゴーフルは、神戸の代表的な風景をデザインした缶パッケージが特徴です。六甲山や港町、異人館など、神戸の美しい景色が描かれており、見ているだけでも楽しめます。また、缶パッケージはしっかりとした作りになっているので、小物入れとして再利用することもできます。 神戸六景ミニゴーフルは、味にもこだわっています。ゴーフルはサクッとした食感で、中のクリームはしっとりとなめらか。神戸の老舗洋菓子店が製造しているので、その味は保証付きです。また、神戸六景ミニゴーフルは、個包装になっているので、持ち運びにも便利です。 神戸六景ミニゴーフルは、神戸のお土産に最適です。神戸の美しい景色がデザインされた缶パッケージは、もらった人もきっと喜ぶでしょう。また、神戸六景ミニゴーフルは、手頃な価格なので、ばらまき用のお土産にもおすすめです。
モノの名前

『ねこのたまご』を味わう

「ねこのたまご」は、東京の自由が丘にある小さなケーキ屋さんで販売されている人気スイーツです。その名の通り、猫のたまごをイメージした可愛らしい見た目ですが、その味は一度食べたら忘れられないほど絶品。一口食べると、濃厚なカスタードクリームとふわふわのスポンジ生地が口いっぱいに広がります。甘すぎず、しつこすぎない絶妙なバランスで、いくつでも食べられてしまうほどです。 「ねこのたまご」の魅力は、その見た目と味だけではありません。ケーキ屋さんには、猫をモチーフにした可愛いグッズがたくさん並べられており、まるで猫の世界に迷い込んだような感覚を味わえるのも人気の理由です。また、店員さんたちも猫好きが多く、猫談義に花を咲かせることができるのも嬉しいポイントです。 「ねこのたまご」は、猫好きにはもちろん、スイーツ好きにもたまらない一品。自由が丘を訪れた際には、ぜひ味わってほしいスイーツです。
施設名・ロケ地

「くずまき高原」の魅力を徹底解剖!

「広大な敷地で自然を満喫!」 くずまき高原の魅力は何と言っても、その広大な敷地です。約100ヘクタールの広さに、大自然が広がっています。木々や草花が茂り、清流が流れ、動物たちが生息する、まさに自然の宝庫です。 この広大な敷地を活かして、さまざまなアクティビティを楽しむことができます。ハイキングやトレッキング、サイクリング、釣り、キャンプなど、アウトドア好きにはたまらないスポットです。また、高原ならではの美しい景色を眺めるだけでも、心が癒されます。 特におすすめなのが、高原を一周するハイキングコースです。約6kmのコースですが、起伏が少なく、初心者でも気軽にチャレンジできます。途中には、絶景ポイントがいくつもあります。また、春には桜、秋には紅葉が楽しめるので、四季折々の美しさに出会えます。 くずまき高原は、自然を満喫したい人にとって、まさに最高の場所です。ぜひ一度、足を運んでみてください。
施設名・ロケ地

「おといねっぷ」で楽しむ北海道の旅

北海道中川郡音威子府村にある道の駅「おといねっぷ」は、北海道の旅を楽しむための絶好のスポットです。この道の駅は、北海道の雄大な自然を満喫できる絶景ポイントとなっており、また、地元の特産品やグルメを堪能できる施設も充実しています。 道の駅「おといねっぷ」の魅力は、なんといってもそのロケーションにあります。北海道の雄大な自然を満喫できる絶景ポイントとなっており、特に、天気が良い日には、大雪山連峰や旭川市を一望することができます。また、道の駅周辺には、ハイキングコースや散策路が整備されており、自然を満喫しながらハイキングや散策を楽しむことができます。 道の駅「おといねっぷ」には、地元の特産品やグルメを堪能できる施設も充実しています。地元の野菜や果物、加工品などを販売する売店があり、また、地元の食材を使った料理を提供するレストランもあります。特に、地元の特産品である「音威子府そば」は、ぜひ味わいたい一品です。音威子府そばは、コシが強く、噛み応えのあるそばで、地元の人々に愛されています。 また、道の駅「おといねっぷ」では、さまざまなイベントも開催されています。地元の特産品やグルメを販売するマルシェや、音楽ライブ、クラフト教室など、さまざまなイベントが開催されており、地元の人々や観光客で賑わいます。北海道の旅を楽しむための絶好のスポットである道の駅「おといねっぷ」にぜひ足を運んでみてください。
モノの名前

梅月煎餅~福井の銘菓の秘密

梅月煎餅の歴史と由来 梅月煎餅の始まりは、福井市にある和菓子屋「梅月堂」の創業から始まります。創業者は、初代の梅月吉蔵氏で、梅月煎餅の原型となる「梅月最中」を考案しました。梅月最中は、餡を挟んだ煎餅で、その美味しさは評判となり、瞬く間に福井の銘菓として知られるようになりました。 その後、二代目の梅月吉太郎氏が、梅月最中を進化させ、現在の梅月煎餅を完成させました。梅月煎餅は、梅月最中と比べて、生地が薄く、パリパリとした食感に仕上げられ、さらに、梅の香りを加えて、より風味豊かなお菓子となりました。 梅月煎餅は、昭和初期に開催された博覧会に出品され、その美味しさで全国的に知られるようになり、以降、福井県の代表的な銘菓として親しまれるようになりました。
モノの名前

赤松せんべい – 鹿児島県霧島市の銘菓

赤松せんべいの歴史は古く、約400年前の江戸時代初期にまで遡ります。霧島市に暮らしていた赤松源左衛門という武士が、ある日の狩りの際に、偶然、おいしいせんべいを作ることに成功しました。赤松源左衛門は、このせんべいを「赤松せんべい」と名付け、霧島市の人々にふるまったところ、そのおいしさはすぐに評判となり、瞬く間に鹿児島県内全土に広がりました。赤松源左衛門は、このせんべいを生業とするため、霧島市に小さな菓子屋を開業しました。赤松源左衛門の作った赤松せんべいは、そのおいしさから瞬く間に人気を集め、やがて鹿児島県を代表する銘菓のひとつとなりました。赤松源左衛門の菓子屋は、その後、代々受け継がれ、現在でも霧島市で営業を続けています。
モノの名前

「なにかのご塩」って知ってる?佐賀県の塩の魅力

「なにかのご塩」ができるまで 「なにかのご塩」は、佐賀県産の海水に含まれる豊富なミネラルを結晶化させた自然塩です。佐賀県の海は、有明海と玄界灘の二つの海域に面しており、その海水を原料として「なにかのご塩」は作られています。 「なにかのご塩」の作り方は、まず、海水を汲み上げて塩田に貯めます。塩田は、海水を蒸発させるために作られた平らな土地で、佐賀県では、有明海の干拓地を利用して塩田が作られています。海水を塩田に貯めると、太陽の熱と風の力によって水分が蒸発し、塩分が結晶化して「なにかのご塩」ができあがります。 「なにかのご塩」は、結晶化させる前に、海水をろ過して不純物を取り除いたり、塩田の底に沈殿した泥を取り除いたりするなど、さまざまな工程を経て作られます。また、「なにかのご塩」の結晶化には、気温や湿度の条件が重要で、職人の勘と経験が欠かせません。 「なにかのご塩」は、ミネラルを豊富に含んでおり、まろやかで旨味のある味わいが特徴です。佐賀県の郷土料理や、日本料理、洋食など、さまざまな料理に使用されています。
モノの名前

「末長く」が、埼玉県熊谷市の堀内製菓で販売されている和菓子であることをご存知でしょうか

「末長く」は、埼玉県熊谷市の名産品である「五家宝」の長さを60センチに仕上げた和菓子です。五家宝は、もち米と砂糖、ピーナッツを主な材料とした、落花生づくしの和菓子です。もち米のぷにぷにした食感と、ピーナッツの香ばしさが特徴で、埼玉県では長年親しまれています。 「末長く」は、五家宝を製造している堀内製菓の創業者である堀内伝蔵氏が考案した和菓子です。堀内氏は、五家宝をもっと多くの人に楽しんでもらいたいと考え、五家宝の長さを60センチに仕上げた「末長く」を考案しました。 「末長く」は、その見た目から縁起の良い和菓子とされています。60センチという長さは、末永く幸せが続くようにとの願いが込められています。また、五家宝は、五穀豊穣を祈願する和菓子としても知られているため、「末長く」は、縁起の良い贈り物としても人気があります。 「末長く」は、埼玉県熊谷市の堀内製菓で販売されています。堀内製菓は、大正8年に創業した老舗の和菓子店です。「末長く」は、堀内製菓の代表銘菓として、多くの人から愛されています。
モノの名前

おとし文とは?その歴史、特徴、食べ方をご紹介

おとし文の歴史と由来 おとし文の歴史は古く、奈良時代まで遡るとも言われています。奈良時代には、宮廷や貴族の間で「落し餅」というお菓子が流行していました。落し餅は、餅粉を水で溶いて火にかけてかき混ぜ、固まったものを切り分けたものです。おとし文も落し餅と同じように、餅粉を水で溶いて火にかけてかき混ぜて作りますが、切り分けるのではなく、お湯の中に細く落として固まらせて作ります。おとし文は、落し餅よりも柔らかく、食べやすいという特徴があります。 鎌倉時代以降、庶民の間にもおとし文が広まり、正月や祝い事には欠かせないお菓子となりました。江戸時代には、おとし文に砂糖やあんこを加えて食べるようになり、甘味のあるお菓子としての地位を確立しました。現代でも、おとし文は正月や祝い事の定番のお菓子として親しまれています。
モノの名前

和菓子「五智果」とは?老舗菓子店が作る伝統の銘菓

五智果の歴史と由来 五智果は、京都府南丹市にある老舗菓子店「五智果本店」が製造・販売している和菓子です。その歴史は古く、江戸時代中期まで遡ります。五智果本店の創業者である谷口善兵衛が、京都の寺社仏閣を訪れる参拝客向けに、手軽に食べられる菓子として考案したのが始まりと言われています。 五智果という名前には、五つの智恵という意味が込められています。これは、仏教の五智如来(大日如来、阿閦如来、宝生如来、阿弥陀如来、不空成就如来)に由来しており、それぞれの色や形が五智如来を表しています。 五智果は、小豆餡を小麦粉の皮で包み、揚げた後に砂糖をまぶした素朴な菓子です。外側はサクサクとした食感で、中はしっとりとした餡子の甘みが楽しめます。また、五智如来を表す5つの色は、食べても見た目にも楽しめるお菓子となっています。 五智果は、京都の伝統的な和菓子として、今でも多くの人に愛されています。五智果本店では、五智果以外にも、みたらし団子やおはぎなど、様々な和菓子を販売しています。京都を訪れた際には、ぜひ五智果本店に立ち寄って、五智果をはじめとした京都の和菓子を味わってみてください。
モノの名前

高知のお土産「長尾鳥の卵」とお店の歴史

長尾鳥の卵ってどんなお菓子? 長尾鳥の卵とは、高知県のお土産として知られる和菓子です。見た目は小鳥の卵のような形をしており、中は栗餡が入っています。外側の生地はカステラ生地に似ており、しっとりとしていてしっとりとしています。栗あんは甘すぎず、小豆の風味がしっかりとしています。 長尾鳥の卵は、高知県の長尾川流域で古くから作られてきたお菓子です。その昔、長尾川のほとりで暮らすウグイスが、卵を産むために巣を作っていました。その卵を、猟師が採って食べてみたところ、その美味しさに驚き、長尾鳥の卵と名付けて売り出したのが始まりとされています。 長尾鳥の卵は、その見た目のかわいらしさと、素朴な味わいで人気を集め、高知県を代表するお土産のひとつとなりました。現在は、県内の土産物店やスーパーなどで販売されています。
施設名・ロケ地

美しい箱根の山に囲まれた道の駅「山北」

山北町は、神奈川県北西部に位置する町です。箱根の山々に囲まれ、自然豊かな町です。山北町には、道の駅「山北」があり、地元の新鮮な野菜や果物、加工品などが販売されています。 道の駅「山北」は、2005年(平成17年)にオープンしました。箱根の山々を望むことができる場所にあります。道の駅には、農産物直売所、レストラン、観光案内所などがあります。 道の駅「山北」の農産物直売所には、地元で収穫された新鮮な野菜や果物が並んでいます。また、山北町で作られた加工品も販売されています。山北町の特産品は、山北産シイタケ、山北産わさび、山北産コシヒカリなどです。また、山北町には、陶芸や木工などの伝統工芸品があります。 道の駅「山北」は、山北町の特産品を味わうことができる場所です。また、箱根の山々を望むことができる景色も楽しめます。ぜひ、道の駅「山北」に立ち寄ってみてください。
モノの名前

お菓子屋の甘い想い ~奈良こんふぃえいと~

奈良こんふぃえいととは、奈良県奈良市にあるスイーツショップです。店名の「こんふぃえいと」とは、ポルトガル語で「お菓子」を意味する言葉です。奈良こんふぃえいとは、フランス菓子を中心に、ケーキや焼き菓子、チョコレートなど、さまざまなスイーツを販売しています。 奈良こんふぃえいとの特徴は、素材にこだわっていることです。オーナーシェフの片岡護氏は、奈良県産の牛乳や卵、小麦粉など、地元の素材を積極的に使用しています。また、片岡氏は、フランス菓子の伝統的な製法を大切にしながらも、新しいことに挑戦することを厭いません。奈良こんふぃえいとは、常に新しいスイーツを生み出しているのです。 奈良こんふぃえいとは、奈良県内だけでなく、県外からも多くの人が訪れる人気店です。その理由は、奈良こんふぃえいとのスイーツが、どれも美味しく、丁寧に作られているからです。奈良こんふぃえいとは、奈良の誇るスイーツショップです。
モノの名前

愛媛の柑橘ゼリー「ちゅうちゅうゼリー」がたまらない

-愛媛の特産品〜愛媛のフルーツゼリー- 愛媛県は、温暖な気候と豊かな自然に恵まれ、みかんや柑橘類の生産が盛んな地域です。そんな愛媛県で生まれたのが、愛媛のフルーツゼリーです。 愛媛のフルーツゼリーは、愛媛県産の新鮮なフルーツをふんだんに使用して作られたゼリーです。みかんやオレンジ、レモン、伊予柑など、様々な種類のフルーツゼリーがあります。 愛媛のフルーツゼリーは、その名の通り、愛媛県産のフルーツのおいしさをそのまま閉じ込めたような味わいが特徴です。みかんの爽やかな酸味、オレンジの甘み、レモンの香りの良さが、ゼリーの中にぎゅっと詰まっています。 また、愛媛のフルーツゼリーは、ぷるぷるとした食感も魅力です。ゼラチンを固めることで、フルーツの旨味を閉じ込め、ぷるぷるとした食感を出すことができます。 愛媛のフルーツゼリーは、愛媛県のお土産としても人気です。愛媛県を訪れた際には、ぜひ愛媛のフルーツゼリーをお土産に購入してはいかがでしょうか。
施設名・ロケ地

「フォーレスト276 大滝」の知られざる魅力

「フォーレスト276 大滝」とは? 「フォーレスト276 大滝」とは、静岡県浜松市天竜区にある天竜川上流に位置する滝である。落差は27m、幅は6mで、日本百名瀑の一つに数えられている。滝は、天竜川の支流である大滝沢を流れ落ちており、滝壺は直径約10mの円形をしている。滝の周囲は森林に囲まれており、自然豊かな景観を望むことができる。 「フォーレスト276 大滝」という名前は、滝の落差が27.6mであることに由来する。また、「大滝」という名前は、この滝が天竜川上流で最も大きな滝であることに由来する。 「フォーレスト276 大滝」は、天竜川の上流にあるため、水量は豊富であり、滝の流れは勢いがある。また、滝の周囲は森林に囲まれており、緑豊かな景観を望むことができる。滝の近くには、遊歩道が整備されており、滝壺まで歩いて行くことができる。 「フォーレスト276 大滝」は、天竜川上流の景勝地として知られており、多くの観光客が訪れる。また、滝の近くには、キャンプ場や温泉施設があり、アウトドアレジャーを楽しむことができる。
モノの名前

「源平餅」の歴史と魅力

「源平餅」の由来と歴史 「源平餅」は、京都にある老舗和菓子店「叶匠壽庵」が製造販売している銘菓である。その名の通り、源平合戦をモチーフにしたお菓子で、源氏の白餅と平家の紅餅の2種類がセットになっているのが特徴である。 「源平餅」の由来は、平安時代末期の源平合戦にさかのぼる。源氏と平家の戦いは、多くの犠牲者を出した激しいものであったが、その中で生まれたのが「源平餅」である。 「源平餅」は、戦乱の世に人々の心を癒やすお菓子として、人々に親しまれるようになった。また、「源平餅」は、源氏と平家の和解の象徴ともされており、縁結びや夫婦円満のお菓子としても重宝されてきた。 「源平餅」は、日本の伝統的なお菓子として、現在もなお多くの人々に愛されている。その素朴な味わいと美しい見た目で、和菓子の代表格として親しまれているのだ。
モノの名前

知る人ぞ知るご当地グルメ、ごぼう羊羹

井原市のご当地グルメ、ごぼう羊羹とは 井原市のご当地グルメ、ごぼう羊羹は、ごぼうと小豆を主原料とした羊羹です。ごぼうのシャキシャキとした食感と小豆の甘さが絶妙にマッチした、風味豊かなお菓子です。ごぼう羊羹は、江戸時代から井原市で親しまれてきた伝統的な食べ物で、今でも地元の人々に愛されています。 ごぼう羊羹は、ごぼうを皮ごとすりおろして、小豆と砂糖と一緒に煮詰めて作ります。ごぼうの風味がしっかりと残るように、あえて皮ごとすりおろすのがポイントです。煮詰めた後は、型に入れて固めて完成です。ごぼう羊羹は、そのまま食べてもおいしいですが、お茶やコーヒーと一緒に食べてもよく合います。