お菓子

モノの名前

レモンの美味しさをそのまま味わえる「そのまんまレモン」

国産レモンの果皮を乾燥させたお菓子「そのまんまレモン」は、レモンの美味しさをそのまま味わえるヘルシーなスナックです。国産レモンの果皮を低温でじっくりと乾燥させることで、レモンの爽やかな香りと濃厚な味が凝縮され、まるでレモンそのものを食べているかのような感覚を楽しむことができます。無添加・無着色なので、お子様からご年配の方まで安心してお召し上がりいただけます。また、レモンの果皮にはビタミンCやクエン酸などの栄養素が豊富に含まれており、健康維持にも役立ちます。 「そのまんまレモン」は、そのまま食べても美味しいですが、ヨーグルトやグラノーラにトッピングしたり、お菓子や料理の材料として使用したりするのもおすすめです。また、レモンティーやレモネードなどの飲み物に浸して食べると、爽やかな風味を楽しむことができます。
モノの名前

ホルンを美味しく味わうための3つのポイント

ホルンの特徴と種類 ホルンは、牛肉の中でも特に脂肪が少ない部位です。そのため、ヘルシーでさっぱりとした味わいが特徴です。また、ホルンは筋肉質で引き締まっているため、歯ごたえがあります。ホルンには、サーロイン、ヒレ、ランプなど、さまざまな部位があります。それぞれに異なる特徴があり、部位ごとに適した調理法があります。 サーロインは、ホルンの背中側の部位です。脂肪が少なく、赤身が多いのが特徴です。歯ごたえがあり、肉の旨味をしっかりと味わうことができます。サーロインは、ステーキやローストビーフなど、高温で短時間で調理するのに適しています。 ヒレは、ホルンの腰側の部位です。脂肪が非常に少なく、赤身が多いのが特徴です。ホルンの中でも最も柔らかい部位で、きめ細やかな肉質をしています。ヒレは、ステーキやカツレツなど、高温で短時間で調理するのに適しています。 ランプは、ホルンの後ろ足の付け根側の部位です。脂肪が少なく、赤身が多いのが特徴です。サーロインやヒレよりも歯ごたえがありますが、それでも柔らかくジューシーな肉質をしています。ランプは、ステーキや煮込み料理など、さまざまな調理法に適しています。
モノの名前

ポテくんって知ってる?カルビーのポテトチップスのキャラクター

ポテくんの誕生秘話 ポテくんは、カルビーのポテトチップスのキャラクターとして、1972年に誕生しました。 ポテくんの誕生は、当時カルビーの社長だった松尾孝が、ポテトチップスの広告キャラクターを考えていたことに端を発しています。松尾孝は、ポテトチップスは子供から大人まで幅広い年代に愛されるお菓子であるため、子供たちにも親しみやすいキャラクターが必要であると考えました。そこで、松尾孝は、ある広告代理店に、ポテトチップスのキャラクターのデザインを依頼しました。 広告代理店は、松尾孝の要望に応えて、ポテトチップスのキャラクターをデザインしました。そのキャラクターは、頭がじゃがいもで、体が人間のような形をしていて、大きな目と口を持つ愛嬌のあるキャラクターでした。松尾孝は、このキャラクターを気に入り、ポテくんと名付けました。 ポテくんは、誕生以来、カルビーのポテトチップスの広告キャラクターとして活躍しています。ポテくんは、テレビCMやポスター、パッケージに登場し、カルビーのポテトチップスをPRしています。ポテくんは、その愛嬌のあるキャラクターで子供たちにも大人気となり、カルビーのポテトチップスの売り上げを伸ばすことに貢献しています。
モノの名前

かもめの玉子とは?その歴史と魅力に迫る

かもめの玉子は、かつて北海道の室蘭市を中心とした地域で親しまれていた銘菓です。その歴史は古く、1930年代に菓子職人の榎本寅雄氏が考案したとされています。榎本氏は、当時流行していたフランス菓子のマカロンをヒントに、北海道産の小麦粉と卵、バター、砂糖のみを使ったシンプルな焼き菓子を作り上げました。その軽くてサクサクとした食感と、ほのかな甘さが評判を呼び、瞬く間に室蘭市民に愛される銘菓となりました。 戦後、室蘭を中心とした地域の人口が増加するとともに、かもめの玉子の知名度も全国的に広がっていきました。そして1960年代には、全国菓子博覧会で最高賞を受賞するなど、日本を代表する銘菓のひとつに躍り出ました。しかし、その後は時代の移り変わりとともに、次第に衰退していき、1990年代には生産が終了してしまいました。 現在では、かもめの玉子を製造しているのは、室蘭市内の老舗菓子店「榎本菓子店」のみとなっています。榎本菓子店は、榎本寅雄氏の孫である榎本裕介氏が受け継ぎ、伝統の製法を守りながら、今もなおかもめの玉子を製造し続けています。かもめの玉子は、室蘭市民にとってだけでなく、全国の銘菓ファンからも愛され続けている、北海道を代表する銘菓のひとつです。
モノの名前

初島ろまんす-伊豆の名品

小見出し「熱海商工会議所の認定品」 大見出し「初島ろまんす-伊豆の名品」の下に作られた小見出しの「熱海商工会議所の認定品」は、熱海商工会議所が熱海市で製造された、一定の品質基準を満たした商品に与える認定マークです。認定品には、食品、工芸品、土産品など、さまざまな商品があり、熱海市内の店舗やホテルで購入することができます。 熱海商工会議所の認定品は、熱海市の特産品であり、高い品質と安全性基準を満たしていることが保証されています。認定品は、熱海市を代表する商品として、多くの人に親しまれています。 熱海商工会議所の認定品を購入することで、熱海市の産業を支援することができます。また、認定品は、熱海市のお土産としても最適です。熱海市に旅行した際には、ぜひ認定品をご購入ください。
モノの名前

ブタメンの魅力と楽しみ方

-ブタメンの歴史と由来- ブタメンのの歴史は古く、1968年に寿がきや食品から発売されたインスタントラーメンです。豚骨ラーメンを再現したスープと、甘辛く味付けされた豚肉が特徴で、カップラーメンブームの火付け役となった商品でもあります。 ブタメンという名前の由来は、豚骨ラーメンをイメージしたスープと、豚肉が入っていることから名付けられました。寿がきや食品の創業者である杉浦正雄氏が、豚骨ラーメンをインスタントラーメンで再現したいという思いから開発した商品です。 ブタメンは発売以来、そのおいしさで多くの人々に愛され、ロングセラー商品となっています。現在では、ブタメン以外にも、辛口の「辛口ブタメン」や、味噌味の「味噌ブタメン」など、さまざまなバリエーションの商品が発売されています。
モノの名前

前田のクリケットの魅力と歴史

-サクっとした食感と優しい甘さが特徴- 前田のクリケットは、前田地区の特産品として知られる焼き菓子です。サクッとした食感と優しい甘さが特徴で、お茶請けや手土産として人気があります。 前田のクリケットの歴史は古く、明治時代初期に前田地区に渡ってきたイギリス人宣教師が、地元の小麦粉や砂糖を使ってクリケットを作ったのが始まりとされています。その後、地元の人々が宣教師から作り方を学び、前田のクリケットは前田地区の特産品として定着していきました。 前田のクリケットは、小麦粉、砂糖、バター、卵、ベーキングパウダーを混ぜて作った生地を、鉄板に流し込んで焼きます。焼いた後は、表面に砂糖蜜を塗って冷やし固めます。前田のクリケットは、サクッとした食感と優しい甘さが特徴で、お茶請けや手土産として人気があります。
モノの名前

「ねるね」の可愛すぎるキャラクターを知ってる?

「ねるねの誕生秘話」 「ねるね」のキャラクターは、2018年にシリーズの原作者である西川伸司氏が、自らの体験からインスピレーションを受けて創作したものである。西川氏は、かつて飼っていた犬の寝姿を眺めていた時に、その愛らしい姿に癒されることを実感したという。そして、その体験から、誰もが癒されるようなキャラクターを作りたいと考えるようになった。 西川氏は、癒し系のキャラクターを作るにあたって、動物の姿をモデルにすることにした。動物は、人間よりもシンプルで純粋な存在であり、その姿は誰もが親しみやすいものである。また、動物は人々の心を和ませる力を持っているため、癒し系のキャラクターには最適だと考えた。 西川氏は、モデルとなる動物を慎重に選び、最終的にたどり着いたのが「ウサギ」だった。ウサギは、その愛らしい見た目と、柔らかな毛並みが特徴の動物である。また、ウサギは臆病な動物であり、その姿には、守ってあげたいという気持ちが湧いてくる。西川氏は、ウサギをモデルにすることで、誰もが癒されるようなキャラクターを作り上げることができると確信した。 こうして、「ねるね」は誕生した。ねるねは、大きな瞳と、柔らかな毛並みを持つ、愛らしいウサギのキャラクターである。ねるねは、いつも眠そうな目をしており、その姿は誰もが癒される。また、ねるねは臆病な性格であり、その姿には、守ってあげたいという気持ちが湧いてくる。ねるねは、 itsumomoによって制作されており、アニメーションでは吉岡麻耶、ゲームでは松田利冴が声を担当している。ねるねは、多くのファンに愛されるキャラクターとなり、現在では、さまざまなグッズが発売されている。
モノの名前

「ネコの舌」の魅力とは?

三木製菓が誇る「ネコの舌」は、サクッとした食感とバターの風味が特徴的なクッキーです。そのおいしさの秘密は、厳選された素材と職人の技にあります。 三木製菓の「ネコの舌」に使用される小麦粉は、北海道産の最高級小麦粉を使用しています。この小麦粉は、弾力があり、サクサクとした食感に仕上がります。また、バターも北海道産のものを100%使用しています。北海道産のバターは、濃厚な風味が特徴で、「ネコの舌」の風味をより一層引き立たせてくれます。 さらに、三木製菓の「ネコの舌」は、職人の技によって一枚一枚丁寧に焼き上げられています。生地を薄く伸ばし、均一に焼き上げることで、サクッとした食感とバターの風味が際立つ「ネコの舌」が出来上がります。 三木製菓の「ネコの舌」は、そのおいしさから、多くの人々に愛されています。お土産としても人気が高く、全国各地から注文が殺到しています。また、テレビや雑誌などでも取り上げられ、その知名度はますます高まっています。
モノの名前

でんちゃんとは?株式会社でん六のキャラクターの魅力

でんちゃんの誕生と由来 でんちゃんは、株式会社でん六の会長である小澤一郎氏によって、1970年(昭和45年)に誕生した。小澤氏は、当時、でん六の主力商品である「でん六豆」の売り上げが低迷していたことを憂慮していた。そこで、でん六豆のキャラクターを創造することで、売り上げを回復させようとした。 でんちゃんの名前は、デンマークの「でん」と、六の「六」を組み合わせた、造語である。また、でんちゃんのキャラクターは、小澤氏の娘をモデルにしている。小澤氏の娘は、当時、小学生だったが、でんちゃんのキャラクターは、娘の活発で明るい性格を反映している。 でんちゃんは、誕生以来、でん六豆のパッケージや宣伝に登場している。また、でんちゃんは、テーマパークやイベントにも登場し、子どもたちの人気を集めている。でんちゃんは、でん六のキャラクターとして、長く愛され続けている。
モノの名前

ステッキチョコの魅力と豆知識

ステッキチョコの歴史と由来 ステッキチョコは、その形が杖(ステッキ)に似ていることから名付けられたチョコレート菓子です。発祥の地はフランスとされ、19世紀初頭に誕生したといわれています。当時は、砂糖やバターなどの材料が高価であったため、庶民の間ではあまり普及していませんでした。しかし、20世紀初頭にチョコレートの価格が下がり始めると、広く人々に愛されるようになりました。 ステッキチョコには、さまざまな種類のものがあります。ミルクチョコレート、ダークチョコレート、ホワイトチョコレートなど、チョコレートの種類によって味わいが異なります。また、中にはナッツやドライフルーツが入っているものも。また、ステッキチョコは、クリスマスシーズンに販売されることが多いです。これは、棒状の形がクリスマスツリーに飾られた杖に似ていることから由来しています。
モノの名前

「チョコあ~んぱん」の徹底解剖!

発売の歴史と経緯 チョコあ~んぱんは、1985年にフジパンによって発売されました。当時は、チョコレート味のあんぱんというものは珍しく、すぐに人気商品となりました。発売当初は、チョコレートクリームがサンドされただけのシンプルなものでしたが、その後、徐々に改良され、現在の形になりました。 チョコあ~んぱんの発売のきっかけは、当時のフジパンの社長が「チョコレートのあんぱんを作りたい」と考えたことからでした。社長は、チョコレートとあんこの相性が良いと信じており、この2つの食材を組み合わせたあんぱんを開発したいと考えていたのです。開発チームは、社長の要望に応えるべく、試行錯誤を繰り返しました。そして、ついに、チョコレートクリームとあんこをバランスよく組み合わせた、チョコあ~んぱんが完成したのです。 チョコあ~んぱんは、発売以来、多くの人に愛され続けているロングセラー商品です。その人気は、チョコレートクリームとあんこの絶妙なハーモニーにあります。また、チョコあ~んぱんは、比較的安価なため、手軽に購入できることも人気の理由です。
モノの名前

懐かしの味「ぶと饅頭」の魅力

奈良県の銘菓「ぶと饅頭」とは 奈良県の銘菓「ぶと饅頭」は、ふっくらとした生地で、こしあんを包んだ郷土菓子です。その名の由来は、奈良県にある大和郡山市が「郡山」と呼ばれていた時代に、郡山で製粉された小麦粉を使って作られていたことに由来しています。奈良県民なら誰もが知る定番の郷土菓子で、お土産として親しまれています。 「ぶと饅頭」は、表面が茶色く、中は白く、こしあんの甘さがほどよく、皮の香ばしさとマッチしています。素朴な味わいと食感が特徴で、老若男女を問わず愛されています。また、日持ちするので、奈良県を訪れた際には、お土産として購入するのに最適です。
モノの名前

ガチングミは硬いグミキャンディ!味は?

ガチングミの特徴 ガチングミは、その硬さが特徴のグミキャンディです。一般的なグミよりもはるかに硬く、歯ごたえのある食感を楽しむことができます。また、噛むほどにじゅわっと広がる果汁の味わいが特徴です。ガチングミは、ガリガリ君を製造販売する赤城乳業から発売されており、フレーバーはグレープ味、コーラ味、ピーチ味、ソーダ味の4種類が販売されています。ガチングミは、その硬さから、歯が折れるのではないかという心配もあるようですが、実際には歯が折れるほどの硬さではありません。しかし、噛みしめるとかなり硬いため、歯が弱い方は注意して食べる必要があります。
モノの名前

ちびっこみかんの魅力と食べ方

ちびっこみかんとは、和歌山県有田地方で栽培されている小さなサイズの柑橘系果実です。そのサイズは、一般的な温州みかんよりもはるかに小さく、直径わずか4〜5センチほどです。ちびっこみかんは、その可愛らしい見た目から、お子様や女性に人気があります。また、皮が薄く、食べやすいことも魅力の一つです。 ちびっこみかんは、その小さなサイズにもかかわらず、果汁がたっぷりで、甘みと酸味のバランスが良く、爽やかな味わいです。また、ビタミンCやクエン酸を多く含んでおり、栄養価も高いです。ちびっこみかんは、そのまま生で食べても美味しいですが、ジュースにしたり、ジャムやマーマレードにしたり、お菓子の材料として使用しても美味しく召し上がれます。
モノの名前

「MINTZ」の美味しさの秘密

結晶化させたキシリトール 「MINTZ」の美味しさの秘密は、結晶化させたキシリトールにあります。キシリトールは、自然界に存在する甘味料の一種で、甘さは砂糖の約70%ですが、カロリーは砂糖の半分以下です。また、虫歯の原因となる酸を産生しないため、虫歯予防にも効果的です。 「MINTZ」では、キシリトールを結晶化させて使用しています。結晶化させることで、キシリトールの甘さがより引き立ち、爽快感がアップします。また、結晶化させたキシリトールは、溶けにくい性質があるため、長時間口の中で美味しさが持続します。 「MINTZ」の結晶化させたキシリトールは、独自の製法で作られており、その製法は企業秘密となっています。しかし、その美味しさは多くの人々に愛されており、「MINTZ」は世界中で販売されています。 「MINTZ」の結晶化させたキシリトールは、甘くて爽快感があり、虫歯予防にも効果的です。その美味しさは多くの人々に愛されており、「MINTZ」は世界中で販売されています。
モノの名前

ホームパイの魅力を徹底解剖!

-ホームパイの歴史と由来- ホームパイは、株式会社とよす製菓が製造販売するパイ菓子です。その歴史は古く、1922年(大正11年)に創業者の豊住利三郎氏が、神戸市で菓子店を開業したことに始まります。利三郎氏は、パイ菓子にこだわって研究を重ね、1928年(昭和3年)にホームパイの前身となる「神戸パイ」を発売しました。 ホームパイという名前は、1931年(昭和6年)に商標登録されました。翌年の1932年(昭和7年)には、大阪市に支店を開設し、ホームパイの販売を本格化させました。その後、ホームパイは次第に人気を高め、1950年代には全国区の人気菓子となりました。 ホームパイの特徴は、サクサクとした食感と、バターの風味が豊かなパイ生地です。また、パイ生地の中には、レーズンやクルミが入っており、食べ飽きない味わいです。ホームパイは、そのまま食べても美味しいですが、温めて食べるとさらに美味しくなります。 ホームパイは、長い歴史を持つ人気菓子です。その美味しさは、多くの人々に愛され続けています。
モノの名前

サンドロールってなに?

サンドロールの歴史 サンドロールは、長いパンの歴史の中で比較的新しい食べ物です。19世紀の初めにフランスで発明され、すぐにヨーロッパ中に広まりました。サンドロールは、簡単に持ち運びができ、食事や軽食に最適な食品として人気を博しました。 サンドロールは、小麦粉、卵、牛乳、バター、砂糖、塩を混ぜて作ります。生地を伸ばして巻き、焼き上げて作られます。サンドロールは、プレーンなだけでなく、チョコチップ、レーズン、ナッツなどを入れたものも人気です。 サンドロールは、朝食、昼食、夕食のいずれにも適しています。また、おやつや軽食にも最適です。サンドロールは、そのまま食べてもおいしいですが、バターやジャム、チーズなどを塗って食べてもおいしくいただけます。
モノの名前

「育児の友」とは?

-田中屋製菓のロングセラー商品- 田中屋製菓のロングセラー商品である「育児の友」は、昭和25年に発売されて以来、多くの方に愛され続けています。厳選された国産小麦粉と砂糖、卵を使用したシンプルな製法で、飽きのこない素朴な味わいが特徴です。また、保存料や着色料などの添加物は一切使用しておらず、お子様にも安心して与えることができます。 「育児の友」は、そのまま食べてももちろんおいしいですが、トーストしたり、サンドイッチの具材にしたり、お菓子作りの材料として使ったりと、さまざまなアレンジを楽しむことができます。また、長期間保存できるため、買い置きしておくと便利です。 「育児の友」は、発売以来、多くのママたちから支持され、今では田中屋製菓の看板商品となっています。そのおいしさは、お子様だけでなく、大人の方にも愛されており、世代を超えて親しまれています。
モノの名前

「ミルクボーロ」の歴史と豆知識

ミルクボーロの誕生はいつ? ミルクボーロは、小麦粉、砂糖、バター、牛乳、卵などで作られた円形の焼き菓子です。素朴な味と食感で、子供から大人まで幅広く親しまれています。 ミルクボーロの誕生は、1899年に遡ります。東京にある菓子屋「亀屋万年堂」の創業者である亀屋房太郎氏が、フランスから輸入されたビスケットをヒントに、国産の小麦粉と牛乳を使ってミルクボーロを開発しました。 当初、ミルクボーロは「子供用ビスケット」として販売されていましたが、その素朴な味わいと食感は、子供だけでなく大人にも人気を博しました。また、持ち運びがしやすいということもあり、学校や会社などへの差し入れとしてもよく利用されるようになりました。 ミルクボーロは、発売以来100年以上経った今もなお、多くの人に愛され続けているロングセラー商品です。その素朴な味と食感は、今も昔も変わらない日本のソウルフードの一つです。
モノの名前

登別温泉名物「ひょうたん飴」の魅力

ひょうたん飴の歴史 ひょうたん飴は、北海道登別温泉の名物となっている飴菓子です。その歴史は古く、江戸時代から作られていたと言われています。登別温泉に湧く湯の華を原料としているのが特徴で、独特の風味と食感が楽しめます。 ひょうたん飴が作られるようになったのは、登別温泉に湯治客が訪れるようになったことがきっかけだと言われています。湯治客の中には、温泉の効能をより高めるために湯の華を煎じて飲んだり、飴にしたりする人がいました。これがひょうたん飴の原型となったと考えられています。 その後、ひょうたん飴は登別温泉の名物として知られるようになり、現在では全国各地に出荷されています。ひょうたん飴の製造工程は、湯の華を煎じて飴状にするというシンプルなものです。しかし、湯の華の分量や火加減を調整することで、様々な風味や食感のひょうたん飴を作り出すことができます。 ひょうたん飴は、登別温泉のお土産として人気がありますが、最近は健康食品としても注目されています。湯の華には、カルシウムやマグネシウムなどのミネラルが豊富に含まれているため、骨粗しょう症や高血圧の予防に効果があるとされています。また、ひょうたん飴に含まれるオリゴ糖は、腸内環境を整える働きがあります。
モノの名前

弘前銘菓「卍最中」の魅力と歴史

卍最中は、弘前銘菓として知られる郷土菓子です。一見すると歯が折れそうな硬い最中ですが、実際にはサクサクとした食感で、中には白餡や小豆餡が詰まっています。 卍の字が焼印されているのが特徴で、弘前城の石垣をイメージして作られたと言われています。明治維新の頃に、現在の弘前市郊外にある岩木山麓の町、藤崎町にある老舗和菓子店「藤崎屋」の職人が、弘前城を訪れた際に石垣を見て着想を得て、この最中を考案したのが始まりと言われています。 卍最中は、すぐに弘前の人々に愛され、現在では弘前を代表するお土産のひとつとなっています。弘前のデパートや和菓子店では、卍最中を購入することができます。
モノの名前

プチガムって何?懐かしいお菓子の魅力に迫る

プチガムは、丸い形をしており、ガムを小さく砕いたような形をした小さなガムのことです。子どもからお年寄りまで幅広い年齢層に親しまれています。プチガムの歴史は古く、1950年代に遡ります。当時は、小さなタブレット状のガムが多く流通していましたが、1960年代に入ると、プチガムが誕生しました。プチガムは、従来のガムより小さく、食べやすいという特徴があり、瞬く間に人気を集めました。 プチガムの由来は、海外で生まれたガムボールという小さくて丸いガムにあります。ガムボールは、主に自動販売機などで販売されており、子どもたちの間で人気がありました。プチガムは、ガムボールをヒントにして作られたもので、日本独自のガムとして親しまれています。プチガムは、ガムよりも食べやすく、持ち運びしやすいという特徴があり、子どもたちのおやつとして定番のお菓子となりました。
モノの名前

カール坊やの意外な知られざる真実

カール坊やのモデルになった人物は、何代にもわたって人々に愛され、親しまれてきた有名な絵本『わんぱくカール坊や』の主人公です。この愛すべき少年のモデルは、チャールズ・モーザーという実在の人物です。チャールズは1864年にドイツのシュトゥットガルトで生まれ、後に家族と一緒にアメリカに移住しました。彼はニューヨークで育ち、新聞販売員として働いていましたが、やがて画家の道を志します。 チャールズが19歳のとき、彼はドイツの出版社から絵本を出版する仕事を受けました。その絵本が『わんぱくカール坊や』の原型となる作品です。この本は瞬く間にドイツでベストセラーとなり、チャールズは一躍有名人となりました。その後、彼はアメリカに戻り、そこで『わんぱくカール坊や』を英語に翻訳して出版しました。この本もまた大ヒットとなり、チャールズは世界的に有名な画家として知られるようになりました。 チャールズは長年にわたって『わんぱくカール坊や』の絵本を描き続け、その作品は世界中の多くの人々に愛されました。彼は1936年に亡くなりましたが、彼の作品は今もなお多くの人々に親しまれ続けています。