ご当地バーガー

モノの名前

別海ジャンボホタテバーガーの魅力

ホタテの旨味がギュッと詰まったバーガー 別海ジャンボホタテバーガーは、北海道別海町の名物グルメです。別海町は、ホタテの養殖が盛んな地域で、別海ジャンボホタテバーガーには、新鮮なホタテがふんだんに使用されています。ホタテは、ぷりぷりとした食感と、甘みのある濃厚な旨味が特徴です。別海ジャンボホタテバーガーでは、そんなホタテを、特製のバンズでサンドしています。バンズは、外はカリッとしていて、中はふんわりとしていて、ホタテの旨味をしっかりと受け止めてくれます。別海ジャンボホタテバーガーは、ホタテの旨味がギュッと詰まった、ボリューム満点のバーガーです。一度食べたらやみつきになること間違いなしです。
モノの名前

絶品ご当地グルメ! チャイニーズチキンバーガー

チャイニーズチキンバーガーの魅力とは? チャイニーズチキンバーガーとは、中華風のスパイスを効かせたチキンをサクサクの衣で揚げ、甘辛いソースを絡めたものをバンズで挟んだハンバーガーのことです。最近では、そのユニークな味わいが話題を呼び、全国各地で人気を集めています。 チャイニーズチキンバーガーの魅力は、何といってもその斬新な味です。中華風のスパイスを効かせたチキンと甘辛いソースの組み合わせは、今までにない新しい味覚を演出してくれます。また、サクサクの衣とふわふわのバンズの食感も絶妙です。 チャイニーズチキンバーガーは、その手軽さも魅力のひとつです。ファストフード店などで気軽に購入することができ、忙しいときでも簡単に食事を済ませることができます。また、持ち運びにも便利なので、ピクニックやアウトドアにもぴったりです。 チャイニーズチキンバーガーは、そのユニークな味と手軽さで、多くの人々を魅了しています。ぜひ一度、その新しい味覚を体験してみてはいかがでしょうか。
地名・ロケ地

白老バーガー&ベーグルの魅力と歴史

白老バーガー&ベーグルとは 白老バーガー&ベーグルは、北海道白老町で生まれたご当地グルメであり、地元の食材をふんだんに使ったボリューム満点のハンバーガーと、もっちりとした食感のベーグルを組み合わせた一品です。 白老バーガーの特徴は、まず、地元産の牛肉を使用した肉厚なパティです。白老産の牛肉は、脂身が少なくヘルシーであることから、食べ応えがありながらも、後味スッキリとしたハンバーガーに仕上がります。 また、白老バーガーには、地元産の新鮮な野菜もふんだんに使用されています。レタス、トマト、オニオンなどの定番の野菜に加え、アボカドやパプリカ、チーズなど、さまざまなトッピングも用意されています。 バンズは、地元のベーカリーで焼き上げられた特製バンズを使用しています。もっちりとした食感と香ばしい味わいがハンバーガーの美味しさを引き立てます。 ベーグルは、職人が一つ一つ丁寧に焼き上げたものです。もちもちとした食感と、噛むほどに味わいが広がるのが特徴です。ベーグルは、クリームチーズやハム、野菜などを挟んで食べるのが一般的ですが、白老ベーグルは、そのまま食べても十分に美味しいのが特徴です。 白老バーガー&ベーグルは、白老町内にあるバーガーショップやベーカリーなどで販売されています。また、白老町で開催されるイベントに出店することも多く、毎年多くの人でにぎわっています。
モノの名前

愛媛県宇和島市の郷土料理「たべ鯛バーガー」とは

-たべ鯛バーガーの歴史- たべ鯛バーガーは、愛媛県宇和島市が発祥といわれる郷土料理です。その歴史は古く、江戸時代まで遡ることができます。当時は、宇和島の漁師たちが鯛をたくさん獲り、その余った鯛を有効活用するために、鯛のすり身を使った「鯛のすり身フライ」を作っていました。この「鯛のすり身フライ」が、たべ鯛バーガーの原型となったといわれています。 その後、明治時代になると、宇和島に西洋文化が伝来し、ハンバーガーが流行するようになりました。このハンバーガーと「鯛のすり身フライ」を組み合わせたのが、たべ鯛バーガーの始まりです。当初は、地元の食堂や喫茶店などで提供されていましたが、次第に人気が広がり、今では宇和島の郷土料理として定着しています。 たべ鯛バーガーは、鯛のすり身フライにタルタルソースやレタスなどを挟んだものです。鯛のすり身フライは、鯛のすり身を油で揚げたもので、外はサクサク、中はふっくらとしています。タルタルソースは、マヨネーズ、玉ねぎ、ゆで卵、ピクルスなどを混ぜたもので、鯛のすり身フライのこってりとした味をさっぱりとさせてくれます。レタスは、食感と彩りを添えています。 たべ鯛バーガーは、宇和島市の郷土料理として、地元の人々に愛されています。また、宇和島市の観光客にも人気があり、宇和島に来たら必ず食べるべきグルメのひとつとなっています。
モノの名前

「美幌豚バーガー」:ジューシーさが魅力のご当地バーガー

美幌豚ってどんな豚肉? 美幌豚は、北海道美幌町で生産されている豚肉です。美幌町は、北海道の北東部に位置し、雄大な自然に囲まれた町です。美幌豚は、そんな美幌町の豊かな自然の中で、大切に育てられています。 美幌豚の特徴は、そのジューシーさと甘みです。美幌豚は、飼料にこだわって育てられており、その餌には、トウモロコシや大豆などの良質な穀物が使われています。また、美幌豚は、ストレスを与えずに飼育されているため、肉質が柔らかく、旨味もたっぷりです。 美幌豚は、美幌町の名産品として、全国各地に出荷されています。美幌町を訪れた際には、ぜひ美幌豚を味わってみてください。美幌豚を使った料理は、地元のレストランや居酒屋などで楽しむことができます。
施設名・ロケ地

沖縄が誇るご当地バーガー!知る人ぞ知る「モッツァバーガー」

モッツァソースが決め手!ご当地バーガー「モッツァバーガー」の魅力 沖縄県那覇市に店を構える「モッツァバーガー」は、知る人ぞ知るご当地バーガーの名店です。その名の通り、モッツァレラチーズをふんだんに使用したソースが決め手の一品です。 モッツァソースは、モッツァレラチーズ、トマト、バジルを合わせたもので、まろやかながらもコクのある味わいが特徴です。このモッツァソースを、ジューシーなパティとサクサクのバンズでサンドした「モッツァバーガー」は、一度食べたら忘れられない美味しさです。 また、モッツァバーガーの魅力は、ソースだけではありません。パティは、国産牛を使用しており、肉汁たっぷりで食べ応え抜群です。バンズも、地元のパン屋が特注で作っているもので、外はサクサク、中はふんわりとした食感です。 これらの素材が合わさることで、モッツァバーガーは唯一無二の美味しさに仕上がっています。沖縄を訪れた際には、ぜひモッツァバーガーを味わってみてください。
モノの名前

「逆バーガー」の誕生秘話と由仁商業高校の功績

「逆バーガー誕生秘話」 北海道由仁町の町民が愛するご当地バーガー「逆バーガー」は、由仁商業高校の生徒たちが開発したものです。このバーガーは、バンズではなくハンバーグを上下に挟むというユニークなスタイルが特徴です。 逆バーガーの誕生は、2015年に由仁商業高校の生徒たちが町おこしの一環として、ご当地バーガーを開発したことに端を発します。生徒たちは、町内の飲食店や肉屋と協力して、地元の食材を使ったバーガーを考案しました。その結果、誕生したのが、ハンバーグを上下に挟むという独創的なスタイルの逆バーガーです。 逆バーガーは、そのユニークなスタイルとおいしさから、瞬く間に町民の間で人気を博しました。そして、2016年には、北海道のご当地バーガーコンテストで優勝するなど、その名を全国にとどろかせました。 逆バーガーの誕生は、生徒たちの独創的なアイデアと、町民や飲食店との協力が結実した結果です。そして、このバーガーは、町おこしにも大きく貢献し、由仁町の新たな名物として愛されています。
モノの名前

えぞしかバーガーについて

えぞしかバーガー誕生の経緯 えぞしかバーガーの誕生には、様々な経緯があります。そもそも、えぞしかバーガーとは、北海道の郷土料理であるジンギスカンを、ハンバーガー風にアレンジしたハンバーガーのことです。えぞしかバーガーの誕生は、北海道の食文化に影響を受けた料理であると言えます。 えぞしかバーガーは、2010年に北海道の帯広市で誕生しました。帯広市は、北海道の十勝地方に位置する都市で、農業や酪農が盛んな地域です。帯広市は、ジンギスカン発祥の地としても知られており、ジンギスカンは帯広市の郷土料理となっています。 えぞしかバーガーの誕生は、帯広市の飲食店オーナーである田中裕介さんが、ジンギスカンをハンバーガー風にアレンジしたことがきっかけでした。田中さんは、ジンギスカンをより手軽に食べられるようにしたいと考え、ハンバーガー風にアレンジしたところ、これが好評を博したのです。 田中さんは、えぞしかバーガーを帯広市の飲食店で販売し始めたところ、これが瞬く間に人気商品となりました。えぞしかバーガーは、ジンギスカンをハンバーガー風にアレンジしたというユニークなアイデアと、食べやすさが人気の理由です。 えぞしかバーガーは、帯広市で誕生して以来、北海道各地に広がり、今では北海道を代表する郷土料理の一つとなっています。えぞしかバーガーは、北海道の食文化を代表する料理として、これからも愛され続けるでしょう。
モノの名前

雉肉の旨みが魅力!北海道岩見沢市の「岩見沢バーガー」

北海道岩見沢市のご当地バーガー「岩見沢バーガー」は、雉肉の旨みが魅力のハンバーガーです。パテは雉肉100パーセントで作られ、そのジューシーな味わいと独特の風味が特徴です。雉肉は、鶏肉に比べてあっさりとした味わいながら、しっかりとしたコクがあるのが特徴です。パテには、雉肉の旨味を最大限に引き出すために、香味野菜やスパイスが加えられています。バンズは、岩見沢産の小麦粉を使用した特製のバンズを使用しており、ふっくらとした食感とほんのりとした甘みが特徴です。 岩見沢バーガーは、雉肉の旨味を存分に味わえるハンバーガーです。そのジューシーな味わいときれいな風味は、多くの人を魅了しています。岩見沢を訪れた際には、ぜひ一度岩見沢バーガーを味わってみてください。