すし

施設名・ロケ地

「すし半」の和風ファミリーレストランの魅力とは

「さまざまな和食メニューを楽しめる」 「すし半」は、寿司をはじめ、さまざまな和食メニューを楽しめるファミリーレストランです。寿司は、新鮮なネタを使用した握り寿司、軍艦巻き、ちらし寿司など、豊富な種類を提供しています。また、天ぷら、蕎麦、うどん、丼ぶりなど、和食の定番メニューも取り揃えています。さらに、季節限定メニューや、お子様ランチなど、ファミリー層向けのメニューも充実しています。 「すし半」の和食メニューは、どれもリーズナブルな価格で提供されているため、気軽に和食を楽しむことができます。また、店内は落ち着いた雰囲気で、家族や友人とゆっくりと食事を楽しむことができます。
モノの名前

「おにえずし」の歴史と作り方

「おにえずし」のルーツと由来 「おにえずし」のルーツは、古くから日本各地に伝わる郷土料理である「にぎりめし」までさかのぼることができる。「にぎりめし」は、米を握って塩や味噌、梅干しなどで味付けし、海苔や葉っぱで包んだシンプルな食べ物であり、旅の携帯食や農作業時の軽食として親しまれてきた。 「おにえずし」は、この「にぎりめし」の派生料理であり、奈良県吉野地方を中心に伝わる郷土料理である。「おにえずし」という名称の由来は、「おにぎらず」が「鬼の握り飯」に通じるため縁起が悪いとされ、その代わりに「おにえずし」と呼ばれるようになったと言われている。また、携帯食として作られていたため、片手で食べやすいように海苔が下側に巻かれたことも、「おにえずし」という名称の由来のひとつと言われている。