すずらん

施設名・ロケ地

日本の美しいフェリー「すずらん」の紹介

敦賀と苫小牧東港を結ぶ「すずらん」 敦賀と苫小牧東港を結ぶフェリー「すずらん」は、日本海を航行する美しいフェリーです。すずらんは、2016年4月に就航し、敦賀と苫小牧東港を結ぶ航路で活躍しています。すずらんは、航行中の快適性を追求したフェリーで、最新の設備を備えています。また、すずらんは、環境に優しいフェリーとしても知られており、最新の環境保護技術を採用しています。 すずらんは、敦賀と苫小牧東港を結ぶ航路で毎日運航されており、敦賀港から苫小牧東港まで約17時間30分で、苫小牧東港から敦賀港まで約17時間30分で運航されています。すずらんの車室は、乗用車から大型トラックまで対応しており、最大で180台を積載することができます。また、すずらんの客席は、普通席、一等席、特別室の3種類があり、最大で500人を収容することができます。 すずらんは、敦賀と苫小牧東港を結ぶ航路で活躍する美しいフェリーです。美しい景観を眺めながらの船旅が楽しめる人気のフェリーです。また、すずらんは、最新の設備を備え、環境に優しいフェリーとしても知られています。
モノの名前

「すずらん」の歴史と魅力

1972年7月、新日鉄から国鉄に「すずらん」が就航しました。「すずらん」という名前は、北海道の特産品である鈴蘭の花に由来しています。 「すずらん」は、青函連絡船の中でも最大級の車両航送船で、車両甲板の面積は約6,000平方メートル、最大積載台数は120台でした。また、「すずらん」には、乗客用の客室も備えられており、定員は約700名でした。 「すずらん」は就航以来、北海道と本州を結ぶ大動脈として活躍しました。しかし、1988年に青函トンネルが開業すると、「すずらん」の役目は終焉を迎え、同年9月に引退しました。 引退後は、北海道の函館市にある函館市青函連絡船記念館で展示されています。「すずらん」は、青函連絡船の歴史を伝える貴重な資料として、多くの人々に親しまれています。
モノの名前

すずらん(敦賀-苫小牧)→ 日本海の航海

小見出し すずらんの就航区間と歴史 すずらんは1966年に就航して以来、敦賀と苫小牧の間で運行されてきた。週3便の定期便として、片道約16時間の航海をこなしている。すずらんは、日本海で唯一の定期旅客フェリーとして、多くの人々に愛されてきた。 近年では、航空機や新幹線などの交通機関の発達により、フェリーを利用する人は減少している。しかし、すずらんは依然として根強い人気を保っている。その理由は、フェリーならではのゆったりとした時間が流れる船旅を楽しむことができるからだ。 すずらんには、2等寝台や一等寝台、特別室など、様々な客室がある。また、展望風呂やレストラン、ゲームコーナーなども完備されている。船内では、スタッフによるイベントなども開催されており、大人から子供まで楽しめる工夫が凝らされている。 すずらんは、日本海を横断する唯一の定期旅客フェリーとして、多くの人々に愛され続けている。フェリーならではのゆったりとした時間が流れる船旅を楽しみたい人は、ぜひすずらんを利用してみてはいかがだろうか。
モノの名前

すずらん:敦賀と苫小牧東港を結ぶ日本のフェリー

すずらんは、北海道苫小牧東港と福井県敦賀港を結ぶ日本のフェリーです。1981年に就航し、現在では日本海汽船が運航しています。総トン数13,636トン、全長179.9メートル、幅25.4メートル、吃水6.2メートル、最大速力21.5ノットです。乗客定員は765名、車両積載数は110台です。 すずらんは、2012年に大規模な改装を行い、より快適な船内となりました。レストランやカフェ、バー、売店、ゲームコーナーなど、さまざまな施設が充実しています。また、24時間営業のフロントデスクがあり、船内での困りごとにも対応してくれます。 すずらんの航海時間は約20時間です。苫小牧東港から敦賀港まで、またはその逆のルートを運航しています。運航スケジュールは時期によって異なりますが、通常は週3便から4便です。フェリーの運賃は、時期や曜日、座席の種類によって異なります。 すずらんは、北海道と本州を結ぶ重要な交通手段です。また、北海道の観光客にとって、日本海汽船を利用することで、北海道と本州を移動する際のアクセスが便利になりました。フェリーを利用して北海道と本州を移動する際には、すずらんを利用することを検討してみてください。