すり身

モノの名前

静岡の名産「黒はんぺん」の魅力と楽しみ方

-黒はんぺんの起源と歴史- 静岡の名産である黒はんぺんは、その独特の風味と食感が人気の練り物です。黒はんぺんの起源は、江戸時代初期まで遡ります。静岡県伊豆半島に位置する下田港は、江戸時代には海外貿易の拠点として栄えていました。その下田港に、中国から伝来したのが黒はんぺんの原型である「黒魚のすり身」でした。黒魚のすり身は、黒はんぺんの主原料であるグチという魚のすり身に、小麦粉や砂糖を加えて作られます。下田港から黒はんぺんが広まったのは、江戸時代末期のことです。黒はんぺんは、その独特の風味と食感が江戸の人々に受け入れられ、瞬く間に人気が広がりました。明治時代以降、黒はんぺんは静岡県の特産物として全国に知られるようになりました。現在では、黒はんぺんは静岡県を代表する郷土料理のひとつとして親しまれています。
モノの名前

じゃこ天の秘密を探る

-じゃこ天の歴史- じゃこ天は、じゃこ(カタクチイワシ)をすり身にして揚げた、長崎県や鹿児島県で古くから食べられている郷土料理です。じゃこ天の起源は諸説ありますが、その始まりは平安時代まで遡るとも言われています。当時は、魚のすり身を油で揚げた料理が一般的でしたが、じゃこ天はおそらくこの料理から派生したと考えられています。じゃこ天が長崎県や鹿児島県で盛んに作られるようになったのは、江戸時代以降です。これらの地域は、じゃこの漁獲量が多く、また、じゃこのすり身を油で揚げる技術が発達していたため、じゃこ天が普及するのに適した環境だったと考えられます。 じゃこ天は、長崎県や鹿児島県では、家庭料理としても親しまれており、スーパーや魚屋などでも販売されています。また、最近では、じゃこ天を使った料理も増えてきており、じゃこ天の知名度は全国的に高まっています。じゃこ天は、その独特の食感と風味が特徴で、ビールのおつまみにもぴったりです。また、じゃこ天は、栄養価も高く、タンパク質やカルシウムを多く含んでいます。
モノの名前

北海道網走のご当地グルメ「網走モヨロ鍋」

網走モヨロ鍋の歴史と由来 網走モヨロ鍋は、網走市のご当地グルメとして知られる郷土料理です。網走地方は、かつてアイヌの人たちが暮らしており、モヨロ鍋もアイヌの伝統的な料理のひとつといわれています。アイヌの人たちは、鮭や鹿肉、山菜を鍋に入れて煮て食べる料理を食べていました。この料理が、網走モヨロ鍋のルーツだといわれています。 網走モヨロ鍋は、鮭やタラ、野菜などを味噌で煮込んだ鍋料理です。鮭やタラの代わりに、鶏肉や豚肉を使うこともあります。野菜は、白菜、玉ねぎ、にんじん、じゃがいもなど、さまざまな種類のものが入ります。味噌は、北海道産のものが使われることが多いです。網走モヨロ鍋は、寒い冬にぴったりの料理です。温かく、栄養満点で、食べ応え抜群です。
モノの名前

イカバーガーの魅力を探る

イカバーガーとは? イカバーガーとは、地域によってはトンゴイとも呼ばれる、フォークロアと都市伝説の生き物です。コロンビア、ブラジル、アルゼンチン、ボリビアなど南米のアマゾン川流域で、イカバーガーに関する話は広く知られています。イカバーガーは、巨大な毛むくじゃらの生き物とされ、その毛皮はさまざまな色があると言われています。また、長い爪と歯を持ち、鋭い鳴き声を上げることが特徴であるとされています。イカバーガーは、人々を襲うと信じられており、その評判のため、多くの人々がイカバーガーを恐れています。しかし、イカバーガーは人々を襲うという証拠はなく、伝説上の生き物にすぎないと考える人もいます。
モノの名前

「ちんちん揚げ」の作り方と由来

「ちんちん揚げ」の作り方と由来ちんちん揚げとは。
モノの名前

郷土料理「チキアギ」の魅力

-チキアギの歴史と起源- チキアギの歴史は古く、戦国時代にはすでに食べられていたとされています。当時は鶏肉を小麦粉や卵で衣をつけて油で揚げたものがチキアギと呼ばれていました。江戸時代になると、庶民の間でもチキアギが食べられるようになり、次第に日本の各地に広がっていきました。 チキアギの起源については諸説ありますが、最も有力なのは中国から伝わったという説です。中国では鶏肉を小麦粉や卵で衣をつけて油で揚げたものが「ジーガー」と呼ばれており、これが日本に伝わってチキアギになったと考えられています。また、チキアギはポルトガルから伝わったという説もあります。ポルトガルでは鶏肉を小麦粉や卵で衣をつけて油で揚げたものが「フリッター」と呼ばれており、これが日本に伝わってチキアギになったと考えられています。 いずれにせよ、チキアギは長い歴史を持つ料理であり、日本各地で愛されています。そのおいしさはもとより、さまざまな料理にアレンジできるのもチキアギの魅力です。
モノの名前

タラタラしてんじゃねーよ、食べてみよう!

タラタラしてんじゃねーよとは、駄菓子コーナーなどでおなじみの、甘じょっぱいソースがかかった小麦粉を焼いたお菓子です。その見た目は、小麦粉を丸めて押しつぶしたような形をしており、ところどころにソースの焦げ目が見えます。食べると、サクサクとした食感と、ソースの甘じょっぱさが口の中に広がります。また、この駄菓子の特徴として、袋の中に入っているお菓子の形が様々であることが挙げられます。中には、まあるい形のものや、四角い形のもの、中には全く形のないものまで入っていることがあります。この形の違いは、小麦粉を焼く際に、型に入れるのか、入れないのかによって決まります。型に入れると、きれいな形のお菓子になりますが、型に入れないと、不格好な形のお菓子になります。どちらの形のお菓子も、味は同じですので、お好みの形を見つけて食べるのも楽しみの一つです。
モノの名前

「網代イカメンチ」とは?

網代イカメンチの特徴 網代イカメンチの最大の特徴は、イカの胴体を丸ごと使ったボリューム感です。一般的にイカメンチはイカのゲソや耳など、余った部位を使って作ることが多いですが、網代イカメンチは胴体を使うことで、弾力のある食感と食べ応えのある旨みが楽しめます。 また、網代イカメンチはイカの胴体に切れ目を入れて、中に具材を詰めて揚げるという、独自の製法で作られています。これにより、イカの胴体の中に具材の旨みが閉じ込められ、外はカリッとした食感、中はジューシーな味わいに仕上がります。 具材には、タマネギやニンジンなどの野菜に加え、イカのゲソや耳、エビやホタテなどの魚介類が入ることが多く、さまざまな食材の旨みがミックスされた、豊かな味わいが楽しめます。 網代イカメンチは、そのボリューム感と旨みから、地域の人々に親しまれている郷土料理です。家庭で作られることもありますが、地元の飲食店や食堂でも提供されていることが多く、網代を訪れた際はぜひ味わってみてほしい一品です。
モノの名前

鳥取名物「とうふちくわ」の美味しさの秘密

とうふちくわの歴史と製造方法 とうふちくわは、鳥取県の名物で、豆腐と魚のすり身を混ぜて、油で揚げたものです。その起源は、江戸時代にさかのぼると言われています。当時は、鳥取県は豆腐の生産地として知られており、余った豆腐を有効活用するために、魚のすり身と混ぜて揚げるようになったのが始まりだと言われています。 とうふちくわの製造方法は、まず、豆腐と魚のすり身を混ぜ合わせます。魚のすり身は、主にスケトウダラやホキなどの白身魚が使用されます。混ぜ合わせたすり身を、ちくわの形に成形した後、油で揚げます。揚げる時間は、衣がカリッとするまでが目安です。 とうふちくわは、そのまま食べてもおいしいですが、煮物や汁物に入れてもおいしくいただけます。鳥取県では、とうふちくわを甘辛く煮た「とうふちくわ煮」が郷土料理として親しまれています。 とうふちくわは、鳥取県を代表するグルメのひとつで、県内には多くのとうふちくわ店があります。各店ごとに独自の製法があり、味や食感に微妙な違いがあります。鳥取県を訪れた際には、ぜひとうふちくわを味わってみてください。
モノの名前

食感やわらかく飽きずに食べられる!「ほたて流氷揚」のマメ知識

「ほたて流氷揚」とは? 「ほたて流氷揚」とは、ホタテのすり身をベースに、小麦粉や卵、砂糖などを加えて作られた揚げ物です。ホタテの旨味がギュッと詰まっており、食感は柔らかく、飽きずに食べられます。 「ほたて流氷揚」は、北海道の郷土料理として親しまれており、居酒屋や定食屋さんなど、様々な飲食店で提供されています。また、おみやげとしても人気があり、北海道を訪れた際には、ぜひ一度味わってみてはいかがでしょうか。