つくもがみ貸します

作品名

つくもがみ貸します

つくもがみってどんな妖怪? つくもがみとは、古道具や古道具に宿る妖怪のことです。その名の由来は「つくる」と「かたち」「もの」が合わさったものだといわれています。つくもがみは日本各地に伝承されており、その姿形はさまざまです。中には、人間の形をしているものもいますが、ほとんどの場合は、その古道具の形のままの姿をしています。つくもがみは、一般的に悪霊とされており、人に危害を加えることがありますが、中には、人に福をもたらすつくもがみもいます。
作品名

つくもがみ、遊ぼうよ:江戸時代を舞台にした心温まる小説

「つくもがみとは何か?」 つくもがみとは、日本の民間伝承に登場する、使い込まれた道具や日用品に宿る付喪神のことです。長年大切に扱われてきた道具は、やがて魂を持ち、意思と感情を持つようになります。 つくもがみは、人間に害を及ぼすこともありますが、多くは人間に協力したり、助けたりする存在として描かれています。例えば、茶碗が人間に茶を淹れてくれたり、傘が人間を雨から守ってくれたりなど、つくもがみはさまざまな形で人間を助けてくれます。 つくもがみは、日本の文化や歴史を反映した存在です。日本の民間伝承では、道具を大切にすることが美徳とされており、つくもがみは、その考え方を具現化した存在だと言えるでしょう。また、つくもがみは、日本人が古くから自然や物体に精霊が宿ると考えていたことを反映した存在でもあります。