のり

モノの名前

「チャーリーグルー」を徹底解説!

「チャーリーグルーとは何か」 チャーリーグルーとは、粘着力の強い接着剤の一種であり、あらゆる種類の素材や表面に接着することができることで知られています。金属、ガラス、木材、プラスチックなど、あらゆるものを接着することができ、その強度と耐久性は他の接着剤よりも優れていると言われています。また、耐熱性や耐水性にも優れているため、高温や水回りで使用することができます。チャーリーグルーは、強力な接着力が求められる工業製品や、屋外での使用で耐久性が求められる製品など、幅広い分野で使用されています。家庭用としても利用されており、家具の修理や日曜大工など、あらゆる場面で使用することができます。
モノの名前

スーパーグルーについて

- 種類 スーパーグルーは、その主成分によって、大きく2種類に分けられます。 1つ目は、瞬間接着剤とも呼ばれる「シアノアクリレート系」です。このタイプのスーパーグルーは、空気中の水分と反応して硬化する性質を持っており、接着までの時間が非常に短く、数秒で固定されます。そのため、素早く接着したい場合や、小さな隙間に接着剤を流したい場合などに適しています。ただし、シアノアクリレート系は硬化した後も柔軟性があまりなく、衝撃や振動に弱いというデメリットがあります。 2つ目は、「エポキシ系」です。エポキシ系のスーパーグルーは、2液混合タイプで、樹脂と硬化剤を混ぜ合わせることで硬化します。シアノアクリレート系よりも硬化時間は長く、数分~数時間程度かかりますが、硬化した後は非常に硬く、強度があるのが特徴です。また、耐熱性や耐薬品性にも優れており、金属やプラスチック、木材など、幅広い素材に接着することができます。しかし、2液混合タイプのため、作業の手間がかかることと、硬化するまでに時間がかかることがデメリットです。 この他にも、用途や材料に合わせて、様々な種類のスーパーグルーが販売されています。例えば、金属同士を接着するのに適した「金属用スーパーグルー」や、プラスチック同士を接着するのに適した「プラスチック用スーパーグルー」などがあります。また、水に強い「防水スーパーグルー」や、高温に強い「耐熱スーパーグルー」なども販売されています。 スーパーグルーを選ぶ際には、接着したい素材や使用環境に合わせて、適切な種類を選ぶことが大切です。
モノの名前

のりボールペンスティックライン

-細かいのり付けに最適!- のりボールペンスティックラインは、細かいのり付けに最適なのりペンです。先端が細く、ペン先を紙に当てて転がすだけで、細い線状にのりが塗れます。そのため、ノートや手帳の文字や図形を貼ったり、封筒のフラップを貼ったり、レシートやチケットを整理したりするのに便利です。また、のりボールペンスティックラインは、速乾性なので、塗ってすぐに貼り付けることができます。そのため、忙しい方でもストレスなく作業を進めることができます。 さらに、のりボールペンスティックラインは、水性なので、手や衣服を汚す心配がありません。また、酸性フリーなので、大切な写真や資料を傷める心配もありません。 のりボールペンスティックラインは、細かいのり付けに最適なのりペンです。速乾性で、水性なので、手や衣服を汚す心配がありません。また、酸性フリーなので、大切な写真や資料を傷める心配もありません。
モノの名前

サクラクレパスの「OAショナリータックスティック」の特徴と使い方

-OAショナリータックスティックの特徴- OAショナリータックスティックは、無重力でも筆圧を一定に保つ筆記できるボールペンのような多機能ペンである。ノック式なので片手で簡単に先端を繰り出すことができる。ペン先にはタングステンボールが内蔵されており、安定した筆記が可能な。 また、先端部分はリトラクタブル式となっており、使わないときはペン先を収納することができる。これは、ペン先が折れたり、汚れたりすることを防ぐことができる。 さらに、OAショナリータックスティックは、多機能ペンなので、赤と青、黒の三色ボールペンとして使用することができる。これは、一筆で様々な情報を書き分けることができるので、非常に便利である。 そして、OAショナリータックスティックは、比較的軽量で、携帯性に優れている。本体の重量は約10グラムで、ポケットやカバンに入れても邪魔にならない。 また、OAショナリータックスティックは、低重力下でも使用することができる。これは、ボールペンの先端部分にタングステンボールが内蔵されているためで、タングステンボールが重力によって落下し、ペン先に筆圧を加える仕組みとなっている。
モノの名前

ヤマト和紙糊の特長と使い方

-ヤマト和紙糊の特長- ヤマト和紙糊は、天然の和紙を原料とした糊で、環境に配慮した製品です。小麦粉糊のように、でんぷんやデキストリンを原料としていないため、アレルギーの心配がありません。また、ハケやローラーで塗布しても、のりがシワやヨレを作ることはほぼありません。 ヤマト和紙糊の最大の特徴は、その粘着力の高さです。一般的な小麦粉糊の約3倍の粘着力があり、紙や布だけでなく、木材や金属、プラスチックなど、さまざまな素材を接着することができます。さらに、ヤマト和紙糊は乾いても硬化しないため、接着した素材を剥がすことが容易です。 ヤマト和紙糊は、その高い粘着力と剥がしやすい性質から、さまざまな用途で使用することができます。例えば、壁紙や障子の貼り付け、工作やクラフト、パッケージングなど、幅広い用途で使用されています。
モノの名前

「Scotch」の魅力:文具界のパイオニア

粘着テープの革命児 粘着テープは、もはやオフィスや家庭に欠かせないものとなっています。その歴史は古く、1845年にスコットランドの薬剤師、ジョン・シアラーがゴムの粘着テープを開発したことに始まります。しかし、このテープは非常に高価で、一般的には普及しませんでした。 19世紀後半になると、より安価な粘着テープが開発され、一般的に普及するようになりました。しかし、これらのテープは、粘着力が弱く、簡単に剥がれてしまうという問題がありました。 1923年、アメリカの発明家、リチャード・ドルーは、ゴムとレジンを混ぜた新しいタイプの粘着テープを開発しました。このテープは、従来のテープよりも粘着力が強く、剥がれにくいという特徴がありました。ドルーは、このテープを「Scotch」と名付け、販売を開始しました。 Scotchテープは、瞬く間に大ヒット商品となりました。その粘着力の強さと剥がれにくさは、多くのユーザーに高く評価され、オフィスや家庭に欠かせないものとなりました。Scotchテープは、その粘着力の強さと剥がれにくさから、さまざまな用途に使用されています。たとえば、封筒を閉じる、荷物を梱包する、家具を修理する、工作をするなど、さまざまな用途に使用することができます。 Scotchテープは、100年以上にわたって、人々に愛され続けている粘着テープです。その粘着力の強さと剥がれにくさは、多くのユーザーに高く評価されており、オフィスや家庭に欠かせないものとなっています。
モノの名前

グリッターグルーネオンとは?その魅力に迫る

グリッターグルーネオンの魅力は、その鮮やかな輝きにあるといえるでしょう。グリッターグルーネオンは、ネオン管にグリッターを散りばめたもので、グリッターの反射によってさまざまな色に煌めきます。また、グリッターグルーネオンは、ネオン管の光がグリッターを透過するため、より一層輝きが増します。グリッターグルーネオンは、夜になると特にその輝きを放ち、幻想的な空間を演出してくれます。また、グリッターグルーネオンは、他の照明器具に比べて省エネであることも魅力です。グリッターグルーネオンは、電球や蛍光灯よりも消費電力が少なく、長寿命であるため、光熱費を節約することができます。グリッターグルーネオンは、その鮮やかな輝きと省エネ性から、商業施設やイベント会場、店舗など、さまざまな場所で利用されています。
モノの名前

スコッチ カラースティックのりの魅力

スコッチ カラースティックのりの魅力 鮮やかな発色と消える色 スコッチ カラースティックのりには、鮮やかな発色のりがあります。通常の白いのりとは異なり、色付きのりを使うことで、紙をよりカラフルに仕上げることができます。色付きのりは、子供の工作やスクラップブッキングなどに最適です。また、ビジネスシーンで色付きののりを使うことで、書類をより整理しやすくすることもできます。 スコッチ カラースティックのりには、消える色が特徴ののりもあります。こののりは、紙に塗った後、完全に乾くと消えるという特徴を持っています。消える色は、子供の落書きやメモ書きなどに最適です。また、ビジネスシーンで消える色を使うことで、書類をよりきれいに仕上げることができます。
モノの名前

スコッチ スティックのりとその速乾性

スコッチ スティックのりとは スコッチ スティックのりは、3M社が製造・販売するスティック状の固形接着剤です。1969年に発売され、現在では世界中で使用されています。スティックの芯は、接着剤と溶剤で構成されており、紙やダンボール、布、革、プラスチック、金属など、さまざまな素材を接着することができます。 スコッチ スティックのりの特徴は、その速乾性にあります。接着剤を塗ってから数秒で乾燥するため、すぐに貼り付け作業に取り掛かることができます。また、乾燥後も接着力は強く、剥がれにくいという特長もあります。 スコッチ スティックのりは、オフィスや学校、家庭など、さまざまな場所で活躍しています。書類を貼り合わせたり、封筒を閉じたり、工作をしたりするのに最適です。また、接着剤が透明なので、接着した部分が目立ちにくいというメリットもあります。
モノの名前

「スクールグルー」は学生の必需品

-スクールグルーの特徴- * -携帯性-スクールグルーは、軽量でコンパクトなデザインで、カバンやリュックに入れて持ち運ぶことができます。そのため、学校や塾、習い事など、どこにでも簡単に持ち運ぶことができます。 * -使いやすさ-スクールグルーは、使い方が簡単で、初心者でもすぐに使い始めることができます。また、グルーの量を調節しやすいので、細かい作業にも適しています。 * -接着力-スクールグルーは、接着力が強く、紙や布、段ボール、プラスチックなど、様々な素材を接着することができます。また、乾くのが早いので、作業がスムーズに進みます。 * -安全性-スクールグルーは、無溶剤で、体に優しい素材で作られています。そのため、子供でも安心して使用することができます。 上記のような特徴から、スクールグルーは、学生の必需品として愛用されています。
モノの名前

塗ったところがわかるスティックのり

無印良品の塗ったところがわかるスティックのり 無印良品から、塗ったところがわかるスティックのりという商品が登場しました。こちらは2023年2月10日発売の新商品です。スティックのりの主成分である澱粉に、色を付けて可視化。塗ることで、塗り過ぎや塗り残しを解消する効果があります。また、乾き時間が早く、くっつかない面には塗り直しが可能なのも特徴です。 塗ったところがわかるスティックのりは、2023年2月10日に発売された無印良品の商品です。パッケージはシンプルで、中身がよく見えるようになっています。また、スティックのりの表面に凹凸がついており、塗りやすい形状になっています。 スティックのりは、塗ったところが白くなるので、塗り過ぎや塗り残しを防ぐことができます。また、乾き時間が早く、くっつかない面には塗り直しが可能なので、使い勝手が良いです。 スティックのりの価格は、税込150円です。無印良品の店舗で購入することができます。また、無印良品のオンラインストアでも取り扱っています。
モノの名前

学校やオフィスで便利な 「おやっとのり ボールタイプ」

「おやっとのり ボールタイプ」の特徴 「おやっとのり ボールタイプ」は、アレアという会社が販売しているスティックのりです。水のりでありながら、ボールペン型という珍しい形状をしています。スティックのりのキャップを回すと、透明液の接着剤がボールペンの先端から出てきて、接着したいものにつけることができます。 「おやっとのり ボールタイプ」の最大の特徴は、その使いやすさです。スティックのりのように接着剤を塗る必要がなく、ボールペンのようにして使うことができるので、片手で簡単に接着することができます。また、水のりなので、紙を濡らすことなく接着することができるので、シワにならずにきれいに仕上げることができます。 「おやっとのり ボールタイプ」は、学校やオフィスで非常に便利な文房具です。ノートやルーズリーフ、封筒など、さまざまなものを接着することができます。また、ボールペンのような形状をしているので、ペンケースに入れて持ち運ぶこともできます。
モノの名前

メッシュ・デ・ズーについて

メッシュ・デ・ズーの特徴 メッシュ・デ・ズーは、フランス中央部に位置するコミューンです。人口は約1,500人で、面積は約10平方キロメートルです。村は、ソンム川とアヴル川の合流点にあり、豊かな自然環境に恵まれています。 メッシュ・デ・ズーの特徴のひとつは、中世の城塞が残っていることです。この城塞は、12世紀に建設され、現在は国の史跡に指定されています。城塞の中には、礼拝堂や大広間などがあり、当時の様子を偲ぶことができます。 また、メッシュ・デ・ズーは、ワインの産地としても知られています。この地域の気候は、ブドウの栽培に適しており、高品質なワインが生産されています。メッシュ・デ・ズーのワインは、フランス国内だけでなく、海外にも輸出されています。 さらに、メッシュ・デ・ズーは、観光地としても人気があります。村には、美しい教会や美術館などがあり、多くの観光客が訪れます。また、村周辺には、ハイキングコースやサイクリングコースが整備されており、自然を満喫することができます。
モノの名前

「クレタケ おやっとのり」の魅力

「クレタケ おやっとのり」は、その便利さと機能性で多くの人に愛されている糊です。 まず、その便利さについて見てみましょう。「クレタケ おやっとのり」は、片手で簡単に開閉できるキャップを採用しており、すぐに使いたいときにすぐに使えて便利です。また、持ち運びにも便利なコンパクトサイズなので、外出先でも気軽に使うことができます。 次に、その機能性について見てみましょう。「クレタケ おやっとのり」は、強力な粘着力なので、紙だけでなく、布や金属、プラスチックなどさまざまな素材に使うことができます。また、速乾性なので、塗った後すぐに乾いてくれるので、作業がスムーズに進みます。さらに、無酸性なので、大切な写真や書類を貼っても変色したり傷んだりしません。 「クレタケ おやっとのり」は、その便利さと機能性で多くの人に愛されている糊です。ぜひ一度使ってみてください。
モノの名前

「グローリーグルー」の魅力を徹底解剖!

-グローリーグルーの特徴と使い方- グローリーグルーは、透明で柔軟性のある接着剤です。接着剤の表面は、透明で光沢のある仕上がりです。また、柔軟性があるので、貼ったものを動かしたり、曲げたりしても、接着剤が剥がれたり、割れたりする心配がありません。 グローリーグルーは、様々な素材に接着することができます。プラスチック、金属、ガラス、紙、布など、ほぼすべての素材に接着することができます。また、接着剤の接着力は、非常に強力です。一度接着すると、剥がすのが難しいほど強力です。 グローリーグルーは、様々な使い方があります。例えば、壊れたものを修理したり、ものを固定したり、工作をしたりすることができます。また、グローリーグルーは、防水性があるので、屋外で使用することもできます。 グローリーグルーを使用する際には、まず、接着する面の汚れや油分をきれいに拭き取ります。次に、接着剤を片方の面に塗ります。接着剤を塗ったら、もう一方の面を接着剤に押し付けます。接着剤が乾くまで、そのままにしておきます。グローリーグルーの乾燥時間は、約24時間です。 グローリーグルーは、非常に強力な接着剤ですが、使用の際には、注意が必要です。接着剤が肌や目に入らないように、注意してください。また、接着剤が乾くまでは、接着するものを動かしたり、曲げたりしないでください。
モノの名前

ヤマト糊の歴史と特徴

日本初の保存できるデンプン糊 ヤマト糊は、1876年に大阪で創業した株式会社ヤマト糊工業所が製造・販売するデンプン糊です。ヤマト糊は、日本初の保存できるデンプン糊として知られており、その歴史は100年以上にも及びます。 ヤマト糊が誕生する前は、デンプン糊は保存が難しく、すぐに腐敗してしまいました。そのため、デンプン糊は使うたびに作る必要があり、とても手間がかかりました。しかし、ヤマト糊は、独自の製法によって保存性を高めたデンプン糊であり、これにより、デンプン糊を長期保存することが可能になりました。 ヤマト糊は、その保存性の高さに加えて、使いやすさや貼り付け力の強さも特徴です。ヤマト糊は、水に溶かして使うデンプン糊ですが、水に溶けやすく、ムラなく塗ることができます。また、ヤマト糊は、貼り付け力が強く、紙や布、木材などのさまざまな素材をしっかりと貼り付けることができます。 ヤマト糊は、その高い保存性、使いやすさ、貼り付け力の強さから、日本の家庭や学校、オフィスなどで広く使用されています。また、ヤマト糊は、海外にも輸出されており、世界中で愛用されています。
モノの名前

テープのり tenori の魅力を徹底分析!

テープのり tenori の大きな魅力の一つは、そのシンプルで持ちやすいデザインです。無駄な装飾のないシンプルなデザインは、どんなデスクにも馴染みやすく、場所を選びません。また、手にしっくりとなじむ形状で、長時間使用していても疲れにくくなっています。 さらに、tenori は非常にコンパクトなので、持ち運びにも便利です。ペンケースやカバンなどに入れておけば、外出先でも手軽に使用できます。また、ペン立てなどに立てておけば、デスクの上で場所を取らずに済みます。