ひとごこち

モノの名前

酒造好適米「ひとごこち」の魅力

「ひとごこち」の誕生と歴史 「ひとごこち」は、1997年に秋田県農業試験場と秋田県酒類総合研究所が共同開発した酒造好適米です。この品種は、秋田県が誇る酒造好適米「美山錦」と「五百万石」を交配して誕生しました。 「ひとごこち」は、その名の通り、炊き上がった米が「ひとごこち」する、つまり少し固めであることが特徴です。この特性により、醸造された日本酒はキレがよく、爽やかな味わいに仕上がります。また、「ひとごこち」は耐冷性と耐病性に優れているため、栽培が容易で、収量性も高いというメリットがあります。 「ひとごこち」は、秋田県で広く栽培されており、県内の酒蔵で多く使用されています。その結果、秋田県産の日本酒は、全国的にも高い評価を得るようになりました。 ちなみに「ひとごこち」という品種名は、秋田県の県花であるハクサンハクサンボウシ(戸隠一枝)の別名に由来しています。
モノの名前

「とちぎ酒14」とは?特徴や栽培の歴史を紹介

「とちぎ酒14」は、栃木県で開発された酒造好適米です。その誕生のきっかけは、栃木県の酒造農家が、より良質な酒造米を生産したいと考えたことにあります。そこで、酒造農家の協力を得て、県が主体となって開発がスタートしました。 約10年の歳月をかけて、2014年に「とちぎ酒14」が誕生しました。この米は、酒造適正が優れていることが特徴です。特に、心白の発現率が高く、タンパク質含有量が少ないため、雑味のないクリアな味わいの日本酒が造られます。また、「とちぎ酒14」は耐倒伏性や耐病性に優れているため、栽培しやすいというメリットもあります。 「とちぎ酒14」は、栃木県の酒造農家から高い評価を得ています。この米を使って造られた日本酒は、全国各地の酒蔵で取り扱われており、その人気は年々高まっています。栃木県は、酒造好適米の産地としても知られており、「とちぎ酒14」はその代表格です。