みかん

モノの名前

「させぼ温州」とは?

-させぼ温州の歴史と特徴- させぼ温州は、長崎県佐世保市で栽培されている温州みかんです。させぼ温州の歴史は古く、江戸時代後期に現在の西彼杵郡時津町から佐世保に持ち込まれたと言われています。その後、佐世保で栽培が盛んになり、明治時代には全国有数の温州みかんの産地となりました。第二次世界大戦後も、させぼ温州は栽培され続け、現在でも長崎県を代表する特産品のひとつとなっています。 させぼ温州の特徴は、その甘さとみずみずしさです。させぼ温州は、温暖な気候と豊かな土壌によって育てられ、甘みが強く、果汁がたっぷり含まれています。また、させぼ温州は、果皮が薄く、皮をむきやすいのも特徴です。させぼ温州は、そのまま食べるだけでなく、ジュースやジャム、ゼリーなどの加工品にも利用されています。
モノの名前

長崎のスイートオレンジ「原口早生」の魅力

原口早生の歴史と特徴 長崎発祥のスイートオレンジ「原口早生」は、1970年代に長崎県の養蚕農家であった原口栄吉氏が、温州みかんの種から偶然に生まれた苗木を育て上げたのが始まりとされています。この苗木は、他の温州みかんよりも早く実をつけ、甘くジューシーな果実を実らせることから、「原口早生」と名付けられました。 原口早生は、果皮が薄く、果汁が豊富で、甘味と酸味のバランスが良く、食べやすいのが特徴です。また、果肉が柔らかく、種が少ないため、小さなお子さんやご年配の方でも安心して食べることができます。さらに、ビタミンCやクエン酸などの栄養素を多く含み、健康にも良い果物です。 原口早生は、長崎県内の果樹園で栽培されており、11月から12月にかけて収穫されます。長崎県外では、あまり流通していないため、長崎県を訪れた際にはぜひ味わってみたい逸品です。
モノの名前

ぷるぷる食感がたまらない 「勝浦みかん寒天」

徳島県勝浦郡勝浦町の特産品である「勝浦みかん」を使用した寒天ゼリー「勝浦みかん寒天」は、ぷるぷる食感がたまらないと人気を集めています。 勝浦みかんは、温暖な気候と豊富な日照量のもとで栽培されており、甘さと酸味のバランスが取れたジューシーな味わいが特徴です。この勝浦みかんをふんだんに使用した寒天ゼリーは、みかんの爽やかな風味と寒天のぷるぷる食感を同時に楽しむことができます。 勝浦みかん寒天は、徳島県内のスーパーや道の駅などで販売されています。また、インターネット通販でも購入することができます。勝浦町を訪れた際には、ぜひお土産として購入してみてはいかがでしょうか。
モノの名前

山口県産みかんジュース

山口県は、温暖な気候と豊かな自然に恵まれたみかんの産地です。山口県産みかんは、甘さと酸味のバランスが良く、ジューシーで濃厚な味わいが特徴で、県内各地で栽培されています。 山口県産みかんを使ったジュースは、みかんの美味しさをそのまま味わえる人気の商品です。山口県内のジュースメーカーが、厳選されたみかんを丁寧に搾って作ったジュースは、みかん本来の甘さと酸味が生きており、爽やかな味わいが楽しめます。 山口県産みかんジュースは、そのまま飲むのはもちろん、カクテルやスムージー、ゼリーなど、様々な料理や飲み物にアレンジすることができます。また、子供から大人まで楽しめる味わいで、贈り物にも最適です。 山口県産みかんジュースを味わうには、県内のスーパーや道の駅などで購入することができます。また、オンラインショップで販売しているところもありますので、全国どこからでも山口県産みかんの美味しさを味わうことができます。
モノの名前

「い・ろ・は・す みかん」でみかんの爽やかな風味を味わおう

「い・ろ・は・す みかん」は、爽やかなみかんの風味を楽しめる、炭酸入りの清涼飲料水です。みかんの皮から抽出したエキスを使用しており、本物の果実のような自然な味わいが特徴です。また、甘さ控えめで後味もすっきりとしているため、暑い日や運動後の水分補給にもぴったりです。 「い・ろ・は・す みかん」は、日本コカ・コーラ社が販売するブランド「い・ろ・は・す」のシリーズの一つです。「い・ろ・は・す」は、天然水をベースにフルーツや野菜のエキスを加えた天然水飲料で、その自然で美味しい味わいで人気を集めています。「い・ろ・は・す みかん」も、「い・ろ・は・す」シリーズの他の製品と同様に、天然水をベースに作られており、みかんの皮から抽出したエキスを加えています。 「い・ろ・は・す みかん」は、その爽やかなみかんの風味と甘さ控えめのすっきりとした味わいで、幅広い層に人気を集めています。暑い日にはもちろん、運動後の水分補給にもぴったりの飲料です。
地名・ロケ地

高根島 – 広島県尾道市の美しい島

高根島は、広島県尾道市向島町にある有人島です。瀬戸内海に浮かぶ島で、尾道市街地から約5km、向島から約1kmの距離にあります。面積は約1.6平方キロメートル、人口は約800人です。高根島は、温暖な気候と豊かな自然に恵まれた島で、観光地としても人気があります。島の特産品は、レモンやみかん、海産物などです。また、高根島には、高根島神社や高根島灯台などの観光スポットがあります。高根島は、尾道市街地からフェリーで約15分で行くことができます。
モノの名前

和歌山のみかんシャーベットの魅力

和歌山のみかんシャーベットは、ご当地アイスグランプリにおいて最高金賞を受賞した、全国的にも有名なシャーベットです。その特徴は、なんといっても和歌山のブランドみかんである「有田みかん」を100%使用していること。有田みかんは、甘みと酸味のバランスが良く、ジューシーな果肉が特徴です。そのみかんを贅沢に使用したシャーベットは、濃厚な風味とスッキリとした口当たりが楽しめます。 ご当地アイスグランプリは、日本各地のご当地アイスを対象としたコンテストで、毎年開催されています。和歌山のみかんシャーベットは、グランプリという栄誉ある賞を受賞したことで、その美味しさが全国的に認められました。 和歌山のみかんシャーベットは、和歌山県内の道の駅や土産物店などで販売されています。また、オンラインショップでも購入することができます。和歌山へ旅行する際には、ぜひご当地アイスグランプリで最高金賞を受賞した和歌山のみかんシャーベットを味わってみてください。
有名人の名前

みかっぴ 알아보기

みかっぴ誕生の由来 みかっぴは、三重県に在住する3人の主婦、みどりさん、かおりさん、ぴよさんの3人が「自分たちの住む三重県をもっと盛り上げたい!」という思いから、「みどり」と「かおり」と「ぴよ」を組み合わせて、「みかっぴ」が誕生しました。 みかっぴは、三重県のPR活動を行っており、県内のイベントに参加したり、県産品の紹介をしたりしています。また、みかっぴは、三重県の魅力を伝える動画を制作し、YouTubeに投稿しています。 三重県を盛り上げるために活動しているみかっぴは、県民から親しまれており、三重県のマスコットキャラクターとして定着しています。
モノの名前

JAみっかび和牛とは?特徴や価格帯をご紹介

JAみっかび和牛の特徴は、その肉質にあります。霜降り肉でありながら、あっさりとした味わいで、口の中でとろけるような食感です。これは、JAみっかび和牛の牛が、ストレスのない環境で大切に育てられているからです。牛の健康状態に気を配り、餌にもこだわりを持っているため、良質な牛肉が生み出されています。 また、JAみっかび和牛は、牛肉の格付けで最高ランクのA5ランクに認定されています。A5ランクの牛肉は、肉質、霜降り具合、色沢、脂肪交雑など、すべての項目で最高ランクと認められたものです。牛肉の最高峰とも言えるA5ランクのJAみっかび和牛は、日本国内はもちろん、海外でも高く評価されています。
モノの名前

新しくなった「ぷるシャリ みかん」はぷるぷる食感の秘密あり

大見出し「新しくなった「ぷるシャリ みかん」はぷるぷる食感の秘密あり」 小見出し「果物をそのまま閉じ込めたような爽やかな味わい」 新しくなった「ぷるシャリ みかん」は、ぷるぷる食感の秘密が詰まったスイーツです。みかんの果肉をまるごと閉じ込めたようなみずみずしい味わいで、果物の爽やかな美味しさを存分に楽しむことができます。ぷるシャリ特有のつるんとした食感は、寒天などを加えて作られており、みかんの果汁とよくマッチしています。 みかんはビタミンCが豊富で、風邪予防や美容に効果的な栄養素です。また、リモネンという成分が含まれており、リラックス効果や血行促進効果があるとされています。 「ぷるシャリ みかん」は、冷凍庫で冷やしてから食べるのがおすすめです。ぷるぷる食感がさらに際立ち、ひんやりと爽やかな味わいを存分に楽しむことができます。また、解凍してから食べても、みかんの果汁が染みたシャリが美味しくいただけます。 「ぷるシャリ みかん」は、おやつやデザートとしてだけでなく、朝食やブランチにもぴったりです。みかんの爽やかな味わいで、朝から元気な1日をスタートすることができます。
モノの名前

肉通に朗報!「ふれ愛・媛ポーク」の魅力とは!?

「ふれ愛・媛ポーク」とは、愛媛県で生産されるブランド豚です。その特徴は、生産農家が「おもてなしの心」を持って豚を飼育していることです。豚舎には広々としたスペースを確保し、ストレスをかけないように工夫しています。また、飼料にもこだわり、地元産の米や野菜を与えています。 このような飼育方法により、「ふれ愛・媛ポーク」は肉質が柔らかく、旨味が強い豚肉に仕上がっています。また、脂身が少なく、ヘルシーであることも特徴です。 「ふれ愛・媛ポーク」は、愛媛県内のスーパーや飲食店で販売されています。また、インターネット通販でも購入することができます。生産農家の「おもてなしの心」が詰まった「ふれ愛・媛ポーク」を、ぜひ一度味わってみてください。
モノの名前

「和湯」の香り別徹底比較!おすすめ人気ランキング

「和湯」とは、日本では古くから親しまれている伝統的な飲み物で、湯屋や銭湯で体を清めた後に飲むことを目的に作られてきたものです。和湯には主に2種類あり、一つは「番茶」をベースにしたもの、もう一つは「和漢植物」を配合したものになります。 番茶は、緑茶と同じ茶葉を使って作られていますが、緑茶よりも発酵度が高く、渋みが少なく、マイルドな味わいが特徴です。番茶をベースにした和湯は、番茶に生姜や陳皮、クコの実などの薬効成分を含んだ和漢植物を加えて作られます。 和漢植物を配合した和湯は、番茶をベースにしていないので、カフェインを含んでいません。そのため、妊婦さんや授乳中の方、カフェインに敏感な方でも安心して飲むことができます。また、和漢植物には様々な薬効成分が含まれているので、リラックス効果や美容効果、健康維持に役立つ効果が期待できます。 和湯は、日本の伝統的な飲み物であり、番茶や和漢植物を配合したものが主です。その中でも、番茶をベースにしたものと、和漢植物を配合したものの2種類があり、それぞれに異なる特徴や効果があります。
モノの名前

みかんだんごの魅力

みかんだんごの歴史 みかんだんごは、日本の伝統的なお菓子で、みかんを団子状にして串に刺したものです。その歴史は古く、平安時代にはすでに存在していたとされています。当時は、宮廷や貴族の間で愛され、正月や節句などの祝い事に欠かせない一品でした。江戸時代になると、庶民の間にも広まり、庶民の間でも食べられておりました。現在では、日本各地で作られており、全国各地で見かけるお菓子の一つとなりました。みかんだんごは、その可愛らしい見た目と、爽やかな味から、多くの人に愛されています。
モノの名前

「ガツン、とみかん」の魅力

みかん果肉の食感とジューシーな味わい  「ガツン、とみかん」の魅力の一つは、みかん果肉の食感である。みかん果肉は、プリプリとした歯ごたえがあり、噛むと果汁が弾ける。この歯ごたえと果汁の弾力は、他の柑橘類にはない特徴である。  また、「ガツン、とみかん」は、ジューシーな味わいも魅力である。みかん果肉は、甘みと酸味のバランスが良く、後味もすっきりとしている。このジューシーな味わいは、そのまま食べてもよし、ジュースにしてもよし、さまざまな料理に使ってもよし、と万能である。  この食感と味わいが、多くの人から愛される理由である。