アクシス50

モノの名前

アクシス50の魅力

アクシス50の歴史 アクシス50は、イタリアのオートバイメーカー、ビモータによって1994年に発売されたオートバイである。ビモータの創設者であるヴァレリオ・ビモータが、レーシングマシンの技術を市販車にフィードバックさせることを目的として開発した。 アクシス50は、50ccのエンジンを搭載した原付一種のオートバイである。しかし、そのエンジンには、2ストロークエンジンを採用しており、最高出力は10.5馬力を発揮する。また、車体は軽量で、乾燥重量はわずか72kgである。これにより、アクシス50は、原付一種のオートバイとしては非常に速く、またハンドリングも軽快である。 アクシス50は、その優れた性能とデザインで、発売当初から人気を博した。1990年代後半には、日本の原付一種オートバイ市場でも販売され、多くの人に愛された。しかし、2000年代に入ると、環境規制の強化に伴い、2ストロークエンジンのオートバイは生産中止となっていった。アクシス50もまた、2002年に生産終了となった。 現在、アクシス50は中古車市場で取引されている。その希少性と人気から、高値で取引されることが多い。また、アクシス50をベースとしたカスタムバイクも多く作られており、それらもまた人気が高い。