イスラム・マグレブ諸国のアルカイダ

地名・ロケ地

西アフリカ統一聖戦運動の歴史と概要

マリ北部の支配力強化 マリ北部の支配力強化は、西アフリカ統一聖戦運動の初期の目標の一つであった。この運動の指導者であるウスマーン・ダン・フォディオは、1804年にフラニ人の聖戦を宣言し、北部ナイジェリアのハウサ諸国を征服した。その後、聖戦運動はマリ北部に拡大し、1818年にトンブクトゥを占領した。 マリ北部の支配力を強化するために、ウスマーン・ダン・フォディオは、イスラム法の導入と非イスラム教徒への迫害を強化した。また、彼はフラニ人の軍隊を強化し、北部マリの主要都市を占拠した。さらに、彼は北部マリの支配を固めるために、フラニ人の入植者を奨励した。 ウスマーン・ダン・フォディオの死後、彼の息子であるベロが西アフリカ統一聖戦運動の指導者となった。ベロは父の政策を引き継ぎ、マリ北部の支配力をさらに強化した。彼はトンブクトゥにイスラム大学を設立し、イスラム法を厳格に施行した。また、彼はフラニ人の軍隊を強化し、北部マリの主要都市を占拠した。 ベロの死後は、西アフリカ統一聖戦運動は衰退し、マリ北部の支配力は弱体化した。しかし、フラニ人の支配は北部マリに残り、現在でもフラニ人は北部マリの主要な民族となっている。
地名・ロケ地

イスラム・マグレブ諸国のアルカイダとは?

イスラム・マグレブ諸国のアルカイダ(AQIM)の目的は、イスラム法に基づくカリフ制国家を北アフリカに樹立し、イスラエルを攻撃することである。その活動範囲は、アルジェリア、マリ、ニジェール、ブルキナファソ、コートジボワールなどの国々にまたがる。 AQIMは、1998年にイスラム武装集団(GIA)から分離して結成された。GIAは、1992年にアルジェリアで始まった内戦で政府軍と戦っていたが、指導者のアブデルハミド・アブディが殺害された後、AQIMが結成された。AQIMは、GIAよりも過激な組織であり、テロ活動を積極的に展開している。 AQIMは、2007年12月にアルジェリアの首都アルジェで起きた爆弾テロ事件や、2010年5月にマリの首都バマコで起きた爆弾テロ事件など、数多くのテロ事件に関与している。また、AQIMは、2012年に北マリを制圧したイスラム武装勢力「アザワド解放国民運動」と協力し、マリアムを拠点に活動している。 AQIMは、サヘル地域で最も危険なテロ組織のひとつであり、国際社会から大きな脅威とみなされている。フランス、アメリカ、イギリスなどの国は、AQIMを掃討するために軍事作戦を実施しているが、AQIMは依然として活動している。