イスラム国家

その他

イスラム過激組織「アスバト・アル・アンサール」とは何か

イスラム過激組織「バト・アル・アンサール」は、アフガニスタンにおいてターリバン政権崩壊後の混乱期に誕生した組織です。当初は、ターリバン政権を支持する部族民によって構成されていましたが、その後、イラクやシリアでの戦闘に参加した外国人戦闘員も加わり、国際的なテロ組織へと成長しました。 バト・アル・アンサールは、アフガニスタン国内で政府軍や治安部隊を標的にした攻撃を繰り返しており、また、パキスタンや中央アジア諸国でもテロ攻撃を起こしています。同組織は、アルカイダやタリバンとも緊密な関係を持っており、国際テロ組織のネットワークの一角を担っています。 近年、バト・アル・アンサールはアフガニスタンでの活動に注力しており、米国などからの支援を受けているアフガニスタン政府軍との戦闘を続けています。同組織は、アフガニスタンの主要都市や幹線道路を攻撃し、民間人にも多くの死傷者を出しています。 また、バト・アル・アンサールは、アフガニスタン国内で麻薬密売や人身売買などに関与しており、同国の治安情勢の悪化に拍車をかけています。同組織は、アフガニスタン政府や国際社会にとって、大きな脅威となっています。
その他

インディアン・ムジャヒディンとは?インドで活動するイスラム過激組織

インディアン・ムジャヒディンは、インドで活動するイスラム過激組織である。その歴史と背景について見ていこう。 インディアン・ムジャヒディンは、2000年代初頭にインドで結成された。その構成員は主にインド国内のムスリム青年であり、イスラム教の純粋化を目指して活動している。 インディアン・ムジャヒディンの目標は、インド国内におけるイスラム教の優位性を確立することである。そのため、インド政府やヒンズー教徒に対してテロ攻撃を繰り返している。インディアン・ムジャヒディンの攻撃は、インドの首都ニューデリーやムンバイなどの大都市を主な標的にしている。 インディアン・ムジャヒディンの攻撃は、多くの死傷者を出している。例えば、2008年のムンバイ同時多発テロでは、166人が死亡し、300人以上が負傷した。このテロ事件は、インディアン・ムジャヒディンが犯行声明を出している。 インディアン・ムジャヒディンは、インド政府にとって大きな脅威となっている。インド政府は、インディアン・ムジャヒディンのテロ攻撃を防ぐために、国内の治安対策を強化している。
その他

コーカサス首長国 → ロシアのイスラム武装勢力

コーカサス首長国の歴史は、コーカサスの山岳地域に住んでいたコーカサス民族の長い闘争と抵抗の歴史である。コーカサス民族は、数世紀にわたってロシアの支配と抑圧に抵抗してきた。コーカサスの山岳地域は、ロシアの平原地帯とは異なり、険しい地形と厳しい気候を持つ地域である。この地域は、ロシアの支配が及ばない独立国家として存在してきた。 コーカサス首長国は、1829年にロシア帝国によって併合された。しかし、コーカサス民族の抵抗は続いた。コーカサス戦争は、1817年から1864年まで50年間にわたって続いた。この戦争は、ロシア帝国にとって非常に困難な戦争であった。ロシア帝国は、コーカサス民族を完全に征服することができなかった。コーカサス戦争は、ロシア帝国の衰退の始まりとなった。 コーカサス首長国の併合後、ロシア帝国はコーカサス民族のイスラム教を弾圧した。ロシア帝国は、コーカサス民族のモスクを破壊し、イスラム教の礼拝を禁止した。コーカサス民族は、ロシア帝国のイスラム教弾圧に抵抗した。コーカサス民族の抵抗は、19世紀後半にコーカサスイスラム教徒の反乱につながった。コーカサスイスラム教徒の反乱は、1877年から1878年まで続いた。この反乱は、ロシア帝国によって鎮圧された。しかし、コーカサス民族の抵抗は、ロシア帝国の衰退に貢献した。 コーカサス首長国は、ロシア帝国によって併合されたが、コーカサス民族の抵抗は続いた。コーカサス民族の抵抗は、ロシア帝国の衰退に貢献した。コーカサス首長国の歴史は、コーカサス民族の長い闘争と抵抗の歴史である。
その他

ジャマートゥル・ムジャヒディン・バングラデシュの解説

ジャマートゥル・ムジャヒディン・バングラデシュ(JMB)は、バングラデシュで活動するイスラム原理主義組織です。その起源は、1992年にバングラデシュ人民共和国の首都ダッカで設立された「ジャマーア・トゥル・ムジャヒディン・バングラデシュ」という組織にあるとされています。この組織は、バングラデシュにおいてイスラム法の導入とジハード(聖戦)を目的として設立されました。 JMBは、設立当初からバングラデシュ政府や治安当局による弾圧を受け、数多くのメンバーが逮捕・拘留されました。しかし、組織は1990年代後半には勢力を拡大し、2000年代にはバングラデシュ国内で一連のテロ事件を起こしました。これらの事件には、2001年のダッカでの爆破事件、2002年のラジシャヒでの爆破事件、そして2005年のダッカでの爆破事件などが含まれます。 JMBは、バングラデシュ政府による弾圧にもかかわらず、現在も活動を続けており、バングラデシュ国内の治安を脅かす存在となっています。組織は、国際テロ組織アルカイダとも連携しているとされ、今後、アルカイダの支援を受けてさらなるテロ攻撃を行う可能性があります。
その他

エリトリア・イスラム聖戦運動とは?

エリトリア・イスラム聖戦運動(Eritrean Islamic Jihad Movement, 略称EIJM)は、エリトリアのイスラム武装勢力であり、エリトリア政府に対する武装闘争を行っている。その目標は以下の通りである。 1. エリトリアにおけるイスラム法の施行EIJMは、エリトリアにおけるイスラム法の施行を求めている。これは、エリトリア政府が実施している世俗法制とは相容れないものであり、EIJMとエリトリア政府との間の大きな争点となっている。 2. エリトレアの独立EIJMは、エリトリアの独立を求めている。これは、エリトリアが1993年にエチオピアから独立した後も、エリトリア政府がエチオピア政府の影響下にあるとみなしているためである。EIJMは、エリトリアの真の独立を達成するためには、エリトリア政府を打倒する必要があると考えている。 3. イスラム世界の統一EIJMは、イスラム世界の統一を求めている。これは、イスラム教徒が世界の覇権を握るべきであるという考えに基づいている。EIJMは、イスラム世界の統一を達成するためには、イスラエルを打倒し、イスラム教徒の土地を解放する必要があると考えている。 EIJMの目標は、エリトリア政府にとって大きな脅威となっている。エリトリア政府は、EIJMの活動を阻止するため、EIJMのメンバーを逮捕したり、殺害したりしている。しかし、EIJMは依然としてエリトリア政府に抵抗を続けており、エリトリアの情勢は不安定な状態が続いている。
その他

ウズベキスタン・イスラム運動

ウズベキスタン・イスラム運動の歴史 ウズベキスタン・イスラム運動(UIM)は、ウズベキスタンをイスラム国家に樹立することを目的とする、ウズベキスタンにおけるイスラム過激派組織です。UIMは、1991年に設立され、ウズベキスタンの独立後、イランやパキスタンを拠点に活動を開始しました。UIMの指導者は、ウズベキスタンの元大統領イслам・カリモフ氏と対立し、1990年代には、ウズベキスタン政府と数々の衝突を起こしました。2001年には、UIMは米国を拠点とするテロ組織アルカイダと提携し、ウズベキスタンのイスラム化を目的とした「ジハード」(聖戦)を宣言しました。UIMは、2005年にウズベキスタン政府軍によって壊滅されましたが、その後も残党が活動を続けています。 UIMは、ウズベキスタンのイスラム化を目的として、ウズベキスタン政府の転覆や、イスラム国家の樹立を目指しています。UIMは、アフガニスタンやシリアなどのイスラム過激派組織とも連携しており、国際的なテロ組織として認識されています。UIMは、ウズベキスタン国内だけでなく、隣接するキルギスやタジキスタンなどでも活動しており、ウズベキスタン政府や国際社会にとって大きな脅威となっています。
その他

アラビア半島のアルカイダとは?

組織の誕生と目的 アラビア半島のアルカイダは、2003年にサウジアラビアのテロ組織指導者アブドルアジズ・アル・モクリンが、3つの主要なジハード主義組織を統合して誕生しました。この組織の目的は、イスラムカリフ制を樹立し、アラブ諸国から米国と同盟国を排除することです。アラビア半島のアルカイダは、2003年から イエメンで活動し、数多くのテロ攻撃に関与してきました。また、この組織は、アフリカやアジア、ヨーロッパにも支部を持ち、世界各地でテロ活動を実行しています。 アラビア半島のアルカイダは、世界で最も危険なテロ組織の一つとされており、米国や同盟国にとって大きな脅威となっています。この組織は、高性能の武器や爆弾を使用し、政府や治安機関、民間人を標的にして攻撃を仕掛けてきます。アラビア半島のアルカイダは、米国や同盟国にとって大きな脅威となっており、この組織の活動を阻止するために、国際社会が協力して取り組んでいます。
その他

「モロ民族解放戦線」の歴史と現状

「モロ民族解放戦線」の背景と目的 「モロ民族解放戦線」は、フィリピンの南部にあるミンダナオ島とスル諸島のイスラム教徒の分離独立運動組織です。1969年に設立され、長年にわたりフィリピン政府と武力闘争を続けてきました。 「モロ民族解放戦線」の背景には、フィリピンの植民地化の歴史があります。16世紀にスペイン人がフィリピンを植民地化し、19世紀後半にアメリカ合衆国がスペインからフィリピンを譲り受けました。アメリカ合衆国は、フィリピンの先住民であるムスリムを弾圧し、彼らの土地を奪いました。このため、ムスリムの間にはアメリカ合衆国に対する不満が高まり、独立運動が生まれました。 「モロ民族解放戦線」の目的は、ミンダナオ島とスル諸島のイスラム教徒が自治権を持つ独立国家を樹立することです。また、イスラム教の信仰を自由に行使できる社会の実現も求めています。 「モロ民族解放戦線」は、長年にわたりフィリピン政府と武力闘争を続けてきました。しかし、2014年にフィリピン政府と「モロ民族解放戦線」は和平合意を結び、武力闘争は終結しました。和平合意に基づき、ミンダナオ島とスル諸島に自治政府が設立されました。しかし、和平合意は完全には履行されておらず、現在も「モロ民族解放戦線」の残党によるテロ事件などが発生しています。
その他

「民主同盟軍」:ウガンダの反乱軍

「民主同盟軍」とは? 「民主同盟軍」(ADF)は、ウガンダで活動するイスラム武装勢力である。1995年にウガンダ西部で結成され、政府に対して武装闘争を開始した。ADFの目的は、ウガンダにイスラム国家を樹立することである。ADFは、ウガンダ国内で多くの残虐行為を働いており、国際社会から非難されている。ADFは、ウガンダ政府軍と何度も交戦しており、多くの死傷者を出している。ADFは、ウガンダ国内だけではなく、隣国のコンゴ民主共和国でも活動しており、コンゴ民主共和国政府軍とも交戦している。ADFは、国際テロ組織アルカイダと関係があると考えられており、アルカイダから資金や武器の援助を受けているとみられている。ADFは、ウガンダとコンゴ民主共和国にとって大きな脅威となっており、両国政府はADFの掃討作戦を展開している。
その他

「アル・シャバーブ」の正体と脅威

「アル・シャバーブ」とは、ソマリアに拠点を置くイスラム武装団体である。その目的は、ソマリアにイスラム法に基づく国家を樹立し、外国勢力を駆逐することである。アル・シャバーブは、2006年に結成され、当初はソマリア暫定政府と同盟を組んでいたが、2009年にソマリア暫定政府と対立し、ソマリアでの内戦を引き起こした。アル・シャバーブは、ソマリア政府軍とアフリカ連合の平和維持軍と交戦しているが、ソマリアの広大な農村部を支配しており、ソマリア政府の支配範囲を首都モガディシュ周辺に限定している。アル・シャバーブは、ソマリア国内で多くのテロ攻撃を実行しており、隣国ケニアやウガンダでもテロ攻撃を実行している。アル・シャバーブは、アメリカ合衆国や国連からテロ組織に指定されている。
その他

アンサール・ディーンとは何か?

アンサール・ディーンの目的は、イスラム思想と文化のルネサンスとイスラム世界の団結です。同組織は、イスラム教徒がイスラムの原則と価値観について教育され、それらを守るために力を合わせることができるようにするよう努めています。アンサール・ディーンはまた、イスラムによる社会正義と平等を提唱しており、イスラム教徒が抑圧から解放され、自分たちの権利のために立ち上がることができるように支援しています。 アンサール・ディーンは、イスラム世界の団結を目的として、イスラム教徒が共通の目標のために協力できるようにするよう努めています。また、イスラム教徒が宗教的、政治的に団結できるようにするよう努めています。アンサール・ディーンは、イスラム教徒が世界的な舞台で影響力を発揮できるようにすることで、イスラム教徒の権利と利益を守るために努めています。 アンサール・ディーンは、イスラム教徒がイスラムの原則と価値観について教育され、それらを守るために力を合わせることができるようにするために、様々な活動を行っています。同組織は、イスラム教徒のための学校やモスクを建設しており、イスラムに関する本や記事を発行しています。また、アンサール・ディーンは、イスラム教徒がイスラムの原則と価値観について学ぶことができるセミナーやワークショップも開催しています。
その他

パッタニ・イスラム・ムジャヒディン運動とは?

パッタニ・イスラム・ムジャヒディン運動は、タイ南部のパッタニ県、ヤラー県、ナラティワート県の3県にまたがるパタニ地域を拠点とするイスラム武装組織です。1960年代後半に設立され、以来、タイ政府との間で断続的に武力衝突を繰り返しています。 パッタニ・イスラム・ムジャヒディン運動の目標は、パタニ地域の独立を達成することです。パタニ地域は、かつては独立したスルタン国でしたが、1902年にタイに併合されました。パッタニ・イスラム・ムジャヒディン運動は、タイの支配は不当であると考えており、パタニ地域の独立を回復するために武力闘争を行っています。 パッタニ・イスラム・ムジャヒディン運動の主な活動は、タイ軍や警察に対する襲撃、爆弾テロ、誘拐などです。パッタニ・イスラム・ムジャヒディン運動は、タイ政府との和平交渉にも応じてきましたが、交渉は難航しており、武力衝突は続いています。 パッタニ・イスラム・ムジャヒディン運動の活動は、パタニ地域に大きな影響を与えています。パタニ地域は、タイの中で最も貧しい地域のひとつであり、治安も悪化しています。パッタニ・イスラム・ムジャヒディン運動の活動により、パタニ地域の人々は、常に暴力の恐怖にさらされています。
その他

マレーシア武装組織「クンプラン・ムジャヒディン・マレーシア」

「クンプラン・ムジャヒディン・マレーシア」とは 「クンプラン・ムジャヒディン・マレーシア」は、マレーシアで活動する武装組織です。2006年に設立され、マレー系イスラム教徒の権利を主張しています。「クンプラン」とはマレー語で「集会」を意味し、「ムジャヒディン」はアラビア語で「聖戦を行う者」を意味します。この組織は、マレーシア政府がイスラム教徒を弾圧していると主張し、イスラム教法に基づく国家の樹立を目指しています。 「クンプラン・ムジャヒディン・マレーシア」は、政府機関や警察署を襲撃するなどのテロ活動を行っています。2013年には、マレーシアの首都クアラルンプールで爆弾テロ事件を起こし、8人が死亡しました。この事件をきっかけに、マレーシア政府は「クンプラン・ムジャヒディン・マレーシア」をテロ組織に指定し、掃討作戦を開始しました。 「クンプラン・ムジャヒディン・マレーシア」は、マレーシアの治安を脅かす存在となっています。この組織の活動は、マレーシア国内のイスラム教徒と非イスラム教徒の間に緊張関係を生み出し、マレーシアの社会不安定化を招いています。
施設名・ロケ地

「パレスチナ・イスラミック・ジハード」は何を目指し、どのような活動をしていますか?

「パレスチナ・イスラミック・ジハード」は、1981年にファダ・モフセン・シャラーム氏によって設立されたパレスチナのイスラム武装組織です。シャラーム氏は、ガザ地区生まれのエンジニアで、イスラエルの占領に対して武力闘争で戦うべきだと主張していました。組織の目的は、イスラエルを打倒し、パレスチナ全土にイスラム国家を建設することです。 「パレスチナ・イスラミック・ジハード」は、「イスラム・ジハード」という国際的なイスラム組織の分派として設立されました。「イスラム・ジハード」は、1979年のソ連のアフガニスタン侵攻に対して、イスラムの聖地であるアフガニスタンを守るために、アフガニスタンに聖戦を呼びかけた組織です。「パレスチナ・イスラミック・ジハード」は、この「イスラム・ジハード」の分派として、パレスチナのイスラム聖地であるアル=アクサ・モスクを守るために、イスラエルと戦うべきだと主張して設立されました。 「パレスチナ・イスラミック・ジハード」は、設立以来、イスラエルに対するテロ攻撃を繰り返しています。2014年には、ガザ地区とイスラエルとの間で交わされた停戦協定に反対し、イスラエルへのロケット弾攻撃を再開しました。また、2018年には、ガザ地区からイスラエル領内に侵入し、イスラエル軍と交戦しました。 「パレスチナ・イスラミック・ジハード」は、パレスチナの主要なイスラム組織のひとつであり、イスラエルに対するテロ攻撃を繰り返しています。組織の目的は、イスラエルを打倒し、パレスチナ全土にイスラム国家を建設することです。
その他

アブ・サヤフ・グループとは何か

アブ・サヤフ・グループの歴史 アブ・サヤフ・グループは、フィリピン南部で活動しているイスラム教徒武装集団である。その起源は、1970年代後半にフィリピンのジョロ島で形成されたイスラム分離主義組織ムロ・ナショナル・リベレーション・フロント(MNLF)にまでさかのぼる。MNLFは、フィリピン政府との和平協定締結後、1990年代初頭に解散したが、一部のメンバーは不満を抱き、アブ・サヤフ・グループを結成した。 アブ・サヤフ・グループは、1996年にジョロ島で政府軍と衝突し、この衝突で政府軍兵士17人が死亡、アブ・サヤフ・グループのメンバー20人が死亡した。この事件をきっかけに、アブ・サヤフ・グループはフィリピン政府との間で長期にわたる武力衝突を続けることになる。 アブ・サヤフ・グループは、イスラム教徒による独立国家を樹立することを目的とし、フィリピン政府軍や治安当局に対する攻撃を繰り返している。また、人質誘拐や爆弾テロなど、一般市民を標的としたテロ活動も活発に行っている。アブ・サヤフ・グループは、フィリピン国内で最も危険なテロ組織のひとつとされており、国際的なテロ組織ともつながりを持っているとみられている。 フィリピン政府は、アブ・サヤフ・グループの掃討作戦を展開してきたが、アブ・サヤフ・グループはフィリピン軍の攻撃を巧みにかわし、活動を続けている。アブ・サヤフ・グループの活動は、フィリピン国内の治安情勢を不安定化させ、フィリピンの経済発展に悪影響を及ぼしている。
その他

インドネシアの武装組織「ジェマー・イスラミア」

ジェマー・イスラミアは、東南アジアで最も恐れられているイスラム武装組織の1つです。この組織はインドネシアを拠点としていますが、マレーシア、シンガポール、フィリピンなど、他の東南アジア諸国にも存在しています。組織の目的は東南アジアにイスラム国家を建国することであり、そのためには暴力も辞さない方針を掲げています。 ジェマー・イスラミアは1993年にアブ・バカル・バシルによって設立されました。組織の活動は当初はインドネシア国内に限定されていましたが、徐々に他の東南アジア諸国にも拡大していきました。ジェマー・イスラミアは1999年のクリスマスにインドネシアの教会で爆弾テロを起こし、100人以上の死者を出しました。この攻撃はジェマー・イスラミアの国際的な注目を集めるきっかけとなり、それ以降、組織は東南アジアで最も危険なテロ組織の1つとみなされています。 ジェマー・イスラミアは現在、インドネシア政府によって弾圧されており、その活動は近年減少しています。しかし、組織はいまだに東南アジアに存在しており、テロ攻撃を起こす可能性があると考えられています。
その他

徹底解説!ジュンド・アル・シャーム

ジュンド・アル・シャームとは?その活動を紐解く。 ジュンド・アル・シャームは、シリア内戦で活躍した反体制派武装組織の一つである。2013年に結成され、イスラム教スンニ派の過激派組織として知られた。グループはシリア政府軍と激しく戦い、国内の広い範囲を支配した。ジュンド・アル・シャームは、当初はシリア政府を打倒してイスラム国家を樹立することを目指していたが、後に他の反体制派組織と連合して、バッシャール・アル=アサド大統領の退陣を求める運動に参加した。 ジュンド・アル・シャームは、イスラム教徒の権利のために戦うことを掲げ、国内外からの支持を集めた。しかし、グループはシリア政府軍との戦闘だけでなく、他の反体制派組織との抗争にも巻き込まれ、次第に弱体化していった。2018年には、シリア政府軍の大規模な攻勢を受けて壊滅状態に陥り、その後、解散した。 ジュンド・アル・シャームの活動は、シリア内戦に大きな影響を与えた。同グループの台頭は、シリア国内の宗派対立を激化させ、内戦の長期化を招いた。また、ジュンド・アル・シャームの活動は、欧米諸国によるシリアへの軍事介入を正当化するための口実となった。ジュンド・アル・シャームの解散は、シリア内戦の終結に向けて一歩前進となったが、シリア情勢は依然として不安定なままである。