イタリア

施設名・ロケ地

ローマシティマラソンを徹底解説!

ローマシティマラソンは、イタリアのローマで開催されるマラソン大会です。1982年に第1回大会が開催されて以来、毎年開催されています。 コースは、ローマの街の中心部を巡るコースで、コロッセオやフォロ・ロマーノ、トレヴィの泉などの観光スポットを通り、フィニッシュはローマ帝国競技場です。総距離は42.195kmです。 参加者は世界各国から集まり、総参加者数は約1万人です。優勝者には、賞金やトロフィーが贈られます。 ローマシティマラソンは、世界有数のマラソン大会のひとつであり、毎年多くのランナーが参加しています。大会当日は、ローマの街全体がマラソン一色となり、多くの観客が沿道でランナーを応援します。
作品名

「修道女アンジェリカ」 → 愛と信仰の物語

「修道女アンジェリカ」とはストーリーと背景 「修道女アンジェリカ」は、2009年に公開されたイタリアのドラマ映画である。ジャコモ・プッチーニの同名のオペラを原作としており、貧しい農村の少女アンジェリカが修道院で暮らす中で、信仰と愛の間に葛藤する姿を描いている。 アンジェリカは、イタリアの貧しい農村に生まれた少女である。彼女は幼い頃から美しい声を持っており、村の人々から将来を期待されていた。しかし、彼女の父親は借金取りから逃れるためにアンジェリカを修道院に預けることを決意する。 初めは修道院での生活に馴染めずにいたアンジェリカであったが、次第に修道院の生活に溶け込んでいった。彼女は修道院で歌の才能を発揮し、シスターたちからも愛されるようになる。しかし、ある日、アンジェリカは村で出会った男性、エンリコと恋に落ちてしまう。 アンジェリカはエンリコと結婚したいと考えるが、修道女としての人生を選択した彼女は、その想いを断ち切ろうとする。しかし、彼女はエンリコへの愛を忘れることができず、苦悩するようになる。 アンジェリカは最終的に修道院を離れ、エンリコと結婚することを決意する。彼女は修道院での生活を捨て、新しい人生を歩み始める。 「修道女アンジェリカ」は、信仰と愛の間に葛藤する女性の姿を丁寧に描いている。アンジェリカは、修道院での生活とエンリコへの愛の板挟みの中で苦悩し、最終的に新しい人生を選択する。本作は、人間の愛と信仰の強さを描いた感動的なドラマである。
モノの名前

タロッコの魅力と食べ方

タロッコの特徴 タロッコは、モロッコ原産の柑橘類です。果皮は鮮やかなオレンジ色で、表面がデコボコしているのが特徴です。果肉はジューシーで、甘酸っぱく、爽やかな香りがします。 タロッコは、ビタミンCが豊富で、風邪予防や美肌効果が期待できます。また、カリウムも豊富で、むくみや高血圧を予防する効果があります。 タロッコは、そのまま食べてもおいしいですが、ジュースやジャム、ゼリーなどの加工食品にもよく使われます。また、タロッコの皮は香りが強いので、お菓子作りの風味付けにもよく使われます。
施設名・ロケ地

ベネットン・トレヴィーゾについて

ベネットン・トレヴィーゾの歴史 ベネットン・トレヴィーゾは、イタリアのトレヴィーゾを本拠地とするラグビーユニオンチームです。1932年に創設され、現在はトップ10に所属しています。クラブカラーは緑と白です。ベネットン・トレヴィーゾは、イタリア国内で最も成功したラグビーチームのひとつであり、セリエAを15回、コッパ・イタリアを9回、スーパーコッパ・イタリアを5回優勝しています。また、ヨーロッパのカップ戦であるヨーロピアンチャレンジカップにも2回優勝しています。 ベネットン・トレヴィーゾは、1932年にトレヴィーゾの若者グループによって創設されました。チームは最初は地元のリーグでプレーしていましたが、すぐにイタリア全国のリーグに昇格しました。1950年代には、ベネットン・トレヴィーゾはイタリア国内で最も成功したラグビーチームのひとつとなり、セリエAを4回優勝しました。1960年代には、ベネットン・トレヴィーゾはヨーロッパのカップ戦であるヨーロピアンチャレンジカップで優勝し、イタリアのチームとして初めてヨーロッパタイトルを獲得しました。 1970年代には、ベネットン・トレヴィーゾはセリエAを5回優勝しましたが、1980年代にはチームは下降線をたどりました。しかし、1990年代にはベネットン・トレヴィーゾは復活し、セリエAを6回優勝しました。2000年代には、ベネットン・トレヴィーゾはコッパ・イタリアを3回優勝し、ヨーロピアンチャレンジカップで2回目の優勝を果たしました。 ベネットン・トレヴィーゾは、イタリア国内で最も成功したラグビーチームのひとつであり、多くのタイトルを獲得しています。チームはまた、ヨーロッパのカップ戦でも成功しており、ヨーロピアンチャレンジカップを2回優勝しています。ベネットン・トレヴィーゾは、イタリアのラグビーを代表するチームのひとつであり、多くのファンに愛されています。
モノの名前

フェラーリ512BBの全て

フェラーリ512BBとは? フェラーリ512BBは、1976年から1981年まで生産されたイタリアのスポーツカーです。BBは、ベルリネッタ・ボクサー(Berlinetta Boxer)の略で、ベルリネッタはクーペ、ボクサーは水平対向12気筒エンジンを意味します。 512BBは、フェラーリ初のミッドシップエンジン車であり、365GTB/4の後継モデルとして開発されました。512BBは、365GTB/4よりも大幅に軽量化されたシャシーと、より強力なエンジンを搭載し、最高速度は280km/h以上を誇りました。 512BBは、その美しいデザインと優れた性能で、世界中の自動車愛好家から賞賛されました。また、数多くのレーシングカーのベース車両としても使用され、ル・マン24時間レースや世界スポーツカー選手権などで活躍しました。 512BBは、フェラーリの歴史の中でも最も重要な車種の1つであり、今日でも多くのコレクターに愛されています。
施設名・ロケ地

「ギジアーナ音楽祭」で夏の音楽を満喫!

イタリアのシエナで夏に開催される音楽祭は、「ギジアーナ音楽祭」と呼ばれ、毎年7月から8月にかけて開催されます。この音楽祭は、1933年に創設され、80年以上の歴史を誇ります。音楽祭では、クラシック音楽、オペラ、バレエなど、さまざまなジャンルの公演が行われます。 音楽祭の会場は、シエナの中心部にあるカンポ広場です。カンポ広場は、世界遺産にも登録されている美しい広場であり、音楽祭の期間中は、多くの人で賑わいます。音楽祭のチケットは、前売り券と当日券の2種類があり、前売り券は音楽祭の公式ウェブサイトで購入することができます。
モノの名前

「ベータ・モンテカルロ」とは? ランチアが製造したイタリアンレーシングカーの魅力

ランチアは、イタリアの自動車メーカーとして知られており、その歴史は1906年にまでさかのぼります。ランチアは、創業以来、レーシングカーの製造に力を入れており、数々の名車を世に送り出しています。「ベータ・モンテカルロ」も、ランチアのレーシングカーの1つであり、その美しいデザインと卓越した性能で、多くのカーマニアを魅了しています。 「ベータ・モンテカルロ」は、1975年に発表されたスポーツカーであり、ランチアのフラッグシップモデルとして位置付けられていました。この車は、ランチアが誇るV型6気筒エンジンを搭載しており、最高出力は200馬力を発揮しました。また、「ベータ・モンテカルロ」は、その軽量な車体と優れたサスペンションにより、卓越したハンドリング性能を誇っていました。この車は、1975年のモンテカルロ・ラリーで優勝し、その実力を世界中に知らしめました。
モノの名前

イタリアが生んだ万年筆の傑作「ポウプ」

ヨハネ・パウロ2世の在位25年を記念して誕生 イタリアの万年筆メーカー「ポウプ」は、1998年にヨハネ・パウロ2世の在位25年を記念して特別限定万年筆を製作しました。この万年筆は「ヨハネ・パウロ2世記念万年筆」と名付けられ、世界限定2,500本のみの生産でした。 この万年筆は、シルバーと金のコンビネーションで、バチカンの紋章がキャップに刻印されています。また、ペン先は18金のロジウム仕上げで、ペン先は中字と細字の2種類が用意されていました。 この万年筆は、ヨハネ・パウロ2世の功績を称えるために製作されたもので、その希少性からコレクターの間で人気を集めています。また、書き心地も非常によく、現在でも愛用している人が多くいます。
モノの名前

イタリアの老舗自転車ブランド「ビアンキ」の魅力

イタリアの老舗自転車ブランド「ビアンキ」の歴史と伝統 ビアンキは、1885年にイタリア、ミラノで創業された老舗自転車ブランドです。世界最古の自転車メーカーの一つであり、100年以上の伝統と歴史を誇っています。ビアンキの自転車は、その優れた品質と美しいデザインで世界中の自転車愛好家に愛されています。 ビアンキの歴史は、創業者であるエドアルド・ビアンキが、ミラノに小さな自転車店を開いたことから始まります。エドアルド・ビアンキは、自転車の製造に情熱を注ぎ、1895年に自社の自転車工場を設立しました。ビアンキの自転車はすぐにその品質とデザインで評判となり、1900年にはイタリアナショナルチームの公式自転車に採用されました。 ビアンキの自転車は、その後も多くのレースで勝利を収め、世界中の自転車愛好家に知られるようになりました。1950年代には、ファウスト・コッピやジノ・バルタリなどの伝説的な自転車選手がビアンキの自転車に乗って活躍し、ビアンキの名を一層高めました。 ビアンキの自転車は、その品質とデザインで世界中の自転車愛好家に愛されています。ビアンキの自転車は、イタリアの伝統と革新が見事に融合した自転車であり、自転車の芸術品とも言われています。
モノの名前

「VOLLY」とは?

「2010年バレーボール男子世界選手権公式マスコット」 2010年バレーボール男子世界選手権の公式マスコットは、ターニャという名前の猫です。彼女は、大会の開催国であるイタリアを象徴する緑、白、赤の3色で描かれています。ターニャは、大会を盛り上げるために、様々なイベントやプロモーション活動に参加しました。また、テレビや新聞などのメディアにも登場し、大会をPRしました。ターニャは、大会の成功に貢献したとして、大会関係者から感謝されました。 ターニャは、大会終了後も、バレーボールの普及活動に協力しています。彼女は、バレーボール教室やイベントに参加し、バレーボールの魅力を伝えています。また、バレーボールをプレイする子供たちを応援しています。ターニャは、バレーボール界のアイドルとして、多くの人々に愛されています。
モノの名前

KUOTA(クォータ)のロードバイクの魅力とは?

-歴史- KUOTAの始まりは、1980年代初頭にまで遡ります。イタリアのロードバイクメーカーであるデ・ローサの創業者であるウゴ・デ・ローサ氏の息子、ジャンニ・デ・ローサ氏が、自分のロードバイクブランドを立ち上げることしました。ジャンニ氏は、新しいロードバイクが、軽量性と剛性、快適性を兼ね備えたものであるべきだと考え、カーボンの素材に着目しました。カーボンは、軽量で剛性があり、振動吸収性に優れているため、ロードバイクに最適な素材です。 -特徴- KUOTAのロードバイクは、その優れた性能で知られています。軽量性、剛性、快適性を兼ね備えているため、長距離ライドやヒルクライムなど、あらゆる走行シーンで活躍します。また、KUOTAのロードバイクは、デザイン性にも優れています。イタリアの職人がひとつひとつ手作りしているため、品質も高く、長く愛用できるロードバイクです。 KUOTAのロードバイクは、世界中のプロロードレーサーに使用されています。また、多くのアマチュアサイクリストからも支持されています。KUOTAのロードバイクがあれば、より快適に、より速く、より遠くまで自転車を楽しむことができます。
その他

「ベニスマラソン」~水の都で行われる美しいマラソン大会

ベニスマラソンは、イタリアのベニスで行われるマラソン大会です。ベニスは、世界遺産に登録されている美しい街で、マラソン大会は、その街並みを巡るコースとなっています。ベニスマラソンは、1986年に第1回大会が開催され、毎年10月に開催されています。 ベニスマラソンは、世界中からランナーが集まる人気のマラソン大会です。2019年には、約2万人のランナーが参加しました。ベニスマラソンは、その美しいコースに加えて、大会組織の充実度も高く評価されています。大会には、ボランティアが多数参加しており、ランナーをサポートしています。また、大会後には、ランナー向けのパーティーも開催されています。 ベニスマラソンは、ランナーにとって、一生に一度は走りたいマラソン大会です。その美しいコースと充実した大会組織は、ランナーを魅了しています。
その他

ビアンコネリのトリコロール

ユヴェントスの象徴は、黒いユニフォームと、白のストライプ、胸のエンブレムです。これらのシンボルは、クラブの歴史と伝統を体現しており、世界中のファンに親しまれています。 ユヴェントスのユニフォームは、1903年に初めて着用されました。当時は、白のシャツと黒のズボンで構成されていました。1905年に、クラブは現在の黒と白のストライプのユニフォームに変更しました。この変更は、クラブの会長であるアットリーリ・フェデーレによって提案されました。フェデーレは、白と黒はイギリスのサッカークラブ、ノッティンガム・フォレストのユニフォームの色であると主張しました。彼は、ノッティンガム・フォレストはイタリアで最も強力なチームであるため、ユヴェントスも同様のユニフォームを採用すべきだと考えました。 ユヴェントスのエンブレムは、1920年に初めて使用されました。エンブレムは、黒と白の盾の中に、クラブの頭文字である「J」と「F」が描かれています。エンブレムの周りの円には、「Juventus」の文字が書かれています。エンブレムは、何度か変更されてきましたが、基本的なデザインは変わっていません。 ユヴェントスのシンボルは、クラブの歴史と伝統の重要な一部です。これらのシンボルは、世界中のファンに親しまれており、クラブのアイデンティティを表現しています。
モノの名前

プラダ キャンディ キス(/《PRADACANDYKISS》)と甘いロマンス

-プラダ キャンディ キスの香り- プラダ キャンディ キスは、2011年にプラダから発売されたフレグランスです。香りのグループはフローラル フルーティ グルマンであり、調香師はダニエラ・アンドリエです。プラダ キャンディ キスは、若々しく遊び心のある女性のために作られた香りです。 プラダ キャンディ キスのトップノートは、リンゴ、タンジェリン、ラズベリーなどのフルーティなノートです。ミドルノートには、ピーチ、ジャスミン、ローズなどのフローラルなノートがあります。ベースノートには、バニラ、パチョリ、ムスクなどの暖かいノートがあります。 プラダ キャンディ キスは、甘くフルーティな香りで、女性らしさと遊び心を表現しています。デイリーユースに最適な香りですが、特別な日の夜にも適しています。
モノの名前

「マセラティ・クーペ」とは?その魅力と特徴を一挙紹介!

「マセラティ・クーペ」の歩み 「マセラティ・クーペ」の歴史は、1950年代にまでさかのぼる。当時、マセラティはスポーツカーの開発に力を入れており、その一環として「マセラティ3500GT」を発売した。この車は、当時としては画期的なデザインと性能を備えており、大きな人気を博した。その後も、マセラティは「マセラティ・ギブリ」や「マセラティ・シャマル」など、多くの名車を生み出してきた。 1990年代に入ると、マセラティはスポーツカーに加えて、クーペの開発にも力を入れ始めた。その第一弾として発売されたのが、「マセラティ3200GT」である。この車は、スタイリッシュなデザインと優れた走行性能を備えており、瞬く間に成功を収めた。その後も、マセラティは「マセラティ・グラントゥーリズモ」や「マセラティ・アルフィエーリ」など、多くのクーペを発売し、いずれも高い評価を得ている。 マセラティ・クーペは、その美しいデザインと優れた走行性能で、世界中の車好きから愛されている。これからも、マセラティがどのようなクーペを発売するのか、目が離せない。
モノの名前

イタリアの水「パンナ」の魅力

-パンナの特徴と歴史- パンナは、イタリア語で「クリーム」を意味し、イタリア各地で生産されているミネラルウォーターです。パンナの特徴は、そのやわらかく、まろやかな口当たりです。また、ミネラル分が豊富で、カルシウムやマグネシウム、カリウムなどのミネラルがバランスよく含まれています。パンナの歴史は古く、古代ローマ時代にはすでに飲まれていたとされています。中世には、パンナは王侯貴族の間で愛飲され、ルネサンス期には、芸術家や作家にも愛されました。現在も、パンナはイタリアを代表するミネラルウォーターとして、世界中で愛されています。
モノの名前

「オマス360」の品質とデザイン

-オマス360の三角形軸の特異性- オマス360は、イタリアの老舗筆記具メーカー、オマスのフラッグシップモデルとして知られています。その特徴のひとつが、その独特な三角形軸です。このデザインは、オマス360が1930年代に初めて発売されたときから受け継がれており、現在でも多くのファンに愛されています。 三角形軸は、筆記時に非常に安定したグリップ感をもたらします。これは、手のひら全体でペンを包み込むように持つことができるため、長時間書いていても疲れにくくなっています。また、三角形軸は、ペン先が常に紙に対して垂直になるように設計されているため、滑らかな書き心地を実現しています。 さらに、三角形軸は、オマス360にスタイリッシュな印象を与えています。このデザインは、他の筆記具にはない独創性があり、オマスの伝統と革新性を象徴しています。 オマス360の三角形軸は、その実用性とデザイン性の両面において優れていると言えます。この軸のおかげで、オマス360は、世界中の多くのライターに愛され続けています。
スポーツ

パルマ・カルチョ:イタリア北部のパルマを本拠地とするプロサッカークラブ

パルマ・カルチョの歴史 パルマ・カルチョ1913は、イタリア北部のエミリア=ロマーニャ州パルマを本拠地とするプロサッカークラブであり、現在セリエBに所属している。1913年7月16日に創設され、1990年代初頭から2000年代初頭にかけて、国内リーグとカップ戦で数多くのタイトルを獲得するなど、黄金期を迎えた。 パルマ・カルチョの歴史は、1913年にカルロ・ヴァルセッキ氏とルイジ・ガレリ氏が、パルマの若いサッカー選手を育成することを目的としてクラブを創設したことに端を発する。クラブは当初、スタディオ・エンツォ・リッシーニで試合を行っていたが、1990年に建設されたスタディオ・タルディーニに本拠地を移した。 パルマ・カルチョは、1990年代初頭から2000年代初頭にかけて、国内リーグとカップ戦で数多くのタイトルを獲得するなど、黄金期を迎えた。1992-93シーズンにはコッパ・イタリアで優勝し、1994-95シーズンにはスーペルコッパ・イタリアで優勝した。また、1994-95シーズンと1998-99シーズンにはUEFAカップで優勝し、1997-98シーズンにはUEFAスーパーカップで優勝した。 パルマ・カルチョは、2000年代半ば以降は成績が低迷し、2015年にセリエDに降格した。しかし、2016年にセリエCに昇格し、2018年にセリエBに昇格した。2021年現在、パルマ・カルチョはセリエBに所属している。
モノの名前

ポルトロその魅力と歴史

ポルトラの歴史は古く、1542年にポルドガル人探検家ルイ・デ・モウラによって発見されました。彼の探検隊はポルドガルの探検家、商人、外交官であったポルタード伯爵にちなんでこの島をポルトラと呼びました。ポルタード伯爵は、植民地帝国の拡大に興味を持っていて、ポルトラ島で貿易や布教をさせていました。ポルタード伯爵は、ポルトラ島を中国とポルドガルを結ぶ貿易拠点にすることも考えていました。 1579年にポルドガル人探検家、画家のヒエロニム・デ・アズヴェド・ペレイラとその乗組員は、カウリア、アウラ、ワイヘルアを訪問する途中でポルトラ島に立ち寄ります。 16世紀終わりにはポルドガル人が宗教を島民に布教していたと考えられています。 1605年に、ポルトラ島はスペインが所有することになりました。スペインはポルトラ島を植民地化し、カトリックを布教しました。ポルトラ島は、スペインの植民地として約150年間存続しました。1810年に、ポルトラ島はチリに併合されました。チリは、ポルトラ島で独立闘争を支援しました。 1822年にポルトラ島は独立しました。ポルトラ島は、独立後、政治的、経済的、社会的にも不安定な時期を過ごしました。1898年に、ハワイ共和国が米国に併合されました。1901年に、ポルトラ島は米国の領土になりました。 ポルトラ島は、第二次世界大戦中に日本軍に攻撃され、大きな被害を受けました。第二次世界大戦後に、ポルトラ島は米国に返還されました。1959年に、ポルトラ島はハワイ州の50番目の州に昇格しました。
モノの名前

「フェッラレッレ」について

「フェッラレッレ」についてフェッラレッレとは。・フェッラレッレは、ボトル入りの水のブランドの1つです。 ・イタリア産の炭酸入り天然ミネラル水(硬水)です。 ・日本での販売元は有限会社フードライナーです。 ・英語表記は「Ferrarelle」です。
モノの名前

レジアーネRe.2002アリエテII – 空冷エンジンのイタリア製戦闘機

1940年のイタリアは、著しく不利な立場になっていました。敵対国に対して近代的な戦闘機がなく、戦局は厳しさを増す一方でした。Reggiane社は、事態の改善のため、Re.2000 Falco II戦闘機をベースに、より強力なエンジンとより強力な武装を備えた新しい戦闘機を開発するよう求められました。こうして生まれたのが、Reggiane Re.2002 Ariete IIです。 Ariete IIは、Re.2000 Falco IIをベースに開発された戦闘機で、エンジンを当時としては強力な空冷エンジンであるPiaggio P.XI RC 40に換装し、武装を改良したものです。Ariete IIは、1942年6月に初飛行し、イタリア空軍に配備されました。Ariete IIは、優れた速度と上昇性能を発揮しましたが、空冷エンジンの信頼性が低く、操縦が難しいという欠点がありました。しかし、Ariete IIは、イタリア空軍の主力戦闘機として活躍し、連合軍の戦闘機と多くの空中戦を繰り広げました。
作品名

「ジーノの家」で綴るイタリア暮らし30年

イタリアのトスカーナ州の丘の上に建つ「ジーノの家」で、著者の内田洋子は30年間、イタリアの人々との出会いを紡いできました。トスカーナの人々の温かさと優しさが、彼女の人生に大きな影響を与え、イタリアの暮らしの魅力を伝えるエッセイ集『ジーノの家』を執筆するに至りました。 内田氏は、イタリアに暮らす人々の生き方や価値観に共感し、彼らの日常に触れることで、イタリアの文化や歴史を深く理解することができました。また、イタリアの人々は、内田氏のことを家族のように迎え入れ、彼女のイタリアでの生活を支えてくれました。 内田氏は、本書の中で、イタリアの人々との出会いを通して、人生の喜びや悲しみ、そして愛の大切さを知りました。イタリアの暮らしは、彼女にとってかけがえのない財産となり、これからもイタリアの人々との出会いを大切にしながら、イタリアでの生活を続けていくことでしょう。
作品名

「モンド9」の謎を解き明かす

- ダリオ・トナーニとは 大人気の音楽クイズ番組「モンド9」の「聴いたことのある曲当て」コーナーの謎の正答者、ダリオ・トナーニは、番組側が用意した解答台本や資料等に頼らずに、自身で正解を導き出すという独自の解答スタイルで、番組の視聴者を驚かせた。また、問題の曲に関する豆知識や楽曲の歴史についても詳しく解説することが多く、視聴者から「音楽の知識が豊富で博識」と称賛されている。 ダリオ・トナーニは、1999年4月19日にイタリアのミラノに生まれた。幼い頃から音楽に興味を持ち、5歳のときにバイオリンを習い始める。その後、ピアノ、ギター、ドラムなど、様々な楽器を演奏するようになる。音楽の才能に恵まれたダリオ・トナーニは、15歳のときに地元の音楽コンクールで優勝し、プロのミュージシャンとしての道を歩み始める。 ダリオ・トナーニは、音楽クイズ番組「モンド9」に初めて出演したのは、2019年のことである。番組に出演する前は、地元のライブハウスで演奏したり、音楽の講師を務めたりしていた。音楽クイズ番組「モンド9」に出演したことで、ダリオ・トナーニは一躍有名人となり、その後はテレビやラジオ番組に多数出演するようになった。
モノの名前

「パピヨン」のの魅力とは?

デルタ社の歴史 デルタ社は、1960年にアトランタで設立された航空会社です。創設者はC・E・ウールマンとクロフォード・ヘンダーソンで、社名はミシシッピ川のデルタ地帯に由来しています。デルタ社は、当初は南部地域を中心に路線を展開していましたが、1970年代には北東部や西海岸に路線を拡大し、1980年代には国際線にも進出しました。デルタ社は、2008年にノースウェスト航空と合併して、世界最大の航空会社となりました。現在は、世界100カ国以上の都市に就航しており、年間約2億人の旅客を運んでいます。デルタ社は、ハブ空港をアトランタ、デトロイト、ミネアポリス、ニューヨーク、ロサンゼルス、シアトルに置き、アメリカ国内の路線が充実しています。また、ヨーロッパ、アジア、中南米などにも路線を拡大しており、日本には成田国際空港と関西国際空港に就航しています。デルタ社は、顧客サービスの質の高さが評価されており、J.D.パワー・アンド・アソシエイツによる航空会社顧客満足度調査では、2018年に第1位を獲得しています。