エマニュエル・リヴァ

作品名

「愛、アムール」→ 愛と死の物語

「あらすじと主要登場人物」 「愛、アムール」は、フランスで製作されたドラマ映画です。2012年に公開され、アカデミー賞外国語映画賞を受賞しました。監督はミヒャエル・ハネケ、主演はジャン=ルイ・トランティニャンとエマニュエル・リヴァです。 この映画は、パリに住む老夫婦の物語です。夫のジョルジュは85歳、妻のアンヌは82歳。2人は50年以上の結婚生活を送ってきていますが、最近、アンヌはアルツハイマー病を発症し、徐々に記憶を失い始めています。ジョルジュは、そんなアンヌを献身的に介護しますが、やがて、アンヌが自分自身で生きていくことが不可能になってしまいます。 ジョルジュは、アンヌを安楽死させることを決意します。しかし、それは法律違反であり、ジョルジュは逮捕される可能性があります。それでも、ジョルジュはアンヌに安楽死を施し、彼女を苦しみから解放します。 この映画は、愛と死をテーマにした衝撃的な作品です。ジョルジュとアンヌの夫婦愛は、とても感動的で、胸を打たれます。しかし、同時に、ジョルジュがアンヌを安楽死させるという決断は、非常に重いものでもあります。この映画は、私たちに愛と死について考えさせ、人生の意味について問い直すことを迫ります。 映画の主要登場人物は、ジョルジュとその妻アンヌの2人です。ジョルジュは、音楽教師を引退した老人で、アンヌは、大学教授を引退した老人です。2人は、パリのアパルトマンで一緒に暮らしています。ジョルジュは、アンヌの介護に献身的で、アンヌも、ジョルジュを深く愛しています。しかし、アンヌがアルツハイマー病を発症してからは、2人の生活は一変してしまいます。