カゴメ株式会社

モノの名前

野菜一日これ一本の栄養と健康効果

野菜一日これ一本とは、東京都農業試験場で開発された栄養補助食品です。1998年に販売が開始され、以来、多くの人々に愛され続けています。野菜一日これ一本には、野菜が持つ栄養素がすべて含まれており、1本で1日分の野菜を摂取することができます。また、野菜一日これ一本には、野菜特有の青臭さがなく、飲みやすい味に仕上がっています。そのため、野菜が苦手な人でも無理なく野菜を摂取することができます。野菜一日これ一本は、手軽に野菜を摂取することができるため、忙しいビジネスマンや、野菜が苦手な人におすすめです。また、野菜一日これ一本は、野菜不足を解消し、健康維持に役立てることができます。
モノの名前

クリーミーココアの甘さと風味を堪能

クリーミーココアの歴史と由来 ココアは、カカオ豆を焙煎し、粉砕して作られる食品です。紀元前2000年頃、中央アメリカのマヤ文明で飲まれていたのが始まりと言われています。マヤ人は、カカオ豆を水に溶かして飲んだり、カカオ豆をペースト状にして、トウモロコシ粉やはちみつと混ぜて飲んだりしていました。 ココアは、ヨーロッパに伝わった後、スペイン人によって世界中に広められました。スペイン人は、ココアに砂糖や牛乳を加えて飲んだり、チョコレートを作ったりしました。17世紀には、ヨーロッパでココアがブームとなり、貴族や上流階級の人々に親しまれました。 日本では、江戸時代にオランダ人によってココアが伝えられました。最初は、オランダ商館員や宣教師たちが飲んでいたものですが、明治時代になると、一般の人々にも広がりました。現在、日本では、ココアは朝食やティータイムのお供として親しまれています。
その他

「乳酸菌の日」を知り、乳酸菌を生活に取り入れる

「乳酸菌の日」ってどういう日? 乳酸菌は、ヨーグルトやチーズ、漬物などの発酵食品に含まれる微生物です。人間の腸内にも生息しており、健康に重要な役割を果たしています。乳酸菌には、整腸作用、免疫力を高める効果、コレステロール値を下げる効果など、さまざまな健康効果が知られています。 「乳酸菌の日」は、乳酸菌の健康効果を広く知ってもらい、乳酸菌を食生活に取り入れることを目的として設けられました。毎年11月11日は「乳酸菌の日」です。この日にちが選ばれたのは、11月11日を「いい乳酸菌」と読むことができるためです。
モノの名前

「朝のフルーツこれ一本」の秘密に迫る

「朝のフルーツこれ一本」の特徴 「朝のフルーツこれ一本」は、その名の通り、朝にフルーツを食べることを推奨しているダイエット方法です。フルーツには、ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富に含まれており、美容や健康に良いとされています。特に、食物繊維は満腹感を持続させる効果があり、ダイエットには欠かせない栄養素です。 「朝のフルーツこれ一本」のもう一つの特徴は、朝食をフルーツだけに限定していることです。通常、朝食にはパンやご飯などの炭水化物を食べることが多いのですが、「朝のフルーツこれ一本」では、炭水化物を一切摂りません。これにより、糖質の摂取量を減らし、ダイエット効果を高めることができます。 また、「朝のフルーツこれ一本」は、フルーツを食べるタイミングにもこだわっています。フルーツは、空腹時に食べるとより効果的だと言われており、「朝のフルーツこれ一本」では、朝食前にフルーツを食べることを推奨しています。これにより、フルーツに含まれる栄養素を効率よく吸収することができます。
作品名

ベジレンジャーとは?その誕生秘話と成员を紹介!

ベジレンジャー誕生秘話 ベジレンジャーは、2020年に誕生した野菜をモチーフにしたヒーローチームです。その誕生には、ある一人の少年の存在が大きく関わっています。その少年は、野菜が大好きな男の子でしたが、ある日、野菜を食べない友人を目の当たりにして、野菜の大切さを伝えるために何かできないかと考えました。 そこで、彼は野菜のヒーローチームを作ることを思いつき、仲間を集め始めました。集まった仲間たちは、ブロッコリー、ニンジン、ダイコン、ピーマン、トマトなど、それぞれが異なる野菜をモチーフにしたヒーローでした。そして、彼らは「ベジレンジャー」と名乗り、野菜の大切さを伝えるための活動を開始しました。 ベジレンジャーは、野菜の大切さを伝えるために、さまざまな活動を行っています。野菜を使った料理教室を開いたり、野菜の収穫体験をしたり、野菜のクイズ大会を開催したりなど、野菜に興味を持ってもらえるような取り組みを積極的に行っています。また、野菜を使ったヒーローショーも開催しており、子どもたちに野菜の大切さを伝えるとともに、ヒーローへの憧れを抱かせることで、野菜を食べてもらうきっかけを作っています。 ベジレンジャーの活動は、多くの人々に野菜の大切さを伝えることに成功しています。野菜を食べない子どもたちが、ベジレンジャーの活動に触れたことで、野菜に興味を持ち、野菜を食べるようになったという例も数多く報告されています。今後もベジレンジャーは、野菜の大切さを伝えるために、さまざまな活動を行っていく予定です。
モノの名前

野菜一日これ一杯で健康生活

成人の理想的な野菜摂取量をサポート 厚生労働省によると、成人の野菜の理想的な摂取量は一日350g以上とされています。しかし、実際には多くの人が野菜を十分に摂れていないのが現状です。野菜を十分に摂れていないと、栄養不足になり、生活習慣病のリスクが高まる可能性があります。 そこで、野菜を一日これ一杯でしっかりと摂取できる健康飲料が注目されています。この飲料には、野菜をまるごと使用しており、野菜の栄養素を効率的に摂取することができます。また、飲みやすく、忙しい人でも気軽に野菜を摂れるのが特徴です。 この飲料は、野菜を一日これ一杯で摂取できるだけでなく、野菜が不足しがちな人に不足しがちな栄養素を補うことができます。また、野菜が不足しがちなビタミンやミネラルも豊富に含まれているため、健康維持に役立ちます。 野菜を一日これ一杯で健康生活を実現しましょう。
モノの名前

カゴメ朝のすりおろしリンゴmixの魅力

カゴメ朝のすりおろしリンゴmixの特徴 カゴメ朝のすりおろしリンゴmixは、毎日の果物摂取が難しい人に最適な商品です。1パック125gでりんご1個分の食物繊維とビタミンCをとることができます。食物繊維は腸内環境を整え、ビタミンCは免疫力を高め、風邪の予防に役立ちます。また、カゴメ朝のすりおろしリンゴmixは、りんごの自然な甘みと酸味が特徴です。砂糖不使用で、りんご本来の美味しさを味わうことができます。忙しい朝でも手軽に果物を摂取できるカゴメ朝のすりおろしリンゴmixは、健康的な朝食にぴったりです。
モノの名前

「プルーン100」ってどんな飲み物?

「プルーン100」は、その名の通りプルーン100%で作られた飲み物です。プルーンは、食物繊維が豊富で、抗酸化作用のあるポリフェノールや、カリウム、マグネシウムなどのミネラルを多く含んでいます。また、プルーンには、ソルビトールという天然の甘味料が含まれており、砂糖不使用でも甘みのある味わいが特徴です。 「プルーン100」は、プルーンの成分をまるごと摂ることができるので、食物繊維やポリフェノール、ミネラルなどの栄養素を効率よく摂取することができます。また、砂糖不使用なので、カロリーや糖質を気にせず飲むことができます。 「プルーン100」は、そのままだと少し甘みが強いので、水や牛乳で割って飲んだり、ヨーグルトにかけたりして食べるのもおすすめです。また、スムージーやジュレなど、さまざまなアレンジを楽しむこともできます。
モノの名前

カゴメトマトジュースで健康的な食生活を!

カゴメトマトジュースの栄養価 カゴメトマトジュースは、トマトの栄養価をそのまま摂取できる健康的な飲み物です。トマトは、リコピン、ビタミンC、ビタミンE、カリウムなどの栄養素が豊富に含まれています。リコピンは、抗酸化作用が強く、老化や生活習慣病を予防する効果が期待されています。ビタミンCは、免疫力を高め、風邪予防に効果的です。ビタミンEは、肌の健康を維持し、老化を防ぐ効果があります。カリウムは、体内の水分バランスを調整し、血圧を下げる効果があります。 カゴメトマトジュースは、これらの栄養素をバランスよく含んでいるため、健康維持に最適な飲み物です。毎日1杯のカゴメトマトジュースを飲むことで、健康的な食生活を送ることができます。
モノの名前

「お茶ぞなもし」ってどんなお茶?その特徴とは

お茶ぞなもしとは、静岡県掛川市で生産される、茶葉を炒ってから煙でいぶしたお茶である。お茶の品種に関しては、主に「やぶきた」という品種が使用されている。 お茶ぞなもしは、江戸時代後期から作られ始め、静岡県を代表するお茶の1つとなった。お茶ぞなもしという名前の由来は、お茶を毎日食べている様子を「お茶ぞなもし」と言ったことから来ている。 お茶ぞなもしは、お茶の葉を炒ってから煙でいぶすことで、お茶の香りが引き立ち、お茶の味わいが深くなるのが特徴である。お茶ぞなもしの香りは、緑茶の爽やかな香りの中に、ほのかな煙の香りが混ざり、独特の香りとなっている。また、お茶ぞなもしの味は、お茶の苦味、渋味、甘みのバランスが良く、お茶の旨味をしっかりと感じることができる。
モノの名前

「すくすくやさい」は何歳から飲める?安全性の検証

「すくすくやさい」とは、野菜本来のおいしさをそのままに、手軽に野菜の栄養をとることができる果汁飲料です。野菜嫌いなお子様でも、飲みやすく、栄養をしっかりと摂取することができます。 「すくすくやさい」は、1歳以上のお子様から飲用することができます。ただし、1歳未満のお子様には与えないでください。1歳未満のお子様は、腎機能が未発達のため、野菜ジュースを摂取すると、体内の水分や電解質のバランスが崩れ、健康被害を引き起こす可能性があります。 「すくすくやさい」は、野菜本来の甘みを生かした、優しい味わいです。また、果汁100%なので、野菜の栄養をそのまま摂取することができます。「すくすくやさい」には、ビタミンC、カロテン、カリウムなどの栄養素が豊富に含まれています。ビタミンCは、免疫力を高める働きがあり、風邪予防に効果的です。カロテンは、体内でビタミンAに変換され、目の健康を維持する働きがあります。カリウムは、血圧を正常に保つ働きがあり、むくみ予防に効果的です。
モノの名前

フルーツ村グレープフルーツの魅力と飲み方

フルーツ村グレープフルーツとは、グレープフルーツを主体とした清涼飲料水のひとつです。製造元は株式会社サントリーで、1962年(昭和37年)に発売されました。 缶やペットボトルなどの形で販売されており、現在でもサントリーの人気商品となっています。フルーツ村グレープフルーツという名前は、グレープフルーツの産地である Florida と、アメリカの地方をイメージした村(village)で「フルーツ村グレープフルーツ」と名付けられました。 グレープフルーツ果汁をメインに、砂糖、甘味料、酸味料、ビタミンCなどを配合しており、爽やかな甘さと酸味が特徴です。また、グレープフルーツ特有の苦味も程よく抑えられており、多くの人から愛されています。フルーツ村グレープフルーツは、そのまま飲む以外にも、水や炭酸水で割ったり、カクテルに加えたりして楽しむこともできます。
モノの名前

「ピーチティー」について

「ピーチティー」とは? ピーチティーとは、読んで字のごとく、桃フレーバーと紅茶を組み合わせた飲み物です。この飲み物は、多くの場合、フルーツティーの一種とみなされ、温かくても冷たくても提供されます。ピーチティーは、多くの場合、ワイルドピーチ樹の果実である白桃の風味で作られますが、黄桃やグロッサリーピーチでも作ることができます。また、ピーチティーは、マンゴーやイチゴ、レモン、オレンジなどの他の果物や風味と組み合わせることもできます。さらに、ピーチティーの甘さは、蜂蜜、砂糖、またはその他の天然甘味料で提供される場合があります。ピーチティーは、甘くて爽やかで、暖かい一日を過ごすのに最適な飲み物です。
モノの名前

「まろやかキャロット」とは?健康と美容に良い飲み物

まろやかキャロットは、ニンジン、オレンジ、リンゴ、生姜を組み合わせた野菜ジュースです。このジュースの特徴は、ニンジンの甘みと、オレンジの酸味、リンゴの爽やかさ、生姜の辛味が融合した、まろやかな味わいです。また、栄養価が高く、ビタミンA、C、E、カリウム、カルシウム、鉄分などが豊富に含まれています。 ビタミンAは、皮膚や粘膜の健康を維持し、夜盲症を防ぐのに役立ちます。ビタミンCは、免疫力を高め、風邪や感染症の予防に効果的です。ビタミンEは、抗酸化作用があり、細胞の老化を防ぐのに役立ちます。カリウムは、体内の水分バランスを調整し、血圧を正常に保つのに役立ちます。カルシウムは、骨や歯を丈夫にし、骨粗しょう症を防ぐのに役立ちます。鉄分は、赤血球の生成を促し、貧血を防ぐのに役立ちます。 まろやかキャロットは、健康と美容に良い飲み物です。毎日の健康維持のために、ぜひ取り入れてみてください。
モノの名前

「フルーツ村オレンジ」の魅力とは?カゴメ株式会社の果汁飲料

「フルーツ村オレンジ」の特徴 「フルーツ村オレンジ」は、カゴメ株式会社が発売する果汁飲料です。その特徴は、まず、果実そのものの美味しさを味わえることです。カゴメ株式会社では、オレンジを厳選し、独自の搾汁技術で果汁を抽出しています。そのため、「フルーツ村オレンジ」には、オレンジの甘み、酸味、香りがギュッと詰まっています。 また、「フルーツ村オレンジ」は、100%果汁を使用しているため、栄養価が高いのも特徴です。オレンジには、ビタミンC、カリウム、食物繊維などが豊富に含まれています。ビタミンCは、免疫力を高める効果がある栄養素であり、カリウムは、血圧を下げる効果がある栄養素です。また、食物繊維は、腸内環境を整える効果があります。 「フルーツ村オレンジ」は、その美味しさと栄養価の高さから、多くの人々に愛飲されています。特に、健康を意識している人や、子供を持つ親御さんなどに人気があります。