カタログ

モノの名前

「世界の名酒事典」とは何だった?

「世界の名酒事典」とは、1972年に新潮社から出版された、世界中の名酒を紹介した書籍です。著者は、ジャーナリストであり、洋酒評論家としても知られる土屋守男氏です。 「世界の名酒事典」は、世界中のあらゆる種類の名酒を網羅した、まさに名酒の百科事典とも言える一冊です。ウイスキー、ブランデー、ビール、ワイン、カクテル、リキュールなど、あらゆるお酒に関する情報が、土屋守男氏の軽妙な語り口で解説されています。 「世界の名酒事典」は、お酒を愛する人々にとって、なくてはならない一冊です。お酒の歴史や文化、製造方法、飲み方など、お酒に関するあらゆる知識を得ることができます。また、世界各地の名酒を実際に飲んでみたいという人は、「世界の名酒事典」を片手に、世界の名酒巡りを楽しむこともできます。 「世界の名酒事典」は、出版されてから半世紀以上が経ちましたが、今でもなお多くの人々に愛され続けています。お酒を愛する人にとって、この一冊は、まさにバイブルなのです。
モノの名前

世界の一流品大図鑑ってどんな雑誌?休刊理由とその魅力を解説

-世界の一流品大図鑑とは?- 世界の一流品大図鑑は、世界中のあらゆる分野の一流品を紹介する隔月刊の雑誌です。1989年に創刊され、2022年まで発行されていました。 この雑誌の特徴は、その豊富な情報量にあります。各号ごとに一つのテーマを設定し、そのテーマに関連する一流品を徹底的に紹介しています。例えば、「時計」というテーマであれば、世界の名だたる時計ブランドの歴史や特徴、人気モデルなどを詳しく解説しています。また、「車」というテーマであれば、最新の車種からクラシックカーまで、さまざまな車を紹介しています。 世界の一流品大図鑑は、単なるカタログ雑誌ではありません。各号ごとに、一流品に関するコラムやインタビュー記事を掲載しています。例えば、「時計」というテーマであれば、著名な時計収集家へのインタビューや、時計のメンテナンス方法に関するコラムなどを掲載しています。また、「車」というテーマであれば、レーシングドライバーへのインタビューや、車の選び方に関するコラムなどを掲載しています。 世界の一流品大図鑑は、一流品に興味がある人にとっては、なくてはならない雑誌でした。残念ながら、2022年に休刊してしまいましたが、その魅力は今もなお語り継がれています。