カルガリー

モノの名前

ホッキョクグマのマスコット「ハウディ」

ハウディ誕生の経緯 ホッキョクグマのマスコット「ハウディ」は、1989年に開催された北海道・札幌冬季アジア大会の公式マスコットとして誕生しました。ハウディは、大会組織委員会のマスコット選考委員会によって、応募作品の中から選ばれました。ハウディは、アイヌ語で「こんにちは」という意味で、大会スローガンの「アジアの友だち、ようこそ札幌へ」にちなんで名付けられました。ハウディは、大会期間中に開催された様々なイベントに出演し、大会を盛り上げました。大会終了後は、北海道札幌市中央区にある、北海道大学植物園のマスコットとして活躍しています。
その他

「ハイディ」って何?由来とモチーフを徹底解剖!

-「ハイディ」の由来とその意味とは?- 「ハイディ」という名前の由来は、ドイツ語の「海」を意味する「ハイデ」であると考えられています。これは、ハイディが物語の大半を過ごしたスイスのアルプス山脈にある小さな村、「ハイジの村」に由来しています。また、スイスの山々をイメージさせるものとして名づけられたとも言われています。 「ハイディ」という名前には、自然を愛する心や、純粋で無邪気な性格を表すという思いが込められています。ハイディは、スイスのアルプス山脈の大自然の中で育ち、自然の美しさに心を奪われます。また、彼女は、純粋で無邪気な性格で、周りの人々から愛されます。 「ハイディ」という名前は、スイスのアルプス山脈の大自然をイメージさせ、ハイディの自然を愛する心や、純粋で無邪気な性格を表しています。
モノの名前

1988年カルガリーのオリンピックマスコット「ハウディ」について

1988年カルガリーのオリンピックマスコット「ハウディ」について ハウディ誕生の背景 1988年カルガリーのオリンピックマスコットとして誕生した「ハウディ」は、カナダの大自然と先住民族の文化をモチーフにした愛らしいキャラクターです。ハウディ誕生の背景には、カルガリーオリンピック組織委員会の「多様性と調和」という理念がありました。組織委員会は、オリンピックを単なるスポーツ大会ではなく、世界の人々が集い、お互いの文化を理解し合うための場と位置づけました。ハウディは、そんなオリンピックの理念を体現するキャラクターとして、誕生したのです。 ハウディは、カナダの国鳥であるハシブトガラスをモデルに、先住民族の伝統的な衣装を着た姿をしています。ハシブトガラスは、カナダの大自然の象徴であり、先住民族の文化では神聖な鳥とされています。ハウディの衣装には、先住民族の伝統的な模様が描かれており、カナダの豊かな文化を表現しています。 ハウディは、オリンピック期間中、カルガリー市内のいたるところに出没し、選手や観客を楽しませました。また、ハウディは、オリンピックの公式グッズとしても販売され、世界中の人々に愛されました。ハウディは、カルガリーオリンピックの成功に大きく貢献し、現在でもカナダを代表するキャラクターとして親しまれています。
施設名・ロケ地

カルガリータワー:カナダ・カルガリーのランドマーク

カルガリータワーの歴史 カルガリータワーは、カナダのカルガリーにある高層ビルで、カルガリーのランドマークとなっています。高さは190.8メートルで、西半球で最も高い自由塔として知られています。1968年に完成し、当時は世界で最も高い建物でした。 カルガリータワーの建設は、1960年代初頭にカルガリーのビジネスリーダーたちによって提案されました。彼らは、カルガリーに象徴的な建物が必要だと考え、高さ1200フィートの塔を建設することを決定しました。この塔は、カルガリーの成長と発展を象徴するものであり、また、観光客にアピールするものでした。 カルガリータワーの建設は、1967年に開始されました。建設には、鉄骨とコンクリートが使用され、2年あまりをかけて完成しました。カルガリータワーは、1968年6月30日にオープンし、すぐにカルガリーのシンボルとなりました。 カルガリータワーは、観光客に人気のスポットです。塔の上からは、カルガリー市街を一望することができ、また、ロッキー山脈も見ることができます。カルガリータワーには、レストランや展望台、土産物店などがあり、年間約100万人が訪れます。 カルガリータワーは、カルガリーのランドマークとして、また、観光客に人気のスポットとして、親しまれています。