キリシタン

地名・ロケ地

中通島を巡る旅

長崎県南松浦郡新上五島町は、五島列島の南に位置する小さな町です。この町には、美しい自然と豊かな文化が息づいています。 町の中心部は、古くから栄えた港町です。港には、漁船や観光船が行き交い、活気に満ちています。港の周辺には、古い町並みが残り、往時の面影を偲ぶことができます。 町の郊外には、美しい海がが広がっています。透明度の高い海には、色とりどりの魚やサンゴ礁が生息しています。海辺には、海水浴場やキャンプ場が整備されており、多くの観光客が訪れます。 また、この町には、五島列島を代表する観光スポットである「頭ヶ島」があります。頭ヶ島は、周囲約1kmの小さな島で、島全体が国の天然記念物に指定されています。島には、国の天然記念物にも指定されている「頭ヶ島椿」が生息しています。頭ヶ島椿は、花が大きく、花弁が厚いため、椿の中でも特に人気が高い品種です。 新上五島町は、美しい自然と豊かな文化を満喫できる町です。この町を訪れれば、きっと心に残る旅になることでしょう。
地名・ロケ地

高鉾島の歴史と魅力

高鉾島の歴史 高鉾島は、長崎県平戸市にある周囲約4kmの島です。平戸島と生月島の間に位置し、平戸瀬戸と生月瀬戸に囲まれています。高鉾島の歴史は古く、縄文時代から人が住んでいたことがわかっています。弥生時代には、高鉾島は壱岐・対馬と本土をつなぐ重要な拠点として栄えました。また、高鉾島は、平戸藩の領地であり、平戸藩の重要な経済拠点として栄えました。 江戸時代には、高鉾島は平戸藩の領地であり、平戸藩の重要な経済拠点として栄えました。高鉾島は、平戸藩の代官所が置かれ、平戸藩の領地の統治が行われていました。また、高鉾島は、平戸藩の重要な港であり、平戸藩と本土との貿易が行われていました。 明治時代以降、高鉾島は平戸市の一部となり、平戸市の重要な観光地として発展しました。高鉾島は、美しい海岸線と豊かな自然が残る島であり、多くの観光客が訪れます。また、高鉾島は、平戸市と本土を結ぶフェリーが発着しており、平戸市への重要な交通拠点となっています。
地名・ロケ地

「談合島」の謎を追う

談合島の歴史 談合島の歴史は古く、縄文時代にはすでに人が住んでいたことがわかっています。島には縄文時代の遺跡がたくさん残されており、その中には、島の中央にある標高100メートルほどの丘にある「談合島遺跡」があります。この遺跡は、縄文時代中期から後期にかけての集落跡で、竪穴住居跡や土器片、石器などが出土しています。 談合島は、江戸時代まで無人島でしたが、江戸時代末期に、漁師たちが島にやって来て、定住するようになりました。漁師たちは、島の周りに網を張って魚を捕まえ、生活していました。明治時代になると、島の人口は増加し、学校や郵便局が建設されました。また、島の西側には、製塩工場が建設され、塩の生産が行われていました。 昭和時代になると、談合島は観光地として知られるようになりました。島には、美しいビーチやサンゴ礁があり、多くの観光客が訪れるようになりました。また、島の西側にある製塩工場は、国の史跡に指定されました。 平成時代になると、談合島の人口は減少しましたが、それでも、島には約100人が住んでいます。島の人たちは、漁業や観光業を中心に生活しています。また、島には、談合島小学校と談合島郵便局があり、島の人たちの生活を支えています。
地名・ロケ地

久賀島の歴史と信仰

久賀島の自然と歴史 久賀島は、穏やかな瀬戸内海に浮かぶ小さな島で、豊かな自然と長い歴史を持つ。島の面積は約20平方キロメートルで、人口は約2,000人。島の周囲には大小の島々が連なり、美しい景観を形成している。島の北部には標高185メートルの久賀山があり、島内最高峰となっている。久賀山からは瀬戸内海の島々を一望することができる。島の南部には、久賀海峡に面した久賀港がある。久賀港は、古くから貿易と漁業の拠点として栄えてきた。 久賀島の歴史は古く、縄文時代には既に人が住んでいた。弥生時代には、島の北部にある久賀山に集落が形成された。古墳時代には、島の南部に久賀古墳群が築造された。平安時代には、島の東部に久賀寺が建立された。久賀寺は、真言宗の寺院で、島の守護寺として崇められてきた。鎌倉時代には、島の南西部に久賀城が築かれた。久賀城は、南北朝時代に戦場となり、激戦が繰り広げられた。室町時代には、島の北部にある久賀八幡宮が建立された。久賀八幡宮は、島の総鎮守として崇められてきた。戦国時代には、島の東部に久賀要塞が築造された。久賀要塞は、豊臣秀吉の朝鮮出兵の際に使用された。江戸時代には、久賀島は備後福山藩の領地となった。明治時代には、久賀島は広島県に編入された。 久賀島の自然は豊かで、島の西部には、久賀山県立自然公園がある。久賀山県立自然公園には、久賀山や久賀海峡など、美しい景観が広がっている。島の東部には、久賀森林公園がある。久賀森林公園には、原生林や遊歩道があり、自然散策を楽しむことができる。島の南部には、久賀海岸がある。久賀海岸は、白い砂浜と青い海が美しい海岸で、海水浴や釣りを楽しむことができる。
地名・ロケ地

椛島物語

椛島物語 ~平家の落人が住み着いた島~ 椛島は、瀬戸内海に浮かぶ小さな島です。面積はわずか0.3平方キロメートルで、人口は約100人です。椛島は、平家の落人が住み着いた島として知られています。平家は、1185年に壇ノ浦の戦いで源氏に敗れ、滅亡しました。その際、平家の残党の一部が椛島に逃れてきたと言われています。 椛島には、平家の落人が住み着いたという伝説が残されています。その伝説によると、平家の落人たちは、椛島でひっそりと暮らしていました。彼らは、漁業や農業を営み、平穏な生活を送っていました。しかし、ある日、源氏の追っ手が椛島にやって来ました。平家の落人たちは、源氏の追っ手に捕らわれて、殺されてしまいました。 椛島には、平家の落人が住み着いたという伝説が残されています。その伝説に基づいて、椛島には多くの平家ゆかりの史跡があります。例えば、平家の落人が住んでいたという洞窟や、平家の落人が祀られている神社などがあります。椛島は、平家の歴史を知る上でも貴重な島です。
作品名

「消された信仰」とは?

「日本におけるキリスト教弾圧の歴史」 キリスト教は、16世紀半ばにポルトガル人宣教師によって日本にもたらされました。キリスト教は当初、日本人に広く受け入れられましたが、江戸幕府はキリスト教の布教を禁止し、キリスト教徒を弾圧するようになりました。 その理由の一つは、キリスト教が日本の伝統的な信仰である神道や仏教と相反するものであると考えたからです。もう一つの理由は、キリスト教が外国の宗教であり、日本の独立を脅かすものであると考えたからです。 キリスト教の弾圧は、1614年に徳川家康が発布した禁教令によって本格化しました。禁教令は、キリスト教の布教と改宗を禁止し、キリスト教徒を罰しました。キリスト教徒は、拷問や死刑に処されたり、国外追放されたりしました。 キリスト教の弾圧は、約250年間続きました。1868年に明治維新が起こり、日本が近代化を遂げたことで、キリスト教の弾圧は終わりを迎えました。 キリスト教は、明治維新以降、日本で自由に布教されるようになりました。現在、日本には約120万人のキリスト教徒がおり、カトリック教会、プロテスタント教会、正教会などがあります。
地名・ロケ地

「度島」の魅力と歴史

度島とは? 度島は、伊豆半島の南端にある小さな島です。面積は約1平方キロメートル、人口は約200人です。島の中央には標高117メートルの度島山がそびえ、島の周りは断崖絶壁になっています。度島は、その美しい自然と、古くからの歴史を持つ島として知られています。 島の北側には、白砂のビーチが広がる度島海水浴場があります。海水浴場の隣には、島で唯一の宿泊施設である「度島荘」があります。度島荘は、海の見える静かな宿として、観光客に人気があります。 島の南側には、度島港があります。度島港からは、伊豆半島の土肥港や戸田港への定期船が運航しています。度島港には、島の特産品である「度島わさび」や「度島海苔」を販売するお土産屋さんもがあります。 度島は、伊豆半島の中でも、特に自然が美しい島として知られています。島の周りを一周するハイキングコースがあり、ハイキングをしながら島の景色を楽しむことができます。また、島の海域は、ダイビングやシュノーケリングのスポットとしても人気があります。 度島は、古くからの歴史を持つ島でもあります。島の北側には、縄文時代の遺跡である「度島貝塚」があります。貝塚からは、土器や石器などの遺物が出土しており、度島に人が住み始めたのは縄文時代からであることがわかっています。また、島の南側には、江戸時代に建てられた「度島灯台」があります。度島灯台は、日本の灯台50選に選ばれており、観光スポットとしても人気があります。 度島は、美しい自然と、古くからの歴史を持つ島です。伊豆半島を訪れた際には、ぜひ度島に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。
作品名

ジョン万次郎海を渡るを再考する

ジョン万次郎は、太平洋を横断してアメリカに漂着し、その経験を活かして日本の近代化に貢献した人物である。1827年、万次郎は14歳のときにカツオ漁船に乗船したが、嵐に遭って漂流した。そして、14か月後にアメリカの捕鯨船に救助された。万次郎は捕鯨船に乗って世界各地を巡り、10年後に日本に帰国した。帰国後、万次郎は江戸幕府に仕え、日本の近代化に貢献した。万次郎は、日本の近代化に貢献しただけでなく、日本とアメリカの架け橋としても活躍した。万次郎は、アメリカから日本に多くの知識や技術を伝え、日本の近代化に貢献した。また、万次郎は、日本とアメリカの交流にも貢献し、両国の友好関係を深めた。万次郎の功績は、日本とアメリカの両方で高く評価されており、両国から尊敬されている。
地名・ロケ地

中江ノ島:平戸の隠れキリシタン聖地

中江ノ島の歴史 中江ノ島の歴史は、16世紀にさかのぼります。当時、平戸には多くのキリシタンが住んでおり、中江ノ島は彼らの隠れキリシタンの聖地でした。島には、キリシタン墓地や教会跡など、キリシタンに関連する多くの史跡が残っています。 1614年、江戸幕府はキリシタンを禁止しました。そのため、中江ノ島のキリシタンは迫害されるようになりました。彼らは、島を離れたり、信仰を捨てたりしなければなりませんでした。 しかし、中江ノ島のキリシタンは、信仰を貫き通しました。彼らは、秘密裏に集会を開き、祈りを捧げました。そして、1873年にキリシタン禁教令が解除されると、中江ノ島に再び教会が建てられました。 現在、中江ノ島は、平戸の隠れキリシタン聖地として知られています。島には、キリシタン墓地や教会跡など、キリシタンに関連する多くの史跡が残っています。また、毎年4月には、中江ノ島キリシタン殉教者顕彰祭が行われます。 中江ノ島の歴史は、キリシタン迫害の歴史でもあります。しかし、中江ノ島のキリシタンは、信仰を貫き通しました。そして、現在、中江ノ島は、平戸の隠れキリシタン聖地として知られています。
地名・ロケ地

天草下島:歴史と自然が共存する島

天草下島の歴史は古く、縄文時代には人々が居住していた記録が残っています。また、古くは、遣唐使が中国大陸に向かう途中に、天草下島に寄港して、船の補修や食糧の補給を行っていたそうです。 平安時代に入ると、天草下島は肥後国の一部となり、鎌倉時代には、肥後国の守護大名である菊池氏の支配下に入りました。南北朝時代には、菊池氏と足利氏の戦いの舞台となり、天草下島は戦乱の渦に巻き込まれました。 室町時代になると、天草下島は、大名である天草氏の支配下に置かれ、戦国時代には、天草氏は島津氏と争い、最終的には島津氏に敗れて滅亡しました。江戸時代には、天草下島は、熊本藩の所領となり、江戸幕府の直轄地となりました。 明治維新後は、天草下島は、熊本県の管轄となり、現在に至っています。天草下島の歴史は古くから、人々が暮らし、様々な文化が花開いていたことが伺えます。
モノの名前

高山の伝統野菜「高山まな」の魅力

高山の歴史と由来 高山の伝統野菜「高山まな」は、飛騨高山市周辺で古くから栽培されてきた野菜です。その歴史は古く、江戸時代には既に栽培されていた記録が残っています。高山まなは、気候が冷涼で水はけの良い高山の風土に適した野菜で、独特の歯ごたえと甘みが特徴です。 高山まなは、かつては高山周辺の農家では当たり前に栽培されていた野菜でしたが、近年では栽培する農家が減少しています。その理由は、栽培が難しく、手間がかかることや、収穫量が少なく、市場に出回っても価格が高くなるためです。しかし、高山まなのおいしさや栄養価を知っている地元の人々は、今でも高山まなを好んで食べています。 高山まなは、サラダや漬物、炒め物など、様々な料理に使えます。また、高山ラーメンのトッピングとしても欠かせない野菜です。高山まなの独特の歯ごたえと甘みは、どんな料理にもおいしさを加えてくれます。 高山まなは、高山の風土が育んだ伝統野菜です。そのおいしさや栄養価を知っている地元の人々は、今でも高山まなを好んで食べています。高山まなのおいしさをぜひ一度、味わってみてください。
作品名

どちりな・きりしたんとは?

どちりな・きりしたんの由来 「どちりな・きりしたん」とは、ポルトガル語の「doutrina cristã」に由来し、キリスト教の教義を意味します。日本では、16世紀にポルトガル人が来航した際に、キリスト教の布教が行われ、その際に「どちりな・きりしたん」という言葉が使われるようになりました。 「どちりな・きりしたん」という言葉は、その後、江戸時代初期にキリシタン禁教令が出されると、禁教下においてもキリスト教の信仰を密かに守り続けた人々を指す言葉として使われるようになりました。 「どちりな・きりしたん」は、キリスト教に対する弾圧が強まる中で、信仰を守り続けた人々の強い信仰の表れであり、日本の歴史において重要な意味を持っています。
地名・ロケ地

折島の魅力と歴史

折島の立地と概要 折島は、和歌山県にある小さな島です。面積はわずか1.2平方キロメートルで、人口は約300人です。紀伊半島の南端、潮岬から約10キロの沖合に位置しています。折島は、和歌山市からフェリーで約1時間の距離にあります。 折島は、温暖な気候と美しい自然が特徴の島です。島の周囲は岩礁に囲まれており、海岸線には奇岩や洞窟が多く見られます。また、島内には山があり、ハイキングコースも整備されています。折島は、釣りや磯遊び、キャンプなどのアウトドアレジャーを楽しむのに最適な島です。 折島は、古くから人が住んでいた島です。島の歴史は、縄文時代まで遡ると言われています。折島には、縄文時代の遺跡や古墳が多く残されています。また、島内には、江戸時代から明治時代にかけて建てられた民家や寺社仏閣なども残されています。折島は、歴史と文化を学ぶことができる島でもあります。