クルーサルーン

モノの名前

日産クルーのすべて

日産クルーの歴史と開発経緯 日産クルーは、日産自動車が製造・販売する5ドアハッチバック車である。初代モデルは1987年に発売され、現在(2023年)に至るまで5世代にわたって生産されている。クルーは、主に欧州市場向けに販売されているが、日本や中国でも販売されている。 クルーの開発は、1980年代初頭にスタートした。当時、日産自動車は、欧州市場で販売する小型車を模索しており、その候補車として、マーチ、パオ、マイクラなどが検討された。しかし、どの車種も欧州市場のニーズに合致せず、日産自動車は、新たな車種の開発を決断した。 クルーの開発にあたって、日産自動車は、欧州市場のニーズを徹底的に調査した。その結果、欧州市場では、小型で燃費の良い車が求められていることが判明した。また、欧州市場では、ステーションワゴンの人気が高かったため、クルーはステーションワゴン風のデザインを採用することになった。 1987年、初代クルーが発売された。初代クルーは、1.0Lおよび1.2Lのエンジンを搭載し、トランスミッションは4速マニュアルと3速オートマチックが設定された。初代クルーは、欧州市場で好評を博し、年間10万台以上を販売した。 1995年、2代目クルーが発売された。2代目クルーは、初代クルーよりも全長が長く、居住性が向上した。また、2代目クルーには、1.4Lおよび1.6Lのエンジンが搭載された。 2000年、3代目クルーが発売された。3代目クルーは、2代目クルーよりもデザインが一新され、よりスタイリッシュになった。また、3代目クルーには、1.4Lおよび1.6Lのエンジンが搭載された。 2007年、4代目クルーが発売された。4代目クルーは、3代目クルーよりも大きくなり、内装の質感も向上した。また、4代目クルーには、1.5Lおよび1.6Lのエンジンが搭載された。 2016年、5代目クルーが発売された。5代目クルーは、4代目クルーよりもさらに大きくなり、居住性が向上した。また、5代目クルーには、1.0L直噴ターボエンジンと1.2Lガソリンエンジンの2種類が搭載された。