サトイモ

モノの名前

夏の佐賀県郷土料理「にいもじ」

「にいもじ」の歴史と由来 「にいもじ」は、佐賀県西部の唐津市や伊万里市を中心とした地域で食べられている郷土料理です。その由来は古く、江戸時代初期にはすでに食べられていたとされています。その名の由来は、この地方の方言で「芋の皮」を意味する「にいもじ」からきています。 「にいもじ」は、夏の暑い時期にぴったりな料理で、冷やして食べるとおいしさも格別です。また、お盆やお彼岸などの行事食としても親しまれています。
モノの名前

屋久島の名産「かわひこ」の魅力

「かわひこ」の歴史と由来 「かわひこ」は大正12年に屋久島で生まれた銘菓です。屋久島の特産である、天然のミネラル分を多く含んだ豊富な水と、良質なサトウキビで作る砂糖を使用して作られています。創業者は、屋久島の安房集落に住んでいた川畑彦四郎氏です。川畑氏は、屋久島の自然の恵みを活かしたおいしいお菓子を作りたいという思いから、「かわひこ」を開発しました。 当初、「かわひこ」は、屋久島ではそれほど知られたお菓子ではありませんでした。しかし、昭和20年代に、鹿児島県内のデパートで販売されたことをきっかけに、そのおいしさが口コミで広がり、屋久島の銘菓として定着しました。その後も、「かわひこ」は、テレビや雑誌で紹介され、その知名度は全国区にまで広がっています。 「かわひこ」は、屋久島を代表するお菓子として、多くの人に愛されています。そのおいしさの秘密は、屋久島の自然の恵みと、川畑氏のこだわり抜いた製法にあります。「かわひこ」は、屋久島を訪れた際には、ぜひ味わっていただきたいお菓子です。
モノの名前

さといも麺の特集!食感とおすすめレシピを紹介

さといも麺の特徴と魅力 さといも麺は、さといもをすりおろして麺状にしたものです。近年、健康志向の高まりから注目を集めています。さといも麺には、食物繊維が多く含まれており、腹持ちが良いのが特徴です。また、低カロリーで低糖質なので、ダイエット中の人にもおすすめです。 さといも麺は、つるつるとした食感で、のどごしも良いのが特徴です。また、さといもの自然な甘みがあるので、どんな料理にもよく合います。冷やし中華やサラダ、汁物など、様々な料理に使えます。 さといも麺は、生のままでも食べられますが、ゆでてから食べるのが一般的です。ゆでると、さといも麺が柔らかくなり、食べやすくなります。また、ゆでたさといも麺は、冷凍保存することもできます。冷凍保存しておけば、いつでもさといも麺料理を楽しむことができます。
モノの名前

「ニ子里いも」が魅せる、岩手県の秋の味覚

「岩手の郷土料理「ニ子里いも」の魅力」 岩手県は、豊かな自然に恵まれ、様々な郷土料理が受け継がれています。その中でも「ニ子里いも」は、岩手県を代表する郷土料理の一つです。 ニ子里いもは、里芋の一種で、岩手県二戸市を中心に栽培されています。二戸市は、昼夜の寒暖差が大きく、水はけの良い土壌が特徴です。このような気候風土が、ニ子里いものおいしさを引き立てています。 ニ子里いもは、ねっとりとした食感と、ほのかな甘みが特徴です。煮物やてんぷら、コロッケなど、様々な料理に使用することができます。中でも、ニ子里いもの煮物は、岩手県の家庭料理として親しまれています。 ニ子里いもは、地元の人々に愛されているだけでなく、県外からも多くのファンが訪れます。毎年10月下旬から11月上旬にかけて、二戸市では「ニ子里いもまつり」が開催されます。まつりでは、ニ子里いもの収穫を祝い、様々なイベントが行われます。 ニ子里いもは、岩手県の秋の味覚として欠かせない食材です。ぜひ、一度ご賞味ください。
モノの名前

鶴の子芋の魅力と郷土料理「高森田楽」

鶴の子芋は、その名前の通り、鶴の足のように細長い形状をした里芋の一種です。 その歴史は古く、奈良時代の文献にも登場しており、江戸時代には京都で盛んに栽培されていました。明治時代以降は、日本全国に広まり、現在では、主に九州地方や中国地方で栽培されています。 鶴の子芋は、一般的な里芋よりも粘りが強く、滑らかな舌触りが特徴です。 また、上品な甘みがあり、煮物や汁物、揚げ物など、様々な料理に利用することができます。中でも、長野県高森町の郷土料理である「高森田楽」は、鶴の子芋を串に刺して味噌を塗って焼いた料理で、地元の人々に愛されています。
モノの名前

福頭→ 佐賀の甘くて美味しい里芋

福頭の品種と特徴 福頭には、いくつかの品種があります。代表的な品種には、白福頭、赤福頭、黒福頭があります。白福頭は、最も一般的な品種で、皮が白く、肉質が緻密で甘みが強いのが特徴です。赤福頭は、皮が赤く、身が白く、甘みが強いのが特徴です。黒福頭は、皮が黒く、身が白く、甘みが強いのが特徴です。 福頭の品種は、それぞれに特徴があり、好みに合わせて選ぶことができます。白福頭は、煮物や揚げ物など、さまざまな料理に適しています。赤福頭は、皮の赤い色が鮮やかで、煮物やサラダなど、彩りを重視した料理に適しています。黒福頭は、皮の黒い色が特徴的で、煮物や揚げ物など、見た目のインパクトを求めた料理に適しています。 福頭は、佐賀県を代表する特産品のひとつです。その甘くて美味しい味は、多くの人々に愛されています。ぜひ、機会があれば福頭を味わってみてください。
モノの名前

幻の芋、えりかけいもとは?

- えりかけいもの特徴と歴史 えりかけいもは、江戸時代初期に徳島県に伝来したといわれる幻の芋です。その特徴は、他のサトイモ類よりも粘りが強く、煮崩れしにくいことです。また、独特の風味と食感が特徴で、煮物や揚げ物、焼き物など、さまざまな料理に使用されます。 えりかけいもは、徳島県で主に栽培されています。しかし、近年では栽培面積が減少しており、幻の芋となっています。その理由は、栽培が難しく、収穫量が少ないためです。また、サトイモの新品種の開発が進むにつれて、えりかけいもが生産される機会が失われてきました。 えりかけいもは、徳島県の郷土料理に使用されている貴重なサトイモです。その独特の風味と食感を味わうことができる料理は、徳島県を訪れた際にはぜひ味わいたいものです。
モノの名前

「いもたき」の魅力と愛媛の風習

いもたきの起源と歴史を知る いもたきがいつ頃から始まり、どのようにして愛媛の風習となったかは定かではありませんが、その起源は江戸時代までさかのぼると言われています。当時は、さつまいもが庶民の主食として広く食べられており、そのさつまいもを煮込んで食べるという料理が各地で作られていました。これが、後にいもたきと呼ばれるようになったと考えられています。 いもたきが愛媛の風習となったのは、明治時代以降のことです。愛媛県では、明治維新後にさつまいもが盛んに栽培されるようになり、その結果、いもたきが県民の間に広まっていきました。また、愛媛県は海に面した県であるため、魚介類が豊富で、いもたきには魚介類を加えるという習慣が根付きました。 いもたきは、愛媛県民にとって秋の風物詩であり、家族や友人と集まって楽しむ郷土料理です。愛媛県には、いもたきを振る舞うために親戚や友人を自宅に招待する習慣があ理、その日に合わせて、さつまいもや豚肉、里芋、こんにゃくなどの食材を買い込んで準備をします。また、いもたきには欠かせない魚介類を揃えるために、魚屋やスーパーに足を運ぶ人も少なくありません。 いもたきは、愛媛県民にとって秋の風物詩であり、家族や友人と集まって楽しむ郷土料理です。愛媛県には、いもたきを振る舞うために親戚や友人を自宅に招待する習慣があり、その日に合わせて、さつまいもや豚肉、里芋、こんにゃくなどの食材を買い込んで準備をします。また、いもたきには欠かせない魚介類を揃えるために、魚屋やスーパーに足を運ぶ人も少なくありません。
モノの名前

栽培の盛んだった時代もあった相馬早生丸土垂

相馬早生丸土垂は、福島県相馬市原産の早生みかんの一種です。その名の通り、早生品種であり、9月下旬から10月上旬にかけて収穫されます。果実は濃橙色で、果肉はやわらかく、果汁が多く、酸味が少なく、甘みが強いのが特徴です。相馬早生丸土垂は、江戸時代末期に相馬藩の藩主であった相馬忠胤公によって育成されたと伝えられています。当時は、相馬藩の奨励により、相馬早生丸土垂の栽培が盛んに行われていましたが、その後、より甘く、大玉の品種が台頭し、相馬早生丸土垂の栽培は減少していきました。現在では、相馬市の一部地域でわずかに栽培されているのみとなっています。
モノの名前

「つぼん汁」とは?その魅力と作り方を紹介

つぼん汁の由来と歴史 つぼん汁の起源は、江戸時代中期まで遡ります。当時の秋田県北部では、越後や会津から多くの農民が移住してきました。彼らは故郷の味を懐かしみ、地元の食材を使った汁物を作ったのがつぼん汁の始まりと言われています。 つぼん汁が秋田県全域に広まったのは、明治時代に入ってからです。当時、秋田県は貧しい県であり、人々は生活を楽にするために、つぼん汁を食べていました。また、つぼん汁は保存食としても重宝され、人々に親しまれてきました。 戦後、秋田県は経済成長を遂げ、人々の食生活も豊かになりました。しかし、つぼん汁は秋田県の郷土料理として、今もなお多くの人々に愛され続けています。
モノの名前

土垂とは? 関東地方の特産サトイモの魅力

土垂の特徴と味の魅力 土垂は、関東地方を中心に栽培されているサトイモの一種です。その特徴は、なんといってもその大きさ。一般的なサトイモよりもはるかに大きく、中には1kgを超えるものもあるほどです。また、土垂は皮が薄く、肉質はきめ細かく、粘りが強いのが特徴。そのため、煮物や揚げ物、焼き物など、さまざまな料理に適しています。 土垂の味の魅力は、その上品な甘みとコクにあります。土垂は、他のサトイモよりもでんぷんの含有量が多いため、加熱するとホクホクとした食感が楽しめます。また、土垂はミネラルやビタミンが豊富で、栄養価も高いのが特徴です。 土垂は、関東地方では古くから親しまれてきたサトイモです。その独特の風味と食感が人々に愛され、現在では全国各地で栽培されるようになりました。土垂を使った料理は、家庭料理としてはもちろん、料亭やレストランでも提供されています。
モノの名前

味間いもの魅力と栽培方法

-味間いもの特徴- 味間いもは、茨城県鉾田市で栽培されているサツマイモの一種です。良質の粘りと甘さが特徴で、焼き芋や天ぷら、スイートポテトなど、様々な料理に適しています。味間いもの特徴は、以下の通りです。 * -形状- 味間いもは、やや細長く、円柱形をしています。表面は滑らかで、赤褐色の皮をしています。 * -断面- 味間いもの断面は、鮮やかな黄色をしています。中心部には、白い繊維質の線が一本入っています。 * -食感- 味間いもは、ほくほくとした食感で、粘り気があります。焼き芋にすると、しっとりとした食感になります。 * -甘さ- 味間いもは、甘みが強いのが特徴です。焼き芋にすると、蜜がしみ出して、とても甘くなります。 * -香り- 味間いもは、ほのかな甘みのある香りがあります。焼き芋にすると、香ばしい香りが広がります。
モノの名前

もちもち食感の越前さといも

越前さといもの特徴 越前さといもは、福井県で古くから栽培されている里芋の一種です。その特徴は、何と言ってもそのもちもちとした食感にあります。粘りが強く、煮崩れしにくいので、煮物や汁物に最適です。また、皮が薄く、食べやすいのも特徴です。 越前さといもは、福井県内の各地で栽培されていますが、中でも有名なのは、大野市と勝山市です。大野市は、越前さといもの発祥の地といわれており、勝山市は、越前さといもの生産量日本一を誇っています。 越前さといもは、福井県の郷土料理である、けんちん汁や、おでんなどによく使われています。また、煮物や汁物のほか、コロッケや天ぷらなどの揚げ物にも適しています。 福井県を訪れた際には、ぜひ越前さといもを味わってみてください。そのもちもちとした食感と、上品な味わいに、きっと驚くことでしょう。
その他

奈良県の郷土料理「七色お和え」とは?

七色お和えの歴史と由来 七色お和えは、奈良県吉野郡吉野町に伝わる郷土料理です。その歴史は古く、平安時代にはすでに作られていたとされています。七色お和えは、七種類の野菜や果物を酢味噌和えにしたもので、その彩りの美しさから「七色お和え」と呼ばれるようになりました。七色お和えは、吉野町の郷土料理として親しまれており、地元のイベントや集会などで振る舞われることもあるそうです。また、七色お和えは、吉野町の道の駅や土産物店でも販売されており、お土産としても人気があります。
モノの名前

高森田楽の魅力を徹底解説!

-高森田楽の歴史と由来- 高森田楽の歴史は古く、鎌倉時代までさかのぼります。そのころ高森は、田楽(能楽に附随する音楽芸)が盛んな地域として知られていました。室町時代になると、高森田楽は、観世座(観世流の能楽堂)を拠点とするようになり、さらに発展していきます。江戸時代には、高森田楽は、幕府の庇護を受け、多くの名手が出現しました。 高森田楽の由来は、田楽能(田楽に合わせて舞う能)が室町時代に衰退し、その代わりに田楽だけを行うようになったことにあります。田楽能は、田植えや収穫など、田んぼにまつわる様々な行事が行われる際に奉納されることが多く、高森田楽も、当初はそうした行事の一環として行われていました。しかし、田楽能が衰退するにつれて、高森田楽は、単独の芸能として発展していきました。 高森田楽は、能楽に源を発する芸能ですが、能楽とは異なり、一般の人々にも親しみやすい芸能として親しまれてきました。その理由は、高森田楽は、能楽よりも素朴で、民俗的な要素を取り入れた芸能だからです。高森田楽は、日本独自の芸能として、今日でも多くの人々に親しまれています。
モノの名前

奈良の郷土料理「奈良のっぺい」の魅力

奈良の郷土料理「奈良のっぺい」の魅力 奈良のっぺいとは? 奈良のっぺいは、奈良県発祥の郷土料理です。こんにゃく、にんじん、里芋、鶏肉、油揚げなどの具材を、砂糖、醤油、みりん、酒で味付けしただし汁で煮込んだものです。奈良のっぺいの特徴は、具材が大きくカットされていることです。これは、奈良県が山間地で、古くから狩猟文化が盛んであったことが関係しています。また、奈良のっぺいは、奈良県産の野菜や鶏肉を使用することが多く、奈良県の風土が色濃く反映された料理です。奈良のっぺいは、奈良県内の料亭や旅館などで提供されているほか、家庭でもよく作られています。子供から大人まで楽しめる家庭料理としても人気があります。
モノの名前

秋の恵み、石川早生!

-大阪府泉南市の特産品- 石川早生は、大阪府泉南市の特産品である。泉南市は、大阪湾に面した温暖な気候で、稲作や野菜の栽培が盛んな地域である。石川早生は、泉南市で古くから栽培されている早生稲で、その名のとおり、早稲であり、収穫期が早く、また、収量が多いため、農家にとってなくてはならない作物である。石川早生は、炊飯するとつやがあり、粘りがあり、甘みのある美味しいお米である。石川早生は、泉南市だけでなく、大阪や京都など周辺地域でも人気が高く、近年では、海外にも輸出されている。 石川早生の栽培は、春に田んぼに苗を植え、秋に収穫する。石川早生は、早稲であるため、収穫期は他の稲よりも早く、8月下旬から9月上旬にかけて収穫される。収穫された石川早生は、乾燥させて玄米にし、精米して白米にする。白米になった石川早生は、炊飯して食べる。石川早生は、つやがあり、粘りがあり、甘みのある美味しいお米である。石川早生は、泉南市だけでなく、大阪や京都など周辺地域でも人気が高く、近年では、海外にも輸出されている。
未分類

愛媛の郷土料理「包丁汁」の魅力

愛媛の郷土料理「包丁汁」の魅力 包丁汁の由来と歴史 愛媛県の郷土料理である「包丁汁(ほうちょうじる)」は、魚や野菜を薄く切って入れた具だくさんの味噌汁です。その名前の由来は、包丁で食材を薄く切ることにあります。包丁汁は、愛媛県内全域で食べられており、家庭や飲食店など、様々な場所で提供されています。 包丁汁の歴史は古く、江戸時代から食べられていたとされています。当時は、漁師たちが漁獲した魚を薄く切って味噌汁に入れて食べることが多かったそうです。また、野菜が豊富な愛媛県では、野菜をたくさん入れて作る包丁汁が好まれていました。包丁汁は、手軽に作れて栄養価も高いため、愛媛県民に愛される郷土料理となりました。 包丁汁は、愛媛県を代表する郷土料理の一つです。その魅力は、何と言っても具だくさんで栄養価が高いことです。また、あっさりとした味わいで、老若男女を問わず食べやすいのも特徴です。愛媛県を訪れた際には、ぜひ包丁汁を味わってみてください。
その他

みやざきの特産「京いも」とは?

「京いも」は、宮崎県で生産されているサツマイモの一種です。宮崎県では、サツマイモのことを「いも」と呼び、「京いも」は「京のいも」という意味で「高級ないも」というニュアンスがあります。京いもの特徴は、まず見た目が他のサツマイモとは大きく異なり、細長く紡錘形をしています。そして、皮は薄く、身は淡いクリーム色で、非常に滑らかでクリーミーな食感です。京いもの甘さは控えめで、栗のようなほくほくとした食感と、濃厚な味わいが特徴です。京いもの歴史は古く、江戸時代から栽培されてきました。宮崎県は、古くからサツマイモの生産が盛んな地域でしたが、京いもは特に高級品とされ、将軍家や大名などに献上されていました。 京いもは、宮崎県の特産品として現在でも高く評価されています。宮崎県内では、京いもを使ったさまざまな料理を楽しむことができます。例えば、京いもの天ぷら、京いもの煮物、京いものコロッケなどです。また、京いもを使ったお菓子も人気があります。京いもの羊羹、京いもの最中、京いものパイなどです。京いもは、栄養価も高く、ビタミンC、ビタミンE、カリウム、食物繊維などが豊富に含まれています。京いもを食べることで、健康維持に役立てることができます。
モノの名前

「ちば丸」について

「ちば丸」とは、千葉県が所有し運用している、県民の皆様の「くらし・地域・健康」を守るために千葉県警察が運用する、航空警察隊のヘリコプターのことです。 「ちば丸」の愛称とエンブレムは、2000年6月に実施された公募で決定されました。 愛称は、千葉県の「ち」に、ヘリコプターの「丸」を組み合わせて、「ちば丸」となりました。 エンブレムは、「ちば丸」を中央に、「安全・安心」の「安」と、「健康」の「健」を組み合わせたものです。
モノの名前

「赤須さといも」信州の伝統野菜

赤須さといもの特徴 赤須さといもは、その名の通り、赤く細い須がついているのが特徴です。また、皮が薄く、身は白く粘りがあります。一般的な里芋よりも小ぶりで、皮を剥くと真っ白な身が現れます。また、他の里芋と比べてアクが少ないのが特徴です。 赤須さといもは、信州の伝統野菜のひとつで、寒冷地での栽培に適しています。長野県安曇野市穂高地域で主に栽培されており、厳しい寒さの中で育てられるため、身が引き締まっていて、甘みと旨味が凝縮されています。また、栽培期間が長く、10月から12月頃にかけて収穫されます。 赤須さといもは、煮物や揚げ物、汁物など、さまざまな料理に使用できます。煮物にすると、ホクホクとした食感と、ほのかな甘みが楽しめます。また、揚げ物にすると、外はカリッと、中はトロッとした食感を楽しむことができます。汁物にすると、芋の旨味が溶け出して、コクのあるスープになります。
モノの名前

しゃべこと汁:岩手県の郷土料理

しゃべこと汁は、岩手県の郷土料理のひとつです。岩手県内各地で食べられていますが、特に盛岡市周辺でよく作られている郷土料理です。しゃべこと汁は、具材をたっぷり入れた味噌仕立ての汁物で、豚汁に似ていますが、豚肉ではなく、鶏肉やサケなどの魚介類が入るのが特徴です。また、しゃべこと汁には、岩手県特産の「しゃべこ(サトイモ)」が入っています。しゃべこは、里芋の一種で、普通の里芋よりも粘りが強く、煮崩れしにくいのが特徴です。しゃべこと汁は、しゃべこの粘り気と、鶏肉やサケの出汁が効いた、滋味深い味わいの汁物です。
モノの名前

山形県の伝統野菜「甚五右エ門」の魅力

-甚五右エ門の歴史と由来- 山形県の伝統野菜である「甚五右エ門」は、その名の通り山形市甚五右衛門地区が発祥の地です。その歴史は古く、江戸時代中期にさかのぼります。当時、この地域に住んでいた農家の甚五右衛門氏が、偶然に種を拾い、代々受け継いで栽培してきたのが始まりとされています。 甚五右エ門は、皇室にも献上されたほどの逸品です。その理由は、その独特の風味と食味にあります。甚五右エ門は、他のカボチャにはない独特な甘みと、ねっとりとした食感を持っています。また、カロテンやビタミンCなどの栄養素も豊富に含まれています。 甚五右エ門は、山形県の郷土料理である「芋煮」に欠かせない食材です。また、煮物や天ぷらなど、さまざまな料理に使用することができます。甚五右エ門は、山形県の冬を代表する野菜であり、多くの人々に愛されています。
モノの名前

加賀野菜の赤ずいきとは?

赤ずいきとは何か? 赤ずいきは、加賀野菜の一種です。加賀野菜とは、石川県で栽培されている野菜のことで、全国的にも知られています。赤ずいきは、その名の通り、根の部分が赤いのが特徴です。また、葉の部分は緑色で、茎の部分は白くなっています。赤ずいきは、主に漬物や煮物、炒め物などに利用されます。 赤ずいきの特徴は、なんといってもその根の部分の紅色です。この紅色には、アントシアニンというポリフェノールの一種が含まれており、抗酸化作用があります。また、赤ずいきには、ビタミンCやカリウム、食物繊維なども豊富に含まれています。 赤ずいきは、石川県産のものを中心に、全国各地で栽培されています。しかし、栽培が難しい野菜でもあるため、あまり流通量が多くありません。もし、見かけたらぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。