ショッピングモール

施設名・ロケ地

小倉のショッピングスポット「サニーサイドモール小倉」の魅力

サニーサイドモール小倉は、福岡県北九州市小倉北区にあるショッピングモールです。1992年(平成4年)11月20日に開業し、2008年(平成20年)3月1日にリニューアルオープンしました。 サニーサイドモール小倉は、地上4階建ての建物で、延べ床面積は約6万平方メートルです。店舗数は約150店舗で、ファッション、雑貨、飲食店、映画館など、さまざまな業態のお店が入居しています。また、屋上には遊園地「スペースワールド」があります。 サニーサイドモール小倉は、小倉駅から徒歩5分の場所に位置しており、交通アクセスが良好です。駐車場も約2,000台分用意されているので、車での来店も便利です。 サニーサイドモール小倉は、北九州市最大のショッピングモールとして、地元の人々はもちろん、遠方から訪れる人も多く、年間約1,000万人が利用しています。
施設名・ロケ地

アクアシティお台場 – 海を望むショッピングセンター

アクアシティお台場の魅力は、そのロケーションにあります。レインボーブリッジを望む絶好のロケーションに位置し、ショッピングをしながら東京湾の美しい景色を楽しむことができます。また、アクアシティお台場は、アクアリウムや映画館、レストランなど、さまざまな施設が充実しているため、一日中楽しむことができます。 アクアシティお台場には、約100店舗のショップが入居しています。ファッション、雑貨、飲食店など、さまざまなジャンルのショップが揃っているので、お気に入りのアイテムを見つけることができます。また、アクアシティお台場には、アクアリウムや映画館、レストランなど、さまざまな施設が充実しています。アクアリウムでは、約500種類、約3万匹の生き物を見ることができます。映画館では、最新作映画を上映しています。レストランでは、和食、洋食、中華など、さまざまなジャンルの料理を楽しむことができます。 アクアシティお台場は、東京湾の美しい景色を楽しみながら、ショッピングや食事、映画鑑賞など、さまざまなアクティビティを楽しむことができるスポットです。お台場を訪れた際には、ぜひアクアシティお台場を訪れてみてください。
施設名・ロケ地

京阪モールとは?歴史と魅力

- 京阪モールの歴史とその特徴 京阪モールは、京阪電気鉄道が経営するショッピングモールです。1974年(昭和49年)にオープンし、本館、別館、東館の3つの建物で構成されています。本館は、地下1階から地上8階建てで、ファッション、雑貨、飲食店など約100店舗が入居しています。別館は、地下1階から地上3階建てで、スーパーマーケット、ドラッグストア、家電量販店など約40店舗が入居しています。東館は、地下1階から地上7階建てで、オフィス、クリニック、カルチャースクールなど約20店舗が入居しています。 京阪モールの特徴は、なんといってもその立地の良さです。大阪市の中心部に位置しており、大阪駅からも徒歩圏内です。また、京阪本線と地下鉄谷町線、堺筋線の3路線が乗り入れる京阪淀屋橋駅が直結しているため、アクセスも抜群です。京阪モールは、ショッピングだけでなく、グルメやエンターテイメント、ビジネスなど、あらゆるニーズに対応した施設です。
施設名・ロケ地

総曲輪フェリオ:富山のショッピングセンターの魅力!

総曲輪フェリオは、富山県富山市にあるショッピングセンターです。総曲輪という街の中心部に位置しており、アクセス良好な立地となっています。総曲輪フェリオは、1981年に開業し、その後増築や改装を重ね、現在は地上7階、地下1階の建物となっています。総曲輪フェリオには、ファッション、雑貨、飲食、映画館など、約140店舗が出店しており、幅広い商品やサービスを提供しています。また、総曲輪フェリオには、屋上庭園やイベントスペースなど、来場者が楽しめる施設も充実しています。総曲輪フェリオは、富山県内最大のショッピングセンターとして、多くの人々に親しまれています。
施設名・ロケ地

千里阪急の歴史と魅力

千里阪急の歩み 千里阪急は、大阪府吹田市にあるショッピングセンターです。1963年(昭和38年)に開業し、今年で58周年を迎えます。千里阪急は、阪急電鉄が運営するショッピングセンターであり、阪急電鉄千里線の千里中央駅から徒歩ですぐの場所にあります。千里阪急は、ファッション、雑貨、レストラン、映画館など、約150店舗が入居する大型ショッピングセンターです。 千里阪急は、1963年(昭和38年)に「千里阪急百貨店」として開業しました。千里阪急百貨店は、阪急電鉄千里線の千里中央駅の開業に合わせて開業しました。千里阪急百貨店は、地下1階から地上6階までの建物で、ファッション、雑貨、レストランなど、約100店舗が入居する百貨店でした。千里阪急百貨店は、開業以来、千里中央のショッピングの中心として親しまれてきました。 1997年(平成9年)に、千里阪急百貨店は「千里阪急」に名称を変更しました。千里阪急は、百貨店からショッピングセンターに業態変更しました。千里阪急は、ファッション、雑貨、レストランなど、約150店舗が入居するショッピングセンターになりました。千里阪急は、業態変更後も、千里中央のショッピングの中心として親しまれています。 千里阪急は、2013年(平成25年)にリニューアルオープンしました。千里阪急は、建物を建て替え、ファッション、雑貨、レストランなど、約150店舗が入居するショッピングセンターになりました。千里阪急は、リニューアルオープン後も、千里中央のショッピングの中心として親しまれています。
施設名・ロケ地

神戸国際会館の魅力と歴史

神戸国際会館の歴史と変遷 神戸国際会館は、神戸市の東部にある公園都市、ポートアイランドに位置する複合文化施設です。コンサートホール、劇場、会議場、展示場などを備え、国内外から多くの人が訪れます。 神戸国際会館が建設されたのは、1981年です。当時、神戸市は国際貿易都市として発展しており、国際交流の拠点となる施設が必要とされていました。そこで、市はポートアイランドに国際会館を建設することを決定しました。 国際会館の建設には、約10年もの歳月が費やされました。設計は、建築家の丹下健三氏が担当しました。丹下氏は、国際会館を「世界に開かれた神戸のシンボル」として設計しました。 国際会館は、1990年に完成し、翌1991年に開館しました。開館当時は、国内最大級の複合文化施設として注目を集めました。国際会館では、コンサート、演劇、講演会、展示会など、さまざまなイベントが開催されています。 国際会館は、建設以来、数多くの改修工事が行われてきました。2009年には、大規模な改修工事が行われ、施設の機能がさらに充実しました。現在、国際会館は、神戸市のランドマークとして親しまれています。
施設名・ロケ地

「リバーサイドモール」の歴史

「リバーサイドモール」の誕生 「リバーサイドモール」は、1990年にオープンしたショッピングモールです。場所は、東京都の多摩川のほとりに位置しています。モールは、50以上の店舗とレストランを擁し、年間約1000万人の買い物客が訪れる人気のスポットです。 「リバーサイドモール」が誕生したきっかけは、1980年代後半のバブル景気でした。バブル景気の最盛期には、日本の経済は好調で、人々は消費に意欲的でした。また、この時期には、郊外への人口流出が進み、新しいショッピングモールの建設需要が高まっていました。 「リバーサイドモール」は、こうした背景のもとに誕生しました。モールは、最新の設備を備え、ファッション、グルメ、エンターテインメントなど、さまざまな店舗が入居していました。また、モールは、多摩川のほとりに位置し、景観も良好でした。そのため、「リバーサイドモール」は、オープン当初から多くの人々に愛され、人気スポットとなりました。
施設名・ロケ地

三井アウトレットパーク木更津の魅力

千葉県木更津の買い物天国「三井アウトレットパーク木更津」 三井アウトレットパーク木更津は、千葉県木更津市金田見台にあるアウトレットモールです。2000年10月19日に開業し、敷地面積は52,000平方メートル、店舗数は約200店です。東京湾アクアライン木更津金田出入口から車で約5分、木更津駅からは徒歩約15分の距離にあります。 三井アウトレットパーク木更津は、国内最大級のアウトレットモールとして知られており、ファッション、雑貨、飲食、スポーツ用品などさまざまなジャンルの商品を取り扱っています。また、映画館やゲームセンターなど、エンターテインメント施設も充実しています。 三井アウトレットパーク木更津は、東京湾アクアラインの開通により、東京都、神奈川県、埼玉県などからのアクセスが容易になりました。また、木更津駅からのシャトルバスも運行されており、公共交通機関を利用してのアクセスも便利です。 三井アウトレットパーク木更津は、千葉県木更津市の観光スポットとして人気があり、年間約1,000万人が訪れます。国内最大級のアウトレットモールとして、ショッピングやエンターテインメントが楽しめる施設です。
施設名・ロケ地

セントラルパークの魅力を徹底解剖!名古屋の地下街を満喫しよう!

セントラルパークの歴史と特徴 セントラルパークは、名古屋市中区栄にある地下街です。1974年10月1日に開業し、現在は約160店舗が軒を連ねる、名古屋屈指のショッピングスポットとなっています。 セントラルパークの最大の特徴は、その広さです。地下1階から地下4階まで吹き抜けの構造となっており、開放感抜群の空間が広がっています。また、セントラルパークには、ファッション、雑貨、グルメなど、さまざまなジャンルの店舗が揃っています。そのため、買い物客だけでなく、ランチやディナーを楽しむ人にも人気が高いです。 セントラルパークには、イベントスペースも用意されており、定期的にさまざまなイベントが開催されています。また、セントラルパークには、映画館やゲームセンターなどもあり、子どもから大人まで楽しめるスポットとなっています。 セントラルパークは、名古屋の地下街の中でも、特に人気が高いスポットです。その広さと開放感抜群の空間、そしてさまざまなジャンルの店舗が揃っていることが魅力です。また、イベントスペースや映画館、ゲームセンターなどもあり、子どもから大人まで楽しめるスポットとなっています。
施設名・ロケ地

ラグーナテンボスへ行こう!

ラグーナテンボスの魅力 ラグーナテンボスは、愛知県蒲郡市にある複合レジャー施設です。ラグーナ蒲郡とラグーナテンボスの2つのエリアに分かれており、ラグーナ蒲郡には温泉やホテル、ラグーナテンボスには遊園地や水族館、ショッピングモールなどがあります。 ラグーナテンボスの魅力は、なんといってもその広大な敷地です。園内には、遊園地、水族館、ショッピングモール、ホテル、温泉などがあり、一日では回りきれないほどの施設が揃っています。また、ラグーナテンボスは海の隣に位置しているため、園内からは美しい海の景色を眺めることができます。 ラグーナテンボスの遊園地には、大小さまざまなアトラクションがあります。絶叫系アトラクションからファミリー向けのアトラクションまで、幅広いアトラクションが揃っているので、どの年齢層の方でも楽しむことができます。特に人気が高いのが、ジェットコースター「絶叫マシーン」です。全長約1,000メートル、最高速度約100キロメートルという、日本でも有数の規模を誇ります。 ラグーナテンボスの水族館には、約500種類、12,000点の海洋生物が展示されています。イルカやアシカのショーが行われたり、ウミガメに餌をあげたりすることができます。また、ラグーナテンボスにはショッピングモールがあり、ファッションや雑貨、グルメなどのお店が揃っています。ラグーナテンボスのホテルは、ラグーナ蒲郡に位置しています。温泉やレストラン、プールなどがあり、ラグーナテンボスを満喫するのに最適なホテルです。
施設名・ロケ地

そごう川口店について

-そごう川口店の歴史と概要- そごう川口店は、埼玉県川口市にある、そごう・西武が運営する百貨店である。川口市内で唯一の百貨店であり、川口のランドマークとしても知られている。 そごう川口店の歴史は古く、1938年(昭和13年)に「川口松屋」として開業したのが始まりである。1965年(昭和40年)にそごうが買収し、そごう川口店に改称した。その後、1981年(昭和56年)には増床を行い、現在の規模となった。 そごう川口店は、地上8階、地下2階建てのショッピングセンターである。売り場面積は約4万平方メートルで、約150のテナントが入居している。ファッション、雑貨、食品、レストランなど、幅広い商品を取り扱っている。 そごう川口店は、地元の人々にとって人気のショッピングスポットである。また、観光客も多く訪れる。川口のランドマークとして、川口の魅力をアピールする役割を果たしている。
施設名・ロケ地

博多リバレインの楽しみ方

博多リバレインのショッピングモールは、国内外のブランドが入る大型のショッピングモールです。ファッションから雑貨、グルメまで、さまざまなジャンルのショップが集結しています。特に、博多リバレイン限定のショップや九州初出店のショップも多く、ショッピング好きにはたまらないスポットです。 ショッピングモールは、地上3階と地下2階に分かれており、それぞれの階にさまざまなジャンルのショップが入っています。1階は、ファッションや雑貨のショップが中心で、2階はグルメやカフェのショップが中心です。また、3階には映画館や美術館が入っており、ショッピングやグルメだけでなく、エンターテイメントも楽しめます。 地下2階には、スーパーマーケットやフードコートが入っています。スーパーマーケットでは、新鮮な野菜や果物、肉類や魚介類など、さまざまな食材を購入することができます。また、フードコートでは、ラーメンやうどん、そば、カレーなど、さまざまなジャンルの料理を楽しむことができます。 博多リバレインのショッピングモールは、ショッピングやグルメ、エンターテイメントなど、さまざまな楽しみ方ができるスポットです。博多へお越しの際は、ぜひ一度訪れてみてください。
施設名・ロケ地

北大路ビブレ:京都の魅力を再発見

北大路ビブレは、京都市にあるショッピングセンターです。「歴史と伝統が融合するショッピングセンター」という小見出しが付けられているように、京都の伝統的な文化を感じられる施設となっています。 センター内には、京都の伝統工芸品を取り扱う店舗や、京都の老舗飲食店が出店しています。また、京都の歴史や文化に関する展示コーナーもあり、京都の魅力を再発見することができます。 北大路ビブレは、京都の伝統と文化を大切にしながら、新しいライフスタイルを提案するショッピングセンターです。京都を訪れた際には、ぜひ足を運んでみてください。
施設名・ロケ地

木の葉モール橋本について

木の葉モール橋本は、東京都橋本市にあるショッピングモールです。1993年9月23日に開業しました。敷地面積は約10万平方メートル、延床面積は約16万平方メートル、店舗面積は約10万平方メートルです。地上3階、地下1階建ての鉄骨造りです。 木の葉モール橋本は、駅前の好立地にあり、周辺には住宅やオフィスビルが建ち並んでいます。また、最寄りの橋本駅から徒歩圏内ということもあり、交通アクセスが便利です。そのため、開業以来、多くの人々に親しまれてきました。 木の葉モール橋本には、ファッション、雑貨、飲食、エンターテインメントなど、さまざまなジャンルの店舗が入居しています。また、映画館やボーリング場、屋上庭園などの施設もあります。そのため、買い物や食事、遊びなど、さまざまな目的で利用することができます。 木の葉モール橋本は、橋本市のランドマーク的な存在であり、地域の人々の生活になくてはならない場所となっています。今後も、多くの人々に親しまれるショッピングモールであり続けるでしょう。
施設名・ロケ地

「なるぱーく」の魅力と施設紹介

-なるぱーくの由来と特徴- なるぱーくは、茨城県行方市にある自然豊かな公園です。その名の由来は、昭和51年に開催された「全国都市緑化茨城フェア」のシンボルマークとなった木「なるぱの木」にちなんでいます。なるぱの木は、トチノキ科の落葉高木で、黄色の花を咲かせます。 なるぱーくは、広さ約20ヘクタールの敷地に、池、広場、遊具など、さまざまな施設が整備されています。池では、ボートや釣りを楽しむことができ、広場では、ピクニックやバーベキューをすることができます。また、遊具が充実しているので、子供連れでも安心して遊ぶことができます。 なるぱーくは、自然豊かな公園としてだけでなく、イベント会場としても利用されています。毎年、ゴールデンウィークには「なるぱーくフェア」が開催され、多くの来場者でにぎわいます。なるぱーくフェアでは、地元の特産品やグルメが販売され、ステージイベントなども行われます。 なるぱーくは、自然と触れ合える憩いの場として、地元の人々に親しまれている公園です。また、さまざまなイベントが開催されるので、観光客にも人気のスポットとなっています。
施設名・ロケ地

ハーバーシティ蘇我の魅力を徹底解剖

ハーバーシティ蘇我とは 千葉県千葉市中央区に位置する広大な臨海エリア。蘇我駅を中心として、千葉ポートアリーナや千葉マリンスタジアム、蘇我工場、蘇我インターチェンジ、蘇我臨海公園などの施設が点在する。また、東京湾に面しており、工業地帯でありながらも、豊かな自然が残る魅力的な街だ。そんなハーバーシティ蘇我の魅力を徹底解剖していく。 このエリアは、かつては千葉県の工業の中心地として栄えた場所であった。しかし、近年では工場の移転や生産の海外移転などにより、産業構造の変化が著しい。そのため、このエリアの活性化を図るべく、千葉市では様々な取り組みを行っている。その代表的な取り組みの一つが、蘇我地区の再開発である。この再開発では、新しい商業施設や住宅地、公園などが整備され、蘇我地区の新たな魅力を創造することが目的とされている。 ハーバーシティ蘇我は、千葉県の新たな顔として、今後も発展していくことが期待されるエリアである。
施設名・ロケ地

横浜・八景島シーパラダイスの魅力

- 遊園地で楽しむ thrilling rides 八景島シーパラダイスには、スリル満点のアトラクションが満載の遊園地もあります。中でも人気なのが、日本初の木製コースター「ブルーフォール」です。高さ43メートルから一気に落下するスリルは、まさに絶叫もの。また、360度回転する「シーパラダイスタワー」も人気です。地上100メートルの高さから一望できる景色は、まさに圧巻です。 さらに、海を舞台にしたアトラクションも充実しています。ジェットコースター「アクアライド」は、海の上を疾走する爽快感が味わえます。また、水上バイクに乗って海を駆け抜ける「マリンジェット」も人気です。 お子様連れの方には、「わんぱく広場」がおすすめです。ここでは、トランポリンやボルダリングなどの遊具で遊ぶことができます。また、小さな子供向けの乗り物も充実しています。 八景島シーパラダイスには、大人から子供まで楽しめるアトラクションが満載です。ぜひ、家族や友人と一緒に訪れて、スリル満点のひとときをお過ごしください。
施設名・ロケ地

横浜ベイクォーターの楽しみ方

横浜ベイクォーターの概要 横浜ベイクォーターは、横浜市神奈川区にある商業施設です。2006年12月に開業し、約120店舗が出店しています。コンセプトは「ベイサイドモール」で、横浜ベイエリアの景色を眺めながらショッピングやグルメを楽しむことができます。 建物は地上6階建て、地下2階建てで、総面積は約5万平方メートルです。1階には、ファッション、雑貨、コスメなどのお店が並び、2階にはレストラン、カフェ、フードコートなどがあります。3階から6階には、シネマコンプレックスやアミューズメント施設が入居しています。 横浜ベイクォーターは、横浜ベイエリアの観光スポットとして人気があり、年間約1,000万人が訪れます。横浜駅やみなとみらい駅からも徒歩圏内にあるので、アクセスも良好です。 横浜ベイクォーターには、駐車場や託児施設も完備されています。また、フリーWi-Fiも利用できるので、快適に過ごすことができます。
施設名・ロケ地

「ひつじのショーン ファミリーファーム」🐏 遊んで学べる屋内型アトラクション

遊びながら学べる屋内型アトラクション「ひつじのショーン ファミリーファーム」のもう一つの魅力は、遊んでいるうちに知らないうちに学ぶことができることです。アトラクションには、子供たちが自然科学や農業について学べる様々な工夫が凝らされています。例えば、牧場の動物たちを世話したり、作物を収穫したりすることができるコーナーでは、子供たちは動物や植物の生態について学ぶことができます。また、マシーンルームでは、農場の機械の仕組みについて学ぶことができます。さらに、プレイエリアには、子供たちが遊んでいるうちに自然と数学や物理の知識を身につけることができる、知育玩具がたくさん用意されています。 どっぷり浸かるひつじのショーン ファミリーファームでは、可愛らしいひつじのショーンの世界にどっぷり浸かることができます。アトラクション内には、人気テレビアニメシリーズ「ひつじのショーン」のキャラクターたちが登場し、子供たちを笑顔にしてくれます。また、ひつじのショーンのキャラクターと一緒に記念撮影ができるフォトスポットも用意されています。さらに、ひつじのショーンのグッズショップでは、かわいいキャラクターグッズを購入することができます。
施設名・ロケ地

西武旭川店とは?北海道旭川市にあった百貨店

* -西武旭川店の歴史と沿革- 西武旭川店は、北海道旭川市にあった百貨店である。1969年(昭和44年)に開店し、2006年(平成18年)に閉店した。 西武旭川店は、西武百貨店が北海道に出店する際に、旭川市に建設された。旭川市は、北海道の中央部に位置し、人口は約35万人である。旭川市は、北海道の経済の中心地であり、多くの企業が本社を置いている。西武百貨店は、旭川市に出店することで、北海道の顧客を開拓することを目指していた。 西武旭川店は、開店当初から好調な売り上げを記録した。旭川市は、北海道の経済の中心地であるため、多くの人が西武旭川店に買い物に訪れた。また、西武旭川店は、他の百貨店よりも安い値段で商品を販売していたため、多くの顧客に支持された。 しかし、西武旭川店の売り上げは、次第に減少していった。その原因は、旭川市の人口減少である。旭川市の人口は、1990年(平成2年)をピークに減少しており、2005年(平成17年)には約32万人まで減少した。人口減少に伴い、西武旭川店の売り上げも減少していった。 西武百貨店は、西武旭川店の売り上げ減少を受けて、2006年(平成18年)に閉店することを決定した。西武旭川店の閉店は、旭川市民に大きな衝撃を与えた。西武旭川店は、旭川市のランドマーク的存在であり、多くの市民に愛されていた。
地名・ロケ地

新宿センタービル商店街の魅力

新宿センタービル商店街とは、東京都新宿区にある、新宿センタービルの地下1階から3階にある商店街です。新宿駅から徒歩約3分、新宿西口エリアに位置しています。新宿センタービルは、1971年に竣工した、高さ143.3メートル、地上38階、地下3階建ての超高層ビルです。新宿センタービル商店街には、約100店舗が軒を連ね、ファッション、雑貨、飲食店など、さまざまなジャンルの店が揃っています。また、地下1階には、スーパーマーケットやドラッグストアなど、生活に便利な店も入っています。新宿センタービル商店街は、新宿のビジネス街の中心部に位置しており、昼間はビジネス客で賑わっています。また、夕方以降は、新宿の繁華街である歌舞伎町が近いこともあり、買い物や食事を楽しむ人で賑わっています。
施設名・ロケ地

川越モディの歴史と現在

川越モディは、2012年(平成24年)3月1日に埼玉県川越市にオープンしたショッピングモールです。 川越モディのオープンは、川越市の大きな話題となりました。オープン当日は、平日にもかかわらず多くの人が来店し、館内は大変な賑わいを見せました。川越モディは、ファッション、雑貨、飲食など、幅広いジャンルの店舗が入居しており、若者からシニアまで幅広い層に人気があります。 また、川越モディには、映画館やレストラン、屋上庭園など、様々な施設も併設されています。そのため、ショッピングだけでなく、デートや憩いの場としても利用することができます。 川越モディのオープンは、川越市の経済に大きな影響を与えました。川越モディの開業により、川越市には多くの雇用が生まれ、また、川越モディに買い物に来る人の増加により、川越市内の他の商業施設も潤いました。 川越モディは、川越市の新しいランドマークとして、現在も多くの人々に愛されています。
施設名・ロケ地

イオンモールKYOTOの魅力を徹底解剖!

イオンモールKYOTOは、京都市南区にある大型ショッピングモールです。京阪本線「竹田駅」から徒歩3分、名神高速道路「京都南インターチェンジ」から車で10分の場所に位置し、アクセスが非常に便利です。また、駐車場も3,000台以上完備されているので、車での来館も安心です。 イオンモールKYOTOには、ファッション、雑貨、グルメ、エンターテインメントなど、さまざまなジャンルの店舗が入っています。特に、京都府内最大級の「イオンスタイルKYOTO」は、食料品や日用品はもちろん、衣料品や家電まで幅広く取り揃えており、毎日のお買い物にとても便利です。 また、イオンモールKYOTOには、映画館やゲームセンター、ボーリング場などのエンターテインメント施設も充実しています。週末や休日には、家族や友人と一日中楽しむことができます。 アクセスが便利な立地と、さまざまなジャンルの店舗が揃うイオンモールKYOTOは、京都府内でも有数の大型ショッピングモールです。お買い物やエンターテインメントを気軽に楽しむことができるので、ぜひ一度訪れてみてください。
施設名・ロケ地

リバーウォーク北九州の魅力

リバーウォーク北九州は、福岡県北九州市にある複合商業施設です。小倉駅から徒歩約5分の好立地にあります。ショッピングモール、レストラン、映画館、ホテル、オフィスなど、さまざまな施設が入っています。 ショッピングモールは、約160店舗が入居する九州最大のショッピングモールです。ファッション、雑貨、グルメ、美容など、幅広いジャンルの店舗が揃っています。また、期間限定ショップやイベントなども開催されており、いつ訪れても楽しむことができます。 ショッピングモールの魅力の一つは、その広々とした空間です。吹き抜けの天井と大きな窓から自然光が差し込む店内は、開放感抜群です。また、館内にはソファや休憩スペースが設けられており、ゆっくりと買い物を楽しむことができます。 ショッピングモールのもう一つの魅力は、その充実した施設です。子供向けの遊具やゲームセンターなど、家族連れでも楽しめる施設が充実しています。また、授乳室やベビーカーの貸し出しなど、小さな子供連れでも安心です。 リバーウォーク北九州のショッピングモールは、幅広いジャンルの店舗と充実した施設が魅力です。買い物や食事、映画鑑賞など、一日中楽しむことができます。