シリア

その他

「ファタハ・アル・イスラム」とは?

ファタハ・アル・イスラムの歴史と背景 ファタハ・アル・イスラムは、イラクのイスラム過激派組織であり、2008年から2010年にかけて、主にディヤラとサラーフッディーン州で活動していました。この組織は、2006年にイラクとイスラムの国軍(ISI)から分離した、元イラク軍将校アブ・アブドゥル・ラハマン・アル・バグダディによって結成されました。 ISIは、イスラム教スンニ派の過激派組織であり、イラク戦争中およびその後の米国主導の連合軍による占領期間中に、イラクにおいて最も強力な反政府組織の一つでした。 ファタハ・アル・イスラムは、ISIの指導部に不満を抱いて組織を離脱したバグダディによって設立され、主にイラク軍の将校や士官で構成されていました。ファタハ・アル・イスラムは、他のイラクの過激派組織とは異なり、侵略的な姿勢とスンニ派の過激主義を促進するプロパガンダによって特徴付けられていました。ファタハ・アル・イスラムは、数多くのテロ攻撃を仕掛け、イラク軍や民間人を標的としました。また、この組織は、米国軍や他の連合軍勢力とも交戦し、数多くの米兵や連合軍兵士を殺害しました。
作品名

「アレッポ 最後の男たち」→ 戦の続く街で命を救う民間ボランティア

シリア北西部の都市アレッポ。内戦が続くこの街で1200人の市民を救った市民団体が話題だ。 2013年、反政府勢力がアレッポを制圧した。シリア政府は反政府勢力への攻撃を続け、アレッポの人々はビルが爆撃されて粉々に砕かれるのを恐れながら暮らした。 そんな中、市民団体「シリア民間防衛隊」が誕生した。市民防衛隊は、民間人が安全に暮らせるよう活動する団体だ。爆撃で倒壊した建物の瓦礫の下敷きになった人を救助したり、病院に薬や医療機器を運んだりしている。 市民防衛隊のメンバーは、全員がボランティアだ。危険を冒してでも、市民の命を救おうと活動している。その数は1200人。アレッポの住人の命を守り続けている。 市民防衛隊の活動は、アレッポの人々に希望を与えている。アサド政権がシリア全土を支配下に置く中、アレッポでは市民が団結し、自分たちの街を守ろうとしている。市民防衛隊の活動は、その象徴だ。
その他

シリアで活動するウイグル武装組織「トルキスタン・イスラム党」

「トルキスタン・イスラム党」とは、中国の新疆ウイグル自治区からシリアへ渡り、イスラム過激派組織「ハイアト・タフリール・アル・シャーム(HTS)」の一員としてシリア内戦に参加しているウイグル武装組織である。同組織は、2002年に中国政府によるウイグル人の弾圧に抵抗するため、東トルキスタン独立運動家のアブドゥル・ハク・アルテキン氏によって設立された。2012年にシリア内戦が勃発すると、同組織はシリアに渡り、HTSに参加した。 「トルキスタン・イスラム党」は、ウイグル人だけでなく、カザフ人、キルギス人、ウズベク人などの中央アジア出身者も所属しており、その規模は数千人と推定されている。同組織は、中国政府を激しく批判しており、新疆ウイグル自治区の独立を主張している。また、同組織は、HTSの一員として、アサド政権軍やその他の反政府勢力との戦闘に参加している。
その他

ヌスラ戦線とは?アルカイダの忠実な過激派たち

ヌスラ戦線とは、シリア内戦に端を発し、シリアおよびイラクを拠点とするイスラム過激派組織である。2012年1月に結成され、アルカイダと密接な関係を有する。その目的は、イスラム教に基づく国家をシリアに樹立することである。 ヌスラ戦線の創設者であるアブ・モハメド・アル・ジュラーニは、シリア国内においてアルカイダを支持する組織を結成するため、アルカイダ指導部の許可を得た。この組織は「シリア・イラク・イスラム国(ISIS)」として知られていたが、2014年に「イスラム国(IS)」に改名された。ISは、シリアとイラクの大部分を占拠し、イスラム教に基づくカリフ制国家を樹立した。 その後、ISの拡大はヌスラ戦線と対立するようになり、ヌスラ戦線はISと戦うことを決意した。ヌスラ戦線はアメリカ合衆国や他の国々からの支援を受けて、ISと戦い、シリアとイラクからISを駆逐することに成功した。しかし、ヌスラ戦線はその後もシリア政府と戦い続けており、シリア内戦は現在も続いている。
その他

シリアの民主統一党とは? 目標と活動内容を解説

民主統一党の設立と目的 民主統一党は、シリア北東部で活動する民主連邦主義を掲げる政党である。2011年のシリア内戦勃発後、クルド人、アラブ人、アッシリア人、アルメニア人、トルクメン人などの多民族の権利を求める運動として結成された。党の当初の目標は、シリア北東部において自らの自治権を確立することであった。 しかし、内戦の長期化に伴い、民主統一党はシリア国内の他の地域にも活動を広げ、シリア全土における民主連邦制国家の樹立を目指すようになった。民主統一党は、シリア政府の弾圧や過激派組織の攻撃を受けながらも、シリア北東部で一定の自治権を確立し、教育や医療、治安などの分野で住民にサービスを提供している。また、シリア民主軍と呼ばれる軍事組織を組織し、シリア政府軍や過激派組織との戦闘を行っている。 民主統一党の活動は、トルコ政府やシリア政府、米国などから批判されているが、シリア北東部における安定と民主化に貢献しているとして、一部の国際社会からも評価されている。
その他

徹底解説!ジュンド・アル・シャーム

ジュンド・アル・シャームとは?その活動を紐解く。 ジュンド・アル・シャームは、シリア内戦で活躍した反体制派武装組織の一つである。2013年に結成され、イスラム教スンニ派の過激派組織として知られた。グループはシリア政府軍と激しく戦い、国内の広い範囲を支配した。ジュンド・アル・シャームは、当初はシリア政府を打倒してイスラム国家を樹立することを目指していたが、後に他の反体制派組織と連合して、バッシャール・アル=アサド大統領の退陣を求める運動に参加した。 ジュンド・アル・シャームは、イスラム教徒の権利のために戦うことを掲げ、国内外からの支持を集めた。しかし、グループはシリア政府軍との戦闘だけでなく、他の反体制派組織との抗争にも巻き込まれ、次第に弱体化していった。2018年には、シリア政府軍の大規模な攻勢を受けて壊滅状態に陥り、その後、解散した。 ジュンド・アル・シャームの活動は、シリア内戦に大きな影響を与えた。同グループの台頭は、シリア国内の宗派対立を激化させ、内戦の長期化を招いた。また、ジュンド・アル・シャームの活動は、欧米諸国によるシリアへの軍事介入を正当化するための口実となった。ジュンド・アル・シャームの解散は、シリア内戦の終結に向けて一歩前進となったが、シリア情勢は依然として不安定なままである。
その他

「タハリール・アル・シャーム機構」とは?

HTSの台頭と背景 「タハリール・アル・シャーム機構」(HTS)は、シリア内戦で最も強力な反政府勢力の1つである。HTSは、2017年に「ヌスラ戦線」と「アハラル・シャーム運動」の合併によって結成された。HTSは、シリア北西部のイドリブ県を拠点とし、約1万人から2万人の戦闘員を擁していると言われている。 HTSは、シリア政府軍とロシア軍に対してゲリラ戦を展開しており、これまで多くの戦果を挙げている。しかし、HTSは、人権侵害や他派閥との抗争でも知られており、国際社会から批判も受けている。 HTSの台頭の背景には、シリア内戦の混乱と大国による介入がある。シリア内戦は、2011年に始まったアサド政権に対するデモがきっかけで勃発し、その後、政府軍と反政府勢力の間に激しい戦闘が続いてきた。この内戦に、ロシア、米国、イラン、トルコなど大国が介入し、内戦は複雑化している。 HTSは、シリア内戦の混乱に乗じて台頭し、現在では、シリア北西部で大きな勢力となっている。しかし、HTSの将来は不透明である。シリア政府軍とロシア軍は、HTSを攻撃しており、HTSは苦戦を強いられている。また、HTSは、他派閥との抗争にも直面しており、その存続は危うい。