ジャズ娘誕生

作品名

「ジャズ娘誕生」ってどんな映画?

「ジャズ娘誕生」とは 「ジャズ娘誕生」は、1933年(昭和8年)に日本で制作された、日本で最初のトーキーによるミュージカル映画です。監督は清水宏、脚本は直木三十五、音楽は服部良一、主演は田中絹代、原節子、竹久千恵子。 1920年代から30年代にかけて、欧米のジャズが日本に伝わり、特に若い世代を中心に人気を博していました。「ジャズ娘誕生」は、そんな時代背景を反映して、ジャズを題材にしたミュージカル映画として制作されました。 映画のストーリーは、ジャズが好きな若い女性たちが、ジャズシンガーとして活躍していくというものです。田中絹代演じる主人公のジャズシンガー、原節子演じる彼女の妹、竹久千恵子演じる彼らの友人など、個性豊かなキャラクターが登場します。 ジャズ娘誕生は、日本映画の歴史において、画期的な作品として評価されています。トーキーによって、俳優たちの声が初めて映画で録音され、音楽もジャズがふんだんに使用されました。また、田中絹代や原節子など、後に日本映画界を代表する女優たちが、若手時代に出演したことで知られています。 ジャズ娘誕生は、日本のミュージカル映画の原点であり、その後の日本の映画界に大きな影響を与えました。現在でも、日本の映画史を語る上で欠かせない作品のひとつとして、高く評価されています。