スズキ

モノの名前

スズキの傑作!GS250FWのすべて

GS250FW誕生の背景と開発経緯 GS250FWは、1980年にスズキから発売されたロードスポーツバイクです。その前身であるGS250Eをベースに、よりスポーティな走りを目指して開発されました。開発当初の目標は、最高速度160km/h、0-400m加速13秒台というものでした。この目標を達成するため、エンジンの出力向上と軽量化が図られました。エンジンは、シリンダーヘッドの形状を変更し、キャブレターを大径化することで出力を向上させました。また、車体フレームをアルミ合金製とし、軽量化を図りました。 GS250FWは、そのスポーティな走りとスタイリッシュなデザインで、発売当初から人気を集めました。特に、原付二種でありながら、最高速度160km/hという性能は、多くのライダーを魅了しました。また、その軽量な車体と扱いやすいハンドリングにより、初心者にもおすすめです。 GS250FWは、1983年まで生産されました。その後、後継車種としてGS250Fが発売されました。GS250Fは、GS250FWをベースに、より快適な乗り心地を目指して開発されたモデルです。エンジンは、GS250FWと同じく空冷4ストローク単気筒ですが、出力は若干向上しています。また、車体フレームはスチール製に変更され、重量は増加しましたが、剛性は向上しています。 GS250FWは、そのスポーティな走りとスタイリッシュなデザインで、今でも多くのライダーから愛されています。中古車市場でも、人気が高く、高値で取引されています。
モノの名前

GSX-R250の魅力と歴史

GSX-R250とは GSX-R250は、スズキが製造する250ccのスポーツバイクである。1988年に発売され、現在も販売されている。GSX-R250は、その卓越した性能とスタイリッシュなデザインで、世界中のライダーから愛されている。 GSX-R250は、伝統的な直列4気筒エンジンを搭載している。このエンジンは、スムーズな出力特性と力強いトルクを特徴としている。また、GSX-R250は、軽量な車体とコンパクトなサイズで、優れたハンドリング性能を実現している。 GSX-R250は、その優れた性能とスタイリッシュなデザインで、世界中のライダーから愛されている。また、GSX-R250は、リーズナブルな価格設定となっているため、多くのライダーにとって手の届きやすいスポーツバイクとなっている。
モノの名前

TS250の思い出

TS250の特徴 TS250は、1970年代から1980年代にかけて生産された、スズキの2ストロークレーサーバイクです。排気量247cc、最高出力33馬力を誇り、当時としては非常に高速なバイクでした。また、軽量で取り回しがよく、オフロードでの走行性能も優れていました。 TS250の最大の特徴は、そのエンジンです。2ストロークエンジンは、4ストロークエンジンよりも軽量でコンパクトで、高回転まで回りやすいという特徴があります。そのため、TS250は非常に鋭い加速性能を持っていました。また、2ストロークエンジンは構造がシンプルで、メンテナンス性に優れているという特徴もあります。 TS250のもう一つの特徴は、その足回りです。フロントフォークはテレスコピック式、リアサスペンションはスイングアーム式を採用し、オフロードでの走行性能を重視したセッティングが施されていました。また、前後輪にはブロックタイヤを装着し、悪路でのグリップ力を確保していました。 TS250は、その高性能とオフロードでの走行性能を活かして、数多くのレースで活躍しました。全日本モトクロス選手権や世界モトクロス選手権など、さまざまなレースで優勝を飾り、スズキのレーシングイメージを向上させることに貢献しました。 TS250は、現在では生産されていませんが、中古車市場では今でも人気のあるバイクです。その速さや取り回しのよさ、そしてオフロードでの走行性能は、多くのライダーを魅了しています。
モノの名前

スーパーモレの特徴と魅力

ビジネス向けモデルならではの機能性 スーパーモレのビジネス向けモデルは、オフィスや店舗などのビジネス環境で使用することを想定して設計されています。このモデルには、ビジネスユーザーにとって便利な機能が数多く搭載されています。 まず、スーパーモレのビジネス向けモデルは、セキュリティ機能が強化されています。パスワード保護機能やデータ暗号化機能など、ビジネスデータの安全性を確保するための機能が搭載されています。また、スーパーモレのビジネス向けモデルは、遠隔操作機能も搭載されています。この機能を利用すれば、離れた場所からスーパーモレを操作することができ、ビジネスの効率化を図ることができます。 さらに、スーパーモレのビジネス向けモデルは、ビジネスアプリケーションにも対応しています。Microsoft OfficeやGoogle Workspaceなどのビジネスアプリケーションをインストールして使用することができ、ビジネスの生産性を向上させることができます。 スーパーモレのビジネス向けモデルは、ビジネスユーザーにとって便利な機能を数多く搭載しているため、ビジネス環境で使用するには最適なモデルです。
モノの名前

エブリイランディ、その魅力と歴史

-エブリイランディ誕生秘話- エブリイランディは、1999年にスズキから発売された軽自動車である。当時、軽自動車市場は、ダイハツ・タントやホンダ・ライフなどのトールワゴンが人気を集めていた。スズキは、それらに対抗するために、エブリイランディを開発した。 エブリイランディは、それまでの軽自動車とは一線を画すデザインで、車内空間を広くとったトールワゴンを採用した。また、エンジンは、それまでの軽自動車よりも排気量を大きくした660ccエンジンを搭載し、力強い走りを可能にした。 エブリイランディは、発売当初から人気を集め、スズキの軽自動車販売台数のトップを争う存在となった。その後、2001年には、マイナーチェンジを行い、フロントグリルやヘッドライトのデザインを変更した。また、2004年には、フルモデルチェンジを行い、ボディサイズを拡大し、エンジンを660ccターボエンジンに変更した。 エブリイランディは、2015年に生産終了となったが、現在でも中古車市場で人気を集めている。その理由は、広い車内空間や力強い走りを兼ね備えた実用性の高さにある。また、デザインも古さを感じさせず、今でも十分に通用するものである。
モノの名前

GN50のすべて

スズキから生まれた小さな巨人 スズキから生まれたGN50。その車体は小さくても、その信頼性は抜群で、多くのライダーに愛された。その誕生から現在まで、その歴史を振り返る。 スズキからGN50が発売されたのは、1982年。その車体は小さく、排気量はわずか50cc。しかし、そのエンジンは力強く、燃費にも優れていた。また、そのデザインもスタイリッシュで、多くのライダーを魅了した。 GN50は、発売以来、瞬く間にヒット商品となった。その理由は、その使い勝手の良さにある。その車体は小さく、取り回し性がよく、街中を走るのに最適だった。また、そのエンジンは力強く、高速道路を走ることもできた。 GN50は、発売以来、多くのライダーに愛され続けている。その理由は、その信頼性の高さにある。そのエンジンは壊れにくく、メンテナンスも簡単だ。また、その車体は丈夫で、長持ちする。 GN50は、現在もなお、多くのライダーに愛され続けている。その理由は、その使い勝手の良さ、信頼性の高さ、そしてスタイリッシュなデザインにある。
モノの名前

RM-Z450の特徴と歴史

RM-Z450の基本性能・スペック RM-Z450は、スズキが製造・販売しているモトクロス競技用オートバイです。2005年にRM250の後継車種として登場しました。 RM-Z450は、449ccの水冷単気筒4ストロークエンジンを搭載しています。最高出力は60馬力以上、最大トルクは4.6kgf・m以上を発生します。エンジンは軽量かつコンパクトな設計で、車両重量は112kgと、クラス最軽量レベルを誇ります。 足回りは、フロントに倒立フォーク、リアにリンク式モノショックを採用しています。フロントフォークはSHOWA製で、調整機能を備えています。リアショックもSHOWA製で、調整機能に加えて、ハイ・ローアジャスターを備えています。 ブレーキは、フロントにシングルディスク、リアにシングルディスクを採用しています。フロントディスクは270mm、リアディスクは240mmです。ホイールは、フロントに21インチ、リアに19インチを採用しています。 RM-Z450は、モトクロス競技に特化したオートバイです。軽量かつコンパクトな車体、パワフルなエンジン、高性能な足回りにより、優れた走行性能を発揮します。
その他

スズキ「バーディー」の魅力とは?

「バーディー」とはどんなバイク? スズキ「バーディー」は、1985年に発売された原付一種のオートバイです。車体は小柄で軽量、シート高も低く、女性や初心者でも乗りやすい設計になっています。エンジンの排気量は50ccで、ミッションは自動変速機を採用しています。燃料消費量はリッターあたり約40kmと、非常に経済的です。 「バーディー」は、その可愛らしいデザインと、扱いやすさで人気を博しました。特に、女性ライダーの間で人気が高く、街乗りや通勤通学に使用されることが多いです。また、その燃費の良さから、長距離ツーリングを楽しむライダーにも人気があります。 「バーディー」は、1990年に生産終了となりましたが、その人気は現在でも続いています。中古市場では、今でも多くの「バーディー」が出回っており、今でも根強い人気を誇っています。
モノの名前

RM80のススメ

RM80の歴史 RM80は、ヤマハ発動機が1973年に発売したオフロードバイクである。RM80は、ヤマハ発動機が最初に発売したモトクロッサーであり、その後のヤマハ発動機のオフロードバイクの基礎を築いた。 RM80は、発売当初からその高い性能で人気を博し、多くのモトクロスライダーが使用していた。その後、RM80はマイナーチェンジを繰り返し、1984年に最終モデルが発売された。RM80は、その優れた性能と信頼性から、今でも多くのモトクロスファンに愛されている。 RM80は、オフロードバイクの入門用モデルとして最適なバイクである。RM80は、その軽量な車体と扱いやすいエンジンにより、初心者でも安心して乗ることができる。また、RM80は、その優れたサスペンションとブレーキにより、オフロードでの走行にも適している。 RM80は、オフロードバイクの入門用モデルとしてだけでなく、モトクロスやエンデューロなどの競技用としても使用することができる。RM80は、その高い性能により、モトクロスやエンデューロなどの競技でも活躍することができる。 RM80は、ヤマハ発動機が初めて発売したモトクロッサーであり、その後のヤマハ発動機のオフロードバイクの基礎を築いた。RM80は、その優れた性能と信頼性から、今でも多くのモトクロスファンに愛されている。RM80は、オフロードバイクの入門用モデルとして最適なバイクであり、モトクロスやエンデューロなどの競技用としても使用することができる。
モノの名前

イントルーダーLC250とは:低重心・長いホイールベース

イントルーダーLC250の魅力と特徴 イントルーダーLC250は、低重心で長いホイールベースを備えた、取り回しのしやすいコンパクトなクルーザーモデルです。その特徴は、低く構えた車体と、ゆったりとしたライディングポジションです。また、アメリカンスタイルのクラシカルなデザインも魅力の一つです。 イントルーダーLC250のエンジンは、空冷4ストローク単気筒250ccエンジンで、最高出力は20ps、最大トルクは18Nmを発生します。このエンジンは、力強くトルクフルな走りを提供し、街中から高速道路まで、幅広いシーンで快適な走行が可能です。 イントルーダーLC250の足回りは、フロントフォークがテレスコピック、リアサスペンションがスイングアーム式です。この足回りは、安定感があり、快適な乗り心地を実現しています。また、フロントブレーキにはディスクブレーキ、リアブレーキにはドラムブレーキを採用しており、制動力は十分です。 イントルーダーLC250は、初心者からベテランライダーまで、幅広い層に人気のバイクです。その魅力は、低重心で長いホイールベースを備えた、取り回しのしやすい車体と、アメリカンスタイルのクラシカルなデザインです。また、力強くトルクフルなエンジンと、安定感があり快適な足回りも魅力です。
モノの名前

ボルティー・タイプTの特徴と魅力

スタイリッシュな外観 ボルティー・タイプTは、スタイリッシュな外観が魅力のオートバイです。その特徴をまとめると、以下のようになります。 * 丸みを帯びた流線型のシルエット * エッジの効いたシャープなデザイン * メタリックカラーを基調としたボディカラー * 個性的で目を引くグラフィック これらの特徴が組み合わさることで、ボルティー・タイプTはスタイリッシュで人目を引く外観となっています。また、シート高が低く、足つき性が良いことも特徴です。そのため、女性や初心者の方でも安心して乗ることができます。 ボルティー・タイプTは、そのスタイリッシュな外観から、若い世代を中心に人気を集めています。また、足つき性が良いことから、初心者の方にもおすすめです。通勤や通学、週末のツーリングなど、幅広いシーンで活躍できるオートバイです。
作品名

KAT-TUN「TO THE LIMIT」とは?

-楽曲概要- KAT-TUNの「TO THE LIMIT」は、2008年8月20日にリリースされた10枚目のシングル。 約4年ぶりの配信シングルであり、前作「DON'T U EVER STOP」から約1年7ヶ月ぶりのシングルリリースとなった。 本作は表題曲「TO THE LIMIT」とカップリング曲「Truth」の2曲で構成されており、全曲の作詞は六ツ見純代、作曲はヒロイズムが手がけた。 表題曲「TO THE LIMIT」は、疾走感のあるロックナンバーで、歌詞には仲間との絆や夢に向かって突き進む決意が込められている。 カップリング曲「Truth」は、ミディアムテンポのバラードで、歌詞には愛する人への切ない想いが綴られている。 「TO THE LIMIT」は、オリコン週間シングルチャートで初登場1位を獲得した。 また、日本レコード協会からプラチナ認定を受けている。
モノの名前

エブリイの魅力

-エブリイの特長- エブリイは、スズキが製造・販売する軽ワゴン車です。1999年に発売され、現在では4代目が販売されています。エブリイは、その広い室内空間と積載能力、そして優れた燃費性能が特徴です。また、4WD車やターボ車など、さまざまなバリエーションが用意されているのも魅力です。 エブリイの室内空間は、軽ワゴン車の中ではトップクラスの広さです。前席と後席の間隔が広く、大人4人が快適に乗車することができます。また、荷室も広く、シートを折り畳めば最大で1,300リットルの荷物を積むことができます。 エブリイの積載能力は、最大で350kgです。これは、軽ワゴン車の中ではトップクラスの積載能力です。そのため、エブリイは、荷物が多い家族や事業主の方におすすめです。 エブリイの燃費性能は、JC08モードで20.6km/Lです。これは、軽ワゴン車の中ではトップクラスの燃費性能です。そのため、エブリイは、ガソリン代を節約したい方におすすめです。 エブリイは、4WD車やターボ車など、さまざまなバリエーションが用意されています。4WD車は、雪道や悪路でも安心して走行することができます。ターボ車は、力強い走行性能を楽しむことができます。 エブリイは、その広い室内空間と積載能力、そして優れた燃費性能が特徴の軽ワゴン車です。また、4WD車やターボ車など、さまざまなバリエーションが用意されているのも魅力です。
モノの名前

GSX400インパルス:スズキの歴史的なオートバイ

GSX400インパルスの特徴 GSX400インパルスはその優れた走行性能とスタイリッシュなデザインで人気を博しました。エンジンは、400ccの空冷4気筒エンジンを搭載し、最高出力は59馬力を発生。最高速度は180km/h以上を誇り、当時の400ccクラスではトップクラスの性能を誇りました。また、足回りはフロントに正立フォーク、リアにリンク式モノショックを採用。優れたハンドリングと安定性を確保していました。 デザイン面では、流線型のフォルムと特徴的なヘッドライトが印象的でした。また、カラーリングも豊富で、ブラック、レッド、ブルーなど、さまざまなカラーバリエーションが用意されていました。 GSX400インパルスは、その優れた走行性能とスタイリッシュなデザインで、多くの人々に愛されたオートバイです。現在でも、中古車市場で人気が高く、多くのファンに支持されています。
モノの名前

スクーター「レッツ5」:2008年にスズキが製造・販売を開始した革新的な乗り物

- スクーター「レッツ5」2008年にスズキが製造・販売を開始した革新的な乗り物 スズキのレッツ5は、個性的なデザインと優れた機能を兼ね備えた、画期的なスクーターです。2008年に発売されて以来、日本国内だけでなく、世界中で愛されているモデルです。 - レッツ5の注目すべき特徴革新的なハンドルポケットとパワフルなエンジン レッツ5の最も注目すべき特徴は、革新的なハンドルポケットです。このポケットは、スマートフォンや財布など、ちょっとした荷物を収納するのに便利です。また、このポケットは、雨や風から荷物を守る役割も果たしてくれます。 レッツ5のもう一つの特徴は、パワフルなエンジンです。このエンジンは、力強い加速と、滑らかな走行を可能にします。また、このエンジンは、燃費に優れているため、経済的です。
モノの名前

スズキ キャラとは?マツダAZ-1のOEM車をご紹介

スズキ キャラの歴史と概要 スズキ キャラは、1993年から1998年までスズキが生産・販売していた軽自動車である。マツダAZ-1のOEM車であり、スズキでの車種名は「キャラ」であった。 キャラは、バブル崩壊後の経済低迷期に発売されたため、販売台数は伸び悩んだ。しかし、その個性的なデザインや軽自動車とは思えない走行性能は、一部のユーザーから高い評価を得た。 キャラは、2代目AZ-1をベースに開発された軽自動車である。AZ-1は、1992年にマツダが発売した軽自動車で、その個性的なデザインと軽自動車とは思えない走行性能で人気を博した。しかし、AZ-1は販売台数が伸び悩み、1994年に生産終了となった。 キャラは、AZ-1の生産終了後、その販売権を引き継ぐ形で発売された。キャラは、AZ-1の生産終了後、その販売権を引き継ぐ形で発売された。キャラは、AZ-1と基本的な構造は同じだが、フロントグリルやバンパーなどのデザインが変更されている。また、キャラクターの名のとおり軽自動車らしからぬ丸っこく愛嬌のあるエクステリアが特徴となっている。 キャラは、1998年に生産終了となった。その理由は、販売台数の低迷に加え、AZ-1の生産終了に伴い、ボディの供給がストップしたためである。キャラは、販売台数は伸び悩んだものの、その個性的なデザインや軽自動車とは思えない走行性能は、一部のユーザーから高い評価を得た。
モノの名前

スズキのスカイウェイブ650 その革新的な特徴

世界最大のスクーター スカイウェイブ650は、世界最大のスクーターとして知られています。その全長は2,280mm、全幅は760mm、全高は1,440mmです。また、重量は299kgとなっており、大型のオートバイとほぼ同じサイズと重量を持っています。 スカイウェイブ650が世界最大のスクーターと呼ばれる理由は、そのサイズだけではありません。そのエンジン排気量は650ccであり、スクーターとしては非常に大排気量です。また、その最高速度は200km/hを超え、スクーターとしては非常に高速です。 スカイウェイブ650は、そのサイズと性能から、長距離ツーリングに最適なスクーターとして人気があります。また、そのスタイリッシュなデザインと快適な乗り心地から、街乗りにも最適です。 スカイウェイブ650は、世界最大のスクーターとして、その存在感をアピールしています。その性能とスタイリッシュなデザインは、多くの人々を魅了しています。
モノの名前

「LS650サベージ」の歴史と魅力

LS650サベージとは? LS650サベージは、1986年にスズキが発売したミドルクラスのクルーザーモデルである。空冷4ストロークOHV単気筒エンジンを搭載し、その力強いトルクと扱いやすさで、発売以来多くの人に愛されてきた。 サベージという名前は、野蛮人や未開人を意味する言葉であり、その名の通り、ワイルドで力強いスタイリングが特徴である。また、サベージは非常にカスタマイズ性が高く、様々なカスタムパーツが発売されているため、自分好みのスタイルに仕上げることもできる。 サベージの最大の魅力は、その力強いトルクと扱いやすさである。空冷単気筒エンジンは、低回転域から力強いトルクを発揮し、街乗りから高速道路まで、あらゆるシーンで快適な走りが楽しめる。また、サベージは非常に軽量なため、取り回し性に優れており、初心者でも安心して乗ることができる。 サベージは、発売以来30年以上が経過した現在でも、多くのファンに愛され続けている。その力強いトルクと扱いやすさ、そしてカスタマイズ性の高さは、今でも多くのライダーを魅了している。
モノの名前

トリビュートのすべて

-トリビュートの歴史- トリビュートは、古い伝統と文化を持つ芸術の一形態です。音楽、演劇、ダンス、ビジュアルアートなど、さまざまな形式で表現され、特定のアーティストや芸術作品に対する敬意や敬意を表現します。トリビュートの歴史は古く、古代ギリシャやローマの時代までさかのぼり、現代でも世界中のさまざまな国や地域で盛んに行われています。 トリビュートの形式は、その対象となるアーティストや芸術作品によって異なります。音楽のトリビュートでは、対象となるアーティストの楽曲をカバーしたり、そのスタイルを模倣したりすることが一般的です。演劇のトリビュートでは、対象となる演劇作品を上演したり、そのキャラクターを演じたりすることが多く、ダンスのトリビュートでは、対象となるダンサーの振り付けを再現したり、そのスタイルを模倣したりすることが一般的です。ビジュアルアートのトリビュートでは、対象となるアーティストの作品を模倣したり、そのスタイルを再現したりすることが多く、文学のトリビュートでは、対象となる作家の作品を引用したり、そのスタイルを模倣したりすることが一般的です。 トリビュートは、対象となるアーティストや芸術作品を称賛し、その功績を讃える目的で行われることが多く、アーティストや芸術作品をより多くの人に知ってもらう機会にもなります。また、トリビュートは、アーティストや芸術作品に対する敬意や感謝の気持ちを表現する手段としても利用され、アーティストや芸術作品とそのファンをつなぐ役割も果たしています。
モノの名前

1998年製造の小型二輪「マローダー125」について

エンジンスペック マローダー125は、1998年にスズキから発売された小型二輪である。シンプルなデザインと扱いやすい操作性で、初心者にもおすすめのバイクとして人気を集めた。 マローダー125のエンジンは、空冷4ストローク単気筒エンジンを採用している。排気量は124ccで、最高出力は10馬力、最大トルクは8.5N・mを発生する。トランスミッションは5速マニュアルで、駆動方式はチェーンである。 マローダー125の燃費は、リッターあたり約40kmである。燃料タンクの容量は7リットルなので、満タンで約280km走行することができる。 マローダー125の車重は105kgである。シート高は780mmで、足つき性は良好である。サスペンションは、フロントにテレスコピックフォーク、リアにツインショックを採用している。 マローダー125の価格は、発売当時398,000円であった。現在は生産終了となっているが、中古車市場では10万円前後で販売されている。
作品名

『EXPOSE』(KAT-TUN)について

『EXPOSE』の制作秘話  KAT-TUNの10周年記念アルバム『EXPOSE』は、メンバー全員が楽曲制作に参加した意欲作だ。亀梨和也は「ファンのみんなが聴きたいと思う曲を作ろう」という思いで、メンバー一人ひとりが詞や曲を手掛けた。また、アルバムには亀梨主演のドラマ『FINAL CUT』の主題歌「KISS KISS KISS」や、中丸雄一の冠番組『中丸のニュースな会』のテーマソング「PRECIOUS ONE」など、タイアップ曲も多数収録されている。  アルバムのリード曲「EXPOSE」は、亀梨が作詞・作曲を手掛けたロックナンバー。亀梨は「この曲はKAT-TUNの10年間の歩みを振り返って書いた曲です。メンバー全員が苦楽を共にしてきたので、その絆の強さを表現したかった」と語っている。また、上田竜也は「この曲はKAT-TUNのメンバー全員が歌い上げていて、KAT-TUNらしさが出ている曲だと思います」とコメントしている。  アルバム『EXPOSE』は、KAT-TUNの10年間の集大成と言える作品だ。メンバー全員が楽曲制作に参加したことで、KAT-TUNの個性が存分に発揮されたアルバムとなっている。また、アルバムにはタイアップ曲も多数収録されており、KAT-TUNの幅広い音楽性を楽しむことができる。
モノの名前

SV650(1999年製造開始)のすべて

SV650とは? SV650は、スズキが1999年から製造・販売しているネイキッドバイクです。水冷V型2気筒エンジンを搭載し、最高出力72馬力を発揮します。車重は197kgと比較的軽量で、扱いやすいバイクです。また、足付き性が良く、初心者にもおすすめです。 SV650は、そのスタイリッシュなデザインと扱いやすさから、世界中で人気を博しています。特に、ヨーロッパでは、SV650は「ネイキッドバイクの王様」と呼ばれ、高い人気を誇っています。 SV650は、2016年にフルモデルチェンジを行い、現行モデルとなりました。現行モデルは、従来のSV650よりも軽量化され、足付き性がさらに向上しました。また、エンジン出力もアップし、最高出力75馬力を発揮します。 SV650は、初心者にもおすすめのバイクですが、ベテランライダーにも満足できる性能を備えています。そのスタイリッシュなデザインと扱いやすさから、世界中で人気を博しているバイクです。
モノの名前

不朽の名車「GSX750Sカタナ」の魅力

-ハンス・ムートの斬新性、デザイン- カタナのデザインは、ドイツのデザイナー、ハンス・ムートによって手掛けられました。ムートは、それまでにも数々のオートバイのデザインを手がけており、カタナは彼の代表作のひとつに数えられています。ムートは、カタナのデザインにおいて、斬新性と機能性を追求しました。 カタナを語る上で外せないのが、その特徴的なデザインです。車体全体を覆う流線型のカウルは、当時としては画期的なものでした。また、ヘッドライトは四角形を採用しており、それがカタナに独特の精悍な表情を与えています。さらに、テールランプはリアフェンダーの中に埋め込まれており、すっきりとしたデザインを実現しています。 カタナは、その斬新なデザインだけではなく、機能性にも優れていました。カウルの形状は、高速走行時の空気抵抗を減らすように設計されており、また、ハンドルバーはアップライトなポジションに設定されており、長距離走行でも疲れにくい仕様となっていました。 カタナのデザインは、発売当時から高い評価を受けました。1981年には、グッドデザイン賞を受賞しており、現在でも多くのオートバイファンから愛されています。カタナは、まさに不朽の名車と言えるでしょう。
モノの名前

世界初の2スト3気筒エンジン搭載「GT750」とは?

「GT750」の基本性能は、当時のオートバイとしては非常に優れていました。エンジンは、2ストローク3気筒で、排気量は748cc。最高出力は72馬力/8,500rpm、最大トルクは6.2kgm/7,500rpmを発揮しました。これは、当時の国産オートバイとしてはトップクラスの性能でした。 また、車体は、ダブルクレードルフレームを採用し、フロントサスペンションにはテレスコピックフォーク、リアサスペンションにはスイングアームを採用していました。足回りは、フロントが18インチ、リアが17インチのキャストホイールに、前後ともディスクブレーキを採用していました。この足回りは、当時としては非常に先進的なもので、優れたハンドリングと制動力を発揮しました。 「GT750」の最高速度は、220km/h以上。0-400m加速は12秒台前半と、当時のオートバイとしては非常に速いものでした。また、燃費も比較的手頃で、リッターあたり約20kmを走行することができました。 「GT750」は、その優れた性能とスタイリッシュなデザインで、発売当時は大ヒットを記録しました。その後のオートバイの発展に大きな影響を与えた名車として、現在でも多くのファンに愛されています。