チェーン店

施設名・ロケ地

「半田屋」定食の美味しさの秘密とは?

新鮮な食材とこだわりの調理法 半田屋の定食が美味しいのは、新鮮な食材とこだわりの調理法にあります。半田屋では、毎朝市場で仕入れた新鮮なものを提供しています。築地から直送される魚介類や、農家直送の野菜など、新鮮で美味しい食材を使用しています。 また、半田屋では、食材の味を最大限に引き出すための調理法にこだわっています。例えば、魚介類は、鮮度を保ったまま調理できるように、焼き魚や煮魚など、シンプルな調理法で提供しています。また、野菜は、季節の旬のものを使用し、炒め物や煮物など、素材の味を生かした調理法で提供しています。 さらに、半田屋では、秘伝のタレやソースも使用しています。これらのタレやソースは、半田屋独自のレシピで作られており、定食の味をより一層美味しくしています。 新鮮な食材とこだわりの調理法にこだわった半田屋の定食は、まさに絶品です。一度食べたら忘れられない味です。
施設名・ロケ地

信州庵と和食の楽しみ

信州庵と和食の楽しみ 伝統的な日本料理の奥深さを探る 信州庵は、日本の伝統的な食文化を大切にした和食レストランです。そのメニューには、季節の食材を使った旬の料理が並び、そのどれもが職人の手によって丁寧に作られています。信州庵の料理を味わうことで、日本の伝統的な料理の奥深さを知ることができます。 信州庵の料理は、日本の伝統的な食文化を尊重して作られています。その根底にあるのは、旬の食材を使うという考え方です。旬の食材は、その時期に最も美味しく栄養価が高いため、それを食べることで、健康的な食生活を送ることができます。また、信州庵の料理は、職人の手によって丁寧に作られています。職人は、食材の味を最大限に引き出すために、細心の注意を払って料理を作っています。そのため、信州庵の料理は、どれも絶品です。 信州庵の料理を味わうことで、日本の伝統的な料理の奥深さを知ることができます。日本の伝統的な料理は、長い歴史の中で培われた食文化です。その中には、日本の風土や文化が反映されています。信州庵の料理を味わうことで、日本の伝統的な食文化を理解することができます。 信州庵は、日本の伝統的な食文化を大切にした和食レストランです。そのメニューには、旬の食材を使った旬の料理が並び、そのどれもが職人の手によって丁寧に作られています。信州庵の料理を味わうことで、日本の伝統的な料理の奥深さを知ることができます。 信州庵は、日本の伝統的な食文化を守るために、さまざまな活動をしています。その一つが、食育活動です。信州庵では、子どもたちに日本の伝統的な食文化を知ってもらうために、食育教室を開催しています。また、信州庵では、日本の伝統的な食材を生産する農家や漁師を支援しています。信州庵は、日本の伝統的な食文化を大切にし、それを守るために努力しています。
施設名・ロケ地

まるきってどんなスーパー?特徴と魅力を紹介!

まるきの特徴と魅力 まるきは、その地域に根ざしたスーパーマーケットであり、地域の人々に愛されています。その特徴として、品揃えの豊富さと商品の鮮度が挙げられます。また、地域に密着したサービスを心がけており、地域の人々のニーズに応えています。 まず、まるきは品揃えの豊富さが自慢です。日々の食生活に必要な食品から、総菜や日用品まで、幅広い商品を取り扱っています。また、地域の人々の好みに合わせて、地元の食材や特産品も積極的に取り扱っています。 さらに、まるきは商品の鮮度にこだわっています。新鮮な野菜や果物、魚介類などを産地から直接仕入れており、鮮度を保つための工夫を凝らしています。また、総菜や弁当なども、店内で調理しており、作りたての美味しさを味わうことができます。 まるきは、地域に密着したサービスを心がけています。地域の人々のニーズに応えるため、ポイントカードや割引券を発行しています。また、地域貢献活動にも積極的に参加しており、地域の人々と共に歩んでいます。 まるきは、品揃えの豊富さと商品の鮮度、そして地域に密着したサービスを特徴とする、地域の人々に愛されるスーパーマーケットです。地域の人々の生活に欠かせない存在として、これからも地域の人々に愛され続けるでしょう。
施設名・ロケ地

「食彩厨房 いちげん」の徹底解説!

-「食彩厨房 いちげん」とは- 「食彩厨房 いちげん」は、愛知県名古屋市に本店を置く、創作和食を提供するレストランです。2001年に創業し、現在では、名古屋市内に4店舗、東京都内に2店舗、大阪府内に1店舗を展開しています。 「いちげん」のコンセプトは、「食を通じて人と人をつなぐ」。お客様に美味しい料理を提供することはもちろん、お客様同士の交流を促すような空間づくりにも力を入れています。店舗内には、個室や掘りごたつ席など、様々なタイプの席を用意しており、お客様のニーズに合わせて利用することができます。 「いちげん」の料理は、旬の食材をふんだんに使用した創作和食です。和食の伝統的な調理法をベースに、洋食や中華の要素を取り入れた、独創的な料理が特徴です。また、「いちげん」では、リーズナブルな価格で料理を提供しており、幅広い層のお客様に親しまれています。 「いちげん」は、美味しい料理と、居心地の良い空間で、お客様に幸せなひとときを提供することを目指しています。
モノの名前

「サーティワンアイスクリーム」の歴史と魅力

-ブランドの起源と創設者の物語- サーティワンアイスクリームの歴史は、1945年にカンザス州トーピカで、アイスクリームが好きな2人の兄弟、バーニーとスタンレー・バスキンによって始まります。兄弟は、アイスクリームの新しいフレーバーを作り始め、すぐに地元で大成功を収めました。1953年には、彼らは店をチェーン展開し、サーティワンアイスクリームは全国的に知られるようになりました。 サーティワンアイスクリームは、そのユニークなフレーバーと、毎月新しいフレーバーが出るというコンセプトで人気を集めています。また、店舗の内装もおしゃれで、若者に人気のスポットとなっています。 サーティワンアイスクリームは、現在では世界中に1,300以上の店舗を展開し、年間3億ドル以上の売り上げを上げています。兄弟のアイスクリームに対する情熱と、新しいフレーバーを作り出すというアイデアが、サーティワンアイスクリームを世界中のアイスクリームファンに愛されるブランドにしたのです。
施設名・ロケ地

札幌ラーメン どさん子:日本のラーメン文化を世界に広める

「札幌ラーメン どさん子」の歩み 「札幌ラーメン どさん子」は、1965年に札幌市で創業されたラーメン店です。創業者である大川久蔵氏は、北海道産の小麦粉と牛乳を使用した独自のスープを開発し、札幌ラーメンの新しいスタイルを確立しました。 「札幌ラーメン どさん子」のラーメンは、濃厚なスープとコシのある麺が特徴で、瞬く間に札幌市民に愛されるようになりました。1972年には、札幌市の中心部にある狸小路商店街に2号店をオープンし、さらに人気を博しました。 1980年代に入ると、「札幌ラーメン どさん子」は海外進出を開始します。1981年にアメリカ合衆国に1号店をオープンし、その後、カナダ、オーストラリア、台湾、中国などにも出店しました。現在では、世界10カ国以上で「札幌ラーメン どさん子」を味わうことができます。 「札幌ラーメン どさん子」は、日本のラーメン文化を世界に広めることに大きく貢献したラーメン店です。その濃厚なスープとコシのある麺は、世界中の人々に愛されています。今後も「札幌ラーメン どさん子」は、日本のラーメン文化を世界に広め続けていくことでしょう。
施設名・ロケ地

レストラン「AGIO」の魅力を徹底解説!

AGIOとは? AGIOは、東京都港区にあるレストランです。2019年にオープンし、以来、その独創的な料理と洗練された雰囲気で人気を集めています。オーナーシェフは、イタリア料理の巨匠、マッシモ・ボットゥーラ氏です。ボットゥーラ氏は、世界で最も影響力のあるシェフの一人とされており、彼の料理は、世界中から注目を集めています。AGIOでは、ボットゥーラ氏が長年培ってきた料理の技術と知識を存分に発揮した、独創的で芸術的な料理を楽しむことができます。また、AGIOの内装は、ボットゥーラ氏の奥様であるララ・ボットゥーラ氏が手がけており、洗練された大人の空間となっています。AGIOは、特別な日のディナーや、接待など、さまざまなシーンで利用することができます。
施設名・ロケ地

シンガポール シーフード リパブリック(株式会社M・R・S)

シンガポール料理の魅力とおすすめメニュー シンガポール料理は、シンガポールが東西貿易の中心地であった歴史を反映して、中国、マレーシア、インドなどの様々な文化の影響を受けた独特の料理です。シンガポール料理には、魚介類を使った料理や、スパイシーなカレー風味の料理、もちもちとした食感の麺料理など、さまざまな種類があります。 シンガポール料理のおすすめメニューの一つは、チリクラブです。チリソースで味付けされたカニは、その辛さとカニの旨味が絶妙にマッチしていて、一度食べたら忘れられない味です。また、ナシレマというココナッツライスの上に、きゅうりやゆで卵、サンバルというチリソースを添えた料理も人気です。 麺料理では、バクテーという肉骨茶スープに麺を入れた料理や、ミーゴレンという炒めた麺料理が有名です。バクテーは、豚肉の骨を長時間煮込んだスープで、その旨味が麺によく染み込んでいます。ミーゴレンは、麺を炒めたシンプルな料理ですが、スパイシーなソースや具材との相性抜群です。 シンガポール料理は、その多彩なメニューと豊かな味わいで、世界中の人々から愛されています。シンガポールを訪れた際には、ぜひシンガポール料理を試してみてはいかがでしょうか。
モノの名前

とりどーるとは?株式会社トリドールの焼鳥チェーンの特徴

とりどーるとは、株式会社トリドールが展開する焼鳥チェーンです。株式会社トリドールは、1994年に創業した、焼鳥居酒屋を主軸としたチェーン展開を特徴とする外食企業です。とりどーるは、1997年に1号店をオープンし、現在は全国に100店舗以上を展開しています。 とりどーるの焼鳥は、備長炭で焼き上げたこだわりの逸品で、炭火の香ばしさと肉のジューシーさを楽しむことができます。焼き鳥以外のメニューも豊富で、サラダや一品料理、デザートなど、居酒屋らしい多彩なメニューが楽しめます。とりどーるは、カジュアルな雰囲気の店舗で、仕事帰りの一杯や、仲間との飲み会など、様々なシーンで利用することができます。
施設名・ロケ地

Cafeルノアールで過ごす憩いのひととき

Cafeルノアールの魅力 Cafeルノアールは、1922年に東京の上野に誕生した老舗喫茶店です。長い歴史を持つCafeルノアールは、数多くの文人や芸術家たちに愛され、多くの名作が誕生した場所としても知られています。 Cafeルノアールの魅力はその落ち着いた雰囲気にあります。店内はクラシカルな家具や調度品で統一されており、ゆったりとした時間が流れるような空間作りがされています。また、Cafeルノアールはコーヒーや紅茶などの飲み物だけでなく、軽食やデザートも充実しています。特に、自家製のケーキは絶品で、多くのお客さんに支持されています。 Cafeルノアールは、上野駅から徒歩圏内という好立地にもあります。上野公園や国立博物館などの観光スポットも近くにあり、観光のついでに立ち寄るのもおすすめです。また、Cafeルノアールは深夜まで営業しているので、仕事帰りに一杯飲みたいという方にもおすすめです。 Cafeルノアールは、誰でも気軽に立ち寄れる老舗喫茶店です。落ち着いた雰囲気の中で、美味しいコーヒーや紅茶を味わいたい方にはぜひおすすめです。
モノの名前

つくしんぼうってどんなお店?特徴やメニューをご紹介

つくしんぼうは、北海道函館市にあるラーメン店で、行列の絶えない人気店です。その特徴は、なんといってもそのスープにあります。豚骨と鶏ガラをベースに、野菜や魚介の旨味が凝縮されたスープは、コクがありながらもあっさりしていて、最後まで飽きずにいただけます。また、麺は低加水の細麺で、スープとの相性も抜群です。 特徴的なのはスープと麺だけでなく、つくしんぼうのトッピングも充実しています。定番のチャーシューやメンマ、海苔に加えて、とろとろに煮込まれた豚バラ肉や、磯の香りが楽しめるわかめなど、さまざまなトッピングを楽しむことができます。また、サイドメニューも豊富で、餃子やチャーハン、唐揚げなど、ラーメンと一緒に味わうことができるのも魅力です。 つくしんぼうは、ラーメン好きなら一度は訪れてみたい名店です。その特徴的なスープと麺、そして充実のトッピングで、多くの人を魅了しています。
施設名・ロケ地

串かつと串まんの魅力

串かつと串まんの魅力 マルシェ株式会社の紹介 マルシェ株式会社は、串かつと串まんの製造・販売を手掛ける企業です。串かつと串まんは、どちらも大阪を代表するグルメとして知られており、全国各地で親しまれています。マルシェ株式会社は、これらの大阪グルメを多くの人に知ってもらいたいという想いで、日々、串かつと串まんの製造・販売を行っています。 マルシェ株式会社の串かつは、厳選された豚肉や鶏肉、魚介類を、サクサクの衣で揚げたものです。串かつには、ソースや塩、ポン酢など、さまざまな調味料で味付けすることができます。また、マルシェ株式会社の串まんは、豚ひき肉や野菜を、モチモチの皮で包んだものです。串まんには、そのまま食べてもよし、焼いて食べてもよし、スープに入れて食べてもよし、さまざまな食べ方を楽しむことができます。 マルシェ株式会社の串かつと串まんは、どちらも大阪の老舗の味を守りながら、現代風にアレンジされています。串かつは、あっさりとした味わいで、串まんは、ジューシーで食べ応えがあります。どちらのグルメも、お酒のおつまみにも、ご飯のおかずにもぴったりです。マルシェ株式会社の串かつと串まんは、大阪グルメを代表する一品として、全国各地で親しまれています。
施設名・ロケ地

アイスクリームチェーン「ホブソンズ」について

-ホブソンズのアイスクリームの歴史- ホブソンズのアイスクリームの歴史は古く、1903年にまで遡ります。創業者であるジョン・ホブソン氏は、アイスクリームの美味しさに魅了され、独自のアイスクリームを作りたいと決意しました。彼は、アイスクリームのレシピを研究し、試行錯誤を重ねた結果、ついに理想のアイスクリームを完成させました。そして、1903年にアイスクリーム店をオープンしました。 ホブソンズのアイスクリームは、その美味しさで瞬く間に評判となり、多くの人々に愛されるようになりました。そして、1920年代には、アメリカ中にホブソンズのアイスクリーム店が展開されるようになりました。ホブソンズのアイスクリームは、その美味しさだけでなく、その高級感も人気を博しました。 ホブソンズのアイスクリームは、現在でもアメリカで人気のアイスクリームチェーンのひとつです。その美味しさは、多くの人々に愛されており、その高級感は、特別な日のデザートとして多くの人々に選ばれています。
施設名・ロケ地

「弦」とは?こだわりの和食チェーン

「弦」は、和食のチェーン店として国内外で人気を集めています。その人気の理由は、こだわりの食材と調理法にあります。「弦」では、全国各地から厳選した新鮮な食材を使用しています。また、調理法にもこだわりを持っており、伝統的な和食の技法を守りながら、現代風にアレンジしたメニューを提供しています。 「弦」のコンセプトは、「日本の食文化を世界に発信する」ことです。そのため、メニューには、定番の和食メニューに加えて、アレンジを加えた創作和食メニューも数多く用意されています。また、「弦」では、和食に合うお酒も豊富に取り揃えており、食事と一緒に楽しむことができます。 「弦」の店内は、和の情緒を感じられる落ち着いた雰囲気です。テーブルや椅子は木製のものが多く、壁には日本画が飾られています。BGMも和の音楽が流れており、ゆったりと食事を楽しむことができます。
モノの名前

牛たんの名店「ねぎし」の魅力

ねぎしは、1980年に仙台で創業した牛たん専門のレストランです。創業者であるねぎし登氏は、牛たんをより多くの日本人に知ってもらうために、牛たん焼きの専門店を開業しました。 ねぎしは、良質な牛たんを仕入れ、独自の調理法で焼き上げた牛たん焼きが看板メニューです。ねぎしでは、牛たんを丁寧に仕込み、じっくりと焼き上げます。このため、ねぎしの牛たん焼きは、柔らかくジューシーな仕上がりです。 ねぎしの牛たん焼きは、塩味と味噌味の2種類があります。塩味の牛たん焼きは、牛たん本来の旨味を味わうことができ、味噌味の牛たん焼きは、コクのある味わいです。ねぎしでは、牛たん焼きだけでなく、牛たんシチュー、牛たんハンバーグなどの牛たん料理も提供しています。 ねぎしは、仙台を中心に東北地方や関東地方に店舗を展開しています。ねぎしは、牛たんの専門店として、多くの日本人に親しまれています。
施設名・ロケ地

喜多方ラーメン大安食堂の魅力

行列のできる人気のラーメン店 喜多方ラーメンの老舗として知られる大安食堂は、行列のできる人気のラーメン店です。その人気は地元の人はもちろん、県外からの観光客にも知られており、長蛇の列ができることも珍しくありません。しかし、その行列に並んでも食べる価値のあるラーメンです。 大安食堂のラーメンは、喜多方ラーメンの特徴であるあっさりとしたスープが特徴です。そのスープは、豚骨と鶏ガラを丁寧に煮込んだもので、旨味と甘みが凝縮されています。また、麺は中太の縮れ麺を使用しており、スープによく絡んで食べ応えがあります。 チャーシューはバラ肉を使用しており、脂身と赤身のバランスが絶妙です。メンマはシャキシャキとした食感で、歯ごたえがあります。そして、ネギは九条ネギを使用しており、香りがよくて辛味があります。 大安食堂のラーメンは、シンプルでありながら奥深い味わいです。そのおいしさは、地元の人にも観光客にも愛され続けています。喜多方ラーメンを食べるなら、ぜひ大安食堂を訪れてみてください。
モノの名前

頑固な店「がんこ」の真実

頑固な店「がんこ」の歴史と特徴 1963年、大阪府吹田市に「がんこ」の1号店が誕生しました。創業者の岡嶋好延氏は、もともとすし職人をしていた人物です。しかし、あるとき「寿司屋の定番メニューだけには縛られたくない」と、寿司以外のメニューも扱う「自由な店」をオープンさせました。それが「がんこ」の始まりです。 がんこは、寿司、天ぷら、鉄板焼き、割烹など、さまざまなジャンルの料理を提供しています。また、全国各地から厳選した食材を使用しており、新鮮で美味しい料理が自慢です。 がんこのもう一つの特徴は、店員のサービスの良さです。店員は皆、明るく親切で、丁寧な接客を心がけています。また、お客さんの要望にも柔軟に対応してくれるので、居心地の良い雰囲気の中で食事を楽しむことができます。 がんこは、創業以来50年以上も愛され続けている人気店です。その理由は、新鮮で美味しい料理、店員のサービスの良さ、居心地の良い雰囲気など、さまざまな要素が挙げられます。もし、美味しい食事を堪能したいなら、ぜひがんこを訪れてみてはいかがでしょうか。
施設名・ロケ地

「小洞天」の歴史と魅力

小洞天の創業と歴史 小洞天は、1865年(慶応元年)に創業された老舗の和菓子店です。創業者は、京都の和菓子職人である山本嘉助です。嘉助は、当時流行していた西洋菓子の技術を和菓子に取り入れ、新しい和菓子の創作に励んでいました。嘉助の創作した和菓子は、たちまち評判となり、小洞天は京都を代表する和菓子店となりました。 小洞天が創業して以来、150年以上の歴史があります。その間、小洞天は常に新しい和菓子の創作に努めてきました。また、伝統的な和菓子の製法にもこだわり続け、職人が一つ一つ丁寧に手作りしています。その結果、小洞天の和菓子は、常に高い品質を維持し続けているのです。 小洞天の和菓子は、京都の伝統的な和菓子をベースに、西洋菓子の技術を取り入れた新しい和菓子です。その特徴は、上品な甘さと、素材の味が生きた素朴な味わいです。小洞天の和菓子は、京都の街の雰囲気にぴったりとマッチしており、国内外から多くの人が訪れる人気店となっています。
施設名・ロケ地

さかえやの美味しい和食

- さかえやのこだわり さかえやでは、伝統的な和食の調理法を守りながら新しい料理を生み出しています。そのこだわりの一つは、新鮮な食材を使用することです。毎朝市場で仕入れた新鮮な魚介類や野菜を使い、素材の味を生かした料理を提供しています。 また、さかえやでは、出汁にもこだわっています。鰹節と昆布からとった出汁は、料理の味を引き立て格別な味わいを生んでいます。さらに、私たちは伝統的な日本の調味料も使用しており、そのバランスによって独特の味わいを出しています。 さかえやでは、季節感も大切にしています。料理は季節に合わせて提供され、その美味しさを最大限に味わうことができます。例えば、春には桜、夏には鮎、秋には松茸、冬にはフグなど、旬の素材を使った料理が提供されます。 さかえやは、和食の伝統と新しい料理を融合させ、独自の料理を提供しています。新鮮な食材と、出汁へのこだわり、季節感を大切にしているからこそ、さかえやの料理は多くの人に支持されているのです。
施設名・ロケ地

「どんと」の魅力とおすすめメニュー

「どんと」とは、地元の人々に愛される人気店です。健康的な食事を探している人、ヘルシーな食事をしたい人、そして美味しい食事を求める人々に最適な場所です。レストランの雰囲気はカジュアルで居心地が良く、フレンドリーなスタッフが温かく迎えてくれます。メニューには、新鮮な地元の食材を使った多種多様な料理が用意されています。人気メニューは、季節の野菜をふんだんに使用したサラダ、グリルした魚や肉、特製のソースで味付けをしたパスタなどです。また、ヘルシーなデザートやスムージーも用意されています。「どんと」は、健康的な食事を楽しみながら、リラックスして過ごすことができるレストランです。
施設名・ロケ地

「すき家」について

すき家は、ゼンショーホールディングス株式会社が展開する牛丼を中心とした外食チェーン店です。1982年(昭和57年)に、埼玉県川口市で創業し、2023年(令和5年)現在では、日本国内に約2,000店舗を展開しています。すき家は、牛丼のほかに、カレーライス、定食、ラーメン、烏龍麵、サラダ、デザートなど、幅広いメニューを取り揃えています。また、すき家は、24時間営業を行っており、忙しい現代人にとって、気軽に食事ができるお店として人気を集めています。
施設名・ロケ地

「すし銚子丸」の魅力を徹底解説!

「すし銚子丸」は、東京都を中心に全国に店舗を展開する回転寿司チェーンです。その魅力は、なんといっても新鮮なネタを使用した寿司をリーズナブルな価格で楽しめること。また、ネタの種類が豊富で、定番のネタから珍しいネタまで幅広く揃っているのも嬉しいポイントです。さらに、サイドメニューも充実しており、寿司以外の料理も楽しむことができます。 すし銚子丸は、回転寿司チェーンでありながら、職人による丁寧な握りが自慢です。ネタは鮮度抜群で、口の中でとろけるような美味しさです。また、シャリはふっくらと炊き上げられており、ネタとの相性も抜群です。サイドメニューも充実しており、寿司以外の料理も楽しむことができます。 すし銚子丸は、ファミリー層にも人気のお店です。店内は広々としていて、子連れでもゆっくりと食事を楽しむことができます。また、お子様向けのメニューも充実しており、お子さんも大満足すること間違いなしです。
施設名・ロケ地

北の家族チェーン店紹介

「北の家族とは」 北の家族は、北海道を中心に展開するファミリーレストランチェーン店です。1977年に札幌市で1号店がオープンし、現在では北海道内を中心に約100店舗を展開しています。北の家族は、北海道産の食材を使用したメニューが特徴で、地元の人々を中心に人気があります。 北の家族のメニューには、各種丼ぶり、ラーメン、カレー、ハンバーグなど、バラエティ豊かな料理が揃っています。中でも、北海道産の海鮮を使用した海鮮丼は北の家族の看板メニューで、新鮮な海鮮をリーズナブルな価格で楽しむことができます。また、北海道産の豚肉を使用した豚丼も人気メニューで、柔らかくジューシーな豚肉がご飯によく合います。 北の家族は、家族連れで気軽に食事ができるファミリーレストランとして人気があります。店内は広々としていて、子供用の椅子や食器も用意されています。また、北の家族では、各種キャンペーンやイベントを定期的に開催しており、地元の人々を中心に親しまれています。
モノの名前

ヨゴリーノとは?

-ヨゴリーノの歴史と特徴- ヨゴリーノは、2009年に韓国で誕生したフローズンヨーグルト専門店です。世界中に1,000店舗以上を展開しており、日本には2013年に初上陸しました。ヨゴリーノの最大の特徴は、ヨーグルトをベースにしたフローズンヨーグルトを、セルフサービスでトッピングして楽しめることです。トッピングの種類は、フルーツやナッツ、ソースなど、約30種類以上あり、自分好みのフローズンヨーグルトを作ることができます。ヨゴリーノは、フローズンヨーグルトだけでなく、スムージーやアイスクリーム、コーヒーなども提供しています。 ヨゴリーノの歴史は、2009年に韓国で誕生したことから始まります。創業者であるキム・ジェウン氏が、アメリカでフローズンヨーグルトを食べて感銘を受けたことがきっかけで、韓国でヨゴリーノを創業しました。ヨゴリーノは、韓国で瞬く間に人気となり、2013年には日本に初上陸しました。日本でもヨゴリーノは人気を博し、現在では全国に100店舗以上を展開しています。 ヨゴリーノの特徴は、ヨーグルトをベースにしたフローズンヨーグルトを、セルフサービスでトッピングして楽しめることです。トッピングの種類は、フルーツやナッツ、ソースなど、約30種類以上あり、自分好みのフローズンヨーグルトを作ることができます。ヨゴリーノのフローズンヨーグルトは、低カロリーでヘルシーなだけでなく、プロバイオティクスが含まれており、腸内環境を整える効果もあります。 ヨゴリーノは、フローズンヨーグルトだけでなく、スムージーやアイスクリーム、コーヒーなども提供しています。スムージーは、新鮮なフルーツや野菜を使用したヘルシーなドリンクで、アイスクリームは、濃厚でクリーミーな味わいが特徴です。コーヒーは、厳選した豆を使用した本格的な味わいで、フローズンヨーグルトやスムージーとよく合います。