ツタンカーメン

作品名

「アトンの娘」ツタンカーメンの妃アンケセナーメンとは

ツタンカーメンの王妃アンケセナーメンとは ツタンカーメンの王妃アンケセナーメンは、ツタンカーメンの妻であり、ツタンカーメンの父であるアクエンアテンとネフェルティティの娘である。アンケセナーメンは、ツタンカーメンと結婚する前には、彼女の兄であるスメンクカーレと結婚していた。しかし、スメンクカーレは短命で亡くなり、アンケセナーメンはツタンカーメンと結婚した。 アンケセナーメンは、ツタンカーメンとの間に子供をもうけることはなかった。また、ツタンカーメンの死後、すぐに再婚した。アンケセナーメンは、アイという人物と結婚し、アイの息子であるホレムヘブの王妃となった。 アンケセナーメンは、古代エジプトの王妃としては、比較的良く知られており、その名前は多くの史料に残されている。アンケセナーメンは、ツタンカーメンの王妃として、また、アイの王妃として、古代エジプトの歴史に名を残した。
作品名

山岸凉子の「封印」(ツタンカーメン)の魅力

山岸凉子の「封印」(ツタンカーメン)は、古代エジプトを舞台にしたロマンチックなミステリー漫画です。主人公のアメンラーは、ツタンカーメン王の墓を発掘したイギリス人考古学者ハワード・カーターの娘です。彼女は、父の死後、エジプトに戻り、ツタンカーメン王の謎を解き明かそうとします。 アメンラーは、ツタンカーメン王の墓で、謎の棺を見つける。棺を開けると、中にはツタンカーメン王のミイラが入っていた。しかし、ミイラは、長い年月をかけて腐食しており、その顔は判別できなかった。 アメンラーは、ツタンカーメン王のミイラの腐食を止めるため、ミイラを薬で処理する。すると、ミイラの腐食は止まり、顔も判別できるようになった。アメンラーは、ツタンカーメン王のミイラの顔をみて、彼が自分の父親であることに気づく。 「封印」は、古代エジプトの謎とロマンが融合した、魅力的な作品です。山岸凉子氏の巧みなストーリーテリングと美しい絵柄は、読者を古代エジプトの世界に引き込みます。