ツーリング

モノの名前

EMPERORの魅力

老舗メーカーが手がけるランドナー EMPERORの魅力は、その伝統的なスタイルと、長距離走行に適した設計にあります。創業80年以上の歴史を持つ老舗メーカーが手がけるランドナーは、その品質と信頼性で多くのサイクリストから支持されています。 老舗メーカーならではの技術とノウハウが詰め込まれたEMPERORのランドナーは、細部までこだわった作りが特徴です。フレームは、軽量で耐久性に優れたクロモリ鋼を採用し、細身のシルエットが美しいです。また、ヘッドラグやエンドキャップなどには、真鍮製の装飾が施されており、クラシカルな雰囲気を醸し出しています。 コンポーネントは、信頼性の高いシマノ製を採用しており、長距離走行でも快適な走りを約束してくれます。変速機は、27段変速を搭載しており、あらゆる路面状況に対応可能です。また、ブレーキは、制動力の高いデュアルピボットブレーキを採用しており、安全な走行をサポートしてくれます。 タイヤは、幅32mmの太めなタイヤを採用しており、悪路での走行性能を高めています。さらに、フロントキャリアとリアキャリアを装備しており、ツーリングやキャンプツーリングにも最適です。 EMPERORのランドナーは、伝統的なスタイルと、長距離走行に適した設計を兼ね備えた、まさに大人のための自転車です。サイクリングを愛する人なら、一度は乗ってみたい一台といえるでしょう。
モノの名前

『モーターサイクリスト』の魅力とは

『モーターサイクリスト』とは、株式会社八重洲出版が1979年から発行している、月刊のオートバイ雑誌のことである。アメリカ合衆国のオートバイ雑誌『サイクリスト』を源流としており、同じく源流を同じくする『オートバイ』と共に、日本国内におけるオートバイ雑誌の双璧ともいえる存在だ。 発行人の浅井昭男は、それまでオートバイ雑誌の常であった、単なるオートバイ情報の羅列よりも、オートバイという文化や、オートバイの社会的な意義について論じるような独自の視点で雑誌作りを行い、『モーターサイクリスト』は一大ムーブメントを起こすこととなった。また、写真やイラストを使った紙面構成も斬新で、それまでのオートバイ雑誌とは異なるものとなった。 『モーターサイクリスト』は、オートバイの最新情報や、オートバイに関するイベントやカスタムの情報を掲載しているだけでなく、オートバイと社会との関わりや、オートバイの文化について論じた記事が多く掲載されているのが特徴である。
モノの名前

「Bike JIN」ってどんな雑誌?

Bike JINは、1980年に創刊された隔月刊の自転車雑誌です。自転車の最新情報や試乗レポート、ツーリング情報、メンテナンス方法など、幅広い自転車情報を網羅しています。読者層は、自転車初心者からベテランライダーまで幅広く、自転車に関する情報収集や知識の深化に役立つ雑誌として多くの人に愛されています。 Bike JINの特徴の一つは、自転車の試乗レポートに力を入れていることです。編集部員が実際に自転車に乗ってみて、その乗り心地や性能を詳しくレビューしています。また、ツーリング情報も充実しており、編集部員が実際に走ったツーリングコースを紹介しています。ツーリング初心者でも安心して楽しめるように、コースの難易度や見どころ、立ち寄りスポットなどが詳しく解説されています。 Bike JINは、自転車の最新情報や試乗レポート、ツーリング情報、メンテナンス方法など、幅広い自転車情報を網羅した隔月刊の自転車雑誌です。読者層は、自転車初心者からベテランライダーまで幅広く、自転車に関する情報収集や知識の深化に役立つ雑誌として多くの人に愛されています。
モノの名前

BMW F800STについて

BMW F800STとは? BMW F800STは、2006年から2012年までBMW Motorradが製造していたスポーツツアラーオートバイです。F800Sと共有されるパラレルツインエンジンを搭載し、最高出力85馬力、最大トルク83Nmを発生します。F800STは、その快適な乗り心地、優れたハンドリング、そして経済的な燃費で知られており、長距離ツーリングや通勤に使用されることが多く、人気を集めていました。 F800STは、その快適な乗り心地を実現するために、長距離走行に適したサスペンションが装備されています。フロントはテレスコピックフォーク、リアはモノショックサスを採用し、路面の凹凸を効果的に吸収します。また、シートは幅広で厚みがあり、長時間の乗車でも疲れにくい設計となっています。 F800STの優れたハンドリングは、その軽量な車体と低重心設計によるものです。車重は219kgと軽量で、低重心設計により安定した走行が可能です。また、F800STは、旋回性に優れたフロントフォークと、トラクションを確保するリアサスペンションを採用しており、ワインディングロードでも軽快な走りが楽しめます。 F800STの経済的な燃費は、そのパラレルツインエンジンによるものです。パラレルツインエンジンは、直列4気筒エンジンに比べて燃費がよく、F800STは、リッターあたり約22kmの燃費を記録します。また、F800STは、燃料噴射システムや電子制御スロットルを採用しており、燃費の向上に貢献しています。
モノの名前

大好き!ハーレーダビッドソンツーリングの魅力

ハーレーフリークなら誰もが憧れる! ハーレーダビッドソンは、アメリカを代表するオートバイメーカーとして世界中に知られており、その中でもツーリングモデルは、長距離走行に適した仕様になっています。大型のエンジンとゆったりとしたライディングポジション、充実した装備により、快適なライディングが可能です。また、カスタムパーツが豊富に用意されているため、自分だけのオリジナルハーレーを作り上げることができるのも魅力です。 ツーリングモデルの中でも、特に人気が高いのが、ロードキングスペシャルです。1936年に発売されたロードキングの伝統を受け継いだモデルで、クラシックなスタイルと最新のテクノロジーが融合しています。ブラックアウトされたエンジンやボディ、大型のサドルバッグなど、高級感あふれるデザインが特徴です。 ロードキングスペシャルの最大の魅力は、その走行性能にあります。1868ccのエンジンは、力強く滑らかな走りを提供してくれます。また、大型のフロントフォークとリアサスペンションにより、長距離走行でも快適な乗り心地を実現しています。 さらに、ロードキングスペシャルは、充実した装備も魅力です。クルーズコントロールやステレオ、ABSなど、ツーリングに欠かせない機能が標準装備されています。また、オプションで、ナビゲーションシステムやヒーター付きグリップを取り付けることも可能です。 ロードキングスペシャルは、ハーレーダビッドソンツーリングモデルの頂点に立つモデルです。クラシックなスタイルと最新のテクノロジーを兼ね備え、最高のライディング体験を提供してくれます。
モノの名前

「アウトライダー」ってどんな雑誌?

「アウトライダー」の創刊と休刊 「アウトライダー」は、1978年に創刊された日本の総合雑誌である。創刊時は月刊誌として発行されていたが、1983年に季刊誌となり、1991年に廃刊となった。廃刊までの間に、合計48号が発行された。 「アウトライダー」の創刊のきっかけは、編集長の江藤淳氏による、当時の日本の社会情勢に対する危機感であった。江藤氏は、日本の社会が物質主義に走り、精神的な価値観が軽視されていることに危機感を抱き、「アウトライダー」を創刊した。雑誌のタイトルである「アウトライダー」は、社会の主流から外れた人々のことを指す言葉であり、江藤氏は、この雑誌で、社会の主流から外れた人々の声を伝えたいと考えたのである。 「アウトライダー」は、創刊当初から、社会問題や政治問題を積極的に取り上げた。また、文学や芸術などの文化的なテーマにも積極的に取り組んだ。その結果、「アウトライダー」は、日本の知識人や文化人たちの間で高い評価を得た。しかし、その一方で、「アウトライダー」は、その内容が過激すぎると批判されることもあった。 1991年、「アウトライダー」は、廃刊となった。廃刊の理由は、経営不振であった。しかし、廃刊後も、「アウトライダー」は、日本の知識人や文化人たちの間で高い評価を受け続けている。
モノの名前

ジェベルの魅力を再発見しよう

-# ジェベルの歴史を振り返る ジェベル(Jabal)は、長い歴史を持つ国であり、その起源は古代にまでさかのぼることができます。旧石器時代から人類が居住していたことが確認されており、紀元前2500年頃にはメソポタミア文明の一部となっていました。その後、様々な民族が支配しましたが、紀元前1000年頃にアッシリア帝国が支配しました。アッシリア帝国が滅亡した後、バビロニア帝国、ペルシア帝国、マケドニア帝国、ローマ帝国などに支配されました。 ローマ帝国が滅亡した後、ジェベルはイスラム帝国の一部となり、イスラム文化が浸透しました。11世紀には十字軍遠征が行われ、ジェベルは十字軍国家の一つとなりました。しかし、十字軍国家は13世紀にイスラム勢力に奪還されました。その後、ジェベルはモンゴル帝国、ティムール帝国、オスマン帝国などに支配されました。 19世紀後半になると、ジェベルは欧米列強の植民地争いの舞台となりました。イギリス、フランス、ドイツなどがジェベルをめぐって争い、最終的にはフランスがジェベルを植民地化しました。フランスはジェベルを直轄植民地として支配し、現地の文化や経済を破壊しました。 1956年にジェベルは独立を達成し、共和制が樹立されました。しかし、独立後にジェベルは内戦に陥り、多くの犠牲者を出しました。1991年に内戦が終結し、ジェベルは民主化に向け歩み始めました。現在は、ジェベルは中東の安定した民主主義国家として重要な役割を果たしています。
地名・ロケ地

「三宅一周道路」徹底解剖!

全長36キロの絶景ロード 「三宅一周道路」は、伊豆諸島にある三宅島の海岸線をぐるりと一周する道路です。全長36キロで、島の北部にある坪田港から南部にある伊豆岬までを結んでいます。この道路は、三宅島の美しい海岸線を眺めながらドライブを楽しむことができる絶景ロードとして知られています。 「三宅一周道路」は、1992年に開通した比較的新しい道路です。海沿いを走る区間が多く、三宅島の海岸線の美しさを存分に堪能することができます。特に、坪田港から伊豆岬までの区間は、三宅島の最南端に位置する雄大な伊豆岬を望むことができる絶景スポットとして人気があります。 「三宅一周道路」は、ドライブ以外にも、サイクリングやウォーキングを楽しむこともできます。島の雄大な自然を間近に感じながら、健康的なレジャーを楽しむことができます。また、道路沿いには、三宅島の歴史や文化を伝える資料館や、地元の特産品を販売するお土産屋さんも点在しています。