トヨタ自動車

モノの名前

トヨタ自動車のカルディナ特集

カルディナの概要 トヨタ自動車のカルディナは、1992年から2002年まで販売されていたステーションワゴンタイプの乗用車です。1992年に先代モデルのコロナエクシブのフルモデルチェンジとして登場しました。カルディナは、スポーティーなスタイリングと、広い室内空間、そして使い勝手の良いラゲッジスペースを兼ね備えたステーションワゴンとして人気を集めました。1996年には2代目にフルモデルチェンジされ、より洗練されたスタイリングと、より快適な室内空間を実現しました。2000年には3代目にフルモデルチェンジされ、よりスポーティーなスタイリングと、より充実した装備を採用しました。カルディナは、2002年に生産終了となり、後継車種としてカローラランクスが登場しました。 カルディナは、スポーティーなスタイリングと、広い室内空間、そして使い勝手の良いラゲッジスペースを兼ね備えたステーションワゴンとして人気を集めました。また、カルディナは、2.0Lの直列4気筒エンジンを搭載し、トランスミッションには5速MTと4速ATが用意されていました。四輪駆動車も設定されており、アウトドアレジャーにも最適な車でした。カルディナは、ファミリーユースからビジネスユースまで幅広く活躍できる車として、多くのユーザーから支持されていました。
モノの名前

トヨタ「ラッシュ」について

「ラッシュ」とは、トヨタ自動車が2006年から2020年まで生産・販売していたコンパクトSUVです。トヨタRAV4やトヨタハリアーよりも小型の車種で、5人乗りと7人乗りの2種類が用意されていました。ラッシュは、悪路走破性と燃費性能を兼ね備えた車として人気を集め、世界各国で販売されました。 ラッシュのボディサイズは、全長4,400mm、全幅1,695mm、全高1,690mmと、コンパクトな設計となっています。エンジンは、1.5Lの直列4気筒DOHCエンジンを搭載し、最高出力109PS、最大トルク141Nmを発揮します。トランスミッションは、5速マニュアルトランスミッションと4速オートマチックトランスミッションの2種類が用意されていました。 ラッシュの燃費性能は、10・15モードで13.2km/L、JC08モードで16.2km/Lです。悪路走破性については、最小回転半径が5.2mと小回り性能に優れ、また、アプローチアングル31度、デパーチャーアングル26度という優れた数値を誇ります。 ラッシュは、コンパクトなボディサイズでありながら、悪路走破性と燃費性能を兼ね備えた車として、幅広いユーザーから支持されました。しかし、2020年に生産終了となり、現在は中古車市場で流通しています。
モノの名前

「ヴェロッサ」とは?マークIIの兄弟車を徹底解説

「ヴェロッサ」とは、1998年から2004年までトヨタ自動車が生産・販売した、4ドアハードトップの高級乗用車です。マークII、クレスタ、チャイサーの3兄弟車として位置づけられ、その中でも最もラグジュアリーなモデルとして開発されました。 「ヴェロッサ」という車名は、イタリア語で「速い」を意味する「veloce(ヴェローチェ)」と、「最上級」を意味する「rossa(ロッサ)」を組み合わせた造語です。その名の通り、最高速度240km/hの動力性能を誇る、当時としては非常に高性能な車でした。 「ヴェロッサ」は、マークII、クレスタ、チャイサーの3兄弟車と共通のプラットフォームを使用していますが、エクステリアデザインは大きく異なっています。流麗なフォルムと、シャープなヘッドライトが特徴的で、高級感とスポーティさを兼ね備えたデザインとなっています。 インテリアも、3兄弟車とは異なり、高級志向に仕上げられています。本革シートやウッドパネルを採用し、落ち着いた雰囲気を演出しています。また、当時としては珍しい、DVDナビゲーションシステムが標準装備されていました。 「ヴェロッサ」は、その高性能とラグジュアリーな装備で、当時の人気車種となりました。しかし、2004年に販売終了となり、現在は中古車市場でしか手に入れることができません。
モノの名前

「ツーリングハイエース」を探る

ツーリングハイエースの特徴 ツーリングハイエースは、ハイエースをベースに、より快適で長距離運転に適した仕様にカスタマイズされた車です。その特徴は、以下の通りです。 ・ゆったりとした室内空間 ツーリングハイエースは、ロングボディ仕様をベースとしているため、室内空間が非常に広々としています。大人数が乗っても窮屈さを感じず、長時間のドライブでも快適に過ごすことができます。 ・充実した装備 ツーリングハイエースには、快適なドライブをサポートするための装備が充実しています。エアコン、オーディオ、ナビゲーションシステムなどはもちろんのこと、後部座席にモニターや冷蔵庫が設置されているものもあります。 ・高い走行性能 ツーリングハイエースは、ハイエースの優れた走行性能をそのまま受け継いでいます。パワフルなエンジンと、安定感のある足回りは、長距離ドライブでも安心して走行することができます。 ・カスタマイズの自由度が高い ツーリングハイエースは、ベース車両のハイエースがカスタマイズの自由度が高い車であるため、自分好みの仕様に仕上げることができます。エクステリアやインテリアのカスタムはもちろんのこと、エンジンや足回りのチューニングまで、幅広いカスタマイズが可能です。 これらの特徴から、ツーリングハイエースは、長距離ドライブを快適に楽しむことができる車として人気を集めています。家族や友人との旅行、アウトドアアクティビティ、仕事での移動など、様々なシーンで活躍します。
モノの名前

シトロエンC1について知っておくべきこと

-シトロエンC1の歴史- シトロエンC1は、2005年からシトロエンが販売しているAセグメントのハッチバック車である。初代C1は、プジョー107とトヨタ・アヤゴとの共同開発車種であり、「3兄弟」とも呼ばれていた。2014年に2代目にフルモデルチェンジされ、現在は2代目が販売されている。 初代C1は、2005年のジュネーブモーターショーで発表された。C1は、コンパクトなボディサイズと低燃費、そして手頃な価格が特徴の車種として人気を博した。2010年には、フェイスリフトが行われ、フロントグリルやヘッドライトのデザインが変更された。 2代目のC1は、2014年のパリモーターショーで発表された。2代目は、初代よりもスタイリッシュで洗練されたデザインとなり、内装も質感と快適性が向上された。また、エンジンも改良され、燃費と走行性能が向上している。 C1は、現在もヨーロッパを中心に販売されており、日本では販売されていない。しかし、日本国内でも並行輸入車として中古車が販売されている。 C1は、コンパクトなボディサイズでありながら、街中での運転や買い物などに最適な車種として人気を博している。また、低燃費で使い勝手が良く、価格も手頃なことから、若いドライバーや女性ドライバーにも人気がある車種である。
モノの名前

トヨタの「ウィッシュ」ってどんな車?

ウィッシュの特徴 ウィッシュは、2003年から2017年までトヨタ自動車が製造・販売していたミニバンです。大容量の荷室と柔軟なシートアレンジが特徴で、ファミリー層を中心に人気を集めました。 ウィッシュの最大の特徴は、3列シートでありながらコンパクトなボディサイズであることです。全長4600mm、全幅1750mm、全高1620mmと、一般的なミニバンよりも一回り小さいサイズになっています。そのため、狭い道や駐車場でも運転しやすいのが魅力です。 また、ウィッシュはシートアレンジが非常に柔軟です。2列目シートはスライド&リクライニング機能を備え、3列目シートは跳ね上げ式になっています。これにより、荷室の広さを変えることができます。例えば、3列目シートを跳ね上げれば、荷室容量を最大1852Lまで拡大することができます。 ウィッシュは、使い勝手の良いミニバンとして、ファミリー層を中心に人気を集めました。2017年に販売終了しましたが、現在でも中古車市場で人気があります。
モノの名前

スプリンターの魅力と歴史を解説

-スプリンターの概要と歴史- スプリンターとは、短距離走における速度種目に特化した選手のことで、100m、200m、400mなどの種目を専門としています。スプリンターは、スタートダッシュとスピード、瞬発力を兼ね備えた選手が多く、レースではスタートから一気にトップスピードに達し、そのスピードを維持してゴールまで駆け抜けることが求められます。 スプリンターの歴史は古く、古代オリンピックの時代から競技が行われていました。当時は、100mや200mなどの短距離走だけでなく、長距離走や幅跳び、やり投げなどの種目も含まれていました。スプリンターの走り方が確立されたのは、19世紀後半になってからで、それまではほとんどの選手が直立した姿勢で走っていました。しかし、1868年にイギリスのトーマス・エドワーズが前傾姿勢で走ることで速度を上げ、世界記録を樹立しました。これ以降、前傾姿勢で走るスプリンターが増加し、今日のスプリンターの走り方が確立されました。 20世紀初頭には、アメリカ合衆国のジェシー・オーエンスがスプリント界を席巻しました。オーエンスは、1936年のベルリンオリンピックで100m、200m、400mリレー、走幅跳の4種目で金メダルを獲得し、「20世紀最大のアスリート」と称されました。オーエンスの活躍により、スプリントは世界中で人気を博し、多くの選手がスプリンターを目指しました。 近年では、ウサイン・ボルトがスプリント界をリードしています。ボルトは、2008年の北京オリンピックで100m、200m、400mリレーの3種目で金メダルを獲得し、2012年のロンドンオリンピックでも同じ種目で金メダルを獲得しました。ボルトは、100mの世界記録を9秒58、200mの世界記録を19秒19に更新し、スプリント界のレジェンドとなりました。
モノの名前

カローラセレスのすべて

-カローラセレスとは- カローラセレスは、トヨタ自動車が生産・販売しているハイブリッドカーである。2018年7月10日に発売された。カローラセレスは、カローラシリーズのハイブリッド専用車で、カローラアクアの姉妹車にあたる。カローラセレスは、カローラアクアよりも一回り大きく、リアドアも4枚ある。また、カローラアクアよりもバッテリー容量が大きく、EV走行距離が長いのが特徴である。カローラセレスは、カローラアクアよりも価格が安い。カローラセレスは、ハイブリッドカーでありながら、低価格で手に入れることができるため、ハイブリッドカーを検討している人におすすめの車である。
モノの名前

カローラの魅力に迫る

-カローラの歴史と進化- カローラは、1966年にトヨタ自動車が発売した小型乗用車です。初代カローラは、大衆車としての基本性能に徹した質実剛健なモデルとして登場しました。しかし、その後のモデルチェンジを重ねるごとに、より洗練されたスタイリングや充実した装備が与えられ、日本を代表する大衆車として不動の地位を築きました。 カローラの歴史の中で、特に注目すべきなのは、1983年に発売された5代目カローラです。このモデルは、それまでのカローラとは一線を画す、流麗なスタイリングとスポーティな走りが特徴でした。5代目カローラは、若者を中心に大きな人気を集め、カローラのイメージを一新させました。 また、1995年に発売された7代目カローラは、世界初のハイブリッドカーとして話題になりました。このモデルは、ガソリンエンジンとモーターを組み合わせることで、燃費性能を大幅に高めました。7代目カローラは、ハイブリッドカーの先駆けとして、環境意識の高いユーザーから高い評価を受けました。 2019年に発売された現行モデルのカローラは、12代目となります。このモデルは、TNGAプラットフォームを採用することで、低重心化や高剛性化を実現しました。また、最新の安全装備を標準装備するなど、安全性にも優れています。現行モデルのカローラは、高い走行性能と充実した装備により、幅広い層から人気を集めています。 カローラは、発売以来50年以上もの間、日本を代表する大衆車として進化を続けてきました。その歴史の中で、カローラは常に時代のニーズに応えながら、新しい価値を提案してきました。これからもカローラは、世界中の人々に愛されるクルマであり続けるでしょう。
モノの名前

カローラIIの歴史と魅力

カローラIIの誕生と歴史 カローラIIは、トヨタ自動車が1987年から2006年まで生産していた小型乗用車です。カローラのサブネームとして誕生し、後に独立した車種となりました。カローラIIは、そのスタイリッシュなデザインとスポーティな走りで、若者を中心に人気を集めました。 カローラIIの誕生は、1980年代初頭までさかのぼります。当時、トヨタ自動車は、カローラよりも小型でスポーティな車種を開発する計画を立てていました。その計画のもと、1987年にカローラIIが誕生しました。 カローラIIは、カローラとプラットフォームを共有していましたが、デザインは全く異なっていました。カローラIIは、流麗なボディラインとシャープなヘッドライトが特徴で、スポーティな印象を与えました。また、カローラIIは、カローラよりも軽量で、走りはよりスポーティでした。 カローラIIは、そのスタイリッシュなデザインとスポーティな走りで、若者を中心に人気を集めました。また、カローラIIは、価格が手頃であったことも人気の理由のひとつでした。カローラIIは、1990年代にかけて販売台数を伸ばし、国産車の中でも人気車種となりました。 しかし、1990年代後半になると、カローラIIの販売台数は徐々に減少していきます。その理由は、カローラのフルモデルチェンジに伴い、カローラIIとの差別化が薄れてしまったためです。また、カローラIIは、カローラよりも車格が小さく、居住性や荷室容量が限られていたことも販売台数減少の要因となりました。 2006年、カローラIIは生産終了となりました。カローラIIは、19年間にわたって生産され、累計販売台数は約200万台を記録しました。カローラIIは、若者に人気のスポーティカーとして、その名を歴史に刻みました。
モノの名前

ヴォクシーの魅力と特徴

ヴォクシーの歴史と概要 ヴォクシーは、トヨタ自動車が製造・販売しているミニバンである。2001年に初代モデルが発売され、現在では3代目モデルが販売されている。ヴォクシーは、快適な乗り心地と広々とした室内空間、そしてスタイリッシュなデザインが特徴で、ファミリー層を中心に人気を集めている。 初代ヴォクシーは、2001年10月に発売された。当時、ミニバン市場は激戦区となっており、日産セレナやホンダステップワゴンなどのライバル車がひしめいていた。しかし、ヴォクシーは、快適な乗り心地と広々とした室内空間、そしてスタイリッシュなデザインが評価され、発売当初から人気を集めた。 2代目ヴォクシーは、2007年10月に発売された。先代モデルよりも全長と全幅が拡大され、より spacious な室内空間を実現した。また、搭載エンジンも改良され、燃費性能が向上した。2代目ヴォクシーは、10年以上にわたって販売され、累計販売台数は100万台を超えた。 現行型の3代目ヴォクシーは、2014年10月に発売された。先代モデルよりもさらに全幅が拡大され、より spacious な室内空間を実現した。また、搭載エンジンも改良され、燃費性能がさらに向上した。3代目ヴォクシーは、発売当初から人気を集めており、年間販売台数は10万台を超えている。
モノの名前

知られざる名車「グランドハイエース」を知る

-グランドハイエースの誕生- グランドハイエースは、1989年にトヨタ自動車が発売した大型ワンボックスカーである。ハイエースのロングボディ版として開発され、全長は5,265mm、全幅は1,880mm、全高は1,990mmというボディサイズだった。エンジンは3.0LのV6ガソリンエンジンと2.8Lのディーゼルエンジンが用意された。 グランドハイエースは、その広い車内空間と優れた走行性能で、発売当初から人気を集めた。特に、キャンピングカーや福祉車両としての人気が高く、多くのユーザーに愛された。しかし、1999年に生産を終了し、現在は中古車市場でしか入手できない。 グランドハイエースは、その希少性と独特の存在感から、現在でも多くのファンがいる。また、その広い車内空間と優れた走行性能は、今でも多くのユーザーに支持されている。
モノの名前

「セルシオ」とは?トヨタの最上級車種

セルシオの歴史とモデル セルシオは、1989年8月にトヨタ自動車が発売した大型高級セダンである。当時は「超高性能高級車」のキャッチコピーで発売され、その後は「セルシオ」という車名で販売され続けてきた。2006年4月にはモデルチェンジが実施され、12代目となった。現行モデルは2012年4月に発売された13代目である。 セルシオは、1980年代後半にトヨタ自動車が開発した新世代の高級セダンである。当時の日本では、日産自動車のセドリック/グロリアや三菱自動車のギャランなどが人気を博していたが、トヨタ自動車はこれらの車種に対抗するべく、セルシオを開発した。 セルシオは、発売当初からその優れた性能と質感で高い評価を受け、販売台数を伸ばした。1991年には、セルシオは日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞している。セルシオは、その後もモデルチェンジを重ねて進化を続け、現在ではトヨタ自動車の最上級車種として位置づけられている。 セルシオには、様々なグレードが設定されている。エントリーモデルは、2.5L V6エンジンを搭載した「セルシオ250」である。上級グレードには、3.5L V6エンジンを搭載した「セルシオ350」と、4.6L V8エンジンを搭載した「セルシオ460」がある。
モノの名前

パッソセッテについて解説します!

パッソセッテの歴史と背景 パッソセッテは、フランスの宮廷舞踊であるバレエに起源を持つ、男女2人で踊る社交ダンスの一種です。17世紀の終わり頃にイタリアで生まれたとされており、その後、ヨーロッパ全土に広まりました。 パッソセッテは、3/4拍子の音楽に合わせて踊られます。基本的なステップは、男女が向かい合って立ち、左足から前に踏み出し、右足を引き寄せます。その後、右足から前に踏み出し、左足を引き寄せます。このステップを繰り返しながら、音楽に合わせて左右に移動します。 パッソセッテは、男女が互いに密着して踊ることから、恋愛のダンスとも呼ばれています。また、パッソセッテは、足捌きが複雑で、踊り手のバランス感覚が試されるダンスでもあります。そのため、パッソセッテは、社交ダンスの中でも、難易度の高いダンスの一つとされています。 現在、パッソセッテは、社交ダンスの競技会や、ダンス教室などで踊られています。また、パッソセッテは、映画やドラマなどでも、しばしば登場しています。
モノの名前

トヨタ マークXジオとは?

概要 トヨタ マークXジオは、2007年12月から2016年12月まで、トヨタ自動車が生産・販売していた5ドアステーションワゴンです。マークXの派生車種として設定され、2004年に発売されたマークX ジータの後継車種にあたります。 マークXジオは、マークXセダンと共通のプラットフォームを採用していますが、全長とホイールベースを延長し、ラゲッジスペースを拡大しています。また、ルーフラインを高く設定し、後席の居住性を向上させています。 エンジンは、2.5Lと3.5LのV6ガソリンエンジンを搭載し、駆動方式はFRと4WDが用意されていました。トランスミッションは、5速ATと6速ATが設定されていました。 マークXジオは、スポーティなスタイリングと広いラゲッジスペースを特徴としたステーションワゴンとして、ファミリーユーザーを中心に人気を集めました。しかし、2016年12月に生産終了となり、後継車種は設定されませんでした。
モノの名前

懐かしの商用車「デリボーイ」とは?

懐かしの商用車「デリボーイ」とは?デリボーイとは。
モノの名前

「ウィルVi」の魅力と歴史

-ウィルViとは- ウィルViは、富士通が開発した人工知能(AI)アシスタントです。2015年に初めてリリースされ、当初は「富士通人工知能対話システム」という名前でしたが、2018年に「ウィルVi」に改名されました。ウィルViは、自然言語処理や機械学習などの技術を活用して、ユーザーの質問やリクエストに答えることができます。また、ユーザーの好みや行動を学習して、パーソナライズされた情報を提供することも可能です。ウィルViは、スマートフォンやパソコン、スマートスピーカーなど、さまざまなデバイスで利用できます。 ウィルViの強みの一つは、日本語の理解力が高いことです。日本語は、英語とは異なる文法や語彙を持つ複雑な言語ですが、ウィルViは、これらの特徴を考慮して開発されており、ユーザーの意図を正確に理解することができます。また、ウィルViは、機械学習技術を活用して、ユーザーの好みや行動を学習し、パーソナライズされた情報を提供することができます。これにより、ユーザーは、より便利で快適にウィルViを利用することができます。 ウィルViは、富士通が開発した人工知能(AI)アシスタントで、自然言語処理や機械学習などの技術を活用して、ユーザーの質問やリクエストに答えることができます。ウィルViの強みは、日本語の理解力が高いことと、機械学習技術を活用してユーザーの好みや行動を学習し、パーソナライズされた情報を提供できることです。ウィルViは、スマートフォンやパソコン、スマートスピーカーなど、さまざまなデバイスで利用できます。
モノの名前

「ウィンダム」とは?トヨタが製造していた高級車

-ウィンダムの歴史- ウィンダムは、1991年から2006年にかけてトヨタが製造していた高級車です。初代モデルは、1991年の東京モーターショーで発表され、翌1992年に発売されました。ウィンダムは、トヨタのフラッグシップセダンであるセルシオよりも安価な高級車として位置づけられ、高い人気を博しました。 2代目モデルは、1996年に発売されました。初代モデルよりも全長が短くなり、軽量化されました。また、エンジンもV型6気筒エンジンに変更されました。2代目モデルは、初代モデルよりもスポーティな走りを追求しており、高い評価を得ました。 3代目モデルは、2002年に発売されました。初代モデルと2代目モデルよりも全長がさらに短くなり、軽量化されました。また、エンジンも直列4気筒エンジンに変更されました。3代目モデルは、燃費性能が向上しており、環境に優しい車として注目されました。 ウィンダムは、2006年に生産終了となりました。その後、トヨタはウィンダムの後継車として、レクサスESを発売しました。レクサスESは、ウィンダムよりも高級な車として位置づけられており、高い人気を博しています。
モノの名前

ターセルで振り返る80年代のクルマ文化

1982年、トヨタからターセルが誕生しました。ターセルは、当時の日本における自動車市場を象徴する車として、現在でも多くの自動車ファンに愛されています。ターセルが生まれた背景と、当時の自動車市場について解説します。 1970年代後半、日本経済は高度経済成長期を迎えていました。人々の暮らしや価値観は変化し、自動車はステータスシンボルとしてではなく、生活必需品として求められるようになりました。また、排ガス規制や石油ショックの影響で、燃費の良い自動車が求められるようになりました。 そんな中、トヨタはターセルを開発しました。ターセルは、FF駆動を採用することで燃費を向上させ、また、軽量化やコンパクト化を徹底することで、価格を抑えました。また、ターセルは、スポーティなデザインを採用することで、若い世代のユーザーにもアピールしました。 ターセルは、発売当初から爆発的なヒットとなりました。ターセルの人気の秘密は、その使い勝手の良さや経済性、そしてスポーティなデザインにあります。また、ターセルは、当時の若者のライフスタイルにマッチした車として、多くの若者に愛されました。 ターセルは、日本の自動車市場に大きな影響を与えました。ターセル以降、燃費の良いFF駆動の車が主流となり、また、スポーティなデザインの車が人気となりました。また、ターセルは、若者の車として定着し、日本の自動車文化に大きな影響を与えました。
モノの名前

「マークII」とそれをとりまく姉妹車たち

トヨタのマークIIは、1968年に発売された4ドアセダンです。当初はコロナの姉妹車として開発されましたが、1972年のモデルチェンジで独立した車種となりました。マークIIは、そのスタイリッシュなデザインとパワフルなエンジンで人気を集め、日本の自動車市場を席巻しました。 マークIIは、1976年に2代目モデルに切り替わりました。このモデルは、初代モデルよりもさらにスタイリッシュなデザインとなり、さらに人気を集めました。1980年には、3代目モデルに切り替わり、さらに洗練されたデザインとなりました。3代目マークIIは、日本だけでなく、海外でも人気を集めました。 1984年に発売された4代目マークIIは、それまでのモデルよりもさらにスポーティなデザインとなりました。このモデルは、若者を中心に人気を集めました。1988年には、5代目マークIIに切り替わり、さらにスポーティなデザインとなりました。5代目マークIIは、最後のマークIIとなりました。 マークIIは、1996年に生産終了となりましたが、その人気は衰えていません。現在でも、中古車市場で人気を集めており、多くのファンがいます。
モノの名前

懐かしの名車 カローラFXの魅力とは?

カローラFXの歴史と特徴 カローラFXは、1987年にトヨタ自動車が発売したクーペタイプの乗用車です。カローラをベースに開発され、スタイリッシュなデザインとスポーティーな走りで人気を集めました。 カローラFXの特徴のひとつは、跳ね上げ式ヘッドライトを採用していることです。これは、空力性能を向上させるとともに、スポーティーな印象を与えるデザインとなっています。また、カローラFXには、2ドアクーペと4ドアハードトップの2つのボディタイプが用意されていました。 カローラFXのエンジンは、1.6リッターと1.8リッターの2種類が用意されていました。1.6リッターエンジンは、最高出力110馬力、最大トルク137Nmを発生し、1.8リッターエンジンは、最高出力130馬力、最大トルク156Nmを発生していました。 カローラFXは、発売当初から人気を集め、1991年にはマイナーチェンジが行われました。マイナーチェンジでは、フロントグリルやリアコンビネーションランプのデザインが変更され、新たに2.0リッターエンジンが追加されました。2.0リッターエンジンは、最高出力160馬力、最大トルク186Nmを発生し、カローラFXの最上位グレードに搭載されていました。 カローラFXは、1995年に生産終了となりました。生産終了までに、累計約60万台が販売されました。カローラFXは、スタイリッシュなデザインとスポーティーな走りで人気を集めた名車であり、現在でも多くのファンがいます。
モノの名前

カローラフィールダーの歴史と特徴

カローラフィールダーは、トヨタ自動車が販売するステーションワゴンタイプの乗用車です。カローラフィールダーのベースとなったのはカローラであり、その初代モデルは1987年に発売されました。カローラフィールダーは、ステーションワゴンというボディスタイルから、荷物がたくさん積めることが特徴です。また、室内空間も広く、居住性に優れています。さらに、カローラフィールダーは燃費性能にも優れており、ファミリーカーとして人気があります。 ステーションワゴンというボディスタイルは、日本ではあまり人気がありませんが、欧米では非常に人気があります。これは、欧米ではアウトドアレジャーが盛んで、荷物や道具をたくさん積むことができるステーションワゴンが重宝されるからです。カローラフィールダーも、欧米では非常に人気のある車種で、日本でもその人気は高まっています。
モノの名前

スターレットのすべて

-スターレットの歴史- スターレットの歴史は、1962年に第一世代(L30型)が発売されて以来、半世紀以上にわたります。初代スターレットは、2ドアセダン、2ドアクーペ、バン、ピックアップの4つのボディタイプで展開され、1リッター直列4気筒エンジンを搭載していました。 1973年には、第二世代(L40型)に進化します。初代モデルよりも大型化され、より快適な乗り心地と広い室内空間を実現しました。また、エンジンも1.2リッター直列4気筒に変更されました。 1978年には、第三世代(KP61型)にフルモデルチェンジ。スタイリッシュなデザインと優れた走行性能で、若いユーザーを中心に人気を集めました。また、この代から、1.3リッター直列4気筒エンジンを搭載したモデルも追加されました。 1984年には、第四世代(KP70型)が登場。角張ったデザインが特徴で、空力特性が向上しました。また、この代から、5ドアハッチバックモデルが追加されました。 1989年には、第五世代(EP71型)にフルモデルチェンジ。丸みを帯びたデザインで、より親しみやすい印象になりました。また、この代から、1.5リッター直列4気筒エンジンを搭載したモデルが追加されました。 1996年には、第六世代(EP91型)が登場。スタイリッシュなデザインと優れた走行性能で、若いユーザーを中心に人気を集めました。また、この代から、1.6リッター直列4気筒エンジンを搭載したモデルが追加されました。 2005年には、第七世代(XP90型)にフルモデルチェンジ。コンパクトなボディに広い室内空間を備えた、使い勝手の良いクルマとして人気を集めました。また、この代から、1.8リッター直列4気筒エンジンを搭載したモデルも追加されました。 2010年、スターレットは生産終了となりました。50年以上にわたって愛された、トヨタを代表するコンパクトカーでした。
モノの名前

「RAV4」について最新情報を網羅!

「RAV4」とは?歴史と概要 「RAV4」は、トヨタ自動車が展開するミッドサイズクロスオーバーSUVです。1994年に北米市場で最初に発売され、その後、世界各国で販売されています。「RAV4」は英語の「Recreational Active Vehicle with 4-wheel drive」の頭文字をとったもので、4輪駆動を採用したレジャー向け車両であることを意味しています。 「RAV4」の歴史は、1989年にトヨタ自動車が発表したコンセプトカー「RAV-FOUR」に端を発します。「RAV-FOUR」は、コンパクトなボディと4輪駆動システムを組み合わせたクロスオーバーSUVの先駆けともいえる存在でした。「RAV-FOUR」は好評を博し、1994年に市販モデルの「RAV4」が発売されることとなりました。 「RAV4」は、北米市場で瞬く間にヒットを飛ばし、世界各国でも人気を集めました。2019年には、世界中で約100万台が販売されるなど、クロスオーバーSUV市場を牽引する存在となっています。「RAV4」は、優れた走行性能と実用性を兼ね備えたSUVとして、アウトドア派やファミリー層を中心に支持されています。