トロール

作品名

小さなトロールと大きな洪水

-トーベ・ヤンソンの小説『小さなトロールと大きな洪水』- トーベ・ヤンソンの小説『小さなトロールと大きな洪水』は、1945年にスウェーデンで最初に出版されました。この小説は、ムーミントロールと彼の友人たちが、大洪水から逃れるために森の中を旅する物語です。 この小説は、ヤンソンのムーミンシリーズの2番目の小説です。最初の小説『ムーミントロールと彗星』が成功を収めた後、ヤンソンはすぐに続編を書き始めました。『小さなトロールと大きな洪水』は、前作よりも冒険的でエキサイティングなストーリーになっています。 この小説は、ヤンソンの特徴的なイラストで彩られています。これらのイラストは、物語を生き生きとさせ、読者の想像力をかきたてます。 『小さなトロールと大きな洪水』は、子供から大人まで楽しめる小説です。この小説は、友情、勇気、そして希望の大切さを教えてくれます。 この小説は、何度も映画化やアニメ化されています。最も有名なのは、1979年に公開された宮崎駿監督のアニメ映画『ムーミンの冒険』です。この映画は、世界中で大ヒットし、ムーミンの知名度をさらに高めました。 『小さなトロールと大きな洪水』は、ヤンソンの代表作のひとつであり、世界中で愛されている小説です。