ドナルド・E・ウェストレイク

作品名

「聖なる怪物」とは?

ドナルド・E・ウェストレイクの代表作 ドナルド・E・ウェストレイクは、20世紀を代表するアメリカのミステリー作家である。その作品はユーモアと機知に富んでおり、世界中で愛されている。 ウェストレイクの代表作のひとつに、「泥棒と貴婦人」がある。この作品は、泥棒のジョン・ドランと、彼を捕まえようとする保険会社調査員のキャスリーン・オハラが、恋に落ちるという物語である。ドランは、オハラに捕まえられそうになりながらも、なんとか逃げおおせる。そして、最後にオハラにプロポーズし、オハラはそれを受け入れる。 ウェストレイクの代表作のもうひとつに、「侵入者」がある。この作品は、ニューヨークの高級マンションに住む夫婦が、ある日突然、謎の侵入者に襲われるという物語である。夫婦は、侵入者を捕まえようとするが、逆に侵入者に捕まってしまう。そして、侵入者は夫婦を殺害し、マンションに火を放つ。 ウェストレイクの作品は、そのユーモアと機知に富んだストーリー展開で、世界中で愛されている。彼の作品は、ミステリーファンのみならず、多くの読者を楽しませている。
作品名

「二役は大変」:ドナルド・E・ウェストレイクとアントニオ・バンデラス

映画「二役は大変」の見どころの一つは、アントニオ・バンデラスによる見事な演技である。バンデラスは、双子の兄弟であるロジャーとルイスを演じているが、二人とも全く異なるキャラクターであり、バンデラスはその違いを巧みに表現している。ロジャーは、真面目で堅実な銀行員であるのに対し、ルイスは、自由奔放で遊び人である。バンデラスは、二人のキャラクターを対比させることで、その違いを際立たせている。 もう一つの見どころは、ドナルド・E・ウェストレイクの脚本である。ウェストレイクは、コメディとサスペンスの要素を巧みに織り交ぜた脚本を書いており、最後まで飽きさせない展開となっている。特に、ロジャーとルイスが入れ替わるシーンは、とても面白く、観客を笑いとハラハラで楽しませてくれる。 また、映画の音楽も素晴らしい。音楽は、ヘンリー・マンシーニが担当しており、彼の軽快な音楽が映画に華を添えている。特に、オープニングの音楽は、とても印象的で、映画の雰囲気を盛り上げてくれる。 「二役は大変」は、アントニオ・バンデラスの見事な演技、ドナルド・E・ウェストレイクの脚本、ヘンリー・マンシーニの音楽など、見どころ満載の映画である。コメディとサスペンスの要素を巧みに織り交ぜた脚本は、最後まで飽きさせない展開となっており、観客を最後まで楽しませてくれる。
作品名

ニューヨーク編集者物語 様々な事件を取り上げながらストーリーが展開

主人公の編集者たちが遭遇する様々な事件 小説『ニューヨーク編集者物語』は、ニューヨークの出版社を舞台に、編集者たちの奮闘を描く物語です。主人公は、新米編集者のアニーと、ベテラン編集者のジャック。アニーは、自分の担当する作家が書いた小説がベストセラーになり、一躍有名になります。しかし、その小説の主人公が殺人事件を起こしてしまい、アニーは窮地に立たされます。一方、ジャックは、自分の担当する作家が、原稿を書き上げられずに苦しんでいるという問題を抱えています。ジャックは、作家を励まし、なんとか原稿を書き上げさせることに成功します。 また、アニーとジャックは、出版社の買収という問題にも直面します。出版社を買収しようとするのは、大手メディア企業のCEOです。CEOは、出版社を買収して、自分の思うがままに経営したいと考えています。アニーとジャックは、出版社を守るために、CEOと対決します。 アニーとジャックは、様々な事件を乗り越え、出版社を守り抜きます。そして、編集者として成長し、一人前の編集者になります。
作品名

ドナルド・E・ウェストレイクの「鉤」の魅力

「鉤」は、1975年に出版されたドナルド・E・ウェストレイクによるミステリー小説です。この小説は、落ちぶれた私立探偵ジョン・ダール・マッジーを中心に展開する作品です。マッジーはある日、若い女性から彼女の夫を捜してほしいとの依頼を受けます。夫の名前はロジャー・ペレグリンといい、彼はマッジーの元同僚でした。ペレグリンは、数日前から行方不明になっていました。マッジーはペレグリンの行方を追うため、彼のアパートを訪ね、彼の妻や友人に話を聞きます。やがて、ペレグリンがギャングに誘拐されたことを突き止めます。マッジーはギャングのアジトに乗り込み、ペレグリンを救出します。しかし、その直後、ペレグリンは再び誘拐されてしまいます。マッジーは再びペレグリンの行方を追うため、ギャングのアジトを襲撃します。そこで、彼はペレグリンを救出し、ギャングを倒します。
作品名

日本語タイトル例

アメリカ探偵作家クラブ賞受賞作 アメリカ探偵作家クラブ賞は、アメリカ探偵作家クラブによって毎年授与される賞であり、ミステリ小説やノンフィクション作品を対象としています。この賞は、1946年に初めて授与され、それ以来、多くの優れた作品が受賞しています。 アメリカ探偵作家クラブ賞を受賞した作品には、以下のようなものがあります。 * 「シャーロック・ホームズの後継者」アーサー・コナン・ドイル * 「オリエント急行の殺人」アガサ・クリスティ * 「そして誰もいなくなった」アガサ・クリスティ * 「名探偵ポワロ」アガサ・クリスティ * 「ナイル殺人事件」アガサ・クリスティ * 「ABC殺人事件」アガサ・クリスティ * 「毒入りチョコレート事件」アンソニー・バークリー * 「マザー・グースの謎」フランシス・アイルズ * 「名探偵マープル」アガサ・クリスティ * 「ガラスの鍵」デズモンド・コリントン・ウェスト これらの作品は、いずれもミステリ小説の傑作として知られており、世界中の多くの読者から愛されています。
作品名

「悪党パーカー殺戮の月」

ストーリー概略 「悪党パーカー殺戮の月」は、1930 年代のカンザス州を舞台にした犯罪小説です。主人公は、悪党パーカーを殺害するために雇われた私立探偵、サム・スペードです。スペードは、この事件を調査するうちに、パーカーの死には、複数の容疑者が関与していることを突き止めます。 容疑者の 1 人は、パーカーの妻であるアイリーンです。アイリーンは、パーカーが自分と娘を虐待していたため、夫を殺害することを決意したと主張します。しかし、スペードはアイリーンの主張に懐疑的であり、彼女が夫の死に関与しているのではないかと疑います。 もう 1 人の容疑者は、パーカーのビジネスパートナーであるモーガンです。モーガンは、パーカーが会社の金を横領していたことを知り、彼を殺害して会社を取り戻そうとしたと主張します。しかし、スペードはモーガンの主張にも懐疑的であり、彼もまたパーカーの死に関与しているのではないかと疑います。 スペードは、捜査を進めるうちに、パーカーの死には、さらに多くの容疑者が関わっていることを突き止めます。そして、ついに、真犯人を突き止め、彼を逮捕することに成功します。
作品名

悪党パーカーエンジェルについて

悪党パーカーエンジェルについてのあらすじ 悪党パーカーエンジェルは、危険で予測不可能な犯罪者で、数々の犯罪を犯し、警察から逃れ続けてきました。ある日、彼は大掛かりな銀行強盗を計画し、実行に移します。しかし、計画は裏目に出て、警察に追跡されることになります。 パーカーエンジェルは、警察から逃れるために、仲間とともに、人質をとって立てこもります。立てこもり事件は数日間続き、警察とパーカーエンジェル一味の間に緊張が高まります。 やがて、警察はパーカーエンジェル一味を追い詰めていきます。パーカーエンジェルは、警察に囲まれ、抵抗するすべもなく、逮捕されます。仲間の多くも逮捕され、事件は終結します。 パーカーエンジェルは、裁判にかけられ、有罪判決を受けます。彼は、長い懲役刑を言い渡され、刑務所に収監されます。しかし、パーカーエンジェルは、服役中に改心し、出所後は、社会に貢献する生き方をします。
作品名

「黒い国から来た女」のリチャード・スタークとは

「俳優強盗アラン・グロフィールド」シリーズとは、リチャード・スタークによって書かれた6つの犯罪小説のシリーズであり、1963年からの7年間で発行されました。このシリーズは、物議を醸す主人公アラン・グロフィールドを中心に展開しています。アラン・グロフィールドは、主に中西部で銀行や企業を襲う高学歴の強盗です。 スタークは、グロフィールドを多面的で同情的なキャラクターとして描いたことで賞賛されました。グロフィールドは、強盗や強奪の行為を犯す冷酷な犯罪者ではありますが、同時に知性とユーモアのある魅力的な人物でもあります。このシリーズは、犯罪と刑罰、富と貧困、成功と失敗のテーマを深く掘り下げており、スタークの最も有名な作品の一つとされています。 「俳優強盗アラン・グロフィールド」シリーズは、映画やテレビに何度も脚色されています。最も有名な映画化は、1967年にポール・ニューマン主演で公開された「暴力脱走」です。この映画は、批評家や観客から絶賛され、スタークにとって最も成功した映画となりました。 「俳優強盗アラン・グロフィールド」シリーズは、犯罪小説の傑作として広く考えられています。このシリーズは、スタークの鋭い洞察力とストーリーテリングの才能を遺憾なく発揮した作品であり、犯罪小説ファンに長く読み継がれる作品となるでしょう。
作品名

「悪党パーカー電子の要塞」解説

リチャード・スタークのハードボイルド作品 「悪党パーカー電子の要塞」は、リチャード・スタークのハードボイルド小説です。スタークは、アメリカの小説家で、ハードボイルド小説の巨匠といわれています。彼の作品は、犯罪や暴力、そして男の生きざまをリアルに描き、多くの読者を魅了してきました。 スタークは、1928年にニューヨークで生まれました。本名は、ドナルド・E・ウェストレイクです。彼は、1953年に「悪党パーカー」で小説家デビューしました。その後、彼は「パーカー」シリーズや「ドナル・ウェストレイク」シリーズなど、数多くの作品を発表しました。 「悪党パーカー電子の要塞」は、1962年に発表された「パーカー」シリーズの第4作です。この作品は、パーカーが、大企業パーカー電子の要塞に潜入し、金塊を盗み出すというストーリーです。パーカーは、強くてタフな男であり、犯罪の世界で生き抜くための知恵を持っています。彼は、要塞に潜入する際に、さまざまな困難に遭遇しますが、それを乗り越えて金塊を見事に盗み出します。 「悪党パーカー電子の要塞」は、ハードボイルド小説の傑作として高く評価されています。この作品は、犯罪や暴力、そして男の生きざまをリアルに描き、読者に強い印象を残します。スタークの作品は、ハードボイルド小説のファンだけでなく、多くの読者に愛されています。
作品名

弱気な死人とは何か?

小見出し「作者ドナルド・E・ウェストレイクについて」 ドナルド・E・ウェストレイクは、1933年6月12日にアメリカ合衆国のニューヨーク市ブルックリンで生まれ、2008年12月31日にフロリダ州キーウェストで亡くなったアメリカの作家です。彼は、1950年代後半から2000年代初頭にかけて、主にミステリー小説とユーモア小説を執筆しました。彼の作品は、巧妙なプロット、ユーモア、人間味のあるキャラクター描写などが特徴です。 ウェストレイクは、1950年代後半に執筆活動を始め、1963年に出版された小説「わが名はミッキー・スピレイン」でデビューしました。その後、彼は多くのミステリー小説やユーモア小説を執筆し、その多くがベストセラーとなりました。彼の代表作には、「弱気な死人」「銀行の死人」「警察官の死人」「泥棒の死人」などの「死人」シリーズや、「ホット・ロック」シリーズ、「ドアノブの男」シリーズなどがあります。 ウェストレイクの作品は、世界中で翻訳され、多くの映画やテレビドラマにもなりました。彼は、2003年にエドガー賞の生涯功労賞を受賞するなど、多くの賞を受賞しました。2008年12月に亡くなりましたが、彼の作品は現在でも多くの人に愛されています。
作品名

小説『嘘じゃないんだ!』:真実と信頼の探求

-嘘の脅威と真実の価値- 私たちは皆、嘘をつかれます。そして、私たちは皆、嘘をつきます。それは、人間のコミュニケーションの避けられない部分であり、良い目的のためにも悪い目的のためにも使われることがあります。しかし、嘘が私たちに与える悪影響は無視できません。 嘘は、信頼を損ないます。私たちは、嘘をつくと知られている人を信頼することはできません。なぜなら、その人が真実を語っているかどうかを確信することができないからです。また、嘘は、私たちが他の人について誤った考えを抱く原因となります。私たちは、嘘をつくと知られている人のことを、正直で信頼できる人だと信じることはできません。 嘘は、また、私たちの社会を蝕みます。嘘が横行する社会では、人々は真実を見分けることができなくなり、不信感が蔓延します。人々は、お互いに疑い合い、誰もが嘘をついていると信じ始めます。これは、社会の崩壊につながります。 嘘は、単なる無害なコミュニケーションの一部ではありません。嘘は、私たちの信頼、私たちの関係、そして私たちの社会を破壊する力を持っています。私たちは、嘘の脅威を認識し、真実の価値を認識する必要があります。 私たちは、嘘をつかないように努力する必要があります。嘘をつかざるを得ない状況に陥ったときは、正直に謝罪し、二度とそのようなことをしないように努力する必要があります。また、私たちは、真実を尊重し、真実を真実として受け入れる必要があります。真実を受け入れることは、簡単なことではありませんが、それは私たちがより良い世界を創るための重要な一歩です。
作品名

刑事くずれ牡羊座の凶運

概要 「刑事くずれ牡羊座の凶運」は、元刑事の牡羊座が、凶運に巻き込まれていく物語です。牡羊座は、かつては正義感の強い刑事でしたが、ある事件をきっかけに刑事の職を追われてしまいました。その後、牡羊座は探偵事務所を立ち上げて、探偵として働いていましたが、その探偵事務所も経営が上手くいかず、閉鎖してしまいました。 牡羊座は、探偵事務所を閉鎖した後、生活費を稼ぐためにアルバイトをしながら、事件の捜査をしていました。しかし、牡羊座が捜査していた事件は、次第に複雑化していき、牡羊座は危険に巻き込まれていきます。牡羊座は、事件の捜査を続けるうちに、自分が凶運に巻き込まれていることに気づきます。牡羊座は、凶運を振り払うために、様々な努力をしますが、なかなか上手くいきません。 牡羊座は、凶運に巻き込まれたまま、事件の捜査を続けていきます。そして、ついに牡羊座は、凶運を振り払うことに成功し、事件を解決します。牡羊座は、事件を解決した後、新たな人生を歩み始めます。牡羊座は、凶運に巻き込まれた経験を活かして、人々を助けるために尽くしていきます。
作品名

「悪党パーカー襲撃」について

プロット 「悪党パーカー襲撃」では、二人の元犯罪者が強盗を働こうと試み、計画がうまくいかないという物語が展開されます。パーカーは、犯罪の経歴を持ち、現在は改心して成功を収めているビジネスマンです。もう一人の男、コールは、ギャンブル中毒で、借金を返すために強盗を計画します。コールはパーカーの家に侵入し、彼を人質に取り、金を要求します。しかし、パーカーはコールをだまし、コールは追い出されます。 キャラクター パーカーは、元犯罪者であり、現在は改心して成功を収めているビジネスマンです。彼は、家族や友人を愛する、善良な人間です。しかし、彼はまた、過去に犯した罪を後悔しており、それを償おうとしています。 コールは、ギャンブル中毒で、借金を返すために強盗を計画する男です。彼は、衝動的で無謀であり、あまり考えずにに行動する傾向があります。彼はまた、孤独で友人がおらず、それが彼の犯罪行為の一因となっています。 全体のプロットとキャラクター設定に加えて、ストーリーには多くのサスペンスとアクションが含まれており、読者を最後まで惹きつけることでしょう。
作品名

「天から降ってきた泥棒」解説

「あらすじ」 「天から降ってきた泥棒」は、2022年に公開された日本のコメディ映画です。監督は福田雄一、主演は橋本環奈です。 橋本環奈演じる主人公の女子高生、天野ハルは、ある日突然、空から降ってきた泥棒、黒木華演じる白戸リカと出会います。リカは、ハルに「泥棒の手伝いをしろ」と要求し、ハルはしぶしぶ協力することになります。 ハルとリカは、次々と泥棒を働き、大金を稼いでいきます。しかし、やがてハルはリカのやり方に疑問を抱き始め、2人は対立することになります。 ハルは、リカを警察に突き出すことを決意し、2人は激しい戦いを繰り広げます。果たして、ハルの正義は勝つのでしょうか?
作品名

もう何が起こっても大丈夫!!

コメディに欠かせない二人のコンビ コメディの世界で、二人組のコンビは非常に人気があります。それは、二人の俳優が互いに掛け合いをすることで、より面白いジョークやシチュエーションを作り出すことができるからです。また、コンビを組むことで、お互いの個性を引き出し合い、より魅力的なキャラクターを作り上げることができます。 代表的なコメディコンビとしては、漫才師の「ダウンタウン」や「ウッチャンナンチャン」、コント師の「とんねるず」や「ネプチューン」などが挙げられます。彼らは、それぞれ独自の芸風を持ち、多くの人々に笑いと感動を与えてきました。 二人のコンビは、コメディだけでなく、ドラマや映画でも活躍しています。例えば、俳優の「トミー・リー・ジョーンズ」と「ウィル・スミス」のコンビは、「メン・イン・ブラック」シリーズで、警察官と宇宙人のコンビを演じ、大ヒットを記録しました。また、女優の「メリッサ・マッカーシー」と「クリステン・ウィグ」のコンビは、「ブライズメイズ」で、花嫁と花嫁介添人のコンビを演じ、アカデミー賞にノミネートされました。 二人のコンビは、コメディの世界に欠かせない存在です。彼らは、互いに掛け合いをすることで、より面白いジョークやシチュエーションを作り出し、より魅力的なキャラクターを作り上げることができます。二人のコンビは、これからも多くの人々に笑いと感動を与え続けるでしょう。
作品名

「刑事くずれヒッピー殺し」小説について

小説の概要 「刑事くずれヒッピー殺し」は、元刑事の主人公が、ヒッピーの若者を殺害した罪で逮捕され、裁判にかけられるという物語です。主人公は、自分が無実であると主張しますが、証拠は不利であり、有罪判決を受ける可能性が高いと考えられています。しかし、主人公は最後まで諦めずに、自分の無実を証明しようとします。そして、ついに、裁判の最後に、主人公は無罪となり、釈放されます。 この小説は、刑事の視点から描かれており、主人公の内面がリアルに描かれています。また、裁判の過程も詳しく描写されており、法廷での攻防戦が緊迫感あふれるものとなっています。さらに、ヒッピー文化についても触れられており、当時の社会情勢を垣間見ることができます。
作品名

「あなたに逢いたくて」のトリビアあれこれ

「あなたに逢いたくて」は、不思議な設定で知られています。その中で最も有名なのは、主人公の星野ひかるが、タイムリープできる能力を持っていることです。ひかるはこの能力を使って、過去に戻って自分の行動をやり直したり、未来を覗いたりすることができます。 また、このドラマでは、パラレルワールドの存在も示唆されています。最終回で、ひかるは別の世界に移動してしまいます。そこでは、ひかるの両親は健在で、ひかるには姉がいます。ひかるはこの世界で、幸せな生活を送ることになります。 「あなたに逢いたくて」のユニークな設定は、多くの視聴者を魅了しました。また、このドラマは、タイムリープやパラレルワールドといったテーマを扱ったことで、その後の日本のドラマに大きな影響を与えました。
作品名

弱虫チャーリー、逃亡中について

ドナルド・E・ウェストレイクによるユーモア・ミステリー 「弱虫チャーリー、逃亡中」は、ドナルド・E・ウェストレイクによって書かれたユーモア・ミステリー小説です。この小説は、1962年に最初に出版され、それ以来、広く読まれ続けています。この小説は、ニューヨーク市を舞台にしており、主人公のチャーリー・ヒギンズが、ある日、自分が殺人の容疑者であることを知り、警察から逃亡することになります。チャーリーは、警察から逃亡しながら、自分の無実を証明するために、事件の真相を探ることになります。 この小説は、ユーモアとミステリーが巧みに融合されており、読者を最後まで飽きさせません。また、この小説は、ニューヨーク市の裏社会をリアルに描いているため、読者はまるで自分がニューヨーク市にいるかのような気分を味わうことができます。 この小説は、映画化もされており、1968年に公開されました。映画は、ウォルター・マッソーがチャーリー・ヒギンズを演じ、映画は批評家から好評を博しました。 ドナルド・E・ウェストレイクは、アメリカ合衆国の作家であり、ユーモア・ミステリー小説を多く執筆しています。ウェストレイクの小説は、そのユーモアとミステリーが巧みに融合されており、読者に人気を博しています。ウェストレイクの小説は、世界中で翻訳されており、日本でも多くの読者を持っています。
作品名

「悪党パーカー人狩り」のすべて

「悪党パーカー人狩り」のあらすじ 「悪党パーカー人狩り」は、1969年に公開されたアメリカ映画です。主演はポール・ニューマンとロバート・レッドフォード。監督はジョージ・ロイ・ヒルです。この映画は、1900年代初頭のワイオミング州を舞台に、銀行強盗団と保安官の対決を描いています。 物語は、ワイオミング州の小さな町ビッグ・ホイを舞台にしている。町の治安官、パーカーは、町を恐怖に陥れている銀行強盗団、ホール・ギャングを追っている。ホール・ギャングは、冷酷で無慈悲な盗賊団で、町の人々はギャングを恐れている。 ある日、ホール・ギャングは再び銀行を襲撃する。パーカーは、ギャングを追跡し、ギャングの隠れ家であるロックアイランドにたどり着く。パーカーは、ギャングの隠れ家であるロックアイランドに攻め込むが、ギャングはパーカーを待ち伏せし、パーカーはギャングに捕まってしまう。 ギャングは、パーカーを殺そうとするが、パーカーはギャングと戦って逃げ出すことに成功する。パーカーは、町に戻り、ギャングを逮捕するために保安官たちを集める。パーカーと保安官たちは、ギャングの隠れ家であるロックアイランドに再び攻め込む。ギャングは、パーカーと保安官たちと激しく戦うが、最後にはパーカーと保安官たちに敗北する。
作品名

「憐れみはあとに」の魅力

「憐れみはあとに」は、1950年に米国で初公開されたアルフレッド・ヒッチコック監督によるサスペンス映画です。この映画は、殺人計画を企てる元テニスプロの男性、ガイ・ヘインズを主人公としています。ガイは、金持ちの実業家、ラルフ・ミルトンと不倫関係にある妻のマーゴットを殺害するために、完璧な計画を立てます。しかし、計画はガイが思ったほど完璧ではなく、事件は思わぬ展開を迎えていきます。 映画の冒頭では、ガイが列車の中で謎の女性、アンナ・モートンと出会い、彼女に計画を打ち明けます。アンナはガイの計画に協力することに同意し、二人はマーゴットを殺害するために完璧な機会を伺います。しかし、マーゴットを殺害したはずの二人が、翌日になってもマーゴットが生きていることを知り、事態は思わぬ方向へと進展していきます。 「憐れみはあとに」は、ヒッチコック監督の代表作であり、サスペンス映画の傑作として高く評価されています。この映画は、緻密に構成されたストーリーと、ヒッチコック監督の演出による巧みなサスペンス演出が特徴です。また、主人公のガイ・ヘインズを演じるレイ・ミランドの演技も高く評価されています。
作品名

強盗プロフェッショナル – ドナルド・E・ウェストレイクの傑作小説

ストーリーの巧みさ ドナルド・E・ウェストレイクの強盗プロフェッショナルは、犯罪小説の傑作として広く認められています。そのストーリーの巧みさは、読者を最初から最後まで夢中にする要因のひとつです。 この小説は、強盗のプロフェッショナルであるパーカーが、ある日、匿名の依頼人から強盗を頼まれるところから始まります。依頼人は、莫大な価値のある宝石が保管されている金庫を強盗するようパーカーに依頼します。パーカーは、依頼人の正体もわからず、強盗の目的も知りませんが、依頼を引き受けることにします。 パーカーは、金庫を強盗するために綿密な計画を立てます。彼は、金庫の構造や警備システムを調べ上げ、強盗に必要な道具をそろえます。そして、計画を実行に移すために、仲間を集めます。 仲間とともに金庫を襲撃したパーカーは、無事に宝石を手に入れます。しかし、宝石を盗み出した後、パーカーは依頼人に裏切られ、仲間とともに逮捕されてしまいます。 パーカーは、刑務所から出所した後、依頼人に復讐するために動き出します。彼は、依頼人の正体を突き止め、依頼人を追い詰めていきます。そして、ついに依頼人に復讐を果たすことに成功します。 強盗プロフェッショナルのストーリーは、波瀾万丈でスリリングです。読者は、パーカーの強盗計画にハラハラドキドキさせられ、パーカーの復讐劇に痛快な思いを感じることでしょう。
作品名

アメリカの作家リチャード・スタークのハードボイルド「悪党パーカー弔いの像」

「悪党パーカー弔いの像」は、アメリカの作家リチャード・スタークのハードボイルド小説『悪党パーカー』シリーズの第4作目に当たる作品である。1962年に出版され、日本でも1965年に翻訳出版された。 『悪党パーカー弔いの像』では、主人公のパーカーが、海賊船の難破によって海に沈んだ財宝を捜索する依頼を受けることから物語が始まる。パーカーは、財宝を捜索するために、財宝の在り処を示す地図を盗み出し、フロリダへと向かう。フロリダでパーカーは、地図を奪おうとするギャングたちや、財宝を独占しようとする犯罪組織と対決することになる。 『悪党パーカー弔いの像』は、ハードボイルド小説の傑作として知られている。スタークは、本作で、パーカーのハードボイルドな生き様を描きながら、アメリカの裏社会の闇の部分を浮き彫りにしている。また、本作は、アクションシーンが満載で、読者を最後まで飽きさせない展開になっている。
作品名

「逃げ出した秘宝」あらすじと映画化情報

「逃げ出した秘宝」は、人気小説「秘宝の行方」を原作とした映画です。舞台は、ヨーロッパにある小さな国、サンマリノ。主人公は、サンマリノ国立博物館に勤める学芸員のジョバンニ。ある日、博物館から貴重な秘宝が盗まれ、ジョバンニは犯人を追うことになります。 ジョバンニの調査の結果、秘宝を盗んだのは、国際的な犯罪組織である「ブラック・ハンド」であることが判明します。ブラック・ハンドは、世界各地の貴重な美術品を盗み出すことで知られており、ジョバンニは彼らから秘宝を取り戻すために、さまざまな困難に立ち向かうことになります。 ジョバンニは、ブラック・ハンドの隠れ家である古城に忍び込み、秘宝を取り戻そうとします。しかし、ブラック・ハンドのボスであるドクター・ノイマンは、ジョバンニの動きを察知しており、罠を仕掛けて待ち構えていました。ジョバンニは、ドクター・ノイマンの手下に襲われますが、なんとか秘宝を奪い返すことに成功します。 ジョバンニは、秘宝をサンマリノ国立博物館に戻し、ドクター・ノイマンを逮捕します。ブラック・ハンドは壊滅し、秘宝は無事に取り戻されました。ジョバンニは、サンマリノの英雄として迎えられ、人々から称賛されます。
作品名

「悪党パーカー裏切りのコイン」について

「悪党パーカー裏切りのコイン」は、1958年に出版されたダシール・ハメットの短編小説です。この物語は、私立探偵のサム・スペードが、悪名高いギャングであるパーカーの裏切りによって盗まれた金貨を取り戻すのを手伝おうとする内容です。 この物語は、スペードがパーカーの部下であるルーファス・リオーダンから依頼を受けたところから始まります。リオーダンは、スペードにパーカーが盗んだ金貨を取り戻すよう依頼します。金貨は、現在はリオーダンの妻であるクララが所有しています。 スペードは、リオーダンと彼の妻クララから情報を集め、盗まれた金貨を探し始めます。スペードは、パーカーの部下の1人であるフランキー・オースティンが金貨を所有していることを突き止めます。オースティンは、スペードに金貨を渡すことを拒否します。そこで、スペードはオースティンを殺して金貨を奪います。 スペードは金貨をリオーダンに返還します。しかし、リオーダンは金貨を受け取りません。リオーダンは、スペードがパーカーを殺したことを知っており、スペードが金貨を盗んだと信じています。 スペードは、リオーダンに自分がパーカーを殺していないことを証明しようとします。しかし、リオーダンはスペードの話を受け入れません。リオーダンは、スペードに銃を突きつけます。スペードは、リオーダンを殺してしまいます。 スペードは、金貨を警察に渡します。警察は、スペードをパーカーとオースティンの殺害で逮捕します。スペードは裁判にかけられます。裁判では、スペードはパーカーとオースティンの殺害を否認します。しかし、スペードは有罪判決を受け、死刑を宣告されます。